『神の働き、神の性質と神自身(一)』

私たちは今日一つの重要な話題を交流しよう。この話題は、神が働き始めてから今までずっと語ってきた話題であり、これは誰にとってもとても重要である。つまり、この話題は誰もが神を信じる過程の中で接するはずの話題、また必ず接する話題であり、とても大事で、避けられず、また人が離れられない問題である。重要と言えば、神を信じる一人一人にとって、一番重要なのは何か。一部の者は、神の心意を知るのが一番重要だと思い、一部の者は、神の言葉を多く食べ飲みするのが一番重要だと思い、一部の者は、自分を認識するのが一番重要だと思い、一部の者は、どうすれば神に救われることができるか、どのように神に従って行くか、どうすれば神を満足させることができるかを知るのが一番重要だと思っている。今日、私たちはひとまずこれらの話題を放っておいて語らない。では、何を語るのか。「神」に関する話題を語る。この話題は各々の人にとって一番重要だと思わないのか。「神」に関する話題には、どんな内容が含まれているのか。もちろん、この話題はきっと神の性質、神の本質と神の働きを離れられない。では、私たちは今日「神の働き、神の性質と神自身」について話そう。

人は神を信じ始めた時から、神の働き、神の性質と神自身に関する話題に接する。神の働きに触れると、一部の人はこう言うだろう。「神様の働きが私たちの身に行われていて、私たちは毎日経験している。私たちはそれに疎いと感じない。」神の性質に触れると、一部の人はこう言うだろう。「神様の性質は、私たちが一生研究し、検討し、重んじている話題で、それも私たちにとって疎いでない。」神自身に触れると、一部の人は「神様自身は私たちがつき従い、信じ、追随する対象だ。それも私たちにとって疎い話題ではない」と言うだろう。天地創造の時から、神は彼の仕事を止めたことがない。彼は働いている間に、ずっと彼自身の性質を発表し、いろいろな方式で彼の言葉を発表している。それと同時に、彼はまた絶えず人類に向かって彼自身を表しており、彼自身の本質を表しており、彼の人類に対する心意、要求を発表している。だから、字面から見れば、これらの話題はどの人にとっても疎いではない。事実上、今神につき従っている人にとっては、神の働き、神の性質、および神自身についてとても疎いである。なぜこう言うだろう。人は神の働きを経験すると同時に、神と付き合っており、自分がもう神の性質を知り、神の性質の一部分を知ったと思っているから、人はみな自分が神の働きと神の性質に疎いと思わない。人は自分が神のことをよく知っており、神のことについてたくさん理解したと思っている。しかし、これらの理解は今の状況から見れば、多くの人はただ本の中に限定され、また個人の経験の範囲内に限定され、人の想像の中に限定され、さらに人の目で見た事実の範囲内に限定されていて、それは本当の神自身とは大きく隔たっている。では、どれほど「隔た」っているだろうか。もしかすると人は心の中ではっきり知らないかもしれないし、もしかすると少しの意識、少しの感じがあるかもしれない。しかし、神自身から見れば、人の彼に対する認識は、本当の神自身の本質とはるかに隔たっている。だから、私たちは「神の働き、神の性質と神自身」というような話題を持ち出して系統的に、具体的に交流する必要がある。

事実上、神の性質はどの人に対しても公にされていて、隠されているのではない。なぜなら、神は、いかなる人をも意識的に避けたことがなく、また意識的に自分を秘めて、人に自分を認識させず、理解させないようにしたことがなく、神の性質は終始公にされており、終始率直に一人一人の人と向き合っているからである。神の経営の中で、神は彼の仕事をしており、一人一人の人と向き合っており、しかも彼の仕事は一人一人の人の身に行われている。彼はこれらの仕事をすると同時に、絶えず彼の性質を流露しており、また絶えず彼の本質、彼の所有、所是によって一人一人の人を導き、供給している。どの時代にも、どの段階でも、いい環境であれ劣悪な環境であれ、神の性質は一人一人の人に向かって公にされているのであり、彼の所有、所是も一人一人の人にとって公にされているのである。それは彼の命が絶えず人に供給しており、人を支えているのと同じである。しかし、一部の人にとっては、神の性質は隠されている。なぜこう言うだろう。この部類の人は神の働きの中で生きており、神につき従っているが、今まで神を知ろうとせず、神を認識しようともせず、なおさら神に近づこうともしないからである。彼にとっては、彼が一旦神の性質を知ったら、それは彼の結末が臨むこと、彼が神の性質によって裁かれ、罪定めされることを意味している。だから、この部類の人は全然神と神の性質を理解しようとせず、もっと深く神の心意を理解し、神の心意を悟ろうともしない。彼らは意識的に協力することによって神の心意を理解しようとせず、ただ疲れを感じずに自分のしたいことをし、自分の信じたい神を信じ、自分の心の中の想像による神、観念による神を信じ、日常生活の中で自分を「一刻も離れない」神を信じているだけである。本当の神自身に対して、彼らは取り合おうとせず、理解しようとせず、相手にしようともせず、なおさら彼に近づこうとせず、むしろ神の発表した言葉で自分を飾り立て、自分を装う。このように、彼らは自分が既に神を信じることに成功し、心の中で神に対する本当の信仰を持っていると思う。彼らの心の中では、彼らの想像、彼らの観念、および彼らの神に対する規定が彼らを導いている。しかし、本当の神自身は彼らと何の関係もない。なぜなら、一旦彼らが本当の神自身を理解し、神の本当の性質を理解し、神の所有、所是を理解したら、彼らの行為、彼らの信仰、彼らの追求が罪定めされることになるからである。だから、彼らは進んで神の本質を理解しようとせず、もっと神を理解し、もっと神の心意を知り、もっと神の性質を知るために、進んで求め、祈ろうともしない。彼らは、むしろ神が虚構した、非現実的な、漠然としたものであることを望んでおり、また、神が彼らの想像したのと同じような神であり、彼らにこき使われる無尽蔵な神であることを望んでいる。彼が神の恵みを享受したい時は、神が彼の恵みになってくれ、彼が祝福を必要とする時は、神が彼らの祝福になってくれ、彼が逆境にぶつかる時は、神が彼に勇気を与え、彼らの後ろ盾になってくれる。神に対するこれらの人の認識はただ恵み、祝福という範囲内にとどまっており、神の働き、神の性質、神に対する彼らの理解はただ想像、字句教理の言い方に限定されている。しかし、一部の人は神の性質を知ることを切実に望み、神自身をはっきり見ることを望み、本当に神の性質、神の所有、所是を知ることを望んでいる。この部類の人たちは、真理の実際を追い求め、神に救われることを追い求め、神に征服され、救われ、完全にされることを追い求める。この人たちは、注意深く神の言葉を読み、神が毎回按配する環境、神が彼のために按配する人、事、物を注意深く体験し、しかも真心をもって祈り、求める。彼らが最も知りたがっているのは、神の心意、神の本当の性質と本質である。それは彼らがこれ以上神を犯さず、経験の中で神の愛らしさ、神の真実の面をもっとはっきり見るためであり、彼らが心の中で真実の神を持つためであり、神が彼らの心の中で地位を持ち、彼らがこれ以上想像、観念の中、漠然とした中で生きないためである。この人たちにとって、彼らが神の性質、神の本質を切実に理解したがっているのは、神の性質、神の本質が人の経験の中の随時の必要、人の一生の命の供給だからである。彼らは一旦神の性質を理解したら、もっと神を畏れることができ、よりよく神の仕事に協力することができ、よりよく神の心を思いやり、ちゃんと自分の本分を尽くすことができる。これは神の性質に対する二つの部類の人の態度である。一部類の人は神の性質を理解しようとしない。彼らは口先では、神の性質を理解し、神自身を認識し、神の所有、所是を見、神の心意をはっきり理解しようとすると言っているが、心の中では、神が存在しないことを望んでいる。なぜなら、この人たちは、これまでずっと神に逆らい、背き、心の中で神と地位を奪い合い、心の中で常に神の存在を疑い、さらには神の存在を否定さえするからである。彼らは神の性質、本当の神自身が彼らの心を占有することを望まず、ただ自分の欲望を満足させ、自分の想像を満足させ、自分の野心を満足させようとする。だから、この一部の人は神を信じ、神につき従い、家や生業を捨てることができるが、しかし絶えず悪行を行なう。さらに一部の人はいけにえを盗み食いし、一部の人はいけにえを浪費し、一部の人は陰で神をののしりさえする。また一部の人は地位を利用して、絶えず自分を証しし、高め、神と人を奪い合い、神と地位を奪い合い、いろいろな方式、いろいろな手段によって人に自分を崇拝させ、いつも人心を籠絡して人をコントロールしようとする。もっとひどいことに、わざと他人に自分を神だと誤解させ、自分を神として扱わせる人さえもいる。彼は人に、「私は堕落した人で、私も堕落、傲慢を持っている。私を崇拝してはいけない。私がいくらよいことをしたとしても、それは神様に高められたからであり、私のすべきことだ」と言ったことがない。なぜ彼はこう言わないだろう。それは人の心の中の地位を失うことを深く恐れるからである。だから、このような人は全然神を高くあげず、また神を証ししない。彼が神を高くあげず、神を証ししない原因は、彼が全然神を理解しようとしないからである。彼が神を理解しないと、神を認識することができるだろうか。認識できない!だから、「神の働き、神の性質と神自身」という話題の中の、このいくつかの字は簡単だが、人によって意義が違う。常に神に逆らい、神に背き、神に敵対する人たちにとっては、それは罪定めであるが、真理の実際を追い求め、常に神の前に来て、神の心意を探し求める人たちにとっては、それは疑いなく、魚が水を得たのと同じである。だから、あなたたちのうち、一部の人は神の性質、神の働きを語ると聞いたら、頭が痛くなり、心の中に強い反発心を持ち、とてもつらくなる!しかし、一部の人は聞いた後、「この話題はまさに私に必要なものだ。この話題は私に非常に役立つのだ。それは私の命の経験の中で欠かせない一部分の内容であり、肝心の上に肝心なものであり、人が神様を信じる土台だ。人はそれを離れられない」と感じる。この話題は一人一人の人にとって近いでもあるし遠いでもあり、疎いでもあるし詳しいでもあるが、どうであろうと、この話題はやはりこの場にいる一人一人が耳を傾けて聞き、知り、理解すべきものである。あなたがこの話題をどのように対処しても、どのように扱っても、この話題をどのように理解しても、この話題の重要性は無視できない。

神は人類を創造した時から働き始めた。最初はとても簡単な仕事であった。この仕事は簡単であったが、神の本質、神の性質がその中で発表された。今になって、神の仕事が高まり、神が彼につき従う人々の身に大量の具体的な仕事をし、人に対して大量の言葉を発表したが、始めから終わりまで、神の本体は人に隠されている。彼が二回受肉したが、聖書が記録されてから今まで、誰が神の本体を見たことがあるか。あなたたちの知るところでは、神の本体を見た人はいるのか。いない。誰も神の本体を見たことがなく、つまり誰も神の本当の姿を見たことがない。これは誰もがみな認めることである。つまり、神の本体、或いは神の霊はすべての人に隠されている。神に造られたアダム、エバ、そして神に受け入れられたヨブを含めて、誰も神の本体を見たことがない。では、神が意識的に彼の本体を隠すのはなぜだろう。一部の人は「神様が人を驚かせることを心配されるからだ!」と言い、一部の人は「神様がこのように彼の本体を隠すのは、人があまりにも小さく、神様があまりにも大きいからであり、人が神様を見ることができず、見ると死んでしまうからだ」と言い、また一部の者は「神様が彼の仕事を経営することで毎日忙しいから、たぶん人に現れる時間がないかもしれない」と言う。あなたたちがどのように思っても、私は一つの結論を出す。この結論は何だろう。それはすなわち、神は全然人に彼の本体を見せようとしないということである。ここの「人に隠す」とは神がわざわざしたことで、つまり、神がわざわざ人に彼の本体を見せないということである。これはよく分かっただろう!神が人に自分の本体を現したことがないなら、神の本体は存在するかどうか、あなた達はどう思うのか(存在します。)これは言うまでもない!神の本体が存在するのは、疑う余地がない。神の本体がどれほど大きいか、どんなふうか、これは人類が討議すべき問題なのか。いいえ!答えは否定である。神の本体に関する話題は私たちが討議すべき問題ではない。では、私たちが討議すべき問題は何だろう。(神の性質です。)(神の働きです。)本題に入る前に、さっきの話題に戻ろう。なぜ神は人類に自分の本体を現したことがないのか。なぜ神はわざわざ人類に自分の本体を隠すのか。その原因はただ一つである。それは何かというと、造られた人類は神の何千年の働きを経験したが、神の働きを認識し、神の性質と神の本質を認識した人はいないのであり、このような人類は神から見れば、神に敵対する人類なのである。神は彼に敵対する人類に現れることがない。これは、神がなぜ今まで人類に彼の本体を現さなかったのか、なぜわざわざ人類に彼の本体を隠したのかの唯一の原因である。今、あなたたちは神の性質を認識することの重要性をはっきり知っただろう。

神の経営があって以来、神はずっと全身全霊を尽くして自分の仕事をしている。彼は自分の本体を隠したが、ずっと人類のそばにいて、人類の身に働き、自分の性質を発表しており、自分の本質によって全人類を導いており、自分の大能、知恵、権威によって各々の人の身に働いている。そのため、律法時代、恵みの時代、今の王国時代ができた。神の本体は人に隠されているが、神の性質、神の所有、所是と神自身の人類に対する心意は、神が余すところなく人に現して、人に見せ、人に経験させている。つまり、人類は神を見ることも触れることもできないが、人類が接触する神の性質、神の本質は完全に神自身の発表である。これは事実ではないのか。神がどんな方式によって、どの立場に立って仕事をしても、彼は自分の本当の身分によって人を扱い、自分のすべき仕事をし、自分の言うべき言葉を言う。神が第三の天の高さに立って人に話しても、肉体の立場に立って人に話しても、さらには一人の普通の人の立場に立って人に話しても、どの立場に立って話しても、彼は誠心誠意を尽くし、いかなる欺きもなく、いささかも隠していない。彼は働いている間に、自分の言葉、自分自身の性質を余すところなく発表しており、また自分自身の所有、所是を余すところなく発表している!彼は自分の命、自分の所有、所是によって全人類を導いている。このように、人類は「見ることも触れることもできない」神の導きの下で律法時代――人類の揺籃時代を過ごした。

律法時代の後、神は初めて受肉したのであり、受肉した時間は、三十三年半であった。この三十三年半の時間は人にとっては長いのか。(長くありません。)人の寿命は普通は三十年余りだけではないから、三十三年半は、人から見れば長くない。しかし、受肉した神にとっては、この三十三年半は長いのである。彼は一人の人――一人の普通の人となって、神の仕事を担当し、神の委託を引き受けた。これは、彼が普通の人が担当できない仕事を担当すると同時に、普通の人が耐え忍ぶことのできない苦しみを耐え忍ばなければならないことを意味している。恵みの時代に、主イエスが働き始めてから十字架につけられるまでにどれほどの苦しみを受けたかは、今の人が自分の目で見られないが、聖書に記録されている物語から、あなたたちは少し感じられるだろう。記録されているこれらの事実の中にどれほどの細部があろうと、とにかく、この期間内に神がした仕事は、困難や危険、苦難に満ちていた。堕落した人にとって、三十三年半は長くなく、少し苦しみを受けることはたいしたことではないが、聖くて何の瑕もない神にとっては、すべての人の罪を耐え忍び、罪人と一緒に食べ、住み、生活すべき苦しみはとても大きかった。彼は造物主であり、彼は万物を支配し、すべてを支配している。しかし、彼はこの世に来た時、堕落した人類の圧迫や残害に耐えなければならず、彼の仕事を完成するため、人類を苦界から救い出すため、彼は人に罪定めされなければならず、しかもすべての人の罪を担わなければならなかった。彼の受けたこのすべての苦難は、普通の人が想像することも感じることもできないのである。彼の受けた苦しみは何を意味しているのか。それは、神の人類に対する貢献、彼が人類を救い、人の罪を贖い、その段階の仕事を完成するために受けた屈辱、払った代価を意味しており、また、人類がもうすぐ神によって十字架の上から贖われることを意味している。この代価は血の代価、命の代価であり、いかなる被造物も具備していないものである。彼は神の本質、神の所有、所是を具備しているからこそ、この苦しみを担当することができ、このような仕事を担当することができた。これはいかなる被造物も代替できないものである。これは神の恵みの時代における仕事と、神の流露した性質である。この中には神の所有、所是の流露があるのではないか。それは人類が認識するに値するのではないか。

その時代に、人は神の本体を見ていないが、神から罪祭を得た。しかも人は神によって十字架の上から贖われた。神が恵みの時代の間にした仕事に対して人は疎くないかもしれないが、神がこの間に発表した性質、神の心意に対しては誰も疎いのではないか。人はただ、いろいろなルートを通して神が異なる時期にした仕事の内容を知り、或いは神がこれらの仕事をする時に起こった、神に関する物語を知っただけである。これらの内容と物語は、せいぜい神に関する少しばかりの情報や伝説にすぎない。それは神の性質、神の本質とは何の関係もない。だから、人が神に関する物語をどのくらい知っていても、それは人が神の性質、本質に対して深い理解と認識を持ったことを証明できない。恵みの時代の人は受肉した神と一度の親密な、ゼロ距離の接触があったが、神の性質や本質に対する彼らの認識は律法時代の人と同じようにほとんどゼロに近い。

王国時代になって、神はもう一度受肉した。この方式は、初めて受肉した時と同じである。この働いている間に、神はやはり余すところなく自分の言葉を発表し、自分のすべき仕事をし、自分の所有、所是を発表しており、それと同時に、絶えず人の不従順と人の無知を耐え忍び、容赦している。今度働いている間にも、神は絶えず自分の性質を現し、自分自身の心意を現しているのではないか。だから、人類ができてから今まで、神の性質、神の所有、所是と神の心意はいかなる人に対しても公にされているのであり、神はわざわざ自分の本質、自分の性質、自分の心意を隠したことがない。ただ人々が、神は何をしているのか、神の心意は何であるかに対して関心を持たないだけである。だから、人の神に対する認識はほんのわずかである。つまり、神は自分の本体を隠すと同時に、いつでも人のそばにいて、いつでも人に対して自分の心意、自分の性質と本質を公に現している。ある意味では、神の本体は人に対して公にされている。ただ人の盲目、不従順のため、人はどうしても神の出現を見られないだけである。だから、今の状況から見れば、神の性質を理解し、神自身を理解するのは、人々にとってとても容易なことであるかどうか。この問題は答えにくい。そうだろう。容易だと言えば、一部の人は神を認識することを追い求めているが、どうしても認識することができず、どうしてもはっきりとした認識を持つことができない。つまり、はっきりせず、ぼんやりしている。容易ではないと言えば、そうでもない!こんなに長い間神の働きを経験していて、各々の人は経験する中で、神と本当の交わりを持ったことがあり、何と言っても、心の中で神とある程度感応があり、神と心のぶつかり合いを持ったことがあって、神の性質に対していくらかの感性的認識を持つようになり、神に対する理解でも少しばかりの収穫を得たはずである。今まで神に従ってきて、人はたくさんのものを得た。ただいろいろな原因のために、すなわち人の劣っている素質、人の愚昧さ、人の不従順、人のいろいろな存心のために、流したものが多すぎるだけである。実は、神が人に与えたのが少ないのか。神は自分の本体は隠したが、自分の所有、所是、自分の命はみな人に供給した。人の神に対する認識は実に今の状態にあるべきではない。だから私は、さらに一歩進めてあなたたちと「神の働き、神の性質と神自身」という話題を交流することが必要だと思う。その目的は、この何千年間の、人に対する神の並々ならぬ苦心を無にしないためであり、同時にまた、人類に対する神の心意を人に理解させ、感じさせるためである。そうすれば、人に神を認識するという領域で新しい段階に入らせることができるだけではなく、人の心における神の地位を回復し、つまり、神を「公平に扱う」ことができる。

神の性質を理解し、神自身を理解しようと思うなら、細部から理解していかなければならない。どんなことの細部から理解していくべきだろうか。私はまず聖書の中からいくつかの章節を選び出した。以下の資料は聖書から抜粋した章節である。これらの章節はみな「神の働き、神の性質と神自身」という主題に関係している。これはあなたたちが神の働き、神の性質と神自身を認識するための参考資料になるように、私がわざわざ探し出したのである。ここで、私たちはこれらの章節を持ち出して分かち合い、神が以前した仕事の中でどのような性質を流露したのか、神のどのような本質が人の知らないものなのかを見てみよう。これらの章節は古いけれども、私たちが交流しようとする話題は新しい内容であり、それは人が持たず、人が聞いたことのないものである。一部の人は不思議に思うかもしれない。アダム、エバを持ち出し、ノアも持ち出した。これは逆戻りしたのではないかと。あなたたちがどう考えても、これらの章節は今日交わる話題に大いに役立つ。これは今日交わる話題の教材または基礎資料とすることができる。私が交わりを終えたら、あなたたちは私がこれらの章節を選んだ目的を知ることができる。以前聖書を読んだことのある人はみな、このいくつかの言葉を見たことがあるが、本当に分かるとは限らない。私たちはまず大ざっぱに見た後、具体的に一つずつ交わろう。

アダム、エバは人類の祖先である。聖書の中の人物に触れると、まずこの二人を言わなければならない。その次はノアであり、彼は人類の二番目の祖先である。見たのか。三番目の人物は誰か。(アブラハムです。)アブラハムの物語は皆が知っているのか。一部の人は知っているだろうが、一部の人ははっきり知らないかもしれない。四番目の人物は誰か。ソドムを滅ぼすという物語の中で誰が言及されたのか。「ロトです。」ここではロトが言及されていない。誰が言及されたのか。(アブラハムです。)アブラハムに関するこの物語の中で、ヤーウェ神がおもに何を語ったと言っているのか。これは見たのか。五番目の人物は誰か。(ヨブです。)神のこの段階の働きの中で、神がヨブの物語について語ったのが多いだろう。では、あなたたちはこの物語に関心を持っているのか。あなたたちが大きな関心を持っていたのなら、あなたたちは聖書の中のヨブの物語を仔細に読んだことがあるか。ヨブがどんな言葉を言い、どんなことをしたか知っているのか。一番多く読んだ者は何回読んだのか。しばしば読んでいるのか。香港の姉妹たち話してみなさい。(以前、恵みの時代に一度や二度は読んだことがあります。)その後は、読んだことがないのか。それは惜しいことだ!あなたたちに教える、この段階の働きの中で、神が何度もヨブに触れたが、そこには神の心意がある。しかし、「何度も触れた」ことにあなたたちが注意を払っていない。これは、あなたたちがよい人、神を畏れ、悪から遠ざかる人になるのに興味がないという事実を証明する。なぜなら、あなたたちは神が取り出したヨブの物語について大体知ること、物語そのものを知ることだけに満足して、ヨブという人についての細部と、神が何度もヨブに触れた思惑に関心を寄せず、また理解しようとしないからである。神に良しと認められるこういう人にも興味を持たないなら、あなたたちは何を重んじるのか。神が触れたこれほど重要な人物に対しても、あなたたちが関心を持たず、理解しようとしないなら、神の言葉に対してどんな態度をとるだろうか。これは悲しいことではないか。これは、あなたたちの大多数が実際的なものを重んじず、真理を追い求めないことを証明するのではないか。あなたが真理を追い求める人なら、神に良しと認められる人、神の触れた人物、物語を大いに重視するはずであり、それを達成できても達成できなくても、触れることができても触れることができなくても、あなたはすぐ読み、理解し、それからいろいろ工夫して模倣し、全力を尽くして自分にできることをするはずである。これこそ、真理を渇望する人にあるべき表現である。しかし、この場にいるあなたたちの大多数はなんとヨブの物語を読んだことがない。これは大きな問題点である。

