『唯一の神自身 一  神の権威(一)』

ここ数回を通して、神の働き、神の性質と神自身に関する話題を交わった。それを聞いた後、あなたたちは神の性質に対していくらか理解し、いくらか認識したと感じるだろう。それらの理解と認識はどれほどあるのか、あなたたちは心の中で知っているのか。ここ数回の交わりを通して、あなたたちの神に対する理解は深くなったのか。では、これらの理解はあなたたちの神に対する本当の認識だと言えるのか。あなたたちが神に対してこれらの認識と理解を持ったからと言って、あなたたちが神の全部の本質と所有、所是に対して認識を持ったと言えるのか。言えない。これは明らかなことだ!それは、前の数回の交わりを通して、人は、神の性質と神の所有、所是をすべて理解したのではなく、ただその一部分だけを理解したからだ。前の数回の交わりを通して、あなたたちは、神が以前した一部分の仕事を理解し、これらの仕事を理解することによって、神の性質と神の所有、所是、および、神が事を行うたびの態度、思いや考えを知った。しかし、これらはただ神に対する文字上、口だけの理解に過ぎない。これらの内容にはどのくらいの実際の要素が含まれているのか、あなたたちは心の中ではっきり知らない。これらの内容に対する理解の中に実際の要素があるかどうかは、何にかかっているのか。人が実際の経験の中で神の言葉、神の性質を、どのぐらい本当に経験することができるか、どのぐらい見、認識することができるかにかかっている。「前の数回の交わりを通して、私たちは神様のしたことを理解し、神様の思いや考えも理解し、さらに神様の人類に対する態度と、神様のことを行う時の目的、そして神様のことを行う原則を知った。だから、私たちが神様の性質を理解し、神様のすべてを認識したと言える」と言う人はいないのか。この言い方は正しいのか。明らかに正しくない。どうして正しくないと言うのか。神のしたこと、言った言葉の中には、みな神の性質が発表されており、神の所有、所是も発表されている。神のした仕事、神の言った言葉によって、人は神の所有、所是を見たが、これはただこれらの働きと言葉によって、人が神の一部分の性質と神の一部分の所有、所是を理解したとしか言えない。もし人がもっと多く、さらに一歩進んで神について理解しようと思うなら、神のもっと多くの言葉と働きを経験しなければならない。人が神の一部の言葉、或いは働きを経験した時、神に対する認識はただ一部分だが、この一部分の認識は神の本当の性質を代表するかどうか、神の本質を代表するかどうか。もちろん、神の本当の性質を代表し、神の本質も代表する。これは確実だ。いつでもどこでも、神がどういう方式で働いても、どういう形式で人に現れても、どういう方式で彼の心意を現しても、彼が流露し、発表するのは、みな神自身を代表するのであり、みな神の本質、神の所有、所是なのだ。神が彼の所有、所是をもって仕事をし、神自身の本当の身分で仕事をしているのは、確かなことだ。しかし、人は今、ただ神の言葉の上で、道を聞く時、神に対して一部分の理解を持っただけだから、ある意味では、この一部分の理解は理論的な認識だとしか言えない。人の実際の状態から見れば、一人一人が実際の経験の中で体験し、少しずつ体得する必要がある。そうしてこそ、今日あなたが聞いたり見たり、或いは心の中で認識したり悟ったりした神に対する理解や認識を実証することができる。もし私があなたたちとこれらの言葉を交わらず、ただ人自身に経験させれば、人は神に対して本当の認識を持つことができるのか。たぶんとても難しいだろう。なぜなら、まず神の言葉があってこそ、人はどのように経験するかを知ることができ、人が実際にどのくらいの神の言葉を経験することができるかは、人の食べた神の言葉の量にかかっているのであり、神の言葉は道を案内し、人の経験を導くものだからだ。とにかく、この数回の交わりは、本当の経験を少し持っている人にとっては、もっと深く真理を理解し、もっと実際に神を認識するのに役立つが、本当の経験を持たない人、或いは経験したばかりの人、実際に触れたばかりの人にとっては、莫大な試練となった。

前の数回の交わりの中で、主に「神の性質、神の働きと神自身」について話したが、私の言ったすべての内容の肝心な部分、中心的な部分から、あなたたちは何を見出したのか。前の数回の交わりを通して、あなたたちはこれらの仕事をし、これらの性質を表現することができる者が、万物を支配する唯一の神だと確信できるのか。あなたたちがみな確信できると言うなら、あなたたちは何によって確信したのか、いくつの方面によって確信したのか。これについて話せる人がいるのか。前の数回の交わりが確かにあなたたちの心を打ったので、あなたたちが心の中で、神を認識する上で新たな始まりを持つようになったことを、私は知っている。これは大変好ましいことだ。あなたたちの神に対する理解は以前と比べれば、とても大きな飛躍があるけれども、神の身分に対するあなたたちの定義はやはり、律法時代のヤーウェ神と、恵みの時代の主イエスの名の上にとどまっており、王国時代の全能神の名の上にとどまっている。つまり、「神の性質、神の働きと神自身」という話題について交わることによって、あなたたちは神が以前言った言葉、した仕事、表現した所有、所是に対していくらかの理解を持つようになったが、「神」という名詞に対して、本当の定義、正確な評価を下すことはできない。あなたたちは神自身の地位、身分が即ち万物、全宇宙の中での神の地位だということに対して、本当の、また正確な評価や認識は持っていない。それは、この前、神の性質と神自身についての交わりの内容は、すべて聖書に記されている神の昔の発表、流露に基づいているのであり、神が人類を経営し、救う時、或いはそれ以外に、神が表現し、発表した所有、所是はみな、人が発掘しにくいからだ。そういうわけで、あなたたちは、神が昔の仕事の中で流露した所有、所是を知ったとしても、神の身分と地位に対するあなたたちの定義はやはり、唯一の神、万物を支配するその方と隔たりがあるのであり、造物主と区別があるのだ。前の数回の交わりを通して、すべての人はこう感じている。「神様の思いや考えを、人がどうして知ることができようか。本当に知っている人がいるなら、彼は神様に違いない。それは、神自身だけが自分の思いや考えを知っており、神自身だけが事を行うたびの自分の態度、目的を知っているからだ。」あなたたちがこれらを通して神の身分を確認するのは、情理に合い、理の当然であるようだが、誰が、神の性質、神の働きの中から、これが確かに神自身の仕事であり、人の仕事ではなく、人が代わりにすることができる仕事ではないことを見、これらはみな神の本質、神の力を持っているその方が支配できるのだということを見ることができるだろうか。つまり、あなたたちはどういう特徴や本質によって彼が即ち神の身分を持っている神自身であり、万物を支配しているその方だと確信したのか。あなたたちはこのように考えたことがあるのか。もしあなたたちがこのように考えたことがないなら、次の事実が証明される。前の数回の交わりを通して、あなたたちはただ神の昔の仕事の歴史について少し理解し、神の昔の仕事の中での態度、表現と流露をいくらか理解しただけだ。これらの理解によって、あらゆる人は、この二段階の仕事をしたその方が確かに、あなたたちが信じ、つき従っているその神自身であることをはっきり確信し、また、彼が即ち、あなたたちが永遠につき従うべきその方だと確信した。しかし、あなたたちは、彼が即ち天地創造の時から存在し、しかも永遠に存在するその神だと確信できず、また、彼が即ち全人類を導き、支配するその方だと確信できない。この問題について、あなたたちはきっと考えたことがない。ヤーウェといい、イエスといい、あなたたちはどの面の本質、表現によって、彼があなたたちのつき従うべき神であるだけでなく、人類をつかさどり、また人類の運命を支配するその方であり、さらに天地万物を支配する唯一の神自身であることを確信できるのか。あなたたちはどんなルートによって、あなたたちが信じ、つき従っているのは、万物を支配する神自身であることを確信したのか。どんなルートによって、あなたたちが信じている神と、人類の運命を支配する神を結びつけたのか。何によって、あなたたちが信じている神が、天地万物の中の唯一の神自身であることを確信したのか。これは、私が以下の話題の中で解決しようとする問題だ。

あなたたちが考えたことのない問題、或いは考えつくことのできない問題は、神を知る上での最も肝心な問題かもしれない。これらの問題の中には、人が求めるべき、計り知れない真理がある。これらの問題があなたたちに臨んで、あなたたちが向き合い、選択すべき時、あなたたちの愚昧、無知のゆえに、或いはあなたたちの経験が浅すぎて、神に対して本当の認識を持たないゆえに、これらの問題が徹底的に解決できないなら、これらの問題は、あなたたちの神を信じる道での最大の障害物、つまずきの石となる。だから、あなたたちとこの面の話題を交わる必要があると、私は思う。今、あなたたちは自分たちの問題が何であるかを知っているのか。私の言う問題を、あなたたちははっきり知っているのか。これらの問題はあなたたちが向き合うべき問題ではないか、あなたたちが分からない問題ではないか、あなたたちが考えたことのない問題ではないか。これらの問題はあなたたちにとって重要ではないか、本当の問題ではないか。あなたたちの心の中では、この事についてとても曖昧だ。ここから分かることは、あなたたちは自分たちの信じている神を本当に知っているのではなく、彼に対して真剣な態度も持たない。一部の人はこう言う。「私は彼が神様だと知っており、彼の言葉が神様の発表だから、彼につき従っている。これで十分なのに、まだ何の実証が必要なのか。私たちが神様を疑うべきなのか。私たちに神様を試みさせるのか。私たちが神の本質、神自身の身分に疑問を抱くべきなのか。」あなたたちがこのように考えても考えなくても、とにかく、私がこのような問題を持ち出すのは、あなたたちに神を疑わせるためではなく、あなたたちに神を試みさせるためでもなく、なおさら、あなたたちに神の身分と本質に疑問を抱かせるためでもなく、あなたたちにもっと神の本質を理解させ、もっと神の地位を確認ㆍ確信させ、それによって、神を、神につき従う一人一人の心の中の唯一にならせ、一人一人の被造物の心の中での神の地位――造物主――万物の支配者――唯一の神自身を取り戻すためだ。これも私がここで交わりたい主題なのだ。

今から聖書の章節を読もう。

1.神は言葉によって万物を造った

1)(創1:3-5)神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。

2)(創1:6-7)神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。

3)(創1:9-11)神は言われた。「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」そのようになった。神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。神は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」そのようになった。

4)(創1:14-15)神は言われた。「天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。天の大空に光る物があって、地を照らせ。」そのようになった。

5)(創1:20-21)神は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。

6)(創1:24-25)神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」そのようになった。神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。

第一の日に、人類の昼と夜は神の権威によって生まれ、存在するようになった

まず第一段落を見よう。(創1:3-5)「神は言われた。『光あれ。』こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。」この言葉には、神が世界を造り始めた時に行った初めての事が記されている。それは神が過ごした、夕べがあり、朝がある最初の日だった。だが、その日はとても尋常でない日だった。神は万物のために光を用意し、しかも光と闇を分けた。その日、神は言葉を言い始め、彼の言葉は彼の権威と共に存在し、彼の権威は万物の中で現れ始め、彼の力は彼の言葉のゆえに万物の中で広げられた。その日から、万物は神の言葉、神の権威、神の力によって存在し、成り立つようになり、また神の言葉、神の権威、神の力によって運行し始めた。神が「光あれ」と言うと、その「光」は生み出された。神はどんな働きもしなかったが、「光」は神の言葉によって現れた。その光は、今日でも依然として、人の生存の頼りになる、神に昼と呼ばれた「光」だ。神の定めのゆえに、それは、その本質、その価値を変えたことがなく、また消えたこともない。それの存在は神の権威、神の力を現しており、造物主の存在も告げており、それは繰り返して造物主の身分と地位を実証している。それは虚無のものではなく、ぼんやりとしているものでもなく、人が見ることができる本当の光だ。その時から、「地は混沌であって、闇が深淵の面にある」この空虚の世界に、最初の物質的なものが生み出され、このものは神の口の言葉によるものだった。それは神の権威、神の発した声によって、万物が造られる第一幕に現れた。そして、神は光と闇を分けた。……このすべては神の言葉によって変わり、成就されていた。……神は「光」を「昼」と名づけ、「闇」は神に「夜」と呼ばれた。その時から、神が造ろうとしていた世界の中に、初めての夕べ、初めての朝が生じた。神はそれを第一の日だと言った。その日は、造物主が万物を創造した第一の日であり、万物が造られた始まりでもあり、その日、造物主の権威、造物主の力が彼の造った世界の中で初めて現された。

この段落の言葉によって、人は神の権威、神の言葉の権威を見、神の力も見た。神だけにこのような力があるので、神だけにこのような権威がある。神にこのような権威があるから、神だけがこのような力を備えている。このような権威と力はほかにどの人や物が備えているのか。これについて、あなたたちの心の中には答えがあるのか。神のほかに、どの被造物や非被造物がこのような権威を持っているのか。あなたたちはどんな書籍や刊行物の中でこのような事例を見たことがあるか。誰かが天地を開闢させ、万物を創造したという記録があるのか。それは、すべての書籍の中や、いかなる記録の中にもないものだ。もちろん、聖書の中でも、これは唯一の、神が世界を造った時、勢いが凄まじく、権威、威力を帯びたことを記した一部分の言葉だ。この一部分の言葉は、神の唯一無二の権威、唯一無二の身分を代表する。このような権威、このような力は、神の唯一無二の身分の象徴だと言えないのか。神自身だけが持つものだと言えないのか。神自身だけがこのような権威、力を具備している、と確かに言える!この権威、この力はいかなる被造物、非被造物も具備しておらず、取って代われないものだ!これは唯一の神自身の特徴の一面ではないか。これをあなたたちは見出したのか。この部分の言葉によって、人は神が唯一無二の権威、唯一無二の力を持っており、最高至上の身分と地位を持っているという事実をすぐに、はっきりと理解した。以上の交わりを聞いた後、あなたたちは自分の信じている神が唯一の神自身だと言えるのか。

 

第二の日に、神の権威が水を支配し、大空を創造して、人類の最も基本的な生存空間が現れた

続いて、第二段落を見よう。(創1:6-7)「神は言われた。『水の中に大空あれ。水と水を分けよ。』神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。」神が「水の中に大空あれ。水と水を分けよ」と言った後、事はどんな変化が起ったのか。聖書にこう書いてある。「神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。」神が言い、そのことを行った後、結果はどうなったのか。この段落の聖句の最後に書いてあるように、「そのようになった」。

この簡単で短い二つの言葉には、勢いの凄まじい事件が記され、神が如何に水を管理し、如何に人類の生存空間を創造したのか、という天を驚かす偉業のすばらしい一こまが記されている。……

この画面の中で、水と大空がまたたく間に神の目の前に現れた。それらは神の言葉の権威のゆえに分けられ、神の定めた方式によって上下に分けられた。つまり、神の造った大空は、下の水を覆っただけでなく、同時に上の水を支えていた。……ここで、造物主が水を動かし、水を指揮し、大空を創造した場面の壮観さと、彼の権威の威力は、人を瞠目させ、感心させる!神の言葉、神の力、神の権威のゆえに、神はもう一度偉業を成就した。これは造物主の威力ではないか。私たちは聖書を通して神のわざを解読してみよう。神が一言語り出すと、水の中には神の言葉のゆえに大空ができた。それと同時に、この空間は神の一言のゆえに、天地を覆すような変化が起った。この変化は一般的な意義を持つ変化ではなく、無から有になる一種の交替であり、それは造物主の考えによって生じ、造物主の口の言葉によって無から有になり、しかもその時から、それは造物主のために存在し、成り立ち、造物主の思いにしがたって回転し、変化し、更新される。この箇所の言葉に記されているのは、造物主が全世界を造った時に行った二番目の事だ。それは造物主の権威と力のもう一回の発表であり、造物主のもう一回の壮挙でもあるのだ。その日は、造物主が世界を造った後過ごした第二の日であり、造物主が過ごしたもう一つのすばらしい日だった。彼は光の中を歩き、大空をもたらし、水を支配し、つかさどり、彼のわざ、彼の権威、彼の力は新しい日に動いていた。……

神が言葉を言う前に水の中に大空があったのか。もちろんなかった!神が「水の中に大空あれ」と言った後はどうなったのか。神のほしいものが現れ、水の中に大空ができ、水も「水と水を分けよ」と言った神の言葉のゆえに、上下に分けられた。こうして、神が言葉を言った後、神の権威、神の力のゆえに、万物の中に二つの新しいもの、二つの新しい事物が現れた。この二つの新しいものの出現に対して、あなたたちはどんな感じがするのか。造物主の力の巨大さを感じたのか。造物主の唯一無二の、非凡な気勢を感じたのか。このような気勢、このような力の巨大さは神の権威によるものだ。この権威は神自身の代言であり、また神自身だけが持っている特徴だ。

この箇所の言葉の中から、あなたたちは神が唯一無二であることを、もう一度深く感じただろう。だが、これらはまだまだ足りない。造物主の権威と力はこれらだけに限られるのではない。彼が唯一無二であることは、ただ彼がいかなる被造物とも異なる性質を持っているからだけではなく、造物主の権威と力が非凡で、無限であり、すべてを超越し、すべてを圧倒するからでもあり、なおさら、彼の権威、彼の所有、所是が命を創造し、奇跡を創造し、すばらしくて非凡な毎分、毎秒を創造することができ、それと同時に、彼が彼の創造した命をつかさどり、彼の創造した奇跡と毎分、毎秒を支配することができるからだ!

 

第三の日に、地と海は神の言葉によって生じ、神の権威はこの世界が生気に満ちあふれるようにした

続いて、「創世記」第1章9-11節の最初の節を見よう。「神は言われた。『天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。』」神がただ「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ」という言葉を言ったが、事はどんな変化が起こったのか。光と大空のほかに、この空間にまた何ができたのか。次の節にはこう書いてある。「神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。」つまり、この空間にはまた陸地、海ができ、すなわち、水と陸地が分けられた。これらの新生物が現れたのは、いずれも神の口から一つの命令が発せられた後、「そのようになった」のだ。聖書の中に、神がこれらのことを成就する間に、せわしく働いたと記されているのか、神が手を動かしたと記されているのか。では、神はどのようにしたのか。神はどのようにしてこれらの新生物を生み出したのか。言うまでもなく、神は言葉によってこのすべてを成就し、このすべてを創造したのだ。

以上の三箇所の言葉の中から、私たちは三つの大きな事が起こったことを知った。この三つの大きな事はみな、神の言葉によって現れ、生じたのだ。それらは神の言葉のゆえに、順次に神の目の前に現れた。これで分かるが、「神が言われると、そのように成り、神が命じられると、そのように立つ」という言葉は決して空論ではない。神のこの本質は、神が考えを持ったその瞬間実証され、神が口を開いて言葉を言った時、彼のこの本質は十分に体現された。

続けてこの箇所の最後の一言を読もう。「神は言われた。『地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。』そのようになった。」神が言葉を言うと同時に、すべてが神の考えに従って生じた。瞬く間に、それぞれ異なる姿をしている、みずみずしく愛らしい、一つ一つの小さな命は体を揺らしながら土から小さな頭を出した。まだ体についている泥をはたいていないのに、待ち切れずに互いに手を振って挨拶し、待ち切れずにこの世界に向かって微笑みながら会釈をしていた。それらは造物主が命を与えてくださったことに感謝しており、この世界に向かって、自分たちがみな万物の一員であり、自分たちが造物主の権威を表現するために各々の命をささげる、と告げていた。神の言葉が発せられるにつれて、陸地には草が青々とし、人が享受できるいろいろな野菜が勢いよく生え、土から出てきた。山川、平原には樹木が密生しており、森が一面に広がっていた。……少しの生気も見せなかった、からっぽの世界はすぐに青草、野菜と木などの植物に覆われて、緑にあふれた。……大空には青草の香りが漂っており、泥のいい匂いが発散されていた。各種類の植物は空気の流れにつれて、呼吸をし始め、成長の過程も始めた。それと同時に、このすべての植物は、神の言葉のゆえに、神の考えにしたがって、生え、開花し、実を結び、繁殖し、生息するという命の歴程を繰り返し始め、各自の命の運行の軌跡をしっかり守り始め、各自の万物の中での役割を果たし始めた。……それらは造物主の言葉のゆえに生じ、造物主の言葉のゆえに生きる。それらはみな、造物主の絶え間ない供給、滋養を得、また永遠に造物主の権威と力を表現するために、この土地の至る所で粘り強く生き、 造物主から与えられた生命力を永遠に表すであろう。……

造物主の命は非凡であり、彼の考えは非凡であり、彼の権威は非凡なのだ。だから、彼の言葉が発せられる時、最終的な結果としてみな「そのようになった」のだ。明らかに、神が事を行うのには手を動かす必要がなく、彼はただ自分の考えによって指揮し、言葉によって定めただけで、事はそのように成就されたのだ。その日、神は水を一つのところに集め、乾いた所を現させ、そして乾いた地から草を芽生えさせ、種を持つ野菜と、実をつける果樹を芽生えさせた。神はそれらを、各々その種類に従わせ、すべての実がぞれぞれの種を持つようにした。このすべては神の意志、神の言葉の中の言いつけによって実現し、続々とこの新しい世界の中に現れた。

神が働く前に、神が成し遂げようとする事は、神の心の中で、すでに一幅の絵になっていた。神がこの事を成就し始めた時、すなわち神が口を開いてこの絵の内容を語り出した時、すべては神の権威と力によって変化が起り始めた。神がどのようにしても、どのように彼の権威を行使しても、事はみな神の計画、神の言葉によって一歩一歩成就され、天地の間も神の言葉、神の権威によって一歩一歩変えられる。このすべての変化、発生は造物主の権威を表現しており、また造物主の命の力の非凡さ、偉大さを表現している。彼の考えは、一つの簡単な構想ではなく、一幅の中身のない絵ではなく、生命力を持ち、並外れて強いエネルギーを持つ権威であり、すべてを変化させ、よみがえらせ、新しくさせ、消滅させることのできる力だ。それゆえ、すべての事物は彼の考えによって運行し、それと同時に彼の口の言葉によって成就されている。……

万物が現れる前、神の考えの中では、すでに一つの完全な計画を成就し、一つの全く新しい世界を成就した。第三の日に、陸地にはいろいろな植物が生えたが、神はこの世界を創造しようとする彼の歩みを止める理由はなかった。彼は続けて言葉を言い、続けて彼が創造しようとする一つ一つの新生物を成就し、彼は言葉を言い、命令し、彼の権威を行使し、彼の力を表そうとし、彼は彼の造ろうとする万物、人類のために、用意しようと計画したすべてのものを用意していた。……

 第四の日に、人類の季節、日、年は神がもう一度権威を行使することによって誕生した

造物主は彼の言葉によって彼の計画を成就していた。このように、彼は彼の計画の中の最初の三日を過ごした。この三日の間に、彼は慌ただしく立ち回ったことがなく、疲れ果てたこともなかった。逆に、彼は彼の計画の中のすばらしい最初の三日を過ごし、滄海変じて桑田となり、桑田変じて滄海となるという偉作を成就した。こうして、全く新しい世界が神の目の前に現れ、神の考えの中に封じられていた美しい画面がとうとう、神の言葉の中で少しずつ開かれた。一つ一つの新生物の出現は赤ちゃんが生まれるようだった。造物主は、以前は自分の考えの中にあったが、今はすでに現実となったこの画面を鑑賞していた。その時、彼の心は少し慰めを得た。だが、彼の計画は始まったばかりだった。またたく間に新しい日が来た。造物主の新しい一ページの計画はまた何だろうか。彼はまた何を言ったのか。彼の権威はまたどのように行使されたのか。それと同時にまた、どんな新生物がこの新しい世界の中に来たのか。造物主の導きの下で、私たちの視線は、神が万物を造った第四の日に留まった。この日はもう一つの全く新しい始まりだった。もちろん、それは造物主にとって、疑問の余地なくもう一つのすばらしい日であり、今の人類にとっても、もう一つの極めて重要な日だった。その日はもちろん、計り知れない価値のある日だ。それはどんなにすばらしいか、どれほど重要なのか、またどんなに計り知れないのか。先ず造物主の言葉を聞いてみよう。……

(創1:14-15)「神は言われた。『天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。天の大空に光る物があって、地を照らせ。』」これは、神が乾いた地とその上の植物を造った後、もう一つの被造物が表した神の権威の行使だ。神にとって、このようなことをするのは、同じくとても容易なことだ。というのは、神にはこのような力があり、神は言ったからには必ず成し遂げ、成し遂げるからには必ず成就するからだ。神が天の大空に光る物が現れるよう命じると、その光る物は天の大空で光を放ち、地を照らしただけでなく、また昼と夜のしるし、季節のしるし、日や年のしるしとなった。このように、神が言葉を言うと同時に、神が成し遂げようとする事々は神の意志、神の定めた方式によって成就されている。

「天の大空の光る物」はすなわち空で光を放つことができる物であり、それは空を照らすことができ、陸地と海洋を照らすこともできる。それは、神の命じたリズムと頻度にしたがって回転し、異なる時間帯で陸地を照らす。こうして、地上のものの昼と夜は、この光る物の回転周期によって生じた。それは昼と夜のしるしとなっただけでなく、またその異なる回転周期によって、人類の季節といろいろな日々のためのしるしとなった。それは、神の発布した四季――春、夏、秋、冬と互いに補完し合い、互いに呼応し合い、四季と調和して人類の季節、日や年のために規則的で正確なしるしとなった。人類は耕作を始めた時になって、神の造った光る物によって分けられた季節、日や年を知り、或は接触し始めたが、実は、人類が今日知っている季節、日や年は、すでに神が万物を創造した第四の日から始まっていた。人類が経験する春、夏、秋、冬の交替周期も神が万物を創造した第四の日に始まった。神の造った光る物は、人に規則的に、正確に、はっきりと、昼と夜を識別させ、日を数えさせることができ、人にとても明確に、季節や年を把握させることができる(月が満ちる日、すなわち満月の日になると、人は光る物が照らす新しい周期が始まったことを知るようになる。月が欠ける日、すなわち半月の日になると、人は新しい節気が始まったことを知るようになる。これによって類推すると、いくつの昼夜が一つの節気になるか、いくつの節気が一つの季節になるか、いくつの季節が一年になるかは、規則的に示される。)それゆえ、人類は光る物の運行によって示される節気、日や年をたやすく掌握した。その時から、人類と万物は知らず知らずのうちに、光る物の運行によって生じた、昼夜が交替し、四季が移り変わるという法則の中に生きるようになった。これもまた、造物主が第四の日に光る物を造った意義だ。同様に、造物主がこの事をすることによって達成した目的と意義は依然として彼の権威と力を離れられない。だから、神の造った光る物と、光る物が間もなく人類にもたらす価値も、造物主の権威の行使によるもう一つの傑作だ。

人類がまだ「顔を出し」ていないこの新しい世界の中で、造物主はすでに、彼がもうすぐ造る新しい命のために「夕べと朝」、「空気」、「陸地と海」、「草、野菜といろいろな木」、および「光る物、節気、日、年」を用意しておいた。造物主の権威と力は、彼の創造した個々の新生物によって発表されるのであり、彼の言葉と事実は同時に行われ、いささかの誤差もなく、少しの間隔もない。このすべての新しい事物の出現と誕生は、造物主の権威と力を実証している。すなわち、言ったからには必ず成し遂げ、成し遂げるからには必ず成就し、成就するからには必ず永遠に成就するということだ。この事実は今まで変わったことがなく、昔もそうだったし、今もそうだし、以後も永遠にそうであろう。今再び、聖書の中のこれらの言葉を見たら、あなたたちはそれがとても新鮮だと感じないのか。あなたたちは新しい内容を見出し、新しい発見があるのではないか。それは、造物主の業があなたたちの心を打ち、あなたたちに彼の権威と力を認識する方向を指示してくれ、あなたたちに造物主を認識するための大門を開いてくれ、彼の業、彼の権威がこれらの言葉の命を与えてくれたからだ。それゆえ、これらの言葉の中で、人は造物主の権威が生き生きとしていることを見たのであり、造物主がいと高き方であり、造物主の権威と力が非凡であることを、本当に見たのだ。

造物主の権威と力は次々と奇跡を創造している。彼は人の目を引きつけていて、人は彼の権威の行使による一つ一つの驚くべき業に注目せずにはいられない。彼の非凡な力は一回また一回と人類に驚喜を与えた。それゆえ、人は見きれなくなり、大いに喜び、またそのために賛嘆し、その奇しさに感心し、喝采し、さらに、感動の色を浮かべ、敬慕ㆍ畏れㆍ懐かしみの情が生じた。造物主の権威と業は人の心を揺り動かし、また人の心を洗い清め、さらに人の心を飽き足らせる。彼の個々の考え、毎回発する声、彼の権威の毎回の流露はみな、万物の中での傑作であり、造られた人類が最も深く理解し、認識するに値する、天を驚かす偉作だ。造物主の言葉の中で誕生した一つ一つの被造物を数えながら、私たちの心は神の力の奇しさに引かれ、思わず造物主の足跡に従って次の日――神が万物を造った第五の日に来た。

次の聖句を少しずつ見ながら、造物主がまたどんなことをしたのかを見てみよう

 

第五の日に、形のそれぞれ異なる個々の命が異なる方式で造物主の権威を示した

聖書にはこう書いてある。(創1:20-21)「神は言われた。『生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。』神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。」聖書ははっきりと言っている。その日、神は水の中のさまざまな生き物を造り、地の上にさまざまな鳥を造った。つまり、さまざまな魚、さまざまな鳥類を造り、しかも、それらを各々その種類に従わせた。こうして、地の上、天の大空の面、水の中は神の創造のゆえ豊かになった。……

神の言葉が発せられるにつれて、またたく間に、形のそれぞれ異なる、生々しい命が、造物主の言葉の中で生き生きとしていた。それらは、先を争って、ぴょんぴょん跳ねながら、とても楽しくこの世界に来た。……水の中にはさまざまな魚が泳いでおり、さまざまな甲殻類が水の中の砂地で産み出され、さまざまな、うろこや殻を持つ動物、軟体動物が、水の中でいろいろな形式でわれ先に成長する。それらは、柄が大きいのもあれば、柄が小さいのもあり、長いのもあれば、短いのもある。それと同時に、さまざまな海藻もわれ先に生え、水の中の各種類の生き物が泳ぐにつれて揺れ動いており、体を振りながら、この静まり返っている水域に催促して、「湧き立てよ!あなたの仲間を連れて。あなたはもう寂しくないから!」と告げているようだ。神の造った、水の中の各種類の生き物が、水の中に現れたその瞬間、この一つ一つの生々しい命は、長い間静まり返っていたこの水に活気をもたらし、また新しい紀元をもたらした。……その時から、それらは互いに寄り添い、お供をし、一心同体となった。水はその中の生き物のために存在し、自分の懐の中で生きているすべての命を滋養している。すべての命もそれに滋養されて、それのために生きる。それらは互いに自分の命を捧げており、それと同時に、同じ方式で造物主の創造の奇しさと偉大さを証ししており、造物主の権威の超越できない力を証ししている。……

海の水がもう静まり返らないと同時に、大空の中も活気にあふれるようになった。大小さまざまな鳥が地から飛び立った。それらが水の中のさまざまな生き物と違うのは、それらは羽がいっぱいついており、二つの翼があり、姿態が豊満で、身のこなしがしなやかだ。それらは二つの翼をばたつかせ、傲慢に、誇らしげに造物主から与えられた華やかで美しい衣と特殊な機能、腕前を見せている。それらは自由に飛んでおり、上手に天地の間を旋回し、草原の上、森の中を旋回している。……それらは空の寵児、万物の寵児だ。それらは間もなく天と地の掛け橋となり、万物のためにメッセージを伝えるようになる。……それらは歌を歌い、喜んで踊りながらあちこちを飛び回って、空っぽだったこの世界のために楽しげな声を添え、笑い声をもたらし、また活気と活力をもたらした。……それらは冴え渡り、快い歌声をもって、心の声をもって造物主がそれらに与えた命を賛美し、軽快な舞姿をもって造物主の創造の完璧さ、奇しさを見せている。それらは造物主がそれらに与えた特別な命をもって、造物主の権威を証しするためにそれらの一生をささげている。……

水の中のいろいろな生き物であれ、空を飛んでいるいろいろな生き物であれ、それらはみな造物主の言いつけに従って、構造の異なる生命体の中で生きており、しかも造物主の言いつけに従って、群れをなし隊を組んで、それぞれの種類の中で生きている。この規則、この法則はいかなる被造物も変えることはできない。それらは敢えて造物主がそれらのために定めた範囲を越えず、その範囲を超えることもできない。造物主の定めの下で、それらは繁殖ㆍ生息しており、それらは造物主がそれらのために定めた命の軌跡と命の法則を厳格に守っており、造物主のそれらに対する無言の言いつけと、造物主がそれらに与えた天の法則、戒律を、今までずっと自覚的に守っている。それらは特別な方式で造物主と対話し、造物主の意思を汲み取り、造物主の言いつけに従う。造物主の権威を超えたことのある物は一つもない。造物主のそれらに対する支配、掌りはみな、考えの中で行われており、言葉は発せられていないけれども、造物主だけが持っている権威は、静かな中で、言語の機能を持っていない、人類と異なるこのすべての万物を掌っている。この特別な方式による権威の行使のゆえに、人は造物主の唯一無二の権威に対して新しい認識を持ち、新しい解読を行わずにいられなかった。ここで私は、新しい日に造物主の権威の行使は、もう一度造物主の唯一無二を表したと言わざるを得ない。

続いて、この節の最後の言葉を見よう。「神はこれを見て、良しとされた。」この言葉について、あなたたちはどのように理解しているのか。その言葉の中には神の気持ちが含まれている。神が彼の造った万物が、すでに彼の言葉によって存在し、成り立ち、すべてが次第に変わっていくのを見た時、神は彼が言葉で造ったいろいろな物、成就したさまざまな事に満足したのか。その答えは、「神はこれを見て、良しとされた」なのだ。ここで、あなたたちは何を見たのか。「神はこれを見て、良しとされた」ということは何を意味するのか、何を象徴するのか。つまり、神には、彼が計画していた事、定めておいた事を成就し、彼の達成したい目的を成就する力、知恵があるということだ。神がある事を行った後、神は後悔したのか。その答えは依然として、「神はこれを見て、良しとされた」なのだ。つまり、神は後悔するどころか、かえって非常に満足していた。後悔しなかったことは何を説明するのか。神の計画が完璧で、神の力と知恵が完璧であること、彼の権威は彼が完璧を成就できる唯一の源であることを説明する。人はある事をした後、神と同じように、それを見て、良しとすることができるのか。人のした事々は完璧になることができるのか。人は一度で永遠にある事を成就することができるのか。「より良いのはあるが、最も良いのはない」という人の言葉のように、人のする事は永遠に完璧になることはできない。神が自分自身が行い、成就した事々を見て、良しとした時、神の造った各物は神の言葉のゆえに定格化される。つまり、「神はこれを見て、良しとされた」時、神の創造したものは一度で永遠に定型化され、類別され、その方位、用途と機能が固定される。それと同時に、それの万物の中での役目と、神が万物を経営している間、それが歩むべき歴程も神に定められて、永遠に変わることがない。これは造物主が万物のために定めた「天の規則」だ。

「神はこれを見て、良しとされた」という簡潔素朴で、容易に人の関心を呼び起こせない言葉、人の十分な重視を呼び起こせない言葉は、かえって神があらゆる被造物に天の規定、天の規則を下達する言葉だ。この言葉の中で、造物主の権威はもう一度さらに実際的に、さらに深く体現された。造物主は言葉によって彼の得たいすべてを得、言葉によって彼の成就したいすべてを成就することができるだけではなく、言葉によって彼の造ったすべてを彼の手の中におさめ、彼の造った万物を彼の権威の下に支配し、しかもすべてが整然と秩序立つようにすることもできる。それと同時に、万物は彼の言葉によって生じ、また滅び、さらに、彼の権威によって彼が定めた法則の中に生きていて、いかなる物もそれを超えることはできない!その法則は「神はこれを見て、良しとされた」時から始まったのであり、それは神の経営計画のために存在し、持続し、運行し、造物主がそれを廃止する日までずっと続くであろう!造物主の唯一無二の権威は、彼が万物を創造することができ、彼が命じるとそのようになることで体現されるだけではなく、彼が万物を管理し、支配し、万物に生気、活力を与えることができることでも体現され、さらに、造物主が一度で永遠に、彼の計画の中で創造しようとする万物に、完璧な形式、完璧な命の構造、完璧な役目として彼の世界に現れさせ、生きさせることができることで体現され、造物主の思いや考えがいかなる条件の制約も受けず、時間、空間、地理の制限を受けないことで体現される。造物主の唯一無二の身分は彼の権威と同じように、とこしえの昔から永遠まで変わることがない。彼の権威は永遠に彼の唯一無二の身分の代言と象徴であり、彼の権威は永遠に彼の身分と共に存在する!

 

第六の日に、造物主の言葉が発せられると、彼の考えの中の各種類の生き物が次々と登場した

知らず知らずのうちに、造物主の万物を造る仕事は五日続いた。そして、造物主は彼の万物を造る第六の日を迎えた。この日はもう一つの新しい始まりであり、もう一つの素晴らしい日だった。新しい日が到来した時、造物主はまたどんな計画があったのか。またどんな新しい被造物が生まれ、造られたのか。聞いてみよう。それは造物主の声だ。……

(創1:24-25)「神は言われた。『地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。』そのようになった。神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。」それらの生き物には何が含まれているのか。聖書にこう記されている。それぞれの家畜、それぞれの土を這うもの、それぞれの地の獣を造られた。つまり、その日に、地上にいろいろな生き物ができただけではなく、それらはみな類別された。同じく、「神はこれを見て、良しとされた」。

前の五つの日と同じように、第六の日に、造物主は同じ口ぶりで、彼の願う生き物が産み出され、地上に現れ、各々その種類に従うよう命じた。造物主の権威が行使される時、彼の言葉は地に落ちることはなかった。だから、第六の日に、造物主が造ろうと計画していたすべての生き物は期日どおり現れた。造物主が「地は、それぞれの生き物を産み出せ」と言った後、陸地は活気が満ちあふれ始め、地上には直ちにいろいろな生き物のにおいが漂った。……青々とした緑の草原には、一匹一匹の肥えてたくましい牛がしっぽを振りながら次々と現れ、メエメエと鳴いている羊たちが群れをなし、嘶いている馬たちが勢いよく疾走してきた。……瞬く間に、静まり返った広い草原は一面に沸き立った。……いろいろな家畜の現れは、しんと静まり返っていた草原に一つ一つの美しい風物詩を添え、無限の生気をもたらした。……それらは草原とお供し、草原の主人として草原と互いに依存し合い、また、それらは草原の見張り者、見守り者となり、草原もそれらの永久の生息地としてそれらのためにすべてを捧げ、それらの生存のために永久に滋養を与える者となる。……

各種類の家畜と同じ日に誕生した各種類の這うものも、造物主の言葉が発せられた時、次々と現れた。それらは被造物の中で最も小さな一類の生命体だが、それらの生命力は依然として造物主の奇しい創造によるものだ。それらは決して遅れなかった。……それらのあるものは、小さな羽をばたつかせ、あるものはゆるゆると這い、あるものはぴょんぴょんと跳ね、あるものは足取りがよろよろしており、あるものは力強く前へ進み、あるものはすばやく後退し、あるものは横這い、あるものは飛び跳ねる。……それらはそれぞれ急いで自分の家を探している。あるものは草むらに入り、あるものは急いで土に穴を掘り、あるものは大きな木に飛び上がり、森に潜み。……それらは体が極めて小さいけれども、空腹の苦しみに耐えようとせず、それぞれ家を探した後、待ち切れずに腹を満たすものを探した。それらのあるものは若草の上に這い上がって食べ始め、あるものは泥をつかんでひと口ずつ呑み込み、おいしそうに食べていて、とても楽しんでいる(この泥はかえってそれらの美食になった)。あるものは森に潜んでいるが、休んではいなかった。木の一枚一枚の濃緑の葉の汁は、それらのおいしい食べ物、佳肴になった。……おなかをいっぱいにした後も、それらは活動を止めなかった。それらは小さいけれども、エネルギーが巨大であり、活力が限りない。だから、それらは万物の中で、活動が一番頻繁で、一番勤勉な一類の被造物だ。それらは怠けたことがなく、安逸を貪ったこともない。それらはお腹がいっぱいになった後、依然として自分たちの将来のために勤勉に努力しており、自分たちの明日、自分たちの生存のために忙しく働いており、走っている。……それらは小さな声でいろいろなメロディーの、異なるリズムの歌を歌って、自分を力づけ、励ましており、また草むら、森、一面に広がっている土地のために喜びを添え、特別な毎日、毎年をもたらしている。……それらは各自の言葉、各自の方式によって地上のいろいろな生き物のためにメッセージを伝え、また各自の特別な生存の軌跡によって万物のためにしるしをつけ、痕跡を残す。……それらは土壌、緑草、森と親密で少しの隔たりもない。それらは土壌のため、緑草のため、森のために活力、生気をもたらし、また、いろいろな生き物に対する造物主の言いつけとあいさつをもたらす。……

造物主の目は彼の造った万物に配っている。その時、彼の視線は森の中に止まり、大きな山の間にとまり、彼の考えは回っている。彼の言葉が発せられるにつれて、うっそうとした森の中、大きな山の間に、以前のあらゆる被造物と異なる種類の被造物が現れた。それらは神が言っている「地の獣」だ。それらはのんびり遅れてやって来た。それらは頭を揺り動かし、それぞれ特異な顔つきをしていた。見よ、それらのあるものは毛で覆われており、あるものは甲羅を持っており、あるものは牙をむき出し、あるものは口を開け、あるものは頸が長く、あるものはしっぽが短く、あるものは両目に殺気を帯びており、あるものは怯懦の目つきをしており、あるものは身をかがめて草を食べ、あるものは口が血の匂いに満ちており、あるものは両足で跳躍しながら歩き、あるものは四つの足で歩き、あるものは木に登って遠くを眺め、あるものは森に潜んで待ち、あるものは穴を探して休み、あるものは平原を走りながら遊んでおり、あるものは森の中を通り抜ける。……それらのあるものは吼え、あるものは咆哮し、あるものは狂ったように吠え、あるものは遠吠えする。……それらの声は、あるものは高くてよく響き、あるものは低くて重く、あるものは高らかに響き渡り、あるものは澄んでいて快い。……それらのあるものは顔つきが凶悪であり、あるものは顔がきれいであり、あるものは人にいやな感じを与え、あるものは楚々として美しく、あるものは人に恐れを感じさせ、あるものは無邪気そのものだ。……それらは一匹一匹次々と出てきた。見てみよ。それらはどれも鼻息が荒く、行儀が悪く、互いに相手にしたがらず、相手を一目見るのも嫌がる。……それらは各々、造物主がそれらに与えた特別な命を持って、野性、横暴さを持って森の中に現れ、大きな山の間に現れた。それらはそんなに「おごり高ぶっており」、覇気に満ちている。それらは山、森の本当の主人だから、しょうがない。造物主がそれらに現れるよう命じたその瞬間から、それらは森を「占領」し、大山を「占領」した。なぜなら、造物主はすでにそれらのために境界線を定め、生存の範囲を定めたので、それらこそが大山、森の本当の覇者だからだ。だからこそ、それらはそんなに野性を持っており、そんなに「うぬぼれる」のだ。それらが「地の獣」と呼ばれるのは、万物の中でそれらだけが本当に野性を持ち、横暴で、手懐けがたい被造物だからだ。それらは手懐けられることができないから、飼われることができず、人類と仲よく暮らすこともできず、人類のために働くこともできない。それらは飼われることができず、人類のために働くこともできないからこそ、それらは人類から遠く離れなければならず、人類もそれらに近づくことができない。それらが人類から遠く離れていて、人類がそれらに近づくことができないからこそ、それらは造物主がそれらに与えた責任――山を守り、森を守る――を果たすことができる。それらの野性は、山を保護し、森を守るためのものであり、それらが繁殖ㆍ生息するための最もよい保護と保障だ。それと同時に、それらの野性は万物のバランスを守り、保障する。それらの到来のために、大山、森はよりどころ、頼りになるものを得た。それらの到来は、寂しくてがらんとした山、森に無限の活力を注ぎ込んだ。その時から、大山、森はそれらの永久の生息地となった。それらは永遠にそれらの家を失うことはない。なぜなら、大山、森はそれらのために産まれ、存在するからだ。それらは大山、森を守るために職責を果たし、力の及ぶかぎり努力する。それらはまた、造物主のそれらに対する言いつけ――それらの領地を守り、それらの地の獣の本性を保ち続けることによって、造物主の定めておいた万物のバランスを守り、造物主の権威と力を表現する――に厳格に従う!

