キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(3)神の言葉は聖書から離れたところに存在するのか

キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(3)神の言葉は聖書から離れたところに存在するのか
教会には、神の言葉や働きは全て聖書の中にあり、神のいかなる言葉も働きも、聖書の外には存在しないと信じている人もいます。こうした見方は真理と一致するのでしょうか?聖書にはこうあります。「イエスのなさったことは、このほかにまだ数多くある。もしいちいち書きつけるならば、世界もその書かれた文書を収めきれないであろうと思う。」(ヨハネによる福音書 21:25)全能神は言われます。「神であるもの、神がもつものは永遠に無尽蔵であり、無限であるということである…神を書籍や言葉、従来の言葉に制限してはならない、ということである。神の働きの特徴は「新しい」という一語に尽きる。神は旧来の道を辿ったり、働きを反復するのを好まない。さらに、神は人間が神を一定範囲に制限した上で礼拝することを望まない。これは神の性情である。」(『言葉は肉において現れる』より)

おすすめ動画
キリスト教映画「呪縛を解く」主イエスの再臨を迎える 予告編 日本語吹き替え
キリスト教映画「呪縛を解く」神はわが救い 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください