クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(2)キリストは受肉した神

クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(2)キリストは受肉した神
過去2千年間、主の信仰者たちは、主イエスがキリストであること、肉となった神であることを承知していたが、神の受肉とは実際に何であるか、受肉した神を我々はいかに知るべきかに関する真理の奥義を理解できる者はいなかった。このため、終わりの日の全能神が裁きの働きを行うため肉となって来られても、一部の人々は全能神を普通の人であるかのように扱い、終わりの日の全能神の働きを受け入れようとしない。これでは終わりの日の神の救いを失ってしまいかねない。受肉の真理を理解することが主の再臨をお迎えするのに緊要であることは明白である。

おすすめ動画
キリスト教映画「知らぬが命取り」
クリスチャン映画「福音の使者」

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください