『どのように信じれば神の心に適うことができるか』

神を信じている人はたくさんいるが、神を信じるとはどういうことなのか、一体どうすれば神の心に適うことができるかについて分かっている人はとても少な い。その原因を追究すると、人は「神」という字は知っており、「神の働き」というような言葉は知っているけれども、神を知らないし、神の働きも認識してい ないからである。従って、神を知らないあらゆる人がわけも分からずに信じるのも無理はない。人が神を信じることに対して真剣でないのは、人がその ことにあまりにも疎く、あまりにも不案内だからである。それで、神の要求との隔たりが非常に大きくなったのである。つまり、神を知らず、神の働きを認識し なければ、人は神に使われるのに適さず、神の心を満足させることはなおさらできない。「神を信じる」とは神の存在を信じることである。これは一番簡単な 「神を信じる」という概念である。一歩踏み込むと、神の存在を信じることは本当に神を信じることではなくて、一種の単純な信仰であり、濃厚な宗教的色彩を 帯びている。「神を信じる」ということの本当の意味は、神が万物の主宰者であることを信じ、その基礎の上に立って、神の言葉、神の働きを経験し、それに よって堕落した性質を脱ぎ捨てて神の心を満足させ、そして神を知るに至ることである。このような過程こそ神を信じるということである。しかし人は往々にし て神を信じることはとても簡単で、とても浅浅しいと思っている。このような姿勢でいるなら、神を信じる意義を失ってしまい、最後まで信じても神に良しとさ れることができない。なぜなら歩む道が間違っているからである。いまだに文字の中で神を信じている人たち、中身のない教理の中で神を信じている人たちは、 やはり自分が神を信じることの本質から外れていて、決して神に良しとされることができないことを知らないまま、相変わらず神のご加護で平安を得られますよ うに、十分な恵みを得られますようにと、天の神に祈っている。われわれはみな心を静めてよくよく考えてみよう。神を信じるということは、世の中で一番容易 なことなのか。神を信じることの意味がただ恵みをたくさん受けることに限られるだろうか。神を信じるのに神を知らず、神を信じながら神に逆う人が、神の心 を満足させることができるのか。

「神」と「人」は同列に論じることができない。神の本質、神の働きはどれも、人が最も計りがたいものであり、また人が最も理解できないものである。もし 神が自ら人の間で働かず、話さなければ、人はどうやっても神の心を理解することはできない。その場合、神のために一生をささげた人たちでも神に良しとされ ることができない。神が働かないと、人がいくらよくやっても無駄である。なぜなら、神の思いはいつも人の思いより高く、神の知恵は誰も計り知ることができ ないからである。だからわたしは、神と神の働きを「見極めた」人たちは、みな無能の輩であり、傲慢で無知な人であると言う。人は神の働きを限定してはなら ず、しかも人は決して神の働きを限定することはできない。人は神の目には全く一匹の蟻ほどの大きさもないのに、どうして神の働きを計り知ることができるだ ろうか。口を開けば「神はこんなふうに働かない。神はあんなふうに働かない」、「神はこのようだ、神はあのようだ」と言う人たちはみな狂気じみた大言を吐 く人ではないのか。われわれが知っておくべきことは、肉に属する人はみなサタンに堕落させられた人であり、その本性は神に逆らうものであって、神と対等に 振舞うことはできないし、神の仕事に献策することなどなおさらできないということである。神がどのように人を導くかは神自身の仕事であり、人は当然それに 従うべきであって、あれやこれやの見方を持つべきではない。なぜなら人はただの塵に過ぎないからである。神を尋ね求めるつもりであるならば、自分の観念を 神の働きと対置して神に参考させるべきではなく、さらに自分の堕落した性質をもって意識的に極力神の働きに逆らうべきではない。これは、反キリストではな いか。このような人は神を信じるなんて言えるだろうか。われわれは神の存在を信じる以上、神を満足させたいと思い、神に会いたいと思う以上、真理の道を尋 ね求め、神に味方する道を尋ね求めるべきであり、うなじを固くして神と対立すべきではない。そんなことをしてどんなよい実が食べられようか。