 

造物主の権威の下の万物は完璧だ

神の造った万物には、動くことのできるもの、動くことのできないものが含まれている。例えば、翼ある鳥、魚類、木、花草および第六の日に造られた家畜、這うもの、地の獣はみな神に良しとされた。しかも、神の目には、これらのことがみな神の計画によって完璧になり、神の要求する基準に達した。造物主は彼の計画によって、段取りを踏まえて彼のすべき仕事をしていた。彼が創造しようとするものは一つずつ現れた。どのものの出現も造物主の権威の体現であり、また彼の権威によってもたらされた結晶だ。これらの結晶のゆえに、あらゆる被造物は造物主の恩沢、造物主の供給に感謝せずにはいられない。神の奇しい業の表現のゆえに、この世界は神の造った万物によって少しずつ豊かにされて、それは、混沌で、暗い状態から澄み切り、明るい状態に変わり、静まり返った状態から生気に満ちあふれ、活力が無限な状態に変わった。大きなものから小さなものまで、小さなものから微小なものまで、いずれも造物主の権威と力によって造られた。どの被造物も自分特有の、固定した存在の必要性と価値がある。それの形式と構造にどんな違いがあるとしても、とにかく、造物主に造られたものである限り、それは造物主の権威の下で生存している。ある時、人はある昆虫を見て、その昆虫がとても醜くて、「この昆虫はなぜそんなに醜いの?こんな醜い昆虫は絶対に神様に造られたものではない。神様はこんな醜いものを造るはずがない」と言う。この観点は愚昧すぎる!「この昆虫はとても醜いが、それは神様に造られたのだから、きっとそれ独特の用途がある」と言うべきだ。神の考えの中では、彼の造ったいろいろな生き物が様々な姿を持ち、様々な機能と用途を持つようにしようとする。だから、神の造った万物は千篇一律ではなく、外側の形状においても内側の構造においても、生活習慣においてもそれぞれ占める位置においても違いがあるのだ。牛には牛の、ロバにはロバの、鹿には鹿の、象には象の姿がある。あなたはどう思うのか。どれが一番きれいで、どれが一番醜いのか。どれが一番役に立ち、どれが一番存在する必要がないのか。ある人は象の姿が好きだが、象を利用して耕作する人はいない。ある人は獅子、虎の姿が好きだ。なぜなら、それらの姿は万物の中でいちばん凛々しいからだ。けれども、あなたはそれらをペットとして飼うことができるのか。とにかく、万物を扱う上で、人は造物主の権威、すなわち造物主が万物のために定めた法則に従うという態度を取るべきだ。そうしてこそ賢明なのだ。造物主の初志を求め、それに従うという態度を取ってこそ、本当に造物主の権威を受け入れ、認めることだ。神が良しとしたので、人はあら捜しする理由があるのか。

この時になって、造物主の権威の下の万物は、造物主の支配のために新しい楽章を演奏し、造物主の新しい日の仕事のために輝かしい序幕を開き、造物主もこの時、彼自身の経営の仕事のために新しいページを開く!万物は造物主の定めた、春に芽生え、夏に栄え、秋に収穫し、冬に貯蔵するという法則に従って造物主の経営計画とはるかに呼応する。それらは各々各自の新しい日、新しい開始と新しい命の歴程を迎え、それらはまた、造物主の権威の支配下の毎日を迎えるために絶えず繁殖ㆍ生息する。……

あらゆる被造物と非被造物は造物主の身分に取って代わることができない

万物を造り始めた時から、神の力は発表され始め、流露され始めた。神は言葉によって万物を造ったのだから、彼がどの方式によって万物を造ったとしても、何のため万物を造ったとしても、とにかく、万物は神の言葉によって生じ、成り立ち、存在する。これが造物主の唯一無二の権威だ。人類がまだこの世界に現れていない時、造物主は彼の力、彼の権威によって人類のために万物を造り、彼特有の方式によって人類のために適当な生存の環境を用意した。彼がしたこのすべては、将来彼の息を得る人類のために用意された。つまり、人類がまだ造られていない時、神の権威は、人類と異なるあらゆる被造物の中で表現された。大は天体、光る物、海洋、陸地から、小は鳥獣類とさまざまな昆虫、微生物、および人の肉眼で見られないざまざまな菌類に至るまで、すべて造物主の言葉によって生存し、造物主の言葉によって繁殖し、造物主の言葉によって造物主の支配下に生きている。それらは造物主の息を得ていないけれども、やはり異なった形式、異なった構造によって造物主が彼らに与えた命の活力を表現している。それらは造物主が人類に与えた言葉の能力は得ていないが、それぞれ造物主がそれらめいめいに与えた、人類の言葉と異なる、命を言い表す方式を得た。造物主の権威は、外見から見れば動いていないように見える物質に命の活力を与えて、それらが永遠に消えないようにすることができるだけではなく、さらに、いろいろな生き物に繁殖し生息する本能を与えて、それらが永遠に姿を消さず、一代また一代と造物主がそれらに与えた法則、摂理を伝えるようにすることもできる。造物主の権威の行使方法はマクロの面とミクロの面にこだわらず、どんな形式の中にも限定されない。彼は宇宙の運行をつかさどることができ、万物の存亡を支配することもでき、さらに万物を動かして彼のために仕えさせることができる。彼は山河、湖の運行を管理することができ、その中の万物を支配することもでき、さらに万物に必要なものを供給することができる。これは人類以外の万物の中での、造物主の唯一無二の権威の表現だ。このような表現は一生だけのものではない。それは永遠に止まらず、休むことがなく、いかなる人、物もそれを変え、破壊することはできず、またいかなる人、物もそれに加えたり、減らしたりすることはできない。造物主の身分はだれも取って代わることができないから、造物主の権威はいかなる被造物も取って代わることができず、また、いかなる非被造物も到達できないのだ。例えば、神の使者や天使、彼らは神の力を具備せず、造物主の権威はなおさら具備しない。彼らが神の力を持たず、神の権威を持たないのは、彼らが造物主の本質を持たないからだ。非被造物の中で、例えば神の使者、天使たちは神の代わりにいくらかの事をすることはできるが、神を代表することはできない。彼らは人類が具備してない力は少し具備しているが、神の権威は具備しておらず、神と同じような、万物を創造し、万物をつかさどり、万物を支配する権威は具備していない。だから、神の唯一無二はいかなる非被造物も取って代われないものだ。神の権威と神の力も同様に、いかなる非被造物も取って代われないものだ。聖書の中で、あなたは神のどの使者が来て万物を造ることを見たのか。神はどうして彼の使者と天使を遣わして万物を造らせないのか。彼らは神の権威を持っていないからだ。だから、彼らは神の権威を行使する力を具備していない。あらゆる被造物と同じように、彼らも造物主の支配の下にあり、造物主の権威の下にあり、造物主は同様に彼らの神であり、また彼らの支配者だ。彼らのうちの一員は、身分や貴賤を問わず、能力の大小を問わずみな造物主の権威を超えることができない。だから、彼らのうちのだれも、造物主の身分に取って代わることができず、彼らは永遠に神と呼ばれることができず、永遠に造物主となることもできない。これは永遠に変わらない真理と事実だ!

以上の交わりを通して、私たちは、唯一無二の権威を具備し、唯一無二の力を具備した、万物の創造者、支配者だけが唯一の神自身と呼ばれることができる、と定義してもいいだろう。ここであなたたちは、わたしの問題があまりにも奥深くて、あなたたちが暫く理解することができず、その中の本質を見極めることもできないと感じるかもしれない。だから、あなたたちはこの問題がとても答えにくいと思っている。では、わたしは続けて交わる。続いて、わたしはあなたたちに神自身だけが持っている権威と力の多くの面の実際の業を見せる。そうすることによって、あなたたちは、何が神の唯一無二なのか、何が神の唯一無二の権威なのかを本当に知り、理解し、認識するようになる。

2.神は言葉によって人と約束を立てた

(創9:11-13)「わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」更に神は言われた。「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。すなわち、わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。」

万物が造られた後、造物主の権威は「虹の契約」の中でもう一度実証され、表現された

造物主の権威はどんな時でもあらゆる被造物の中で表現され、行使される。彼は万物の運命を支配しているだけではなく、同時にまた、彼が自分の手で造った人類――異なる命の構造を持っていて、異なる命の形式によって生きているこの特別な被造物を支配している。万物を造った後、造物主は彼の権威と力を発表することを止めなかった。彼から見れば、万物を支配し、全人類の運命を支配する彼の権威は、人類が本当に彼の手の中で誕生したその瞬間から正式に始まったのだ。彼は人類を経営し、人類を支配し、人類を救おうとし、本当に人類を得ようとし、万物を管理できる人類を得ようとし、彼はこのような人類が彼の権威の下に生きていて、彼の権威を認識し、彼の権威に従うようにしようとする。それゆえ、神は正式に、人の間で彼の言葉によって彼の権威を発表し、彼の権威によって彼の言葉を実現し始めた。もちろん、この過程の中で、神の権威の表現はどこでも見ることができる。しかし、私はただ人が聞き慣れているいくらかの特別な事例を取り出して、あなたたちがその中から神の唯一無二、神の唯一無二の権威を理解し、認識するようにする。

「創世記」第9章11節から13節の言葉は、神の創世について記録した、上の言葉と似ているところがあるが、異なるところもある。似ているところは何か。神が同じく言葉によって彼のしようとする事をしたということだ。異なるところは、この箇所の言葉が神と人との対話であり、この箇所の言葉の内容は人と約束を立て、約束についての内容を人に告げた、ということだ。神の今回の権威の行使は、人との対話の中で成就された。つまり、人類が造られる前に、神の言葉は一種の言いつけ、一種の命令であり、彼が造ろうとする被造物に対して発布するものだった。その時、神の言葉を拝聴する対象ができた。だから、彼の言葉は人との対話であるだけではなく、彼の人類に対する言いつけ、戒告であり、さらに彼が万物に下達した、権威を持つ命令だ。

この箇所の言葉には、神のしたどんな事が記されたのか。洪水によってこの世を滅ぼした後、神が人と立てた契約の内容が記されている。それは、神がもう洪水によってこの世を滅ぼさない、と人に告げている。しかも、神はこのために一つのしるしをつけようとする。このしるしは何だろう。原文にはこう書いてある。「わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。」これは造物主が人類に対して言った元の言葉だ。彼が言葉を言うと同時に、その虹は人の視線に現れ、今日まで続いている。虹はみんなが見たことがある。しかし、虹を見る時、あなたはこの虹がどうやって現れるのかを知っているのか。科学はこのことを論証することができない。科学はそれの源を見つけることができず、それの行方も見つけることができない。なぜなら、これは造物主が人と立てた契約のしるしだからだ。それは科学の根拠を必要とせず、人為的なものではなく、人が変えられるものでもなく、それは造物主の言葉が発せられた後の権威の継続だ。造物主は彼特有の方式で、彼が人と立てた契約、彼の約束を固く守っている。だから、虹の現れを、神の立てた契約のしるしとすることは、造物主にとっても造られた人類にとっても永遠に変わることのない天の規則、法則だ。この永遠に変わらず続く法則は、造物主が万物を造った後の、権威のもう一度の本当の体現だと言わざるを得ず、造物主の権威と力は無限であり、「虹」をしるしとすることはまさに、造物主の権威の継続、延伸だと言わざるを得ない。この事は、神が言葉によってしたもう一つの事であり、神が言葉によって人と契約を立てた一つのしるしであり、彼は人に、彼が何を成し遂げようと思い定めたのか、どういう方式によってそれを実現させ、どういう方式によってそれを成就するかを告げた。事はこのように神の口の言葉によって実現した。神だけがこの力を持っている。彼がこのような言葉を言った数千年後の今日でも、人類は依然として神が言った虹を見ることができる。神のこの言葉のゆえに、この事は今までずっと変わっておらず、変化していない。この虹を取り除くことができる人はおらず、それの法則を変えることができる人もいない。それはただ神の言葉のために存在する。これは神の権威だ。「神は言ったからには必ず成し遂げ、成し遂げるからには必ず成就し、成就するからには必ず永遠に成就する」という言葉は、ここで明らかに体現されている。これは神の権威、神の力のとても明らかなしるしと特徴だ。このようなしるしと特徴は、いかなる被造物も具備しておらず、いかなる被造物の身からも見られず、いかなる非被造物の中でも見られない。このようなしるしと特徴は唯一の神特有のものだ。それは造物主だけが持っている身分や本質と被造物の身分や質とを区別した。同時に、それは神自身以外のすべての被造物と非被造物が永遠に超えられないしるし、特徴だ。

神の目には、人と契約を立てることはとても重要なことだ。彼はそれを通して人に、ある事実を告げようとし、また人に彼の心意を告げようとした。そのため、彼は一種の特別な方式、一つの特別なしるしによって人と契約を立て、このしるしによって彼が人と立てた契約を約束した。では、この「契約」を立てることはとても大きな事ではないか。この事はどれほど大きいのか。この「契約」の特別なところはこうだ。それは、ある人がほかの人と立てた契約ではなく、ある団体がほかの団体と立てた契約ではなく、ある国がほかの国と立てた契約でもなく、造物主が全人類と立てた契約だ。この契約の有効期限は、造物主が万物を滅ぼすその日までなのだ。この「契約」の実施者は造物主であり、それの守護者も造物主だ。要するに、人類と立てた「虹の契約」のすべては、造物主と人の対話にしたがって、今日まで実現し、成就している。被造物は造物主の権威に従順になり、聞き従い、それを信じ、理解し、実際に見、ほめたたえる以外に、何ができるのか。それは、唯一の神以外に、このような力があってこのような契約を立てることができる人はだれもいないからだ。一回また一回と虹が現れる中で、それは造物主が人類と立てた「契約」を人に告げ、気付かせる。造物主が人類と立てた契約が絶えず現れる中で、それが人類に示すのは「虹」そのものと「契約」そのものではなく、造物主のその永遠に変わらない権威だ。一回また一回の虹の出現が示すのは、秘められた所での造物主の驚天動地の奇しい業であり、同時にまた、永遠に消えず、永遠に変わらない造物主の権威の活力の体現だ。これらはもう一つの面の、造物主の唯一無二の権威の表現ではないか。

3.神の祝福

1)(創17:4-6)「これがあなたと結ぶわたしの契約である。あなたは多くの国民の父となる。あなたは、もはやアブラムではなく、アブラハムと名乗りなさい。あなたを多くの国民の父とするからである。わたしは、あなたをますます繁栄させ、諸国民の父とする。王となる者たちがあなたから出るであろう。」

2)(創18:18-19)「アブラハムは大きな強い国民になり、世界のすべての国民は彼によって祝福に入る。わたしがアブラハムを選んだのは、彼が息子たちとその子孫に、主の道を守り、主に従って正義を行うよう命じて、主がアブラハムに約束したことを成就するためである。」

3)(創22:16-18)御使いは言った。「わたしは自らにかけて誓う、と主は言われる。あなたがこの事を行い、自分の独り子である息子すら惜しまなかったので、あなたを豊かに祝福し、あなたの子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やそう。あなたの子孫は敵の城門を勝ち取る。地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」

4)(ヨブ42:12)主はその後のヨブを以前にも増して祝福された。ヨブは、羊一万四千匹、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭を持つことになった。

 

造物主だけが持っている話の仕方と特徴は、造物主の唯一無二の身分と権威の象徴だ

神の祝福は多くの人が追求し、得ようとするものだ。だが、だれでも神の祝福を得られるのではない。それは、神には神の原則があり、彼は彼の方式によって人に祝福を与えるからだ。神が人にどんな約束を与えるか、どのくらいの恵みを与えるかは、人の思いや考え、人のあらゆる行いによって分け与える。では、神の祝福は何を説明するのか。また人にその中から何を見せるのか。ここで、私たちはひとまず、神がどんな人に祝福を与えるかを論じず、神の人を祝福する原則も論じないで、やはり神の権威を認識することを目標として神の人に対する祝福を評価し、神の権威を認識するという角度から神の祝福を評価しよう。

以上の四つの章節はみな、神が人に祝福を与えることに関する記録だ。その中には、アブラハム、ヨブなどの、神が祝福を与えようとする対象が詳しく記されており、神が人に祝福を与える原因も詳しく記されており、それと同時に、神が人に祝福を与える内容が詳しく記されている。神の話す口ぶり、方式と神の立つ角度、位置から、人は、祝福を与える者と祝福を受ける者の身分、地位と本質が全く異なることを感じられる。このような話す口ぶり、方式と彼の立つ位置は、造物主の身分を具備した神だけが持っているものだ。彼は権威、威力を持っており、また、造物主の尊さと、いかなる人も疑ってはならない威厳を持っている。

まず(創17:4-6)を見てみよう。「これがあなたと結ぶわたしの契約である。あなたは多くの国民の父となる。あなたは、もはやアブラムではなく、アブラハムと名乗りなさい。あなたを多くの国民の父とするからである。わたしは、あなたをますます繁栄させ、諸国民の父とする。王となる者たちがあなたから出るであろう。」これらの言葉は神がアブラハムと立てた契約であり、アブラハムに対する神の約束でもある。つまり、神は彼を多くの国民の父とさせ、彼をますます繁栄させようとした。しかも、彼を諸国民の父とし、王となる者たちが彼から出ると言った。あなたはこれらの言葉の中から神の権威を見たのか。あなたはどうやって神の権威を見たのか。あなたは神の権威のどの面の本質を見たのか。これらの言葉を注意深く読むと容易に見い出すことができるが、神の権威と神の身分は神の言葉遣いから明らかに流露している。例えば、神は「これがあなたと結ぶわたしの契約である。あなたは……となる。……あなたを……とするからである。わたしは、あなたを……させ」と言ったが、その中の「あなたは……となる」、「わたしは、あなたを……させ」などの神の身分と権威を帯びる肯定的な言葉は、一方では造物主の信実であり、もう一方では、それらはみな造物主の身分を具備する神の専用の言葉、また慣用の言葉だ。もしある人が、自分の子孫がますます繁栄し、諸国民の父となり、王となる者たちが自分から出るように祝福するなら、それは疑いなくただ一つの願望であり、約束や祝福ではない。だから、人は敢えて「私はあなたを……させ、私はあなたを……とする」と言わない。なぜなら、人は自分がその権力を具備しておらず、人が決められることではなく、たとえそう言ったとしても、それは空談、無駄話であり、人の欲望と野心に駆けられたのだ、と知っているからだ。人は自分の願望が成就できないと感じる時、敢えてこのように大きな口をたたくのか。人はみなよい願望を持っていて、子孫がとんとん拍子に出世し、人に抜きんでることを希望する。皇帝になる子孫が一人いれば、それは本当にこの上もない幸いだ!省長になる者がいてもいいことだ。人の上に立つ人になるだけでいい!これらはみな人の願望だ。だが、人は自分の子孫のために願い事をし、幸福を祈ることができるだけで、いかなる人に対する約束や誓約も実現し、成就することはできない。人の心の中では、人がこれらを達成する権力を持っていないことをはっきり知っている。人は自分のすべてさえ思う通りにさせないから、どうして他人の運命を支配することができるだろうか。しかし、神がこのような言葉を言うことができるのは、神はこのような権威を持っていて、彼が人に与えたすべての約束を成就し、実現することができ、彼が人に与えたすべての祝福を実現することができるからだ。人類は神に造られたので、神がある人の子孫を繁栄させるのはとても容易なことであり、彼がある人の子孫を栄えさせるのも、一つの言葉だけで成就することができる。彼はこのために忙しく働いたことがなく、このために大いに頭を働かせ、或いは心を労し、無理をしたこともない。これは神の力、神の権威だ。

「創世記」第18章18-19節の中の「アブラハムは大きな強い国民になり、世界のすべての国民は彼によって祝福に入る」という言葉を見た後、あなたたちは神の権威を感じられるのか、造物主の非凡さを感じられるのか、造物主の至上最高を感じられるのか。神の言葉はとても確実だ。神がこう言ったのは、神が必ず勝つという信心を持っているからではなく、神が必ず勝つという信心を持っていることを表すのでもなく、それは神の言葉の権威の実証であり、彼の言葉が実現するための一種の命令だ。ここに、あなたたちが注意を払うべき二つの言葉がある。神の言った「アブラハムは大きな強い国民になり、世界のすべての国民は彼によって祝福に入る」という言葉の中には、あいまいな要素があるのか、心配な要素があるのか、恐れな要素があるのか。人の身に常に表現されるこれらの人特有の要素は、神の言葉の中の「は……になる」、「によって……になる」という言葉のゆえに、造物主と何の関係もなくなる。敢えてこのような言葉を、他人に対する祝福に用いる人は一人もおらず、敢えてきっぱりと、他人を大きな強い国民になるよう祝福するか、或いは世界のすべての国民は彼によって祝福に入ると約束する人も一人もいない。神がきっぱりと言えば言うほど、何を実証するのか。神がこのような権威を具備し、神の権威がこのことを成し遂げられることを実証し、神が必ずこのようなことを成就することを実証する。神がアブラハムにこのすべてを祝福するのは、神の心の中では、きっぱりとしており、少しもためらわなかった。しかも、彼は彼の言葉によってこのすべての事を成就するから、いかなる勢力もこの事の実現を変え、阻み、破壊し、かき乱すことができず、どんな事が起こっても、神の言葉の実現と成就を止め、それに影響することができない。これは造物主の口の言葉の威力であり、また人が否定できない造物主の権威だ!あなたがこの言葉を読み終えた時、心の中にまだ疑いがあるのか。これらの言葉は神の口から出たのであり、神の言葉は力を帯び、威厳を帯び、権威を帯びている。このような威力とこのような権威、そして事実が成就する必然性は、いかなる被造物と非被造物も達成できないのであり、いかなる被造物と非被造物も超えることができないのだ。造物主だけがこのような口ぶり、このような口調で人類と対話することができる。事実は、彼の約束が空談、大きな話ではなく、あらゆる人、事、物が超えられない唯一無二の権威の発表だということを証明する。

神の言う言葉と人の言う言葉はどんな区別があるのか。あなたが神の言ったこれらの言葉を見る時、あなたは神の言葉の威力と神の権威を感じられる。もし人がこのような言葉を言うのを聞いたなら、あなたはどんな感じなのか。あなたはこの人が傲慢すぎて、大きな口をたたき、自分をひけらかしているのだと感じないのか。彼はこのような力を持たず、このような権威を具備してないから、全然このような事を成就することはできない。彼がこのようにきっぱりと約束すると、彼が口から出任せを言うのだと言うしかない。もし人がこのような言葉を言うなら、それは疑いなく傲慢であり、自分の身のほどを知らないのであり、典型的な天使長の性質の流露だ。この言葉が神の口から出る時、あなたはその中に傲慢な要素があると感じることができるのか、神の言葉が冗談事だと感じることができるのか。神の言葉は権威であり、神の言葉は事実であり、彼の言葉が口から出る前、すなわち彼があることを成し遂げようと決めた時、この事はすでに成就した。こう言ってもいいが、神がアブラハムに言った言葉は、神がアブラハムと立てた契約であり、神がアブラハムに与えた約束でもあり、この約束は既定の事実であり、既成の事実でもあり、これらの事実は、神の考えの中で神の計画によって次第に実現していく。だから、神がこのような言葉を言うのは、神が傲慢な性質を持つことを意味しているのではない。というのは、神はこのような事を成し遂げることができ、彼はこのような力、このような権威を持っていて、完全にこのような事を成就することができ、これらの事を成就するのは、完全に彼の力の範囲内のことだからだ。同じ言葉でも神の口から出るのなら、それは神の真実な性質の流露と発表であり、神の本質、神の権威の完璧な流露、表現であり、また造物主の身分の最も適当な、最も適切な証明だ。このような話の仕方、口ぶり、言葉づかいは、まさに造物主の身分のしるしであり、完全に神自身の身分に合う流露であり、その中には見せかけ、混じり気がなく、完全に造物主の本質と権威の完璧な現れだ。被造物にはこのような権威がないだけではなく、このような本質もなく、なおさら神から与えられた力もない。人にこのような流露があるなら、それは疑いなく堕落した性質の爆発であり、人の傲慢、人の野心が災いしているのであり、人を惑わし、人を誘惑して神を裏切らせようとする正真正銘の悪魔、サタンのあくどい意図の暴露だ。神はこのような言葉の流露をどう評価するだろうか。神はあなたが、神と地位を奪い合い、神を偽り、神に取って代わろうとすると言う。あなたが神の話す口ぶりをまねる意図は、人の心の中での神の地位に取って代わり、もともと神に属すべき人類をわがものにするためだ。これは正真正銘のサタン、天使長の後裔のすることであり、天理上許されないことだ!あなたたちのうち、ある方式によって神をまねていくらかの言葉を言い、意図的に人を誤導し、人を惑わして、人に、自分が話し、事を行う時、神の権威と威力を帯びていると感じさせ、人に、自分の本質と身分がほかの人とは異なると感じさせ、さらには人に、自分の話す口ぶりが神のと似たところがあると感じさせた人はいないのか。あなたたちはこのような事をしたことがないのか。神の口ぶりをまねて、いわゆる神の性質を代表する手ぶりを添えて、いわゆる威力、いわゆる権威をもって話す。このような表現は、あなたたちのうちの大多数の人がいつもすること、或いはしようとすることではないのか。今、あなたたちが本当に造物主の権威を見、体験し、認識した時、再びあなたたちが以前したこと、流露したものを思い出せば、嫌らしいと感じないのか、あなたたちの下劣さ、無恥を認識したのか。このような人の性質とこのような人の本質を解剖した後、彼らが呪われるべき地獄の子だと言ってもいいのではないか。このようなことをする人がみな自ら恥をさらすと言ってもいいのではないか。あなたたちはこの性質の深刻さを認識したのか。どれほど深刻なのか。人がこうする存心は、神をまね、神になり、人に彼を神として礼拝させ、人の心の中での神の地位を取り除き、人の間で働く神を追い払って、人をコントロールし、食い尽し、占有するという彼の目的を達成することだ。人の潜在意識の中にはみなこのような欲望と野心がある。どの人もサタンに堕落させられたこの本質の中に生きており、神に敵対し、神を裏切り、神になろうとするサタンの本性の中に生きている。神の権威についての話題を交わった後、あなたたちはまだ、神を偽り、神をまねるという欲望、野心があるのか。まだ神の役を演じたいという欲望があるのか。まだ神になりたいという欲望があるのか。神の権威は人がまねることができるのではない。神の身分と地位は人が偽ることができるのではない。あなたは神の話す口ぶりをまねることはできるが、神の本質をまねることはできない。あなたは神の地位に立って神を偽ることはできるが、永遠に神のしようとする事をすることはできず、永遠に万物を支配し、万物をつかさどることはできない。神の目には、あなたは永遠にごく小さな被造物であり、あなたの腕前、能力がいくら優れていても、あなたがどのくらいの賜物を持っていても、あなたのすべては造物主の権威の下にある。あなたがいくらかの強硬な言葉を言うことができるとしても、あなたが造物主の本質を持っていることを証明することができず、あなたが造物主の権威を持っていることを表すこともできない。神の権威と力は神自身の本質であり、学んできたものではなく、外界から加えられたものでもなく、神自身のもとからある本質だ。だから、造物主と被造物の関係は永遠に変わることがない。被造物の一員として、人は自分の本来の位置を守り、正直な人になって、造物主があなたに与えた委託を忠実に守らなければならず、枠を超えること、自分の「能力の範囲」外のこと、神に嫌われる事をしてはならず、偉人、超人、非凡な人になることを追い求めてはならず、神になることを追い求めてもならない。これらはみな、人が持つべきでない「願望」だ。偉人、超人になることを追い求めるのは荒唐無稽なことであり、神になることを追い求めるのはさらに恥ずべきことであり、人に吐き気をもよおさせること、人に唾棄されることだ。本当の被造物になることこそが、殊勝なことであり、被造物が最も守るべきことであり、あらゆる人が追い求めるべき唯一の目標だ。

造物主の権威は時間、空間、地理に制限されず、造物主の権威は計り知れない

私たちは「創世記」第22章16-18節を見よう。これはヤーウェ神が言ったもう一箇所の言葉だ。彼はアブラハムにこう言った。「あなたを豊かに祝福し、あなたの子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やそう。あなたの子孫は敵の城門を勝ち取る。地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」ヤーウェ神は何度もアブラハムを祝福し、その子孫を増やそうとした。どの程度まで増やすのだろうか。聖書の言うどおり、「天の星のように、海辺の砂のように」増やす。それはつまり、神がアブラハムに与えようとする子孫は天の星のように、海辺の砂のように多いということだ。こういう言い方はただ具象的な言い方であり、神の具象的な表現によって容易に知ることができるのは、神がアブラハムに与える子孫は一人や二人ではなく、何千何万もの人でもなく、数え切れないほど多く、諸々の国になれるほど多いということだ。それは、神がアブラハムを多くの国民の父とすると約束したからだ。これほど多くなるのは、人にかかっているのか、それとも神にかかっているのか。人にどのくらいの子孫があるかは、人がコントロールできることか、人が決められることか。「天の星のように、海辺の砂のように」多いことはさておき、何人だと言っても人が決められないことだ。だれが自分の子孫が星のように多いことを望まないのか。惜しいことに、事は希望どおりにいかない。人がどんなに高い能力を持っていても、どんなに優れた腕前を持っていても決められず、誰も神の定めを超えられない。あなたが何人の子孫を持つかは、神にかかっている。神があなたの子孫を少なくすれば、あなたはそんなに多くの子孫を得られない。神があなたの子孫を多くすれば、あなたが多すぎると感じても無駄だ。そうではないか。これらはみな神に決められることであり、人自身が決められることではない!人はみな神の支配下にあり、誰も例外ではない!

