「敬虔の奥義」から、その六「神様が受肉の方式で働く必要性」

「敬虔の奥義」の素晴らしいシーン――なぜ堕落した人類には言が「肉体」となった神様の救いがもっと必要でしょうか?

神様が受肉されることの必要性と重要の意義は何でしょう?この短編映画がその疑問を解いてくれます。

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
キリスト教会映画「敬虔の奥義」主イエスが戻って来られた 完全な映画のHD

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.