今、神が新しい仕事を始めたという言葉を、あなたは受け入れられないかもしれないし、また不思議に思うかもしれないが、わたしはやはりあなたに、自分の 天然を暴露しないように勧める。なぜなら、本当に神の前で義に飢え渇いている人だけが真理を得ることができ、本当に敬虔な人だけが神の啓きと導きを得るこ とができるからである。真理を求める際には、言い争いで結果を得られるのではなく、落ち着いて穏やかに求めてこそ結果を得られるのである。「今、神はまた 新しい仕事をした」と言ったわたしのこの言葉は、神がまた肉体に戻ったということを指したのである。あなたはこの言葉を心に留めないかもしれないし、この 言葉をとても嫌がるかもしれないし、またはこの言葉にとても興味を持つかもしれない。どうであれ、わたしはやはり心から神の出現を渇仰するあらゆる人がこ の事実に向かい合い、さらにこの事実を慎重に考察して、軽々しく結論を下さないように期待する。それこそが賢明な人がすべきことである。

このようなことを調べるのはそれほど難しいことではないけれども、われわれ一人一人がまずこのような真理を知ることが必要である。言が肉体となったゆえ に神の本質があり、言が肉体となったゆえに神の発言がある¬。神は言が肉体となったゆえに自らしようとする仕事をもたらし、神は言が肉体となったゆえに神 の所是を発し、言が肉体となったゆえに人に真理をもたらし、人に命を与え、人に道を指し示すことができる。神の本質を備えていない肉体なら、それは受肉し た神ではないに決まっている。これは疑う余地のないことである。神の言がなった肉体であるかどうか調べようと思うなら、彼の発した性質と言葉から確かめな ければならない。つまり、神の言がなった肉体であるかどうか、或いは真理の道であるかどうかを確かめるには、必ず彼の本質から見分けなければならない。だ から、神の言がなった肉体であるかどうかは、主にその本質(働き、言葉、性質などもっと多くの方面)によるのであって、その外見によるのではない。もしそ の外見を考察するがゆえにその本質を無視したら、それは人の愚昧であり無知である。外見は本質を決定づけることができないし、それに神のする仕事はどれも 人の観念に合うはずがない。イエスの外見は人の観念に合わなかった外見ではないか。彼の容貌と身なりは彼の本当の身分を証明することができなかったではな いか。あの時のパリサイ人たちがイエスに逆らったのは、彼らがイエスの外見だけ見て、イエスの口から発した言葉を慎重に受け入れなかったからではないか。 神の出現を尋ね求めているあらゆる兄弟姉妹が再び歴史の悲劇を演じないように、再び神を十字架につける当代のパリサイ人にならないように期待する。いかに 神の再来を迎えるかじっくり考え、いかにすれば真理に従う人になれるのかについて自分の頭を冷やして考えてみるべきである。それはイエスが白い雲に乗って 再来するのを待っている人々の責務である。われわれは霊眼を光らすべきであり、あれらの雲をつかむような文字の中にはまりこんではならない。神の現実の働 きを考えてみるべきであり、神の実際の面を見てみるべきである。いつも有頂天になってすべてを忘れ、一日中浮ついていてはならず、いつも主イエスが天のあ る一切れの白い雲に乗って突然あなたたちの間に降り、彼を全然知らず、彼に一度も会ったことがなく、どのように彼のみこころを行うかを知らないあなたたち を迎えに来るだろうと待ち望んではならない。やはり現実的なものを考えたほうがいい!

あなたはこの本を、研究するつもりで開いたかもしれないし、受け入れるつもりで開いたかもしれない。あなたの姿勢がどうであろう、わたしはやはりあなた がこの本を途中で軽軽しく放棄せずに、最後まで読み終えるように期待している。あなたがこの本にある言葉をすべて読み終えたら、あなたは一変するかもしれ ない。それはあなたの存心と理解力にかかっている。しかし、これだけは忘れてはならない。神の言葉を人の言葉と言いなしてはならないし、人の言葉を神の言 葉と言いなしてはなおさらいけない。神に使われる人は受肉した神ではなく、受肉した神は、神に使われる人ではない。ここには実質上の区別がある。もしかす るとあなたはこれらの言葉を読んだ後、これは神の言葉だと認めず、ただ人が得た啓きだと言うかもしれない。それならあなたはあまりにも無知すぎる。神の言 葉がどうして人が得た啓きと同じであろうか。受肉した神の言葉は時代を開くものであり、全人類を導くものであり、奥義を明らかにし、しかも人に新しい時代 の方向を与えるものである。人が得た啓きはいくらかの簡単な実行または認識にすぎず、全人類を新しい時代に導くことができず、神自身の奥義を開くこともで きない。神はつまるところ神であり、人はつまるところ人である。神には神の、人には人の本質がある。もし人が神の言葉を聖霊の簡単な啓きと見なし、使徒や 預言者の話を神自身が発した言葉と見なしたら、それは人の誤謬である。どうであろうと、あなたは是非を転倒させてはならず、高いものを低いものと、深いも のを浅いものと言いなしてはならない。どうであろうと、あなたは真理だと分かっていながら故意に反駁してはならない。神の存在を信じる人として、正しい立 場に立って問題を調べるべきであり、被造物の立場から神の新しい働き、新しい言葉を受け入れるべきである。さもないと、神に淘汰されるだろう。

イエスはヤーウェの働きの後に、受肉して人々の間で働いたのである。イエスの仕事は孤立したものではなく、ヤーウェの働きを基として行われたのであり、神が 律法の時代を終わらせた後に行われた新しい時代の仕事である。同様に、イエスの仕事が終わった後、神はやはりその次の時代の仕事を続けている。なぜなら、 神のあらゆる経営はずっと発展していて、古い時代が終わればそれに取って代わる新しい時代が来るのであり、古い仕事が終わると新しい仕事によって経営が続 いていくからである。今度言が肉体となったのは、イエスの働きの後、二回目に神の言が肉体となったのである。もちろん、今度言が肉体となったのも孤立した ものではなく、律法の時代、恵みの時代に続く第三段階の働きである。神が新しい仕事を展開すると、その度に必ず新しい始まりがあり、必ず新しい時代がもた らされる。しかも神の性質、神の働き方、神の働く場所、神の名前がそれに応じて変わるのである。だから人々が新しい時代の神の働きを受け入れがたいのも無 理はない。しかし人がいくら逆らっても、神はいつでも自らの仕事をしていて、全人類を導いて絶えず前進している。イエスはこの世に来て恵みの時代をもたら すと同時に、律法の時代を終わらせた。世の終わりに神はまた言が肉体となり、今度は言が肉体となって恵みの時代を終わらせ、王国の時代をもたらした。二回 目に言が肉体となったことを受け入れることができる人はみな王国の時代の中に導き入れられ、しかも直接神の導きを受けることができる。イエスは人々の間に 来てたくさんの仕事をした。しかし、彼はただ全人類を贖う仕事をやり遂げ、人の罪祭となっただけで、人々の堕落した性質を完全に取り除いてはいない。人を サタンの権勢の下から完全に救い出すには、イエスが罪祭となり人の罪を担うだけではなく、神がもっと大きな仕事をしてサタンに堕落させられた人の性質を完 全に取り除く必要がある。だから、人の罪が赦されてから、神は再び肉体に戻り、人を新しい時代へと導き入れて刑罰、裁きの仕事を始めた。この仕事は人類を もっと高い境地に導き入れた。彼の権威に従う人はみなもっと高い真理を享受し、もっと大きな祝福を受けて、本当に光の中に生き、真理、道、命を得るであろ う。