神は「あなたの子孫を……増やそう」と言った。これは神がアブラハムと立てた契約であり、この契約は「虹の契約」と同じように永久に成就されるはずであり、それと同時に、神がアブラハムに与えた約束でもある。このような約束は神だけが実現する資格、力を持っている。人が信じても信じなくても、受け入れても受け入れなくても、人が神の与えた約束をどのように評価し、扱っても、このすべては神の言うどおりに、少しも外れることなく実現する。神の言葉は人の意志や人の観念が変わるがゆえに変わることはない。いかなる人、事、物の変化のゆえにも、変わることはない。万物が滅びても、神の言葉は滅びることがない。逆に、万物が滅びるその日はまさに、神の言葉が完全に実現するその日だ。彼は造物主であって、造物主の権威、造物主の力を持っており、彼は万物をつかさどり、すべての生命力をつかさどり、彼は無から有を生み出し、有を無にすることができ、彼はすべての生と死の転換を掌っている。だから、人の子孫を増やすことは、神から見ればこの上なく簡単なことだ。このことは、人には「アラビアンナイト」のように聞こえ、童話の物語のように聞こえるが、神から見れば、神が思い定めたこと、神が人に約束したことは「アラビアンナイト」ではなく、童話の物語でもなく、神がすでに見た事実であり、それは必ず成就される。これについてあなたたちは体験したのか。事実によって証明されたが、アブラハムの子孫は多いかどうか。どれほど多いのか。神の言ったとおり、「天の星のように、海辺の砂のように」多いのではないか。諸国、諸方、世界の各地に及んでいるのではないか。この事実は何によって成就されたのか。神の言葉の権威によって成就されたのではないか。神が言葉を言ってから数百年、或いは数千年の間に、神の言葉は実現し続け、絶えず事実になっている。これは神の言葉の威力であり、神の権威の実証だ。神が万物を創造した時、神が光あれと言ったら、光があった。それはすぐ起きたことであり、短時間に実現したことだ。これらのことが成就し、実現するには時間差がなかったし、それはすぐに効果が現れたことだ。同じく神の権威の表現だが、神がアブラハムを祝福することで、人は神の権威のもう一つの面を見、造物主の権威の計り知れなさも見、さらに造物主の権威のもっと実際的で、もっと卓越した面を見た。

神の言葉が発せられると、神の権威はこの仕事を司り始め、神の口によって約束されたこの事実も一歩一歩現実になり始め、万物の中で、すべてがこのゆえに異なる変化が起きる。例えば、春が来る時、草が緑になり、花が咲き、木が芽生え、小鳥が歌い始め、雁が帰り、野良や田畑では大勢の人でにぎわう……万物はそれに伴ってよみがえる。これは造物主の奇しい業だ。神が彼の約束を成就する時、天の万物も地上の万物も一つも例外なく神の考えに伴って更新され、変化する。神の口の一つの誓約、一つの約束が実現するために、万物が仕え、動かれ、すべての被造物が造物主の権威の下で支配され、按配されて、各自の役割を演じており、各自の機能を謹んでささげている。これは造物主の権威の表現だ。ここで、あなたは何を見たのか。あなたはどのように神の権威を認識するのか。神の権威は範囲があるのか。時間の制限があるのか。高低、長短によって論じることができるのか。大小、強弱によって論じることができるのか。人の尺度によって評価することができるのか。神の権威は隠れたり現れたり、あったりなくなったりするのではなく、誰も彼の権威がどれほど大きいかを判断することができない。神がある人を祝福するのに、どのくらいの時間がかかるとしても、彼のこの祝福は継続しているのだ。この継続は神の権威の計り知れなさを証ししており、また人類に造物主の永久不滅の生命力が次々と再現することを見せる。彼の権威の毎回の表現は、彼の口の言葉を完璧に現すのであり、万物に現し、人類に現す。彼の権威が成就した事々はみなこの上なく精妙であり、天衣無縫だ。こう言ってもいいが、彼の考え、彼の言葉、彼の権威と彼の成就する事々はみな、比べるものがないほど精美な絵であり、被造物にとって、それの意義と価値は人類の言葉では言い表せないのだ。神が人に約束を与えた後、この人がどこで生まれても、何をしていても、彼が約束を得る前後の背景が何であっても、また彼の生存の環境にどんなに大きな変化が起きても、神には掌を指すようだ。神の言った言葉は、どのくらいの時間が経っても、神から見れば、みな起こったばかりのようだ。つまり、神には彼が人類に与えた一つ一つの約束を進め、つかさどり、実現させる力があり、権威がある。この約束が何であっても、この約束が完全に実現するのにどのくらいの時間がかかっても、さらに、この約束を成就するのに及ぼされる範囲がどんなに広くても(例えば、時間、土地の境界、人種など)、この約束は必ず成就され、実現し、しかも、それは神にとって朝飯前のことだ。これはどんなことを実証するのか。神の権威と神の力の範囲が掌るのは全宇宙、全人類だ。光は神によって造られたが、神が光だけを支配するとは言えない。神が水を造ったから、水だけを管理し、ほかのことは神と関係がない。これは誤解ではないか。神がアブラハムに祝福を与えたことは、数百年を経て、次第に人の記憶から消えているが、この約束は神から見れば、依然としてもとのままであり、それは依然として成就される過程にあり、今まで止まったことはない。その期間に、神がどのように彼の権威を行使したのか、万物がまたどのように神に支配され、按配されたのか、神の造った万物の中でどのくらいの素晴らしい物語が生まれたのか、これらを人類が全然知らず、聞いたこともないが、神の権威の表現、神のわざの流露の素晴らしい一こま一こまはみな、万物の中で伝えられ、褒め称えられている。万物がみな造物主の奇しい業を現し、告げている。造物主が万物を支配するという一つ一つの美談は永遠に万物によって伝えられるであろう。神の万物を支配する権威と神の力が万物に示したのは、神がどこにも、いつでも存在するということだ。あなたが神の権威と神の力がどこにもあるのを見た時、あなたは神がどこにもいつでも存在するのを見ることができる。神の権威、神の力は時間、地理、空間といかなる人、事、物の制限をも受けず、神の権威と彼の力の範囲は人の想像を超えるのであり、人には計り知れず、想像できないものであり、人が永遠に認識し切れないものだ。

ある人は推理し、想像することが好きだが、人の想像の最大の範囲はどこまで至ることができるのか。この世界を超えることができるのか。人の推理、人の想像は、神の権威の真実性と正確性を造り出すことができるのか、人に神の権威に対して認識を持たせることができるのか、人に本当に神の権威を理解させ、それに従わせることができるのか。人の推理、人の想像はただ人の頭の産物であり、人が神の権威を認識するための助けや益になれないということが、事実によって証明された。ある人は一部のSFを読んだことがあって、月球がどんな形かを想像することができ、外惑星がどうなのかを知ることができるとしても、しかし、それは人が神の権威について少し知ったことを意味しているのではない。人の想像はただ想像にすぎないのであり、事実はどうなのか、つまり、これらのことは神の権威とどんな関係があるのか、人の心の中では全然分からない。あなたが月球に行ったことがあったとしても何になるのか。あなたが神の権威について全面的な理解を持ったことを証明できるのか、あなたが神の権威と力の範囲がどれほど大きいかを想像することができることを証明できるのか。人の推理も想像も人に神の権威を認識させることができないなら、人はどうすればいいのか。最も賢明な選択は、推理せず、想像しないことだ。つまり、神の権威を認識するということで、絶対に想像、推理に頼ってはならない。ここで、私があなたたちに言いたいことは何だろう。神の権威、神の力、神自身の身分、神の本質はあなたの想像によって認識できるものではないということだ。想像によって神の権威を認識することができないなら、どんな方式を用いれば、本当に神の権威を認識することができるのか。神の言葉を食べ飲みすることによって、交わることによって、そして神の言葉を経験することによって次第に体験し、次第に確信して次第に理解するようになり、少しずつ認識することができる。これは神の権威を認識する唯一の道であり、それ以外に手っ取り早い方法はない。あなたたちに想像させないのは、あなたたちに座して死を待たせるのではなく、あなたたちにどんな事もさせないのでもない。頭で考え、想像する必要がないのは、論理によって推理せず、知識によって分析せず、科学を根拠としないで、神の言葉を通して、真理を通して、生活の中で接触する事々を通して、あなたの信じる神が権威を持つことを知り、確かめ、実証し、彼があなたの運命を支配していることを実証することだ。彼の力はどんな時でも、彼が真の神自身であることを実証している。これはあらゆる人が神を認識するのに経験すべき道だ。ある人は、彼がもっと簡単な方式を見つけてこの目標を達成したいと言う。このもっと簡単な方式をあなたたちは考え出したのか。本当のことを言えば、あなたは全然考える必要がない。ほかの道はない!唯一の道は、神の発表した一つ一つの言葉、神のした一つ一つの事を通して誠実に、着実に神の所有、所是を認識し、確かめることだ。これは神を認識する唯一の道だ。それは、神の所有、所是、神のすべては空想的なものではなく、実際的なものだからだ。

造物主が万物の生き物をつかさどり、支配する事実は造物主の権威が本当に存在することを語っている

同様に、「ヨブ記」の中にも、ヤーウェのヨブに対する祝福が記されている。神はヨブに何を与えたのか。(ヨブ42:12)「主はその後のヨブを以前にも増して祝福された。ヨブは、羊一万四千匹、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭を持つことになった。」人類にとって、神がヨブに与えたこれらのものは何なのか。人の財産ではないか。これらの財産を持ったヨブは、その時代でとても豊かだったのではないか。彼はどうやってこれらの財産を得たのか。彼が豊かになった原因は何なのか。言うまでもなく、神の祝福によって、ヨブはこれらの財産を持つようになった。ヨブがどのようにこれらの財産を扱ったのか、どのように神の祝福を扱ったのかは、私たちがここで言及したい話題ではない。神が人に祝福を与えることについて言えば、神の祝福は、あらゆる人が、夢の中でも追い求めるものだが、人が一生の中でどのくらいの財産を得られるか、人が神の祝福を得られるかどうかは、人がコントロールできるのではない。これは紛れもない事実だ!神は、人にいかなる財産も与え、いかなる祝福も得させる権威、力を持っているが、神が祝福を与えるのには原則がある。神はどんな人を祝福するのか。もちろん、神に喜ばれる人だ!同様に神の祝福を得たが、アブラハムとヨブが神から得た祝福は異なる。神はアブラハムを祝福して、彼の子孫を海辺の砂のように、天の星のように増やした。神がアブラハムを祝福したことから見れば、神はある人の子孫、ある種族を強くさせた。このことで、神の権威が支配したのは、万物の生き物のうちの、神の息を吹き入れられた人類なのだ。神の権威の支配下で、この人類は、神の定めた範囲、速度によって繁殖し、生存している。具体的に言えば、この種族の生存能力、拡大速度、命数はみな神に支配されている。神がこのすべてを行う原則は、完全に神がアブラハムに与えた約束に基づいている。つまり、どんな状況であっても、神の約束は神の権威の守りの下で障害なく実行され、また実現される。神がアブラハムに祝福を与えたことから言えば、天地がひっくり返っても、どんな時代になっても、人類がどんな災難を経験しても、アブラハムの子孫は壊滅的な災難に脅かされることはなく、この種族は滅びることはない。だが、ヨブに対する神の祝福は、彼を非常に豊かにさせたことだ。神が彼に与えたもっと多くのものは、さまざまな呼吸できる生き物であり、これらの生き物がどのくらいあるか、その繁殖速度、生存率がどうなのか、それらが肥えてたくましくなるかどうか、などの具体的な事項はすべて神に掌られている。これらの生き物は言葉の能力がないけれども、同じく造物主の支配下にあり、神がそれらを支配する原則は、神がヨブに約束した祝福に基づいていた。神がアブラハムとヨブに祝福を与えたことから見れば、約束の内容は多少異なるが、造物主が万物の生き物を支配する権威は同じなのだ。神の権威と力の細部はみな、アブラハムとヨブに対する神の異なる約束と祝福から発表され、もう一度人類に、神の権威が人の想像では遥かに届かないことを見せ、これらの細部はもう一度人類に、神の権威を認識しようと思うなら、神の言葉の中、神の働きに対する経験の中でこそ達成できることを告げている。

神の万物を支配する権威の中から、人はこの事実を見た。神の権威はただ、神が「光あれ」と言ったら光があり、「大空あれ」と言ったら大空が現れ、「乾いた所が現れよ」と言ったら「乾いた所が現れた」ような言葉だけに体現されるのではなく、もっと多くは、神がどのように光を持続させ、大空がなくならないようにし、地が永遠に水と分けるようにするかに体現され、神がどのように光、大空、地などの被造物を支配し、管理するかという細部に体現されるのだ。神の人類に対する祝福の中から、あなたたちはまた何を見たのか。明らかに、アブラハムとヨブに祝福を与えた後、神は歩みを止めなかった。なぜなら、彼の権威は行使されたばかりであり、彼は彼の言った一つ一つの言葉を現実化し、彼は彼の言った一つ一つの細部を実現させようとしたからだ。だから、彼はこれから先の年月の中で、彼のしようとするすべての事を続けていた。もしかすると人から見れば、神には権威があるから、神がただ言葉を言い、何もしなくても万事万物が成就されるかもしれない。人のこの想像は少し荒唐無稽なのだ!もしあなたがただ一面的に、神が言葉によって人と契約を立て、言葉によってすべてを成就することを扱うだけで、神の権威によって支配される万物の生存のさまざまな形跡、事実を見られないなら、神の権威に対するあなたの理解はあまりにも非現実的であり、あまりにも荒唐無稽だ!人が神に対してこのような想像を持っているなら、人の神に対する認識はもう窮地に陥り、袋小路に入ったと言わざるを得ない。なぜなら、人が想像した神はただ命令を下す一台の機械であって、権威を持っている神ではないからだ。アブラハムとヨブの事例を通して、あなたは何を見たのか。神の権威と力の実際の面を見たのか。神はアブラハムとヨブを祝福した後、もとの場所にいて動かなかったのではなく、使者にことをさせた後、自分は結果だけを待っていたのでもない。逆に、神の言葉が出ると、万物は神の権威の導きの下で神のしようとする仕事に協力し、神が必要とする人、事、物を用意し始める。つまり、神の言葉が語り出されると、神の権威は全地で行使され始め、神がアブラハムとヨブに与えた約束を成就し、実現させるために道を開き、それと同時に、以後踏むべきすべての手順と、あらゆる肝心な段階に必要となるすべてを適切に計画し、準備しておく。この期間に、神が動かすのは神の使者だけではなく、神の造った万物も動かす。つまり、神の権威の行使の範囲は神の使者の間にではなく、もっと多くは、神は万物を動かして神の成し遂げようとする仕事に協力させる。これらは神の権威の具体的な行使の仕方だ。あなたたちの考えの中で、一部の人はこのように神の権威を理解するだろう。神には権威があり、力があるから、神は第三の天にいるか、或はある特定の場所にいるだけでよく、いかなる具体的な仕事もする必要がなく、神のすべての仕事は考えの中で完成される。人はまた、神がアブラハムに祝福を与えたが、決して何かをする必要がなく、一言言えば十分だと思うかもしれない。事実はそうなのか。明らかに、そうではない!神には権威があり、力があるが、彼の権威は真実で実際的なものであって、非現実的なものではない。神の権威と彼の力の真実性と実際的な面は、彼が万物を造り、万有をつかさどり、彼が人類を導き、人類を経営する過程の中で次第に流露され、体現されるのだ。神が人類を支配し、万物を支配する上での、一つ一つの方法、角度、細部と彼の成就したすべての仕事、そして彼の万物に対する理解は、神の権威、神の力が空論ではないことを確実に証明した。彼の権威と力はどんな時でも、どんな事においても、表現され、流露されている。これらの表現と流露はみな、神の権威が実際に存在することを語っている。というのは、彼はどんな時でも彼の権威と彼の力によって彼の仕事を続けており、万物をつかさどり、万物を支配しているのであり、彼の力と権威は、天使と神の使者でも取って代われないからだ。神がアブラハムを祝福して何を与えるか、ヨブを祝福して何を与えるかは、神によって決められるのであり、神の言葉によって成就されるのだ。たとえ神の使者がアブラハム、またはヨブに臨んだとしても、彼らの行うことはみな、神の言いつけによって、神の権威の下でしたのだ。彼らも同じく神の支配下にある。人は聖書の記録の中で、神の使者がアブラハムに臨んだのを見て、ヤーウェ神が自ら何かをしたのを見ていないが、事実上、力と権威の本当の実施者は神自身だけだ。これはだれも疑いをさしはさめないことだ!あなたが天使や使者が大いなる力があって、しるしや奇跡を行い、或いは彼らが神の委託を受けていくらかの事をしたのを見たとしても、彼らのすることなすことはただ神の委託を完遂するためであり、絶対に神の権威の表現ではない。いかなる人や物も造物主の万物を創造し、万物を支配する権威を持っていないので、いかなる人や物も造物主の権威を行使し、表現することはできない。

 

造物主の権威は永遠に変わらず、犯してはならない

以上の三つの章節の中から、あなたたちは何を見たのか。神が彼の権威を行使する時、原則があることを見たのか。神が虹によって人と契約を立てて、虹を雲の中に置き、人にもう洪水によってこの世を滅ぼさないと教えたということを例に挙げよう。今、人が見ることのできる「虹」はやはり、神があの時言った「虹」なのか。それの性質と意義は変化していないのか。きっぱりと言えば、変化していないのだ。神は彼の権威によってこのことをした。彼が人と立てた契約は今まで続いている。この「契約」がいつ変わるかは、もちろん神が決定する。神は「雲の中にわたしの虹を置く」と言った後、今日までずっとこの「契約」を守っている。このことで、あなたはまた何を見たのか。神は権威を持っており、力を持っているが、ことを行う時、彼はとても謹厳であり、とても原則があり、約束をきちんと守る。彼の謹厳さと、彼のことを行う原則は、造物主を犯してはならないことと、造物主の権威は超えられないことを示している。彼は最高至上の権威を持っており、万物が彼の権威の下にあり、彼は万物を支配する力を持っているけれども、神は自分の計画を破壊したり、かき乱したりしない。彼は権威を行使するごとに、厳格に彼自身の原則を守り、正確に彼の口の言葉、彼の計画の中の手順と目標にしたがって行う。言うまでもなく、神の支配下にある万物も神の権威の行使の原則に従っている。いかなる人、物も彼の権威の支配から逃れることができず、また、いかなる人、物も彼の権威の行使の原則を変えることができない。彼の目には、祝福を蒙る人は彼の権威によって祝福を受け、呪われる人は彼の権威によって懲罰を受ける。神の権威の支配下で、いかなる人、物も神の権威の行使から逃れることができず、またいかなる人、物も神の権威の行使の原則を変えられない。造物主の権威はどんな要素が変わるからといって変わるのではなく、同様に、彼の権威の行使の原則も、どんな原因があるからといって変わるのではない。天地は大きな変化が起っても、造物主の権威は変わることがない。万物は滅びても、造物主の権威は永遠に滅びない。これは造物主の永遠に変わらない、犯してはならない権威の性質であり、これはまた造物主の唯一無二なのだ!

以下のこの言葉は神の権威を認識するのに言及しなければならない言葉だ。その含意は以下の交わりの内容にある。続けて聖書を読もう。

4.神のサタンに対する言いつけ

(ヨブ2:6)主はサタンに言われた。「それでは、彼をお前のいいようにするがよい。ただし、命だけは奪うな。」

サタンは今まで敢えて造物主の権威を超えず、万物は法則の中で生きるようになった

これは「ヨブ記」の中から抜粋した言葉だ。この言葉の中の「彼」はヨブを指す。この言葉は簡単で短いが、多くの問題を説明した。その中に記されたのは、霊界での神とサタンとの具体的な対話であり、それは、神の話す対象――サタンを説明し、神の話の具体的な内容も述べたが、その内容は、神のサタンに対する言いつけであり、命令でもあるのだ。この命令の具体的な細部は、ヨブの命が残されるかどうかにかかわり、神がサタンに与えた、ヨブを扱う最低ライン――命だけは奪うな、にかかわる。この言葉の中から、私たちは先ずこの言葉は神がサタンに言った言葉だと知った。「ヨブ記」の原文と結び付ければ、神がどんな背景でこのような言葉を言ったかを知るようになる。サタンがヨブを訴えようとしたのだから、それは神の同意を得てこそ、ヨブを試みることができた。神がサタンの要求を許可してヨブを試みさせた状況の下で、サタンに対してこのような条件を持ち出して、「それでは、彼をお前のいいようにするがよい。ただし、命だけは奪うな」と言った。これはどんな性質の言葉なのか。明らかに、それは一つの言いつけであり、一つの命令なのだ。この言葉の性質を知った後、あなたは当然、この命令を下した者は神であり、命令を受け、命令に従う対象はサタンだと知るようになる。言うまでもなく、この両者の関係はこの命令によって、この言葉を読む一人一人に明らかに示された。もちろん、これは、聖書の中の、神とサタンとの対話の記録によって提供された霊界での神とサタンとの関係であり、神とサタンとの身分、地位の区別であり、また、今まで人類が具体的な事例、具体的な文字の記録を通して知った、神とサタンとの身分、地位の截然たる区別だ。ここで私は、この言葉の記録は人類が神の身分と地位を認識するのに重要な文献だと言わざるを得ない。それは人類が神を認識するのに必要となる重要な情報を提供した。それゆえ、人は霊界での造物主とサタンとの対話の一部を通して、造物主の権威のもう一つの具体的な内容を理解するようになった。この一つの対話の中で、造物主の唯一無二の権威はもう一度実証された。

うわべから見れば、ヤーウェ神がサタンと対話するように見えるが、実際のところ、ヤーウェ神の話す時の態度と立っていた位置は、サタンのそれより高いのだ。つまり、ヤーウェ神は命令的な口調でサタンに言いつけて、それに何をすべきか、何をすべきでないかを教え、ヨブがもうそれの手に渡され、それがいいようにするがよいが、ヨブの命だけは奪うなと教えた。言外の意味は、ヨブがそれの手に渡されたが、ヨブの命までサタンに渡したわけではないということだ。神の許可がなければ、誰も神の手からヨブの命を奪うことはできない。神の態度は、神のサタンに対するこの命令の中から明らかに現された。それと同時に、ヤーウェ神がサタンと対話する時立った地位もこの命令の中から示され、流露された。ここで、ヤーウェ神が立った地位は光を造り、大空を造り、万物の生き物を造った神であるだけではなく、万物の生き物をつかさどる神であるだけでもなく、人類をつかさどり、陰府をつかさどる神であり、すべての生き物の生死存亡をつかさどる神だ。霊界で、神以外に、誰が敢えてサタンにこのような命令を下すのか。神はまたどうして自分の口でサタンに彼の命令を下したのか。ヨブの命を含めて、人の命はみな神の手中にあって、神はサタンがヨブの命を侵害することを許さず、サタンがヨブの命を奪うことも許さないからだ。サタンの試みがヨブに臨むことを許した時でも、神はやはりわざわざこのような命令を下すことを忘れず、もう一度サタンにヨブの命を奪うなと命令した。サタンは今まで敢えて神の権威を超えず、神の命令と具体的な言いつけに対しては、なおさら気をつけて従い、服従し、敢えて逆らわなかった。もちろん、それは神のいかなる命令も敢えて勝手に変えない。これは神がサタンに与えた範囲だ。だから、サタンは敢えてこの範囲を超えない。これは神の権威の威力ではないか。神の権威の実証ではないか。サタンがどのように神を扱うか、それの心の中でどのように神を評価するかについて、それは人類よりもっとはっきり知っている。だから、神の地位、神の権威のことを、サタンは霊界ではっきり見たし、神の権威の威力と神の権威の行使の原則について深く体験したので、それはいささかも敢えておろそかにせず、いささかも敢えて犯さない。それは敢えて神の権威を超えて何かをせず、また敢えて神の怒りにいかなる挑戦もしない。それの本性が邪悪で傲慢だが、それは敢えて神がそれのために定めた限界、範囲を超えない。千万年の間、それは厳格にこの限界を守り、神のそれに対する一つ一つの言いつけ、毎回の命令を守っていて、その限界を一歩も出ようとしない。サタンはあくどいだが、堕落した人類よりずっと「賢明」だ。それは造物主の身分を知っており、自分の境界線も知っている。サタンの「きちんと規則を守る」行いからも、神の権威と神の力は、サタンが超えられない天の規則であるということが分かる。神の唯一無二のゆえに、神の権威のゆえに、万物は法則の中で変化し、生息することができ、人類は神の定めた軌跡の中で繁殖し、生存することができるのだ。いかなる人、物もこの法則を打ち破ることはできず、いかなる人、物もこの法則を変えることはできない。なぜなら、それらはみな造物主の手によるものであり、造物主の定めによるものであり、造物主の権威によるものでもあるからだ。

 

造物主の身分を具備した神だけが唯一無二の権威を持っている

サタンの「特殊」な身分のゆえに、少なからずの人がそれの多くの面の表現にたいへん興味を持っている。一部の愚かな者は、神のほかに、サタンも権威を持っているとさえ思っている。それは、サタンが力ある業を行い、人類にできないすべてのことをすることができるからだ。だから、人類は神を敬慕すると同時に、心の中にサタンの位置を残し、さらにはサタンを神として礼拝している。これらの人はかわいそうだし、また恨めしい。彼らがかわいそうであるのは、彼らの無知のゆえだ。彼らが恨めしいのは、彼らの大逆無道のゆえであり、また、彼らの生まれつき邪悪な本質のゆえだ。ここで、あなたたちに権威とは何か、権威は何を象徴するのか、権威は何を代表するのかを分からせることが必要だ、と私は思う。大まかに言えば、神自身が権威であり、神の権威は神の最高至上と神の本質を象徴し、神自身の権威は神の地位と神の身分を代表する。では、サタンは敢えて自分が神だと言うのか、敢えてそれが万物を造り、またそれが万物を支配すると言うのか。もちろん、敢えて言わない!それは万物を造ることができず、今までに、神の造ったどんなものも造ったことがなく、どんな命あるものも造ったことがないからだ。サタンは神の権威を持っていないから、それは永遠に神の地位と神の身分を持つことができない。これは本質によって決まるものだ。それは神と同じような力を持っているのか。もちろん、持っていない!サタンのしたそれらのこと、サタンの行った力ある業は何なのか。力なのか。権威だと言えるのか。もちろん、そうではない!サタンは邪悪な潮流を引き起こして、至る所で神の仕事をかき乱し、破壊し、妨げる。ここ数千年来、サタンは人類を腐敗させ、害し、人を誘惑し、惑わして人が堕落し、神を見捨て、死の谷に向かうようにさせた以外に、少しでも人に記念され、褒められ、宝愛され、大切にされるに値することをしたのか。それが権威を持っており、力を持っているなら、人類はそれに堕落させられることがあろうか。それが権威を持っており、力を持っているなら、人類がそれに残害されることがあろうか。それが権威を持っており、力を持っているなら、人類が神を見捨てて死の道をたどることがあろうか。サタンが権威を持っておらず、力を持っていないなら、それのすることなすことの本質について、どのような結論を下すべきか。ある人はサタンのすることなすことを、取るに足りない技能だと定義した。だが、私は、サタンに対するこのような定義は適切ではないと思う。それが人類を堕落させた悪行は取るに足りない技能なのか。サタンがヨブを害した時の邪悪な気勢と、サタンがヨブを害し、ヨブを食い尽くそうとした強い欲望は、取るに足りない技能によっては絶対に実現できない。その時のことを回想すると、あっという間に、ヨブの満山の牛や羊がなくなり、あっという間に、ヨブの巨万の財産がなくなった。取るに足りない技能では、それを達成できるのか。サタンのすることなすことの性質から見れば、みな破壊、かき乱し、壊し、残害、邪悪、悪辣、暗黒などの否定的な言葉と似合い、一致するのだ。そういうわけで、すべての非正義と邪悪な物事の発生は、サタンの行いと切り離せない関係があり、また、サタンの醜悪な本質と密接な関係がある。サタンがいくら「腕前が見事」であっても、いくら横柄に振る舞っても、それの野心がどんなに大きくても、それの破壊力がどんなに強くても、それの人を堕落させ、人を誘惑する能力がどんなに広くても、それの人を脅かす手管と詭計がどんなに優れても、それの存在する形式がどんなに千変万化しても、それは全然命あるものを造ることができず、全然万物の生存の法則、摂理を定めることができず、全然命あるものと、命のないものをつかさどり、支配することができない。宇宙、大空の中に、サタンによって生じ、サタンによって存在する人、物は全然おらず、サタンに支配される人、物も全然おらず、サタンに掌られる人、物も全然ない。逆に、それは神の権威の下で存在しなければならないだけではなく、さらに、神のあらゆる言いつけ、命令に従わなければならない。神の許可がなければ、地上の一滴の水、一粒の砂にさえ、サタンは安易に触れることができず、神の許可がなければ、地上のアリにさえ、それは勝手に触れることができない。まして神に造られた人類にはなおさらのことだ。神から見れば、サタンは山の中のユリに及ばず、天の鳥に及ばず、海の魚に及ばず、地の蛆虫にも及ばない。万物の中でのそれの役割は、万物のために仕え、人類のために仕え、神の仕事、神の経営計画のために仕えることだ。それの本性がどんなにあくどくても、それの本質がどんなに邪悪であっても、それが唯一できることは、それの機能を守る――神のために仕える――ちゃんと引き立て役を演じることだ。これはサタンの本質と、それの本来の位置だ。それの本質は命と関係なく、力と関係なく、権威と関係なく、それはただ神の手の中の一つのおもちゃ、神のために仕える一部の機械に過ぎない!

サタンの本当の姿を知った後、多くの人は権威とは何かという問題についてやはり分からない。では、私があなたに教えよう!権威そのものについて言えば、それを神の力と解釈してもいい。まず、きっぱりと言えば、権威であれ力であれみな積極的なものだ。それらはいかなる否定的なものとも関係なく、いかなる被造物、非被造物とも関係ない。神の力は、いかなる形式の命あり活力あるものも造ることができる。これは神の命によって決まるのだ。神は命だから、彼はすべての生命体の源だ。それと同時に、神の権威はすべての生命体を、神のすべての言葉に従わせることができる。つまり、神の口の言葉によって生じ、神の言いつけに従って生存し、継続するようにする。それ以後、神はすべての生命体を支配し、つかさどり、それは誤差があり得ず、永遠に続く。これらはいかなる人や物も具備していないものであり、造物主だけがこのような力を持っており、具備している。だから、それを権威と呼ぶ。これは造物主の唯一無二だ。したがって、「権威」という言葉そのもの、或いは権威の本質は、ただ造物主と関係がある。というのは、それは造物主特有の身分と本質の特徴であり、それは造物主の身分と地位を代表するからだ。造物主以外に、「権威」という言葉と関係がある人や物は全然ない。これはすなわち、造物主の唯一無二の権威に対する解釈だ。

サタンが虎視眈々とヨブを狙っていたが、神の許可がなければ、それはヨブのうぶ毛一本さえ触れることができない。サタンはもともと性質が邪悪で残忍だが、神がそれに命令を下した後、それは神の言いつけを守らざるを得なかった。だから、サタンがヨブに臨んだ時、凶悪な狼が羊の群れに入ったようにのさばったけれども、それは敢えて神がそれに決めた範囲を忘れず、それは敢えて神の命令を超えなかった。それはどのようにしても、敢えて神の言葉の原則と範囲を離れなかった。これは事実ではないか。この点から見れば、ヤーウェ神のどの言葉もサタンが敢えて超えなかった。サタンから見れば、神の口の言葉はすべて命令であり、天の規則であり、神の権威の発表だ。なぜなら、神のどの言葉の背後にも、神の命令を犯し、天の規則に背き、抵抗する者に対する神の処罰が含まれているからだ。サタンは、自分が神の命令を超えたら、神の権威を超え、天の規則に抵抗した結果について責任を負うべきだ、とよく知っていた。この結果は一体何だろう。言うまでもなく、それはサタンに対する神の懲罰だ。サタンがヨブ一人に対してしたことは、ただサタンが人類を堕落させたことの縮図に過ぎない。サタンがこのことをする時、神がそれに与えた範囲と命令は、ただそれが事々を行う原則の縮図に過ぎない。しかも、サタンがこのことで演じる役割とそれの位置は、ただサタンが神の経営計画の中で演じる役割とそれの位置の縮図に過ぎない。サタンがヨブを試みることで、絶対的に神に従ったことは、ただサタンが神の経営の仕事の中でいささかも敢えて神に抵抗しないことの縮図に過ぎない。これらの縮図はあなたたちにどんな警告を与えたのか。万物の中で、サタンを含めて、造物主の定めた天の規則、天の規定を越えられる人や物はおらず、敢えてこれらの天の規則、天の規定に背く人や物もない。というのは、反逆者に対する造物主の処罰を変え、それから逃れることができる人や物はないからだ。造物主だけが天の規則、天の規定を定めることができ、造物主だけがこれらの天の規則、天の規定を行使する力がある。造物主だけの力はいかなる人、いかなる物も超えられない。これは造物主だけが持っている権威だ。この権威は万物の中で至高なものだ。だから、「神が最大で、神に次ぐものはサタンだ」という言い方は絶対にない。唯一無二の権威を持っている造物主のほかに神はいない!

今、あなたたちは神の権威に対してどんな新たな認識を持ったのか。まず、ここで言っている神の権威は人の権力と区別があるのか、どんな区別があるのか。ある人は同列に論じることができないと言う。この言葉はとてもいい!人は、同列に論じることができないと言いながら、人の思想、観念の中では、常に人の権力を権威と言いなし、また常にそれらをいっしょくたにして比較する。これはどういうことか。これは、概念をすり替える間違いを犯したのではないか。結びつけてはならず、比較してもならないが、人は依然として自分をコントロールできない。このことはどうやって解決するか。もしあなたが本当に解決したいなら、その唯一の方法は神の唯一無二の権威を理解し、認識することだ。造物主の権威を理解し、認識したら、あなたは人の権力と神の権威を同列に論じることがなくなる。

人の権力とは何か。かいつまんで言えば、人の堕落した性質、人の欲望、或いは人の野心が最大限に膨らみ、実現することができるための一つの腕前または能力だ。これは権威だと言えるのか。ある人の野心や欲望がどれほど膨らみ、実現することができるとしても、彼に権威があるとは言えない。彼の野心や欲望が膨らみ、実現することは、サタンの人の間での一区切りのピエロ演技にほかならず、サタンが自分を自分の祖先にして、神になりたいという野心を満たす一区切りの茶番にほかならない。

今、あなたは一体どのように神の権威を評価するのか。以上のこれらの言葉を交わった後、あなたは神の権威に対して新たな認識を持つべきだ。では、私はあなたたちに聞く。神の権威は何を象徴するのか。神自身の身分を象徴するのではないか。神自身の力を象徴するのではないか。神自身だけが持っている地位を象徴するのではないか。万物の中で、あなたはどんなことで神の権威を見たのか。どうやって見たのか。人の経験する四季から見れば、春、夏、秋、冬の交替の法則を変えられる人がいるのか。春に木が芽生え、開花し、夏に木の葉がいっぱいに茂り、秋に実を結び、冬に葉が落ちる、この法則は誰が変えられるのか。これは神の権威の一面の体現ではないか。神が「光あれ」と言ったら、光があった。この光は今、存在するのか。それが存在するのは何のゆえであるか。もちろん、神の言葉のゆえであり、また神の権威のゆえだ。神の造った空気は今、存在するのか。人類が呼吸している空気は神から来たのではないか。神から来たものを、誰が奪い去ることができるだろうか。誰がそれの本質と機能を変えることができるだろうか。神が分けた昼と夜、定めた昼と夜の法則を、誰が打ち破ることができるのか。サタンは打ち破ることができるのか。夜になって、あなたが寝ないで、夜を昼になすとしても、それはやはり夜だ。あなたはあなたの生活規律を変えることはできるが、昼と夜の交替の法則を変えることはできない。この事実はいかなる人も変えられないのだ。そうではないか。誰が獅子を、牛のように田畑を耕させることができるのか。誰が象をロバにならせることができるのか。誰が鶏を、鷹と同じように空を飛ばせることができるのか。誰が狼を、羊と同じように草を食べさせることができるのか。誰が水の中の魚を陸地で生活させることができるのか。それはどうしてだろう。それが水の中で生活するよう、神が定めたからだ。だから、それは水の中で生きなければならず、陸地では生きられず死んでしまう。それは神の定めた範囲を超えられない。万物はそれぞれ自分の生存の法則と範囲があり、また各自の本能がある。これらはみな造物主が定めておいたのであり、誰も変えられず、超えられない。例えば、獅子は永遠に人の群れから遠く離れた野生の世界で生きなければならず、それは永遠に、牛のように忠実で、おとなしく、人とお供し、人のために働くことができない。象とロバはみな動物で、みな四つの足を持っており、みな呼吸する被造物だが、それらは同類ではない。それらがぞれぞれ神に類別され、それぞれ自分の本能を持っているから、永遠に互換できない。鶏も二つの足を持っており、鷹のように翼を持っているが、それは永遠に空を飛ぶことができず、せいぜい木に飛ぶことしかできない。これはそれの本能によって決まることだ。言うまでもなく、これらはみな神の権威の定めのゆえにあるのだ。

人類が今日まで発展してきて、人類の科学は「日一日と発展する」と言え、科学的探索によって得た成績は「刮目させる」と言え、人の腕前がだんだん優れていくと言わざるを得ない。けれども、人の科学が唯一突破できないものが一つある。人類は飛行機を造り、空母を造り原子爆弾を造り、宇宙へ飛び、月に足を踏み入れ、インターネットを発明し、ハイテクな暮らしをしているが、呼吸できる生き物は一つも造ることができない。あらゆる生き物の本能と生存の法則、および各種類の生き物の生死輪廻に対して、人類の科学はどうすることもできず、コントロールすることもできない。それで、人類の科学がいくら最高の域に達しても、造物主の一つの考えにも及ばず、造物主の創造の奇しさと、造物主の権威の威力を計り知ることができないと言わざるを得ない。地球の海水はそんなに多いが、それは勝手に自分の範囲を越えて陸へ上がってくることはない。神がそれらのためにそれぞれの境界線を定めたからだ。それは神の定めた場所にあるべきであり、神の許可がなければ、勝手に動くことができず、神の許可がなければ、それらは互いに侵犯せず、神が動いていいと言った時こそ動くことができ、それの行方、それの存留は、神の権威によって決まるのだ。

分かりやすく解釈すると、「神の権威」とは、神には決定権があり、どう行うかを決める権利があって、神は自分のしたいようにすることができる、という意味だ。万物の法則はみな神が決めるのであって、人が決められるのではなく、人が変えられるのでもない。それは人の意志によって変わるのではなく、神の考え、神の知恵と神の定めによって変わるのだ。これはいかなる人も否定できない事実だ。天地万物、宇宙、星空、一年四季、人が見られるもの、人が見られないものは、みな神の定め、神の言いつけ、神が当時創造した法則によって、少しもずれずに、神の権威の下で存在し、運行し、変化している。いかなる人、物もそれの法則、それの本来の運行軌跡を変えることはできない。それらは神の権威のゆえに生じ、また神の権威のゆえに滅びる。これは神の権威だ。ここまで言えば、あなたは今、神の権威が神の身分と地位の象徴だと感じるのか。神の権威はいかなる被造物や非被造物も具備できるものか。いかなる人、事、物もまね、偽り、取って代わることができるものか。

造物主の身分は唯一無二だから、「多神論」を堅く守ってはならない

サタンの法力と能力は人より大きく、サタンができることは何でも人にはできない。しかし、それのすることが、あなたが羨ましがることであっても、憧れることであっても、あなたが恨むことであっても、嫌うことであっても、あなたが見られることであっても、見られないことであっても、また、サタンがどのくらいのことをすることができるとしても、どのくらいの人を惑わしてそれを礼拝させ、祭らせることができるとしても、あなたがサタンについてどのように定義しても、あなたは絶対に、サタンが神の権威を具備し、神の力を具備したと言ってはならない。あなたは、神は神であり、神は一人しかいないということを知らなければならず、さらに、神だけが権威を具備しており、万物をつかさどり、万物を支配する力を具備していることを知らなければならない。あなたは、サタンが人を惑わす能力があり、サタンが神を偽り、神をまねてしるしや力ある業を行い、神がするのと同じようなことをすることができるからといって、神が唯一無二ではなく、多くの神があり、ただ彼らの法力に違いがあり、彼らの支配する範囲が違うだけだと誤って考えて、彼らの先着順によって、彼らの年齢の大小によって彼らの上下尊卑を定めてはならず、神以外にまたほかの神があり、神の力と神の権威が唯一無二ではないと誤って考えてはならない。もしあなたがこれらの考えを持っており、神の唯一無二を認めず、神だけが権威を持つことを信じず、ただ「多神論」を守るなら、私は、あなたが被造物の中のくずであり、正真正銘のサタンの化身であり、まったくの邪悪なる者だと言う!私がこれらの言葉を言うのは、一体あなたたちに何を分からせるためか、あなたたちは心の中で知っているのか。どんな時でも、どんな場所でも、どんな背景の下でも、あなたは神とほかの人、事、物をいっしょくたにしてはならない。あなたがいくら神の権威と神自身の本質が認識しがたく、近づきがたいと思っても、サタンのやり方や言い方がいくらあなたの観念、想像に合い、あなたの気に入っても、あなたは愚かなことをしてはならず、概念を混同してはならず、神の存在を拒んではならず、神の身分と地位を否んではならず、神をドアの外に押し出して、サタンを引いてきてあなたの心の中の「神」に取って代わらせ、あなたの神としてはならない。このようにすればどういう結果になるのか、あなたたちが予想できると私は信じる。

 

人類は堕落させられたが、依然として造物主の権威の支配下で生きている

サタンは何千年も人類を堕落させ、数えきれないほどの悪を働き、代々の人を惑わし、人類の間でこの上なく大きな罪を犯した。それは人を残害し、人を惑わし、誘惑して神に反抗させ、それが神の経営計画をかき乱し、破壊した悪行は山ほどある。しかし、神の権威の下にある万物の生き物は、今までどおり神の定めた法則と摂理に従っている。神の権威と比べたら、サタンの邪悪な本性とそれの猖獗はそれほど醜悪であり、それほど人に吐き気をもよおさせ、嫌悪感を覚えさせ、またそれほど取るに足らず、一撃に耐えられない。サタンは神の創造した万物の間を歩いているが、神の定めの下にあるすべての人、事、物を少しも変えることができない。数千年経ったが、人類は依然として神の与えた光、空気を享受しており、依然として神が自ら吐いた息を呼吸しており、依然として神の創造した花・鳥・魚・虫を享受しており、神の供給する万物を享受している。昼と夜は依然として絶えず交替しており、四季も今までどおりに交替している。空を飛んでいる雁は、今年の冬に離れ去って、来年の春にやはり戻ってくる。水の中の魚は河川、湖――それらの家から離れたことがない。地上のセミは夏のうちに思う存分自分たちの歌を歌う。草むらの中のコオロギは秋に、秋風と共に小さな声で歌う。雁は群れをなし隊を組むが、オオタカは単独で行動する。獅子の群れは猟をして生活し、シフゾウは花と草むらを離れられない。……万物の中の各種類の生き物は、去っては来、来ては去り、瞬時に千変万化する。だが、変わらないのは、それらの各自の本能と生存の法則だ。それらは神の供給、滋养の下で生きていて、いかなる人もそれらの本能を変えられず、また、いかなる人もそれらの生存の法則を変えられない。万物の中で生きている人類は、サタンに堕落させられ、惑わされたが、依然として神の造った水、神の造った空気と神の造った万物を離れられない。人類は依然として神の造った空間の中で繁殖し、生きている。人類の本能は変わっていない。人類が依然として両目で見、二つの耳で聞き、大脳で考え、心で悟り、両足で歩き、両手で働くような、神から賜った、神からの供給を受け入れることのできるこれらの本能は変わっていない。神に協力する人類の器官は変わっておらず、被造物の本分を尽くせる人類の器官は変わっておらず、人類の心の需要は変わっておらず、造物主に立ち返りたいという人類の願望は変わっておらず、造物主に救われたいという人類の願望は変わっていない。これは、神の権威の下で生きているが、サタンの血なまぐさい嵐の中で虐げられた人類の現状だ。人類はひどくサタンに蹂躙され、もはや造られたばかりのアダム、エバではなくなり、知識、想像、観念などの、神に敵対するものに満ちており、サタン的な堕落した性質に満ちている人類になった。ところが、神の目には、人類は依然として神の造った人類だ。人類は依然として神の主宰と支配の下にあり、依然として神の定めた軌跡の中で生きているから、神の目には、サタンに堕落させられた人類はただ、外側が汚れだらけになり、飢えに苦しんでおり、反応が少し鈍くなり、記憶力が少し衰え、少し年老いただけだ。でも、人のいろいろな機能、本能は完全で破損していない。これは神が救おうとする人類だ。この人類は造物主の召し、造物主の声を聞くと、立ち上がって、声の源を捜すために奔走することができる。この人類は造物主の姿を見さえすれば、何も顧みず、すべてを捨てて彼のために費やすことができ、さらには、彼のために命を捨てることができる。人類の心が造物主の心の声を感じて悟った時、人類はサタンを捨てて造物主のそばに来るようになる。人類が完全に体の汚れを洗い清めて、再び造物主の滋養、供給を得る時、人類の記憶は回復される。この時の人類は本当に造物主の権威の下に戻ることになる。

2014年10月11日

 

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です