• Home
  • /
  • 王国時代の御言葉
  • 『第二十九篇の言葉』

    万物がよみがえる時、わたしはこの世に来て、人と共に良い日々を過ごす。この時はじめて、人は少しわたしが親しみやす […]

    Read More
  • 『第二十八篇の言葉』

    わたしがシオンから来た時、万物がわたしを待っていた。わたしがシオンに戻った時、万人がわたしを迎えていた。わたし […]

    Read More
  • 『第二十七篇の言葉』

    人の行いはわたしの心を打ったことがなく、わたしに尊いものと見なされたことがない。人の目には、わたしはいつも人に […]

    Read More
  • 『第二十六篇の言葉』

    だれがわたしの家に住み着いたのか。だれがわたしのために立ったのか。だれがわたしのゆえに苦しみを受けたのか。だれ […]

    Read More
  • 『第二十五篇の言葉』

    時間が流れる如く去り、瞬く間に今日になった。わたしの霊の導きのゆえに、あらゆる人はわたしの光の中で生きるように […]

    Read More
  • 『第二十四篇の言葉』

    わたしの刑罰はあらゆる人に臨んでいるが、またあらゆる人を遠く避けている。あらゆる人のすべての生活は、わたしに対 […]

    Read More
  • 『第二十三篇の言葉』

    わたしの口から声が出る時、わたしの目から火の炎が発せられる時、わたしは全地を見張っており、全宇宙を眺めている。 […]

    Read More
  • 『第二十二篇の言葉』

    人は光の中で生きているが、光が貴重だと感じず、光の本質、光の源を知らず、また光の属性を知らない。わたしは光をこ […]

    Read More
  • 『第二十一篇の言葉』

    人はみなわたしの光の中で倒れ、またわたしの救いのゆえに立つ。わたしが全宇宙に向かって救いを施す時、人はみな手を […]

    Read More
  • 『第二十篇の言葉』

    わたしの家の中には、数え切れないほどの、人には測り知れない豊富がある。しかし、人はわたしのもとに来てそれを享受 […]

    Read More
  • Page 1 of 13