もし人が恵みの時代だけにとどまるならば、永遠に堕落した性質から逃れることができず、神の本来の性質を知ることはなおさらできない。もしも、いつも豊 かな恵みの中に生きているのに、神を認識し、神を満足させる命の道がなければ、人は神を信じても本当に神を得ることができない。このような信仰はあまりに も哀れすぎる。あなたがこの本を読み終え、受肉した神が王国の時代に行った一つ一つの働きを経験すれば、あなたは長年の願いがついにかなえられ、今こそ本 当に面と向かって神を見、神の顔を見、神の口からの声を聞き、神の働きの知恵を味わったことを感じ、神はこんなにも実際的であり、またこんなにも全能であ ることを本当に感じることができる。あなたはこれまでの人が見たことも得たこともないものをたくさん得たと感じるし、その時に、神を信じるとはどういうこ となのか、神の心に適うとはどういうことなのかをはっきり知るはずである。もちろん、あなたが自分の今までの観点を堅く守り、神が二回目に受肉したという 事実を拒絶し、受け入れなければ、あなたの両手は空っぽのまま何も得られず、結局は神に反抗したという罪名が残るしかない。真理に従い、神の働きに従うこ とができる人たちはみな、二回目に受肉した神―全能者の名の下に帰す者となる。この人たちはみな神自らの導きを受け、もっと多くのもっと高い真理を得ら れ、本当の人生を得られ、これまでの人が見たことのないこの異象を見ることができる―「そこでわたしは、わたしに呼びかけたその声を見ようとしてふりむい た。ふりむくと、七つの金の燭台が目についた。それらの燭台の間に、足までたれた上着を着、胸には金の帯をしめている人の子のような者がいた。そのかしら と髪の毛とは、雪のように白い羊毛に似て真白であり、目は燃える炎のようであった。その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水の とどろきのようであった。その右手に七つの星を持ち、口からは、鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、顔は、強く照り輝く太陽のようであった」(黙示録 1:12-16)。この異象は神のすべての性質の発現であり、このすべての性質の発現は、まさに今度受肉した神の仕事の発現でもある。ひとしきりひとしき りの刑罰と裁きの中で、人の子は声を発し、言葉を言うという方式によって自分の本来の性質を発して、彼の刑罰と裁きを受け入れるあらゆる人に人の子の本当 の姿を見せた。この姿はまさにヨハネが見た人の子の姿の真実な描写である。(もちろん、神の王国の時代の仕事を受け入れない人はこれらを全然見ることがで きない)神の本当の姿を人は言葉で言い表すことができない、だから神は彼の本来の性質を発するという方式によって、彼の本来の姿を人々の前に現すのであ る。つまり、人の子の本来の性質を理解した人はみな、人の子の本来の姿を見たのである。なぜなら、神はあまりにも偉大で、人は言葉で言い尽くすことができ ないからである。人が神の王国の時代における一歩一歩の働きを経験し終えた後、ヨハネが言った燭台の間の人の子の「かしらと髪の毛とは、雪のように白い羊 毛に似て真白であり、目は燃える炎のようであった。その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水のとどろきのようであった。その右 手に七つの星を持ち、口からは、鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、顔は、強く照り輝く太陽のようであった」という言葉の本当の意味が分かるようになる。 その時あなたは、こんなに多くの言葉を言ったこのごく普通な肉体は、確かに二回目に受肉した神であることを完全に確信するはずである。しかもあなたは、自 分があまりにも大きな祝福を受けたとしみじみ感じ、自分が一番幸運な人であるとしみじみ感じるはずである。あなたはこの祝福を受けたくないのか。

この本を開くと第一部分は霊が諸教会に告げる言葉の部分である。この部分の言葉は恵みの時代を終わらせて王国の時代を始める過渡部分であり、聖霊が諸教 会に向かって公に人の子を証しする部分でもある。これらの言葉は正に「ヨハネの黙示録」の中の「耳のある者は、霊が諸教会に告げることを聞くがよい」とい う言葉の実現であり、これは神の王国の時代における最初の段階の働きである。本の中の第二部分は彼が正式に現れた後、口ずから発した声である。この部分に は預言、奥義の啓示、命の道などいくつかの種類の声、言葉が含まれていて、その内容は相当豊富なのである。王国の未来図を預言したものもあるし、経営計画 の奥義を開いたものもあるし、人の本性を解剖したものもあるし、励ましの言葉もあれば警告の言葉もあるし、厳しい裁きもあれば、言葉が懇ろで意味が深長な 慰めもあるし、人生を語ったものもあれば、進入を語ったものもある……要するに、神の所有、所是、神の性質はみな彼の働きと言葉の中から発される。もちろ ん、神が今度受肉して行う仕事は刑罰、裁きを主として彼の性質を発し、この基礎の上に立って人にもっと多くの真理をもたらし、人にもっと多くの実行を指し 示し、これによって彼が人を征服し、人を救って堕落した性質を脱ぎ捨てさせる目的に達するのである。これは神が王国の時代に行っている仕事の内幕である。 あなたは新しい時代に入りたいか。あなたは堕落した性質を脱ぎ捨てたいか。あなたはもっと高い真理を得たいか。あなたは人の子の本来の姿を見たいか。あな たは今生を無駄にしないで生きたいか。あなたは神に完全にされたいか。それではあなたはどのようにイエスの再来を迎えようとするのか。

 

「東方閃電」全能神教会は主イエスの再来ーー世の終わりのキリスト「全能神」の中国での働きによって生まれました。誰か人が設立したのではありません。キリストは真理であり、道であり、命なのです。神様の言葉を読んだら、神様が既に現れていると分かるはずです。

ホームページ: http://www.holyspiritspeaks.org
Youtubeチャンネル: http://www.youtube.com/godfootstepsjp
フェイスブック: http://www.facebook.com/godfootstepsjp
ツイッター: http://twitter.com/followgodsteps
ブロッグ: https://jp.blog.hidden-advent.org
メールアドレス: info@kingdomsalvation.org
電話番号: 81-90-6033-9775

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です