キリスト教会寸劇2018「歴史からの警告」

キリスト教会寸劇2018「歴史からの警告」
2000年前、主イエスが現れ、働きをなされた時、パリサイ人たちは律法にこだわり、イエスの働きを聖書から外れていると非難した。自分たちの地位と生活基盤を守るため、彼らは人々が主イエスの働きを求めるのを必死で止めようとし、ローマ政府と手を組んでイエスを十字架に釘付けにした。終わりの日において、主イエスが再び働きを行なうために肉において現れると、宗教界の指導者たちは、パリサイ人が主イエスに抵抗した歴史的悲劇を繰り返す。どうして彼らは終わりの日における神の働きに抵抗するのか?劇中でパリサイ人の役を演じる牧師をとおして、この寸劇は現代の牧師と長老たちが聖書に執着して神に抵抗している実態を暴露し、彼らの歩む道がパリサイ人たちの道と全く同じであることを明らかにする。

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
キリスト教会漫才2018「目覚め」主イエスは戸をたたかれています、戸を開けて迎え出てください

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください