救い主の再臨を歓迎する | ミュージカルドラマ—「全ての国が実際神を礼拝する」

星空の静かで平和な夜空の下で、救いの再臨を真剣に待っているキリスト教徒のグループが、陽気な音楽に合わせて賛美し、踊っています。「神がお戻りになり」そして「は新しい言葉を発せられたのです」という素晴らしいニュースを聞いたとき、驚き興奮します。心の中では「神がお戻りになったのか?もう既に現れておいでなのだろうか?!」と好奇心と半信半疑が相混ざり、神の新しい言葉を求める旅に足を踏み入れます。この困難な探求の旅では、素直にそれを受け入れる者と疑いを持つ者とが混在しています。手放しで傍観するだけの者や、聖書にヒントや答えを見出そうとする者がいましたが、空しい結果に終わってしまうのです…彼らが落胆していたとき、ある証し人が一冊の神の国の時代の聖書をもたらし、彼らはその中に記されている言葉に深く感銘を受けます。これは本当はどういう本なのだろう?その本の中に神が発した新しい言葉を実際に見つけたのでしょうか?神の出現を歓迎したのでしょうか?

全ての国が実際神を礼拝する
1 今回は、神は霊体ではなく、まったく普通の体で働きを行うために来る。それは神の二度目の受肉の体というだけではなく、神がその中に戻る体でもある。それはごく普通の肉体である。この体の中に、他の人々と異なるものは何も見受けられないが、あなたは、今までに聞いたこともない真理を彼から受け取ることができる。この取るに足らない肉体は、神から来る真理の言葉のすべてを具現化したものであり、終わりの日の神の働きを引き受けるもの、また人が知るようになる神の全性質の現れでもある。あなたは天の神を見ることを大いに望んでいたではないか。あなたは天の神を理解することを切に願ったではないか。あなたは人類の終着点を見ることを大いに欲していたではないか。彼はこれらの今だ語られたことのない秘密の全てをあなたに語り、あなたが理解していない真理についてさえ話すだろう。彼は、あなたが神の国に入る入り口の門であり、あなたが新しい時代に入るための導き手である。
2 このような普通の肉が多くの計り知れない奥義を握っているのである。彼の行いはあなたには測り知れないものが、彼の行うすべての働きの目標を知れば、彼が、人が思うような単なる肉ではないことを理解するのに充分である。なぜなら彼は、終わりの日に人類に神が示す配慮、及び神の意志も代表しているからである。あなたは天地を揺るがすような神の語る言葉を聞くことはできず、燃え上がる炎のような神の目を見ることもできず、また、鉄の杖のような神の懲らしめを感じることもできないが、彼の言葉から神の怒りを聞き、人類に示している神の憐れみを知ることができる。あなたは神の義なる性質と神の知恵を見ることができ、更に神が全人類に対して持っている配慮をはっきり理解することができる。
3 終わりの日の神の働きは、天にいる神が人々の間で生きていることを地上で人に見せることであり、また人が神を知り、神に従い、神を畏敬し、神を愛することができるようにすることである。これが彼が再び肉に戻った理由である。今日人が見るものは人と同じ姿の神、一つの鼻と二つの目を持つ神、目立たない神であるが、最終的には神はあなたがたに次のことを示すだろう。この人の存在がなければ、天と地は膨大な変化にさらされ、この人の存在がなければ、天は薄暗くなり、地上は混沌に陥り、全人類は飢饉と疫病の中で暮らすことになるということを。終わりの日における受肉の神による救いがなければ、神はずっと前に全人類を地獄で滅ぼし尽くしていたはずであるということを、神はあなた方に示すであろう。またこの肉の存在がなければ、あなた方は永遠にずっと罪人のかしらと死体のままであろうということを神は示すであろう。
4 この肉の存在がなければ全人類は避けることのできない災難に直面し、終わりの日の神の人類への一層厳しい懲罰から逃れるのはできないことをあなた方は知るべきである。この普通の肉の誕生がなければ、どのように求めようとも、あなた方にはみな生も死もやってこない状態に陥るだろう。この肉の存在がなければ、今日、あなた方は真理を受け取ることができず、神の王座の前に来ることもできないだろう。むしろ、あなた方は罪深いのために罰せられるだろう。あなた方は知っているか。神が再び肉に戻って来なければ、誰にも救いの機会はないということを。また、この肉が来なければ、神はずっと以前に古い時代を終わらせていたはずである。これでも、あなたがたは神の二度目の受肉をなおも拒むことができるか。あなた方は、この普通の人から大いに恩恵をこうむることができるのに、なぜすぐにこの人を受け入れないのか。あなた方は知っているか。神が再び肉に戻って来なければ、誰にも救いの機会はないということを。また、この肉が来なければ、神はずっと以前に古い時代を終わらせていたはずである。これでも、あなたがたは神の二度目の受肉をなおも拒むことができるか。あなた方は、この普通の人から大いに恩恵をこうむることができるのに、なぜすぐにこの人を受け入れないのか。
5 最後にはすべての国々はこの普通の人を礼拝し、この取るに足りない人に感謝し、従うだろう。全ての人類を救い、神と人の間の対立を和らげ、神と人を近づけ、神と人の考えをつなげるための真理、いのち、道をもたらしたのは、この人だからである。一層大きな栄光を神にもたらしたのもこの人である。このような普通の人こそ、あなたの信頼や敬愛を受けるに値しないだろうか。このような普通の肉こそがキリストと呼ばれるに相応しくはないだろうか。このような普通の人が人々の間で神の表出となれないことなどあろうか。人類が災難を免れる手助けをするこのような人が、あなた方に愛され、あなた方が抱きしめる価値がないなどということがあろうか。このような普通の人が人々の間で神の表出となれないことなどあろうか。人類が災難を免れる手助けをするこのような人が、あなた方に愛され、あなた方が抱きしめる価値がないなどということがあろうか。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です