さっきの話題に戻ろう。旧約の律法時代に関するこの聖句の中で、私はおもにいくつかの人物の物語を抜粋した。これらの物語は、聖書を読んだことのある大多数の人が聞き慣れているので詳しく説明することができる物語である。その中の人物はとても代表性があって、人は読んだ後、神が彼らの身にした仕事、彼らに言った言葉は今の人が触れることも理解することもできるものだと感じることができる。あなたがこれらの物語を読み、これらの聖書の記録を読む時、神が当時どのように働いたのか、どのように人を扱ったのかをもっと理解することができる。しかし、私が今日これらの章節を取り出した目的は、あなたにこれらの人物の物語と、その中の人物を理解させるためではない。それは、人が神を認識し、神を理解し、神の真実な面を見るように、人にこれらの人物の物語の中から神のわざ、神の性質を見せるためであり、あなたの想像、あなたの神に対する観念を止めさせ、漠然とした中での、あなたの神に対する信仰も止めさせるためである。あなたに何のよりどころもなく、神の性質を理解させ、神自身を理解させ、認識させるなら、あなたは常にとても無力でどうすることもできず、どこから手をつけて良いか分からないと感じる。だから、私はこの方法を考え出して、このような方式、ルートによって、人が神をもっと理解し、神の心意をもっと真実に理解し、神の性質、神自身をもっと真実に認識し、神の存在を真実に感じ、神の人類に対する心意を真実に理解することができるようにしようとする。これはあなたたちに役立つだろう。では、あなたたちが今またこれらの物語、これらの章節を読むと、心の中でどう思うのか。私が選んだこれらの章節が余計なものだと思われるのか。さっきあなたたちに教えたことをもう一度強調しなければならない。あなたたちにこれらの人物の物語を読ませる目的は、あなたたちに神が人の身にどのように働くかを理解させ、人類に対する神の態度はどうなのかを理解させるためである。何を通して理解させるのか。神が以前した仕事を通して、また神が今している仕事と結びつけて、神の細部を理解させるのであり、これらの細部は真実なもので、神を認識する人が必ず知り、理解すべきものである。

最初に「アダム、エバ」についてのことを話そう。まず聖書を読もう。

一、アダム、エバ

1.アダムに対する神の言いつけ

(創2:15-17)主なる神は人を連れて来て、エデンの園に住まわせ、人がそこを耕し、守るようにされた。主なる神は人に命じて言われた。「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」

「アダムに対する神の言いつけ」、この聖句からあなたたちは何か分かったのか。この聖句は、あなたたちにどんな感覚を与えるのか。どうして「アダムに対する神の言いつけ」についての聖句を抜粋しただろう。あなたたち一人一人の心の中には、神とアダムに関する絵があるのか。想像してみよう。もしあなたたちがその場にいたなら、あなたたちの心の中の神はどんな神なのか。この画面はあなたたちにどんな感覚を与えるのか。これは感動的で心温まる画面である。画面の中には神と人だけがあるが、この二人の親密な関係はそれほど人を羨ませる。神の愛は満ち満ちていて、値なしに人に与えられ、人を包んでいる。人は無邪気で、何の心配もなく、幸せに神の目の前に生きている。神は人を心配しており、人は神の加護の下で生きていて、人のすること、人の一言一行は神と密接な関係があり、切り離せない。

これは神が人類を造った後、人に対する初めての言いつけだと言ってもいい。この言いつけの中には何があるのか。神の心意があり、彼の人類に対する心配もある。これは神の初めての言いつけであり、神の人類に対する初めての心配でもある。つまり、神が人類を造ったその時から、神は人類に責任を持つようになった。彼の責任は何だろう。彼は人を守り、人を顧みようとする。彼は人が彼の言ったことを信じ、それに聞き従うことを望んでいる。これは神の人類に対する初めての期待でもある。この期待があると同時に、神はこう言った。「園のすべての木から取って食べなさい。ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」この簡単な一言は神の心意を代表しており、また、神の心がもう人を心配し始めていることを表している。万物の中で、アダムだけが神にかたどって造られたのであり、アダムだけが神の命の息がある生き物である。彼は神と共に歩むことができ、神と対話することもできた。だから、神は彼にこのように言いつけた。この言いつけの中には、人がしてもいいこともあれば、してはいけないこともあり、神はそれをとてもはっきり言った。

このいくつかの簡単な言葉の中から私たちは神の心を見た。神のどんな心を見たのか。神の心の中には愛がないのか、心配がないのか。神の愛と心配は、人がこの聖句から感じ取ることができるだけではなく、本当に触れることもできる。そうではないか。私がこう言うと、あなたたちはこのいくつかの言葉が簡単だと感じるのか。簡単ではないだろう。以前、あなたたちは見い出すことができたのか。もし神が自らあなたにこのいくつかの言葉を言ったのなら、あなたは心の中でどう感じるのか。もしあなたが人間性のない人であり、あなたの心が冷たいのなら、あなたはどんな感覚もなく、神の愛を感じることができず、神の心を理解しようともしない。もしあなたが良心、人間性のある人なら、あなたの感覚はそうではなく、あなたは暖かいと感じ、心配され、愛されると感じ、また幸せだと感じるはずである。そうだろう。あなたがこれらを感じた時、あなたは神をどのように扱うだろうか。神を慕わしく思わないだろうか。心の中で神を敬愛しないだろうか。あなたの心が神に近づかないだろうか。ここから分かることは、神の愛が人にとってどんなに重要なのか!しかも、神の愛を感じ取り、理解することは人にとってもっと重要である!事実上、神のこの段階の働きの中で、神は同じような言葉をたくさん言ったのではないか。しかし、今の人から言えば、神の心を感じ取ることができる人はいるのか。あなたたちは私がさっき言った神の心意を感じ取ることができるのか。このように具体的で、真実で、実際的な神の心意もあなたたちは感じ取ることができない。だから私は、あなたたちが神に対して本当の認識と理解を持たないと言う。これは事実ではないか。この区切りの言葉はここまで交流しよう。

2.神がエバを造る

(創2:18-20)主なる神は言われた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。

(創2:22-23)そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ連れて来られると、人は言った。「ついに、これこそ私の骨の骨、わたしの肉の肉。これをこそ、女(イシャー)と呼ぼう。まさに、男(イシュ)から取られたものだから。」

「神がエバを造る」、この聖句の中にはいくつかの肝心な言葉がある。そこに下線を引きなさい。「人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。」さまざまな生き物に名を付けたのは誰か。神ではなく、アダムである。この言葉から、神が人を造る時、人に知恵を与えたという事実が告げられる。つまり、人の知恵は神から来たのであり、これは疑う余地のないことである。なぜだろう。神がアダムを造った後、アダムは学校へ通ったことがあるのか、字を覚えたのか。神がさまざまな生き物を造った後、彼はこのさまざまな生き物を見て分かったのか。神はそれらの名前を彼に教えたのか。もちろん、さまざまな生き物の名前はどのようにつけるかも神は教えていなかった。これは事実である!では、彼はどのようにこれらの生き物の名前をつけるべきか、どんな名前をつけるべきかを、どうやって知ったのか。これは、アダムが造られた時、神が彼に何を加えたのかという問題にかかわる。事実によって、神が人を造る時、人に神の知恵を加えたということが証明される。これが肝心な点である。あなたたちははっきり聞き取るべきである!あなたたちがはっきり知るべきもう一つの肝心な点は、アダムがこれらの生き物に名前をつけた後、これらの生き物の名前が神の方ではもう決まったということである。なぜこう言うだろう。この中にはまた神の性質がある。これについて説明する必要がある。

神は人を造り、人に命の息を与え、また人に彼のいくらかの知恵、能力と所有所是を与えた。神が人にこれらを与えた後、人は独力でいくらかの事をすることができ、独立でいくらかの事を考えることができた。人の考えたこと、人のしたことが神に良しとされることならば、神はそれを受け入れ、干渉しない。人のしたことが正しいなら、神はそれを基準とする。だから、「人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった」という言葉は何を意味しているのか。さまざまな生き物の名前に対して神がいかなる改修も行なっていないことを意味している。アダムが何と呼んだら、神は「よし」と言い、そして、そのものの呼び名を確定したのである。神には意見があったのか。なかった、これは確定できる!この中からあなたたちは何を見たのか。神が人に知恵を与え、人は神から与えられた知恵によってことを行なった。神から見て、人のすることが肯定的なことであれば、そのことは神に肯定され、認められ、受け入れられ、神はいかなる評価や批判もしない。これはいかなる人類や邪悪な霊、サタンもできないことである。ここからあなたたちは神の性質の流露を見たのか。人なら、堕落した人やサタンなら、ほかの人が自分の目の前で自分を代表してことを行なうのを許すだろうか。絶対に許さない!ほかの人や対立する勢力の相手とこの地位を奪い合わないだろうか。必ずそうするだろう!その時、堕落した人またはサタンがアダムと一緒にいたのなら、きっとアダムのすることを否定しただろう。自分が独自の思考能力、特有の見方があることを証明するために、彼はアダムのするすべてを否定しただろう。「あなたがこの名をつけると、私は絶対にこの名をつけず、あの名をつける。あなたが張三と名付けると、私は必ず李四と名付け、私の賢さを見せつける。」これはどんな本性なのか。傲慢ではないか。しかし、神はこのような性質を持っているのか。神はアダムのしたそのことに対して、何か異常な反対行為があったのか。なかったと断言できる!神の性質の表れには、言い争いや傲慢、独りよがりがいささかもない。この点はここではっきり現れている。これはとても小さなことだが、もしあなたが神の本質を認識できず、心の中で、神がどのようにしたか、神の態度がどうだったかを考えないなら、あなたは神の性質を認識できず、神の性質の発表、表れを見ることができない。そうだろう。では、さっきの私の解釈に、あなたたちは賛成するのか。アダムのしたそれらのことに対して、神は「よくやった。ちゃんとやった。私は賛成だ!」と公に言ってないけど、心の中で認めた。彼はアダムのしたことを称賛し、良しとした。これは創世以来、人類が神の言いつけに従って、神のためにした初めてのことである。このことは神の代わりにしたのであり、神を代表してしたのでもある。神の目には、それは神が人に与えた知恵によるものである。神から見れば、それはよいもの、肯定的なものである。その時、アダムのしたことは、人類の身における神の知恵の初めての表現であり、その表現は神から見ればよかったのである。ここで私はあなたたちにこのことを教えたい。神が神の一部の所有、所是と知恵を人に加えたのは、人が彼を表現できる生き物となるためである。このような生き物に彼を代表してことをさせるのは、まさに神がずっと待ち望んでいたことである。

3.(創3:20-21)アダムは女をエバ(命)と名付けた。彼女がすべて命あるものの母となったからである。主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。

第三段落を見よう。ここで、アダムがエバに付けた名は意義があると言った、そうだろう。これは、アダムが造られた後思想があったのであり、彼がたくさんのことを知っていたことを証明する。彼が何を知っていたのか、どれくらい知っていたのかについては、今研究せず、また討議しない。これらは私が語ろうとする第三段落の聖句の重点ではないからである。第三段落の聖句の重点はどこにあるのか。私たちは「主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた」という言葉を見よう。今日、この聖句を取り出して交流しなかったのなら、あなたたちは一生、この言葉の真意を意識することができないかもしれない。まずあなたたちにヒントを少し与えよう。あなたたちは自分の想像を繰り広げなさい。想像の中にエデンの園があり、アダム、エバがその中に住んでいた。神が彼らに会いに行った時、彼らは裸だから隠れた。神が彼らを見つけなかったので、彼らを呼んだ。すると、彼らは「私たちが裸ですから、敢えてあなたに会いません」と言った。彼らが裸だから、神に敢えて会わなかったので、ヤーウェ神は彼らのために何をしたのか。原文はこうなっている。「主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。」今、あなたたちは神が何によって彼らに衣を作ってあげたか知ったのか。神は皮によって彼らに衣を作って着せた。つまり、神が人に作ってあげたその衣は皮の衣であった。それは神が人のために作った初めての衣である。皮の衣は、今の時代では高級な服であり、誰でも着られる服ではない。もしあなたが誰かに、「人類の祖先が着た初めての服はどんな服なのか」と聞かれたら、あなたは「皮の衣だ」と答えたらいい。この皮の衣は誰が作ってあげたのか。あなたは「神が作ってあげられた!」と答えなさい。この衣は神が作ったということが重点なのである。これは話してみる値打ちがあるかどうか。さっき私がこのように描写した後、あなたたちの頭の中には一幅の絵が浮かんだのか。大体の輪郭はあるだろう!今日、この言葉を言う目的は、あなたたちに人類が着た初めての服が何かを知らせるためではない。この言葉の重点はどこにあるのか。重点は皮の衣にあるのではない。私が話そうとする重点は、神がこのことをする時流露した性質、所有所是を、人がどのように認識するかである。

「主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた」という絵の中で、私たちの見た神はどんな身分でアダム、エバと一緒にいたのか。ただ二人だけの世界の中で、神はどんな身分で現れたのか。神の身分で現れたのか。香港の兄弟姉妹が答えてみなさい。(父母の身分で現れました。)韓国の兄弟姉妹は、神がどんな身分で現れたと思うのか。(一家の主です。)台湾の兄弟姉妹、話してみなさい。(アダム、エバの家族の身分、肉親の身分で現れました。)ある人は、神がアダム、エバの肉親の身分で現れたと思い、ある者は神が一家の主の身分で現れたと言い、またある者は父母の身分で現れたと言った。これらはみなとても適切である。しかし私が言いたいのは何だろう。神はこの二人を造った後、彼らを伴侶とし、彼ら二人の唯一の肉親として、彼らの生活、彼らの衣食住の面倒を見ていた。ここで神はアダム、エバの親の身分で現れた。神のしたこのことの中で、人は神の高大さを見られず、神の至高無上を見られず、神の計り知れなさも見られず、なおさら神の激しい怒り、威厳を見られず、ただ神のへりくだり、神の慈しみ、神の人に対する心配、責任と愛護だけを見た。神のアダム、エバに対する態度、やり方は、人の親が自分の子供を心配し、また、人類の親が自分の子供を可愛がり、世話し、気を配るのと同じで、実際的であり、見ることも触れることもできる。神は自分が高い地位にある者だと自任せず、手ずから人類のために皮の衣を作って着せた。この皮の衣が恥部を隠すものであれ、寒さを防ぐものであれ、とにかく、このことは神が自らし、手ずからしたのである。人が想像したように、神が思いによって、或いはしるしを行なう方式によって衣を作って人の体を覆ったのではなく、人類から見れば、神がするはずがなく、すべきでもないと思われることを実際にしたのである。このことは簡単であり、人から見れば、取るに足らないとさえ思われる。だが、神につき従いながら、神に対して漠然とした想像を持っていたすべての人たちは、その中から神の真実さ、神の愛らしさ、神の信実さ、へりくだりを見た。自分が偉大だと思って、当代に並ぶ者がないとうぬぼれるそれらの傲慢な輩は、神の真実さ、へりくだりの前で、自分を恥じ入り、昂然と高く上げていた頭を下げるようになった。ここで、神の真実さ、神のへりくだりのため、人は神の愛らしさをもっとはっきり見ることができた。それと比較して、人の心の中の「高大」な神、「愛らしい」神、「何でもできる」神はこんなにちっぽけになり、醜くなり、一撃にも耐えられなくなった。あなたがこの言葉を見た時、このことを聞いた時、神がこのようなことをしたため神をさげすむだろうか。一部の人はそうするだろうが、一部の人は正反対である。彼は神が真実で、愛らしいと思う。まさに神の真実さと愛らしさが彼を感動させたのである。彼は神の真実な面を見れば見るほど、神の愛の実在を感じ、人の心における神の重要性を感じ、神がどんな時でも人のそばにいると感じることができる。

ここまで話してきて、私たちは現在と結びつけるべきである。最初の時、神は自分の造った人のため、このように細部の事をすることができ、人が全然考えられない事、或いは思いがけない事さえすることができた。では、神はこれらの事を今の人の身にすることができないだろうか。ある人は「できる!」と答える。なぜだろう。それは、神の本質は見せかけのものではなく、神の愛らしさも見せかけのものではなく、神の本質は実在するもので、ほかの人から与えられたのではなく、なおさら時間、場所、時代の変化につれて変わるのでもないからである。神のした、人から見れば取るに足らない事、微々たると思われる事、神が絶対にするはずがないとさえ思われるごく小さなことにこそ、本当に神の真実さと神の愛らしさが体現できる。神は不実ではなく、彼の性質、本質の中には、誇張がなく、偽装がなく、高慢がなく、思い上がりがない。彼は全然ほらを吹かず、むしろ信実で真実な態度をもって、自分の造った人を愛護し、心配し、顧み、導いている。人がどのくらい体験することができても、どのくらい感じることができても、どのくらい見ることができても、神は確かにこれらの事をしている。神のこのような本質を理解した時、人の神に対する愛は影響を受けるのか、人の神に対する畏れは影響を受けるのか。あなたが神の真実な面を理解した時、もっと神に近づくことができ、もっと真実に神の愛、神の人に対する顧みを感じることができ、それと同時に、心を神に渡し、これ以上神を猜疑せず、疑わないよう私は希望する。神は人類のために黙々と一つ一つの事を行なっている。彼は彼の誠実さ、彼の信実さ、彼の愛をもって黙々とこのすべてをしている。でも、彼は彼のしたこのすべてに対していかなる考慮や後悔もしたことがなく、人が彼に何かを報いることを求めたこともなく、人から何かを得ることを望んだこともない。彼がこのすべてのことをする唯一の目的は、人の彼に対する本当の信仰と愛を得ることである。第一の話題はここまで話そう!

これらの話題はあなたたちに役立つのか。どれほど役立つのか。(神様の愛に対してもっと多くの理解と認識を持つようになりました。)(このような方式で交わって、以後、神様の言葉をもっと理解することができ、神様が話された時の感覚、意義を感じ取り、神様の当時の気持ちを理解することができるようになります。)これらの言葉を読んだ後、神の実在をもっと感じた人はいるのか。神の存在は非現実的なものではなく、漠然としたものでもないと感じたのか。このような感じがあった後、人は神が人のそばにいると感じないのか。もしかすると今はそれほど強く感じず、また感じられないかもしれないが、いつか、あなたたちが心の中で、本当に神の性質、神の本質に対して深い感銘を感じ、真実の認識を持つようになった時、神があなたのそばにいると感じるはずである。ただあなたの心が神を本当に受け入れたことがないだけである。これは本当のことである!

こういう交わりの仕方をあなたたちはどう思うのか。ついてこられるのか。こういう仕方によって神の働き、神の性質に関する話題を交わると、あなたたちは重苦しく感じないのか、どう感じているか。(いいと感じます、興奮します。)どこがいいと感じるのか。なぜ興奮するのか。(エデンの園に戻り、神様の身の回りに戻ったような気がします。)「神の性質」という話題は事実上、どの人にとっても疎いのである。なぜなら、あなたが普段想像したもの、本の中で見たもの、或いは交流の中で聞いたものは、盲人が象を撫でるように、いつもただ手で撫でてみただけで、自分の目で見たのではないという感じがするからである。「手で撫でる」ことは、あなたに神を認識するための基本的な輪郭を全然与えられず、なおさら神を認識するためのはっきりとした概念も与えられず、あなたにもっと多くの想像をもたらして、神の性質とは何か、神の本質とは何かを正しく定義することができなくさせ、かえって、これらの想像による不確定な要素のため、あなたの心の中にいつも多くの疑いが生じるようにさせる。あなたが

確定できないが理解したい事で、あなたの心の中にはいつも矛盾や衝突が生じ、時にはそれにかき乱され、どうすればいいか分からなくなる場合さえある。あなたが神を追い求め、神を認識し、彼をはっきり見ようとする時、あなたはかえってどうしても答えを得られない。これは人にとってつらいことではないか。もちろん、この言葉はただ、神を畏れ、神を満足させることを追い求めたがる人たちを指して言ったのである。これらのことに全然取り合わない人たちにとっては大したことではない。なぜなら、彼らは神の真実さ、神の存在が一つの伝説、或いは一つの夢であることを切に望んでおり、そうすれば、彼らは欲しいままに振る舞うことができ、自分が一番偉く、自分に及ぶ者がいないとうぬぼれることができ、悪事を働いてもどんな結果も考慮する必要がなく、懲罰を受ける必要がなく、いかなる責任も負う必要がなく、神が悪人に対して言ったそれらの言葉さえ彼らの身に実現することがないからである。この部類の人は神の性質を理解しようとせず、神を理解することを嫌い、神に関するすべてのことを理解することを嫌う。彼らはむしろ神が存在しないことを望む。彼らは神に敵対す者であり、淘汰されるべき一部類の人である。

次に、ノアの物語における神の働き、神の性質と神自身について話してみよう。

これらの聖句の中で、あなたたちは神がノアの身にどんな事を行なったかを見たのか。聖句を読むことによって、この場にいる一人一人はある程度知ったかもしれない。神はノアに箱舟を造らせ、それから、洪水でこの世を滅ぼした。神がノアに箱舟を造らせたのは、ノア一家八人を救って、彼らが生き残り、次の時代の人類の祖先になるようにするためであった。今から聖書を読もう。

二、ノア

1.神は洪水で世界を滅ぼそうとして、ノアに箱舟を作るよう命じた

(創6:9-14)これはノアの物語である。その世代の中で、ノアは神に従う無垢な人であった。ノアは神と共に歩んだ。ノアには三人の息子、セム、ハム、ヤフェトが生まれた。この地は神の前に堕落し、不法に満ちていた。神は地を御覧になった。見よ、それは堕落し、すべて肉なる者はこの地で堕落の道を歩んでいた。神はノアに言われた。「すべて肉なるものを終わらせる時が私の前に来ている。彼らのゆえに不法が地に満ちている。見よ、私は地もろとも彼らを滅ぼす。あなたはゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟には小部屋を幾つも作り、内側にも外側にもタールを塗りなさい。」

(創6:18-22)わたしはあなたと契約を立てる。あなたは妻子や嫁たちと共に箱舟に入りなさい。また、すべて命あるもの、すべて肉なるものから、二つずつ箱舟に連れて入り、あなたと共に生き延びるようにしなさい。それらは、雄と雌でなければならない。それぞれの鳥、それぞれの家畜、それぞれの地を這うものが、二つずつあなたのところへ来て、生き延びるようにしなさい。更に、食べられる物はすべてあなたのところに集め、あなたと彼らの食糧としなさい。」ノアは、すべて神が命じられたとおりに果たした。

この聖句を通して、あなたたちはノアという人について大体知っただろう。ノアはどんな人なのか。原文はこうなっている。「その世代の中で、ノアは神に従う無垢な人であった。」今の人の理解では、その世代の中で「神に従う人」はどんな人なのか。「神に従う人」は無垢な人でなければならない。この「無垢な人」は、人の目の中の無垢な人か、それとも神の目の中の無垢な人か、あなたたちは知っているのか。言うまでもなく、ここの「無垢な人」は神の目の中の無垢な人で、人の目の中の無垢な人ではない。この点は確実である!なぜなら、人は盲目であって、それが見られず、神だけが全地を観察し、一人一人の人を観察し、神だけがノアは無垢な人だと知っていたからである。そういうわけで、神が洪水で世界を滅ぼすという計画はノアが召された瞬間から展開された。

その時代が来た時、神はノアを召して一つのとても重要なことをしようとした。なぜそのことをしようとしたのか。その時、神の心の中には、一つの計画があったからである。その計画は洪水で世界を滅ぼすということであった。なぜ世界を滅ぼそうとしたのか。ここに書いてある。「この地は神の前に堕落し、不法に満ちていた。」「この地は…不法に満ちていた」という言葉から、人は何が分かったのか。つまり、世界や人類が極めて堕落した時、地にはこういう現象が現れた。つまり、「この地は…不法に満ちていた」のである。「不法に満ちていた」とは、今の言い方では、混乱してしまったということである。人から見れば、各業界には秩序がなくなり、かなり混乱していて、管理しにくくなったのである。神の目には、この世界の人類がとても堕落しているのである。どの程度まで堕落したのか。神がこれ以上見ていられない程度、神がこれ以上我慢できない程度、神が滅ぼそうと思い定める程度まで堕落した。神が世界を滅ぼそうと思い定めた時、神は一人の人を探して箱舟を造らせることを計画した。その後、神はノアを選定してこのようなことをさせた。すなわちノアに箱舟を造らせたのである。なぜノアを選んだのか。ノアが神の目の中では義人であり、しかも、すべて神が命じられたとおりに果たし、つまり、すべて神の言いつけに従ったからである。神はこのような人を探して、彼の仕事に協力させ、彼の委託を遂行させ、彼が地上でしようとする仕事を完成させるつもりだったのである。では、その時代に、ノアを除いて、このような仕事を完成できる人はほかにいるのか。絶対ない!ノアが唯一の人選、神の委託を完遂できる唯一の人選であった。だから、神は彼を選んだ。だが、その時代に、神が人を救おうとする範囲、基準は今と同じであるか。答えは、必ず区別があるということである!なぜこう聞くのか。その時代に、神の目の中の義人はノア一人であった。言外の意味は、彼の子供と妻はみな義人ではなかった。しかし、神はノアのゆえに、彼らを生き残した。神は今の人に対する要求通りに彼らに要求せず、ノア一家八人を全部残した。彼らはノアの義のため、神の祝福を受けたのである。なぜなら、ノアがいなければ、彼らのうちのだれも神のその時の委託を遂行することができないからである。だから、世界が滅ぼされた時、ノアだけが唯一生き残るべき人選であった。ほかの人はただおかげをこうむっただけである。これから分かることは、神がまだ正式に彼の経営を展開していない時代に、神が人を扱い、人に要求する原則、基準は比較的「ゆるい」のである。今の人から見れば、神がこのようにノア一家八人を扱うのは「公平」を失うように見える。もし神が今の人の身にした仕事の量の大きさ、言った言葉の多さについて言えば、神がノア一家八人を「優遇」したのは、ただ神が当時の働きの背景の下で採用した働きの原則にすぎない。比べてみれば、今の人とノア一家八人はどちらが神から得たのが多いのか。

ノアが召されたということは一つの簡単な事実である。しかし、私たちが語ろうとする重点、この記録の中の神の性質、神の心意と神の本質はそんなに簡単ではない。神のこのいくつかの面を理解しようとしたら、まず、神が召そうとする人はどんな人かを理解しなければならない。神がどんな人を召そうとするかを理解することによって、神の性質、神の心意、神の本質を理解する。これは極めて重要なことである。では、神が召す人は神の目には一体どんな人なのか。この人は彼の言葉を聞き、彼の言いつけどおりに行なう人でなければならず、それと同時に、責任感があり、神の言葉を自分の果たすべき責任、本分として完成することができる人でなければならない。では、この人は必ず神を知る人でなければならないのか。いいえ。当時の時代に、ノアは神の教えをあまり聞いたことがなく、神のどんな働きも経験したことがなかった。だから、ノアの神に対する認識はとても少なかった。ここにはノアが神と共に歩んだと記されているけど、彼は神の本体を見たことがあるのか。見たことがないと確実に言える!それは、その時代に人々に臨んだのはただ神の使いだったからである。彼らは神を代表して話し、働くことができたが、ただ神のみこころ、神の意志を伝えただけであり、神の本体は直接人に現れなかった。この聖句から見たことのほとんどは、ノアがすべき事と、神の彼に対する言いつけである。では、ここで神が発表した本質は何か。神のすることにはみな精密な計画がある。彼がある事、或いはある現象が起こるのを見たとき、彼の目には一つの評価基準がある。この基準は、彼がこのような事と現象を処理するのを計画するかどうか、或いはどのようにこのような事、現象を扱うかを決める。彼はどんな事に対しても全然無関心、無感覚であるのではなく、全くその逆である。ここに神がノアに対して言った一つの言葉がある。「すべて肉なるものを終わらせる時がわたしの前に来ている。彼らのゆえに不法が地に満ちている。見よ、私は地もろとも彼らを滅ぼす。」神の言葉の中で、神は人だけを滅ぼすと言ったのか。いいえ!神はすべて肉なるものを滅ぼすと言った。なぜ神は滅ぼそうとしたのか。ここにも神の性質の流露がある。つまり、神の目には、神が人類の堕落に対して、すべて肉なる者の汚れ、不法、そして不従順に対して我慢するには限度がある。彼の限度は何か。つまり、神の言ったこと、「神は地を御覧になった。見よ、それは堕落し、すべて肉なる者はこの地で堕落の道を歩んでいた」である。「すべて肉なる者はこの地で堕落の道を歩んでいた」という言葉はどういう意味か。つまり、神につき従う人、神の名を口に唱える者、神に燔祭をささげたことのある人、口先で神を認め神を賛美さえする人を含むすべての生き物、一旦彼らの行為が不法に満ちて、神の目の前に達したら、神は彼らを滅ぼすのである。これが神の限界である。つまり、神が人類に対して、すべて肉なる者の堕落に対してどの程度まで我慢するのか。神の追随者であれ、異邦人であれ、みな正しい道を歩まない程度に達し、この人類は道徳が廃れ、みな邪悪に満ちているだけではなく、神の存在を信じる人は一人もおらず、この世界は神に支配されており、神が人類に光、正しい道をもたらすことができると信じる人はなおさら一人もいない程度に達し、人類が神の存在を恨み、神の存在を許さない程度に達するまでである。一旦人類の堕落がこの程度に達したら、神はこれ以上我慢しない。それに取ってかわるのは何か。神の怒り、神の懲罰が間もなく臨むことである。これは神の性質の一部分の流露ではないか。今の時代に、神の目の中には義人がいるのか、無垢な人がいるのか。この時代は、神の目の中で、すべて肉なる者がこの地で堕落の道を歩んでいる時代ではないか。この時代で、神が完全にしようとする人以外に、神につき従い、神の救いを受け入れることのできる人類以外に、すべて肉なる者が神の我慢の限界に挑戦しているのではないか。この世界の中で、毎日あなたたちの身の回りで起こること、あなたたちが目で見、耳で聞き、身をもって経験することはみな不法に満ちているのではないか。神の目の中で、このような世界、このような時代は終わるべきではないか。今の時代の背景と当時のノアの時代の背景は完全に違うが、人類の堕落に対して、神の気持ち、神の激しい怒りは当時と全く同じである。神が我慢できるのは、彼の仕事のためである。しかし、さまざまな状況と条件から言えば、この世界は神の目の中でとっくに滅ぼされるべきである。世界が洪水によって滅ぼされた時の状況と比べ、いっそう甚だしいものがある。しかし、違うところはどこか。これは一番神の心を悲しませたところでもある。あなたたちだれも感じられなかったかもしれない。

洪水で世界を滅ぼした時、神はノアを召して箱舟を造らせ、洪水で世界を滅ぼす前の仕事を用意させることができ、神は一人の人――ノアを召して神のためにこの一連の事をさせることができた。しかし今の時代では、神が召すことのできる人はいない。なぜだろう。その原因は、この場にいる一人一人がみな知っており、明白だろう。私がはっきり言う必要があるのか。口に出せば、少しメンツをつぶして、みんなを悲しませるかもしれない。一部の人はこう言う。「私たちは義人ではなく、神様の目の中の無垢な人でもないが、神様が私たちにあることをさせたら、私たちはその任に堪えられる。この前、大災難が来ると聞いて、私たちは食糧や災難の中で必要な物を用意した。これはみな神様の要求通りにしたのではないか。これは神の仕事に極力協力したのではないか。では、私たちのしたこれらのことは、ノアのしたことと比べることができるのではないか。私たちがこのようにしたのは本当の従順ではないか。私たちがこのようにしたのは、神様の言いつけに従ってしたのではないというのか。私たちも神様の言葉を信じて神様の言葉通りにしたのではないか。それなのに、神様が悲しむのはなぜだろう。召すことのできる人を見つけないと言うのはなぜだろう。」この人たちとノアのあらゆる行いは違いがあるかどうか。どんな違いがあるのか。(今日、私たちがそれらの災害時に必要な食品を用意したのは自分の意志によるものです。)(私たちのあらゆる行いは義にかないません。ノアは神の目の中で義人です。)この言葉は少し的を射ている。ノアのしたことと今の人のしたことは、本質的な違いがある。ノアが神の言いつけに従ってことをした時は、神の心意は何かを知らず、神が何を成就しようとしたかも知らなかった。神はただ彼にひとつの言いつけを下し、彼のすべきことを言いつけただけで、あまり解釈をしなかった。彼は神の言いつけに従って行ない、陰で神の意志を推測しておらず、神に反抗しておらず、二心を抱いてもいなかった。彼はただ純真で簡単な心をもってその通りに行ない、神の言いつけにしたがって行なった。神の言葉に従い、神の言葉を聞くことは、彼の物事を行なう信念であった。神の委託に対して彼はこのように断固としており、このように簡単であった。彼の本質――彼の行為の本質は従順であること、猜疑せず、反抗せず、なおさら個人の利益や得失を考えないことであった。しかも、神が洪水で世界を滅ぼすと言った時、彼は時間を聞かず、内情も探らず、なおさら神がどのように世界を滅ぼすか聞かないで、ただ神の言いつけにしたがって行なった。神がどのように造り、何によって造るかを教えたら、彼は一つ一つ神の言いつけにしたがって行ない、しかも、神が語り終えたら、彼はすぐ行動に移した。彼は神を満足させるという態度をもって、神の言いつけにしたがって行なった。彼は自分が災難を逃れるためであったのか。そうではない。彼はあとどれくらいで世界を滅ぼすかと神に聞いたのか。聞かなかった。彼はこの箱舟を造るのにどれくらい時間がかかるか神に聞いたのか、或いは知っていたのか。彼は知らなかった。彼はただ単純に従い、言うことを聞き、そのどおりに行なっただけである。しかし、今の人はそうではない。神が少しでも口吻を洩らすと、ちょっとした異変が起こると、人は自分ですぐ行動し、何も顧みず、いかなる代価を払うこともいとわず、自分のために食べ物、飲み物、必要な物を用意し、災難が臨む時、どのように死を逃れるかの路線図まで用意しておいた。もっと面白いことがある。人のこの頭は肝心な時にはとても「役に立つ」のである。神が何も言いつけていない状況の下で、人は自分で自分の後事を適切に処理した。一つの言葉――「完璧」で言い表してもいい。神がどのように言ったか、神の心意は何か、神が求めるのは何かに対しては、関心を寄せる人がおらず、理解しようとする人もいない。これは、今の人とノアの最大の違いではないか。

ノアの物語についての記録の中でも、あなたたちは神の一部の性質を見ただろう。神にあって、人類の堕落、汚れと不法に対する神の我慢には限界がある。彼の限界に達した時、彼はこれ以上我慢せず、彼の新しい経営、新しい計画を始め、彼のしようとすることをし始め、彼のわざを現し、彼の性質の別の面を現す。彼が「する」というのは、人が彼を犯してはならないこと、彼が権威、激しい怒りに満ちていることを明らかにするためではなく、彼が人類を滅ぼすことができることを明らかにするためでもなく、彼の性質と彼の聖なる本質が、もうこのような人類が彼の前に生き、彼の権威の下に生きることを許さず、我慢しないということである。だから、全人類が彼に敵対する時、全地に彼に救われることができる対象が一人もいない時、彼はもうこれ以上このような人類に我慢せず、少しもためらわずに彼の計画――このような人類を滅ぼす――を立てる。神のこのような行動は、神の性質によって決まるのであり、これは必然的結果であり、神の権威の下に生きている一人一人の被造物が受け入れるべき結果である。これで分かるように、今この時代で、神は一刻も早く彼の計画を完成し、彼が救おうとする人類を救おうと思うのではないか。このような背景の下で、神がいちばん関心を持っているのは何か。全然彼につき従わない人や最初から彼と敵対していた人たちがどのように彼を扱うか、どのように彼に反抗するか、或いは人類がどのように彼を誹謗するかに関心を持つのではなく、ただ彼につき従う人、彼の経営計画の中で、彼の救う対象が彼に完全にされたかどうか、彼を満足させることができるかどうかに関心を持つのである。彼につき従う人以外の者に対しては、彼はただ時々、小さな「懲戒」を与えて、彼の激しい怒り、たとえば津波、地震、火山の爆発などを示すだけである。同時に、彼は彼につき従い、もうすぐ彼に救われる人を極力守り、顧みている。これは神の性質である。一方では、神は神が完全にしようとする人類に対して、極めて大きな忍耐、寛容を施し、最大限待つことができる。もう一方では、神は神につき従わず、神と敵対するサタンの子らをこの上なく恨み、嫌う。彼はこれらのサタンの子らが彼につき従うかどうか、彼を礼拝することができるかどうかを気にしないが、やはり心の中で忍耐すると同時に、これらのサタンの子らを恨んでおり、これらのサタンの子らの結末を定めると同時に、彼の経営計画の手順の到来を待っている。

続けて次の聖句を見よう。

2.洪水の後、ノアに対する神の祝福

(創9:1-6)神はノアと彼の息子たちを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちよ。地のすべての獣と空のすべての鳥は、地を這うすべてのものと海のすべての魚と共に、あなたたちの前に恐れおののき、あなたたちの手にゆだねられる。動いている命あるものは、すべてあなたたちの食糧とするがよい。わたしはこれらすべてのものを、青草と同じようにあなたたちに与える。ただし、肉は命である血を含んだまま食べてはならない。また、あなたたちの命である血が流された場合、わたしは賠償を要求する。いかなる獣からも要求する。人間どうしの血については、人間から人間の命を賠償として要求る。人の血を流す者は人によって自分の血を流される。人は神にかたどって造られたからだ。」

この箇所の言葉から、あなたたちは何が分かったのか。なぜこの箇所の言葉を選んだだろう。なぜノアと彼の家族が箱舟の中で生活したその断片を抜粋しなかっただろう。それらの内容は、私たちが今日交流しようとするこの話題と大きな関係がないからである。私たちが関心を寄せるべきものは神の性質である。それらの内容について理解したいなら、あなたたちは自分で聖書を読みなさい。ここでは言及しない。今日、私たちはおもにどのように神のわざを認識するかについて語ろう。

ノアは神の言いつけを受け入れて箱舟を造った後、神が洪水で世界を滅ぼす日を過ごし、一家八人がみな生き残るようになった。ノア一家八人以外の人類はみな滅ぼされ、地上の生き物もすべて滅ぼされた。ノアに対しては、神は彼に祝福を与え、彼と彼の息子に対していくらかの言葉を言った。これらの言葉は神が彼に与えたいものであり、神の彼に対する祝福でもあった。これは、神の言葉を聞き、神の言いつけを受け入れることができる人に対する神の祝福、約束であり、神が人に褒賞を与える方式でもある。つまり、ノアが神の目の中の無垢な人であっても、義人であっても、彼の神に対する認識がどのくらいあっても、とにかく、ノアと彼の三人の息子は神の言葉を聞き、神の働きに協力し、神の指示に従って彼らのすべきことをした。そういうわけで、神のために、世界が洪水で滅ぼされた後の人類とさまざまな生き物を生き残し、神の次の段階の経営計画のために極めて大きな貢献をした。彼のこのすべての行為のため、神は彼を祝福した。今の人から見れば、ノアがしたことはまったく取り上げるほどのことではない。こう思う人さえいるだろう。「ノアはたいしたことはしていない。神様が彼を生き残そうと決めたのだから、彼が生き残ることができたのだ。彼が生き残ったのは、彼の功績のためではなく、神様が成し遂げられたことだ。人は受動的だから。」しかし、神の心の中ではそう思わない。神から見れば、ある人が偉大な者であれ、卑小な者であれ、彼が神の言葉を聞き、神の言いつけと委託に従うことができ、神の働きに協力し、神のみこころ、神の計画に協力して、神のみこころ、神の計画が順調に進み、成就されるようにすることができるなら、このような行為は神に覚えられ、神に祝福される資格がある。神はこのような人を宝愛し、また人のこのような行為を大切にし、神に対する人のこのような感情、このような心を大切にする。これは神の態度である。神がノアを祝福したのはなぜだろう。それは神が人のこのような行為、従順をこのように扱うからである。

神がノアを祝福したことについて、一部の人はこう言うだろう。「人が神様の言葉を聞いて、神様を満足させたら、神様は人を祝福すべきだ。これは当たり前のことではないか。」こう言っていいのか。ある人は「こう言ってはいけない」と言う。なぜこう言ってはいけないのか。ある人は「人は神様の祝福を享受する資格がない」と言う。この言葉も完全に正しくはない!なぜなら、ある人が神の委託を受けた後、どうやってこの人の行為がいいか悪いか、人が従順であるかどうかを判断するのか、どうやってこの人が神の心を満足させたかどうか、彼のあらゆる行いが合格したかどうかを判断するのか、これらについて神には基準があるからである。神が重んじるのは人の心であって、人の外面的な行為ではない。人がどうやっても、やっただけで、神は祝福すべきではない。これは神に対する人の誤解である。神はただ物事の結果を見るのではなく、物事が発展する過程の中で人の心がどうなのか、人の態度がどうなのかを重んじ、人の心の中に従順、思いやりがあるかどうか、神を満足させたいという願いがあるかどうかを見る。当時のノアは神に対してどのくらいの認識を持っていたのか。今あなたたちが分かっている教理ほど多いのか。神に関する概念、神に対する認識などについての真理の上で、彼が受けた注ぎ、牧養はあなたたちほど多いのか。多くない!しかし、否定できない一つの事実がある。今の人は意識の中で、思想の中で、ひいては心の奥底で、神に関する概念、神に対する態度はぼんやりして明瞭ではない。一部の人は神の存在に対して否定的な態度を取るのだとさえ言える。しかし、ノアは心の中で、意識の中で、神が確かに存在していると思って、いささかも疑わなかった。だから、彼の神に対する従順は混じり気がないのであり、試練に耐えられるのであった。彼の心は純潔であり、彼の心は神に向かって開かれたのである。彼は自分が神の委託を受け、すべて神の言う通りにすることができるように、もっと多くの教理上の認識により自分自身を説得して神の言葉を聞き、それに従う必要がなく、もっと多くの事実により神の存在を証明する必要もなかった。これはノアと今の人の本質的な違いである。これは神の目の中の無垢な人に対する本当の解釈でもある。神が求めるのはノアのような人であり、神が良しと認めるのはこのような人であり、このような人は正に神に祝福される対象である。ここで、あなたたちはどんな啓示を得たのか。人は人の外見を見るが、神が見るのは人の心と人の本質である。神は、人が神に対していささかもおろそかにすること、疑うことを許さず、人が神に対していかなる猜疑心や試みを持つことも許さない。だから、今の人は神の言葉と面と向かい、さらには神と面と向っていると言えるが、人の心の奥底にあるもののため、人の堕落した本質の存在のため、人の神に敵対する態度のため、人の神に対する本当の信仰が阻まれ、人の神に対する本当の従順も阻止された。こうして人は、ノアが得たような神の祝福を得られないのである。

3.神は虹を、人と立てた契約のしるしとした

(創9:11-13)わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」更に神は言われた。「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。すなわち、わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。」

次に、私たちは「神は虹を、人と立てた契約のしるしとした」この部分の聖句を見よう。

多数の人は虹とは何かを知っており、虹に関する物語も少し聞いたことがある。聖書の中の虹に関する物語について、一部の者は信じ、一部の者は伝説と見なし、一部の者は全然信じない。どうであろうと、虹に関する物語の中で起った出来事はすべて神が以前したことであり、また、神が人類を経営する過程の中で起こったことである。これらのことはそのまま聖書の中に記録されている。これらの記録の中には、当時神の気持ちがどうだったかが告げられておらず、神がこれらの言葉を言った思惑も告げられておらず、神がこれらの言葉を言う時、神の感覚はどうだったかを感じられる人はなおさらいない。しかし、このことをする前後の神の思いは行間から流露されており、神の言葉の一字一句を通して、神の当時の思いがありありと紙上に現れたようである。

神の思いは、人類がいちばん関心を持ち、認識すべきものである。なぜなら、神の思いは、人が神を理解することと密接な関係があり、人が神を理解することは、人の命への進入で欠かせない一環だからである。では、これらの事が起こる過程の中で、神の思いはどうだったのだろうか。

もともと神に造られた人類、神から見ればとてもよかった人類、神と親しかった人類が、神に逆らった後、洪水によって滅ぼされた。このような人類があっという間になくなったのに、神の心は痛まなかっただろうか。もちろん痛んだ!心が痛んだ表現はどこにあるのか。聖書の中にはどう記録されているのか。聖句にはこう記録されている。「わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」この簡単な言葉の中から、神のこういう思いが流露されている。当時世界が滅ぼされたことで彼の心は非常に痛んだのである。人の言葉で言えば、彼はとても悲しかったのである。想像してみよう。洪水で世界が滅ぼされた後、生気に満ちていた地はどうなったのか。人類でいっぱいだった地はどうなったのか。人煙がなく、生き物がなく、至る所水だらけであり、水面は乱雑であった。このような光景は、神が世界を造った本意であろうか。絶対にそうではない!神の本意は、生気が全地に満ちているのを見、彼の造った人類が彼を礼拝するのを見ることである。しかも、少なくともノア一人だけが彼を礼拝することではなく、ノア一人だけが彼に召されて彼の委託を遂行することでもない。人類がなくなった時、神が見たのは最初に見たかったことではなく、全く逆のことであった。神の心はどうして痛まないことがあろうか。だから、彼は自分の性質を流露し、自分の気持ちを表すと同時に、一つの決定を下した。どんな決定なのか。すなわち、雲の中の虹〔注:私たちが見た虹〕によって人と契約を立て、神がもう洪水で人類を滅ぼさないと約束し、それと同時に、人に神が洪水で世界を滅ぼしたことがあると教え、人に神がなぜこのようなことをしたかを永遠に覚えさせることであった。

その時世界を滅ぼしたのは、神の望んだことなのか。絶対に神の望んだことではない!世界が滅ぼされた後の地上の惨状を、私たちが少しは想像できるが、当時神の目から見てその光景がどうだったかは永遠に想像できない。今の人であれ、当時の人であれ、誰一人として神がその光景を見、洪水で滅ぼされた後の世界を見たとき、どんな気持ちだったかを想像できず、また感じられないと言ってもいい。人類の不従順のため、神はそうせざるを得なかったが、神の心は、その時洪水で世界を滅ぼしたことのため傷つけられた。この事実は誰も理解できず、また誰も感じられない。だから、神は人と契約を立てること、つまり、誓うことによって、人に神がこのようなことをしたことがあるのを覚えるよう教え、人に神が以後永遠にこのような方式で世界を滅ぼさないと人に教えた。この「契約」の中から、私たちは神の心を見、神がこの人類を滅ぼした時、神の心が痛かったことを見た。人の言葉で言えば、神が人類を滅ぼした時と、人類がなくなるのを見た時、神の心は涙を流し、血を流していた。この表現で十分だろう。これらの言葉は、人類が人の感情を描写するとき使う言葉だが、人の言葉が乏しすぎるので、このような言葉で神の気持ち、神の感覚を描写しても、間違いではなく、過分ではないと私は思う。少なくとも、あなたたちは神が当時どんな気持ちだったかを、とても具体的に、とても適切に分かった。あなたたちがもう一度虹を見る時、何を思い出すのか。少なくとも、神が洪水でこの世界を滅ぼしたため、心が痛んだことを思い出し、神がこの世界を恨み、この人類を恨むけど、自分の手で造った人類を滅ぼす時、神の心が痛み、捨て去りにくく、どうしようもなく、忍びがたかったことを思い出すだろう。唯一慰めとなったのは、ノア一家八人であり、ノアの協力のため、彼が万物を造った心血や代価は無駄にならなかった。これは神の心が痛む際、唯一彼の傷をいやすことができることであった。その時から、神は人類に対する期待をすべてノア一家に託し、彼らが神の呪いの中にではなく、神の祝福の下に生きることを望み、神が洪水で世界を滅ぼすことを再び見ることがなく、彼らが滅ぼされることがないことを望んだ。

ここで、私たちは神の性質のどの部分を理解すべきか。神が人類を恨むのは、人類が神に敵対するからである。しかし、神の心の中で人類に対する顧み、心配や憐みは終始変わっていない。彼が人類を滅ぼしたとしても、彼のこの心は依然として変わらない。人類が堕落に満ち、ある程度まで神に逆らった時、神は彼の性質、彼の本質のため、彼の原則によってこの人類を滅ぼさなければならなかった。だが、神の本質のため、彼はやはり人類を憐れみ、さらには、いろいろな方式によって人類を挽回して、人類を引き続き生存させようとする。ところが、人は神と敵対し、引き続き神に逆らい、神の救いを受け入れず、すなわち神の好意を受け入れない。神がどんなに召しても、どんなに忠告しても、どんなに供給し、助け、容赦しても、人は理解せず、好意を受け入れず、また相手にしない。神の心が痛む際でも、彼はやはり人に最大限の寛容を施すことを忘れず、人が改心するのを待っている。その鶴首が限界に達した時、彼は少しもためらわずに自分のすべきことをする。つまり、神が人類を滅ぼそうと計画してから、人類を滅ぼす仕事を正式に始めるまでは、一定の期限があり、一つの過程がある。この過程は、人類の改心のためにあるのであり、神が人に残した最後の機会である。だから、人類を滅ぼす前の間に、神は何をしたのか。神は忠告し、勧める仕事をたくさんした。神の心がいくら痛くても、いくらつらくても、彼が人類の身に行なったのは、絶えず心配し、顧み、広く憐みを施すことであった。ここから、私たちは何を見たのか。疑いなく私たちは、神の人類に対する愛は真実なものであり、それは口先だけのものではなく、実際に存在している、触れることも感じることもできる、偽りがなく、混じり気がなく、欺きがなく、飾り気のないものであることを見た。神は、欺瞞の手段によって、或いは仮想をつくることによって、人類に自分の愛らしさを見せたことがなく、偽証をして人に自分の愛らしさを見せ、自分の愛らしさ、きよさを吹聴したこともない。神のこれらの面の性質は人が愛するに値しないのか、人が礼拝するに値しないのか、人が大切にするに値しないのか。ここまで話してきて、私はあなたたちに聞きたい。これらの言葉を聞いた後、あなたたちは神の偉大さが1枚の空文だと思われるのか、神の愛らしさが空論だと思われるのか。そうではない、絶対そうではない!神の至高無上、神の偉大さ、神のきよさ、神の寛容、神の愛などなど、神の性質と本質のあらゆる細部は、神の毎回の働きの中で具体化され、神の人類に対する心意の中で体現され、また各々の人の身に具体化され、体現された。あなたがそれを感じたかどうかにかかわらず、神は各々の人に対して至れり尽くせりの配慮をしており、真心をもって、彼の知恵によって、いろいろな方式によって各々の心を温めており、各々の霊を呼び覚ましている。このような事実は疑う余地がない。この場に人がどれくらいいるかに関係なく、みんなそれぞれ神の寛容、忍耐と神の愛らしさに対して、異なる経験、異なる感じを持っている。神に対するこれらの経験、感じや認識、要するに、これらの積極的なものはすべて神から得たのである。だから、神に対する一人一人の経験と認識を総合し、そして、今日これらの聖書の章節に対する私たちの解読と結びつけたら、あなたたちは神に対してもっと真実で、もっと適切な認識を持つようになるだろう。

この物語を読み終えて、神がこのことの中で流露した一部分の性質を理解した後、あなたたちは神に対してまたどんなまったく新しい認識を持つようになったのか。あなたたちに神と神の心に対して、もっと深い認識を持たせることができるのか。今またノアの物語を見たら、違う感じがするだろう。あなたたちの考え通りなら、これらの聖書の章節を持ち出して交流する必要がないのではないか。今、このように交流した後、あなたたちはこれらの言葉を交流する必要があると思わないのか。必要があるだろう!読んだのは物語であるけれど、それは神が以前した仕事の実録である。私はあなたたちにこれらの物語の細部、この人物の細部を理解させようとするのではなく、あなたたちにこの人物を研究させるのでもなく、なおさら、あなたたちに引き戻って聖書を研究させるのでもない。あなたたちは分かったのか。では、これらの物語はあなたたちが神を認識するのに役立つのか。この物語の中で、あなたたちの神に対する理解はまた何が増えたのか。香港教会の兄弟姉妹が話してみなさい。(神様の愛は、堕落した人類の私たちがだれも持たないということが分かりました。)韓国教会の兄弟姉妹が話してみなさい。(人に対する神様の愛は真実なものです。人に対する神様の愛の中には、神の性質があり、神の偉大さ、きよさ、至尊無上と神様の寛容があります。このような物語を通して、私たちは、それがみな神様の性質だともっと感じることができます。私たちがもっと深く理解するに値します。)(さっきの交流の中から、神様の聖くて義なる性質を見ると同時に、人類に対する神様のそういう心配、憐み及び神様のなさる事々、神様の一つ一つの思い、考えから、神様の人に対する愛や心配が流露していることも見ました。)(以前の認識では、神様が洪水で世界を滅ぼしたのは、人類がかなりの程度まで邪悪になったからであり、神様がこの人類を嫌うからこそ、このような人類を滅ぼしただろうと思っていました。今日、神様がノアの物語について語り、神様の心が血を流していたと語れたとき、実は神様がこの人類を惜しまれることを知りました。人類が不従順すぎるからこそ、神様はやむを得ず人類を滅ぼされたのです。実はその時、神様の心は非常に痛かったのです。ここから、神様の性質の中には、人類に対する顧み、心配があることを見ました。これは以前、認識できなかったことです。以前は人類が邪悪すぎるから、神様が人類を滅ぼされたと思っていました。こういう表面的な認識しかありません。)とてもいい!続けて話してみなさい。(私は聞いた後、感じたことがたくさんあります。以前聖書を読んだこともありますが、今日神様が直接これらを分析して人に神様を認識させるような効果は納めませんでした。神様がこのように私たちと一緒に聖書を読むことによって、わたしが分かったことは、人が堕落する前に、神様の本質は人類に対して愛であり、顧みであり、人類が堕落した後、世の終わりの今日に至るまで、神様は義なる性質を持っておられるけど、神様の愛、顧みは変わっていません。つまり、神様の愛は創世から今日まで、人が堕落したかどうかにかかわらず、その本質が永遠に変わりません。)(今日、私が分かったことは、神様の本質は時間や働く場所の変化につれて変わることがなく、神様が世界を造っても、人類が堕落させられた後、この世界を滅ぼしても、神様のなさる事々は意義があり、その中に神様の性質があるということです。それゆえ、私は神様の愛が無限であることを見、また、さっきほかの兄弟姉妹が言ったように、神様が世界を滅ぼされた時の人類に対する顧み、憐れみを見ました。)(これらは以前確かに認識できなかったことです。今日、交流を聞いた後、本当に神様が信じ、信頼するに値し、また確かに存在すると感じ、心の中で神様の性質、神様の愛がこんなに実際的だと本当に感じることができました。これは私が今日聞いた後の感想です。)とてもいい!あなたたちはみなよく聞き取ったみたいね。

今日私たちが交流したこれらの聖書の物語を含むすべての聖書の章節の中で、あなたたちはこの事実に気づいたのか。神は自分の言葉によって自分の思い、人類に対する愛、顧みを表明したことがあるのか。直接的な言葉で自分がどんなに人類を心配し、愛するかを表現した記録があるのか。ない!そうだろう。あなたたちのうちの多くの人が、聖書や聖書以外の書籍を読んだことがあるが、このような言葉を見た人はいるのか。その答えは明白だ。ない!聖書の記録の中、神の言葉や神の働きを含める実録の中で、神はどの時代や時期にも、彼自身の方式によって自分の心理を現し、人類に対する自分の愛、顧みを言い表したことはなく、言葉やある種の行為によって自分の心理と感覚を述べたこともない。これは事実ではないか。なぜこう言うだろう。なぜこのことに触れるだろう。それは、この中にも、神の愛らしさ、神の性質があるからである。

神が人類を造った。人類が堕落した後でも、人類が彼につき従うことができる時でも、彼は人類を自分の肉親、つまり人類が言っている最も親しい人と見なし、おもちゃと見なしてはいない。神は自分が造物主であり、人類が被造物であると言っていて、少し身分上の区別があるように聞こえるが、実際のところ、神が人類のためにしたすべてはこの関係をはるかに超えた。神は人類を愛し、人類を顧み、人類を心配し、また絶えず人類に供給しているが、彼の心の中では、これが余計なことだとは全然思わず、これが功績の大きなことだとも全然思わない。しかも、彼は人類を救い、人類に供給し、人類にすべてを与えることが人類のために非常に大きな貢献をしたとは思わない。彼はただ、彼自身のやり方、彼自身の本質と彼の所有、所是によってこのように黙々と、静かに人類に供給しているだけである。人が彼からどれほどの供給や助けを得たとしても、彼は功を誇って人から報賞を求めようとする考えや行為は全然ない。これは神の本質によって決まるのであり、これはまさに神の性質の本当の表現でもある。だから、私たちは聖書の中からも、ほかのいかなる書籍の中からも、神が自分の思いを表すのを見つかっておらず、神が人に自分の恩徳に感謝させ、自分を賛美させるために、自分がなぜこのようにするか、なぜこのように人類を顧みるかを人に述べたり、表明したりするのも今まで見つかっていない。彼が悲しい時、心が非常に痛い時でさえ、彼は人類に対する責任を忘れず、また人類を心配することを忘れず、むしろ自分で黙々とこれらの「悲しみ」と「痛み」を耐え忍んでいる。逆に、彼はずっと今までどおりこのように人類に供給している。人類に神を賛美し、或いは神を証しする表現が常にあるとしても、それは神が人から受け取ったものではない。なぜなら、神は人に対するいかなる親切な扱いによっても彼に対する人の恩返しや報いと取り換えるつもりはないからである。しかし、神を畏れ悪から遠ざかり、本当に神につき従うことができる人たち、彼の言葉を聞き、彼に忠誠を尽くすことができる人たち、彼に従うことができる人たちは常に神の祝福を得る。この祝福は神のところでは少しも残しておかない。しかも人が神から得る祝福は、いつも人の想像を超え、また人のすること、或いは人の払う代価で取り換えられるものを超える。人が神の祝福を享受する時、神が何をしているかをかまう人はいるのか、神の気持ちはどうなのかに関心を寄せる人はいるのか、神の受ける痛みを感じ取ろうとする人はいるのか。正確に言えば、いない!ノアを含めて、人類は神のその時の痛みを感じ取ることができるのか、神がなぜこの契約を立てたかを感じ取ることができるのか。感じ取ることができない!人が神の痛みを感じ取ることができないのは、人が「神の痛み」に届くことができないからではなく、神と人の間に距離があり、地位の違いがあるからでもなく、人が神のどんな気持ちにも関心を持たないからである。人はこう思っている。「神は独立していて、人の関心、理解、思いやりを必要としない。神は神だから、彼には痛み、喜怒哀楽がなく、彼は苦しむことも憂え悲しむこともなく、涙を流すことはなおさらない。彼は神だから、どんな感情の表現も必要とせず、どんな感情の慰めも必要としない。もしある状況の下で、彼がこれらを必要とするなら、彼は自分で消化することができ、人の『手を貸す』必要がない。逆に、『弱くて幼い』人のほうが神の慰め、供給、励ましを必要とし、さらにはどんな時どんな場所でも情緒の慰めを必要とする。」人の心の奥底には、このようなものが隠れている。人は「弱者」であって、神のいろいろな愛護を必要とし、神からくるすべての「配慮」を受けるべきであり、自分の得るべきいかなるものをも神に請求するべきである。神は「強者」であり、「すべて」を持っているから、人の保護者、人に祝福を与える者になるべきであり、彼はもう神であり、「できないことはない」から、人から何かを得ることを必要としない。

人は神のいかなる流露に対しても無関心だから、神の憂え悲しみ、神の痛み、および神の喜びを全然感じ取れない。しかし、人のすべての表現は、神が眼中に明白に見えている。神はいつでも、どこでも一人一人の人に必要なものを供給しており、一人一人の思いの変化を観察していて、これによって一人一人の人を慰め、励ましており、導き、照らしている。神が人の身に行なったこのすべて、人の身に払ったすべての代価に対して、人は聖書の中や今の神のすべての言葉の中から、神が人の身から何かを求めようとするといった明確な言葉を一区切りでも探し出すことができるのか。できない!逆に、人がどんなに神の思いを無視しても、神はやはり続けて人を導き、人に供給し、人を助けて、神が人のために用意したよい落ち着き先を神から得ることができるように、人に神の道を歩ませる。神のところでは、彼の所有、所是、彼の恵み、彼の憐み、彼のすべての褒賞を余すところなく、彼を愛し、彼につき従う人たちに与える。しかし彼は、彼の受けた痛み、彼の思いを人に表したことがなく、しかも、神はいかなる人にも、彼を思いやらず、彼の心を理解しようとしないと不平をこぼしたこともなく、ただ黙々とこのすべてを耐え、人が分かるようになるその日を待っている。

ここで私がこれらの言葉を言うのはなぜだろう。これらの言葉の中から、あなたたちはまた何を見たのか。神の本質、神の性質の中には、人がいちばん疎かにしやすいもの、しかも、人が思う偉人、よい人を含むすべての人、或いは人の想像の中の「神」も持っていなくて、だた神だけが持っているものがある。それは何だろう。それは即ち神の無私である。無私の話になると、あなたは自分もとても無私だと思うかもしれない。なぜなら、あなたがあなたの子女を扱う時、全然彼らと条件の駆け引きをせず、また自分の損得を計算しないのであり、或いはあなたの父母を扱う時無私だと思っているからである。あなたがどのように思っても、最低あなたは、「無私」という言葉に対して一つの概念を持ったのであり、「無私」という言葉が積極的なものであり、無私な人になるのはとても高尚だ、と思う。自分が無私になれると、あなたは自分がとても偉いと思う。しかし、誰一人として万物の中から、人、事、物の中から、神の働きの中から神の無私を見ることができない。これはなぜだろう。人が利己的すぎるからである!なぜこう言うだろう。人は物質世界の中に生きていて、神につき従っているが、神がどれほどあなたに供給しているか、神がどれほどあなたを愛するか、どれほどあなたを心配するかを、あなたは永遠に見ることも感じ取ることもできない。あなたが見たのは何であるか。見たのはあなたと血縁関係のある、あなたを愛するその人、或いはあなたを可愛がるその人であり、見たのはあなたの肉体に有利なそれらのものであり、関心を持っているのは自分の好きな人、好きなものである。これは人のいわゆる無私である。このように「無私」な人が自分に命を与える神には全然関心を持たないのである。神と比べて、人の「無私」は利己的で、いやしいものになった。人の思う「無私」は、空疎かつ非実際的で、混じりけのある、神には合わない、神とは関係のないものである。人の「無私」は人自身のためのものだが、神の「無私」は神の本質の本当の流露である。神が無私だからこそ、人は神から尽きることのない供給を得ているのである。今日、私の語ったこの話題に対して、あなたたちはあまり感銘を受けておらず、ただうなずいて賛成するだけなのかもしれない。しかし、あなたが心の中で神の心を感じ取ったとき、あなたは知らず知らずのうちに、この世界の中で、あなたが感じられる人、事、物の中で、神の無私だけが真実で、実際的であることを見つけることができる。というのは、神のあなたに対する愛だけが無条件で、瑕のないものだからである。神以外に、いかなる人のいわゆる無私も、偽りのもの、外面的なもので、真実ではなく、目的や存心があるのであり、取り引きをしているのであり、それは試練に耐えられないのであり、なおさら、汚れて卑劣なものだと言える。あなたたちはこの言葉に賛成するのか。

これらの話題はあなたたちにとってとても疎くて、一定の期間沈澱してこそ、あなたたちが本当に理解することができる、と私は知っている。あなたたちが疎いと感じる問題、疎いと感じる話題であればあるほど、あなたたちの心の中に欠けている話題であることが証明される。もし私がこれらの話題を永遠に取り出さないなら、あなたたちのうちに、少しでも認識できる者がいるだろうか。私は、あなたたちが永遠に認識できないと思う。これは疑う余地のないことである。あなたたちがどのくらい理解できても、どのくらい認識できても、とにかく、私の語るこれらの話題は人に一番欠けているものであり、人が一番認識すべきものである。これらの話題は誰にとってもとても重要であり、至宝であり、命でもあり、あなたたちがこれから歩むべき道で備えなければならないものである。これらの言葉の導きがなく、神の性質に対する認識、神の本質に対する認識がなければ、あなたの心の中では永遠に神に対して疑問を持っている。あなたが全然神を理解しないなら、どうしてちゃんと神を信じることができるだろうか。あなたが全然神の喜怒哀楽、神の心意を知らず、神の思いも知らず、神が何を考えているのか、神がどんなことのため悲しむのか、どんなことのため喜ぶのかを知らないなら、どうして神の心を思いやることができるだろうか。

毎回神が悲しむ時、神が直面するのは全然自分を相手にしない一団の人類であり、直面するのは彼につき従い、口先では彼を愛すると言うが、彼のいかなる感じをも全く気に留めない人類である。それなのに、彼の心がどうして悲しまないことがあろうか。神の働き、経営の中で、神は真心をこめて一人一人の人に向かって働き、言葉を言い、余すところなく、少しも隠さずに人と向かい合っている。逆に、彼につき従っているすべての人は彼に対して閉ざしており、進んで彼に近づき、彼の心を理解し、彼の感じを気に留めようとする人はいない。「神の知己」になりたがる人でさえ、彼に近づこうとせず、彼の心を思いやろうとせず、彼を理解しようとしない。神が喜び、うれしく思う時、彼の喜びを分かち合う人はいない。神が人に誤解される時、彼の悲しい心を慰める人はいない。彼の心が悲しい時、彼の打ち明け話を聞こうとする人はいない。神の何千年の間の働き、経営の中で、神の喜怒哀楽を知る人はおらず、神の喜怒哀楽を理解し、感じ取る人もおらず、神のそばにいて神の喜怒哀楽を分かち合う人はなおさらいない。神は孤独である。神は孤独である!神が孤独であるのは、堕落した人類が彼と敵対するからだけではなく、なおさら、霊的な人になることを追い求め、神を認識し、神を理解することを追い求める人たち、さらには、彼のために一生を費やしたがる人たちさえ、彼の思いを知らず、彼の性質を知らず、彼の喜怒哀楽を知らないからである。

ノアの物語の結末の部分で、私たちは、神が「尋常ではない」方式によって彼のその時の気持ちを表したのを見た。この方式はとても特別であった。つまり、神は人と契約を立てるという方式によって、神が洪水で世界を滅ぼすことがこれで一段落がついたと告げ知らせた。うわべから見れば、「契約を立てる」ということはとても普通のことであり、ただ双方の利益を守るという目的を達成するために、文字によって双方を制約して、物事を処理するとき、規則に違反しないようにさせるだけのことである。形式から見れば、ごく普通のことだが、神がこのことを行った出発点、意義から見れば、神の性質、また神の思いの真実の流露である。もしあなたがこの言葉をほうっておいて無視するなら、私があなたたちに事実の真相を教えないなら、人類は永遠に神の思いを知ることができない。あなたの想像の中では、神が契約を立てる時、笑っていたかもしれないし、神の表情が厳しかったかもしれない。人の想像の中で、神がどういう最も普通な表情をしていたとしても、神の心、神の痛みを見られる人はおらず、神の孤独さを見た人はなおさらいない。神に信頼され、或いは神に信頼されるに値して、神が自分の思いを表し、自分の痛みを打ち明ける対象となれる人は一人もいない。だから、神はやむを得ずこのような行為をした。うわべから見れば、神が一つの楽なことをして以前の人類と別れ、過去のことを終結させ、洪水で世界を滅ぼすことに完璧な休止符を打ったように見えるが、彼はその時の痛みを深く心の奥底にしまっておいた。神は、彼の打ち明けの対象となれる人がいない時、人と契約を立てて、人にもう洪水で世界を滅ぼすことがないと教えた。虹が現れる時、人にかつてこのようなことが起こったことを思いつかせ、人に悪を働かないよう忠告する。神はこんなに悲しい状況でも、人を忘れておらず、やはりこのように人を心配していた。これは神の愛と無私ではないか。しかし、人はつらい時、何を考えるのか。その時は、人がいちばん神を必要とする時ではないか。その時、人はいつも神を引っ張ってきて神の慰めを願う。どんな時でも神は人を失望させることがなく、人を苦境から抜け出して、光の中に生きるようにさせる。神がこれほど人に供給していても、人の心の中で、神はただ人の鎮静剤、安慰剤にすぎない。神が悲しい時、神の心が傷つけられた時、ある被造物、或いはある人に彼のそばにいて、彼を慰めさせるのは、神にとって疑いなく過分な望みである。人が今まで神の感じを気に留めたことがないから、彼は誰かが彼を慰めることを要求したり、高望みしたりしたことがない。彼はただ彼の方式によって自分の気持ちを表しているだけである。人から見れば、神が少し苦しみを受けるのはたいしたことではない。しかし、あなたが本当に神を理解しようとする時、神が事々を行う時の並々ならぬ苦心を本当に感じ取る時こそ、あなたは神の偉大さ、神の無私を感じることができる。神は虹によって人と契約を立てたが、どうしてこのようにするか、どうして契約を立てるかは誰にも教えたことがない。つまり、彼の本当の思いは誰にも教えたことがない。神が自分の手で造った人類を一体どれほど愛しているかを理解できる人は一人もおらず、人類を滅ぼす時、神の心がどんなに痛かったかを感じ取ることができる人もいないから、神が人に自分の感じを教えても、人はこの「信任」を引き受けることができなかった。悲しみのあまり、彼はやはり自分の次の段階の仕事を続けている。神はいつも最もよいその面、最もよいものを全部人に与えるが、自分は黙々とすべての苦しみを耐え忍んでいる。でも、神はこれらの苦しみを公表したことがなく、黙々と耐え忍び、待っている。神が耐え忍ぶのは、冷酷で、無感覚で、どうしようもないからではなく、ある種の軟弱さの表れでもなく、神の愛と本質がもともと無私だからである。これは彼の本質と性質の自然の流露であり、本当の造物主――神の身分の本当の体現でもある。

ここまで話せば、一部の人は私の意思を誤解するかもしれない。「神様の気持ちをこんなに詳しく、こんなに感動的に話すのは、わざと人に神を同情させるためでしょうか。」この意味があるのか。(ありません!)私がこれらの言葉を言って到達しようとする唯一の目的は、あなたたちがもっと神を理解し、神の細部を理解し、神の喜怒哀楽を理解するようにさせ、神の本質、神の性質が確実に、少しずつ彼の働きの中で表現されるのであり、人が空論、文字教理、或いは想像によって描き出したのではないことを理解させることである。つまり、神と神の本質は実際に存在するものであり、絵ではなく、想像ではなく、人が作り上げたものでもなく、なおさら人がでっち上げたものでもない。今、あなたたちはこの点を認識したのか。もしあなたたちが認識したのなら、私が今日言ったこれらの言葉は効果を収めたのである。

今日、私たちは三つのテーマを話した。私は、各々の人がこの三つのテーマについての交流を通して得た収穫がとても多いだろうと思う。確実に言えるのは、この三つのテーマの中で、私が述べた神の思い、或いは私が言及した神の性質と本質は、神に対する人の想像と認識を覆し、さらには、神に対するあらゆる人の信仰を覆し、なおさら、あらゆる人が心の中で敬慕しているその神の姿を覆した。どうであろうと、私はあなたたちが聖書のこの三つの部分の章節の中で認識した神の性質があなたたちにとってみな役立つことを希望し、また、あなたたちが帰った後、よくかみしめてみることを希望する。今日の集会はここまで。さようなら!

2014年5月18日

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です