『敬虔の奥義』から、その六
『神様が受肉の方式で働く必要性』

「敬虔の奥義」の素晴らしいシーン――なぜ堕落した人類には言が「肉体」となった神様の救いがもっと必要でしょうか?

神様が受肉されることの必要性と重要の意義は何でしょう?この短編映画がその疑問を解いてくれます。

もっと見る:全能神教会福音映画『敬虔の奥義』

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です