『神の裁き、刑罰の中で神の出現を見た』

幾千幾万の、主イエス・キリストにつき従っている人と同じように、わたしたちもみな聖書の律法と戒めを守っており、主イエス・キリストの豊かな恵みを享受しており、主イエス・キリストの名によって集会し、祈り、賛美し、仕えている。このすべては主の顧みと守りの下に行われている。わたしたちは常に弱くなったり、強くなったりし、自分のあらゆる行為がすべて主の教えに従っていると自分で思っている。言うまでもなく、わたしたちはまた、自分がもう天の父のみこころを行う道を歩んでいると思っている。主イエスの再来を待ち望み、主イエスの栄光の降臨を待ち望み、地上での生活が終わることを待ち望み、王国の現れを待ち望み、すべてが「ヨハネの黙示録」の預言どおりに実現することを待ち望んでいる:主は来た、災難をもたらし、善を行う者を賞し、悪を行う者を罰し、主につき従い、主の再臨を迎えるすべての人を空中に引き上げて、主と会うようにする。これらを思い描くたびに、深い感動を覚えずにはいられない。自分が幸運にも世の終わりに生まれて、主の降臨を見ることができるのだ。迫害を受けているけれども、「比べものにならないほど重みのある永遠の栄光」がもたらされる。なんという幸運であろう!このすべての期待と、主から与えられた恵みのゆえに、わたしたちは常に目を覚まして祈り、集会に励むのである。来年か、明日か、あるいはもっと近い、思いもよらない時、主が突然降臨し、切に彼を待ち望んでいる人たちの間に現れるだろう。最初に主の出現を見る者になるために、主に引き上げられる者の一人になるために、わたしたちは他人に先を越されないように我先にと争っている。その日のためなら、わたしたちはすべてを費やしても少しも惜しくない。仕事をやめた人も、家庭を捨てた人も、婚姻を放棄した人も、蓄えのすべてを捧げた人さえもいる。なんと私心のない奉献だろう!このような誠意、このような忠心は、歴代の聖徒たちも及ばないに違いない!主は慈しもうと思う者を慈しみ、憐れもうと思う者を憐れむのだから、わたしたちがこのように捧げ、費やすことはすでに主の目に留まっていると信じている。わたしたちの切なる祈りもすでに主の耳に達していて、主はきっとわたしたちの奉献に報いるとわたしたちは信じている。しかも、天地創造の前から、神はわたしたちを慈しんでくれた、神がわたしたちに与えた祝福、約束はだれも奪い去ることができない。わたしたちはみな将来の計画を立てている。当然のごとく、自分の奉献と費やしを、空中に引き上げられて主に会うための元手と資本と見なし、さらには少しもためらわずに自分を将来の玉座に据える。万国、万民を支配するか、あるいは王になって権力を握ることはみな当然のことであり、予測されていたことでもある。

わたしたちは、主イエスに敵対するすべての人を蔑んでいる。彼らはついには滅ばされてしまう。それは彼らが主イエスが救い主であることを信じないからである。もちろん、時には主イエスに倣って世の人を憐れむこともある。彼らは何も分らないのだから、わたしたちは彼らを大目に見て、赦すべきである。わたしたちのあらゆる行いは聖書に基づくのである。それは、聖書に反するものはみな異端であり邪教だからである。このような信念が一人ひとりの心の中に深く根を下ろしている。わたしたちの主は聖書の中にいて、聖書を離れることは主を離れることになる、このような原則をしっかり守れば、わたしたちは救われることができる。わたしたちは互いに励まし合い、互いに助け合う。集会するたびに、わたしたちは言うことなすことすべてが主の心にかない、主に喜ばれることを願う。環境が極めて劣悪であるが、わたしたちの心の中は喜びに満ち溢れている。手を伸ばすと得られる祝福を思えば、わたしたちに捨てられないものなどあるだろうか、執着すべきものなどあるだろうか。これらすべては言わずとも分かることであり、また神の目に見られているのである。わたしたちこの一握りの、芥の中から高く上げられた乏しい人は、主イエスにつき従っているすべての平凡な人々と同じように、引き上げられることを夢見ており、祝福を得ることを夢見ており、万国を支配することを夢見ている。わたしたちの堕落は神の目の前にあますところなく現されており、わたしたちの欲望、貪欲は神の目に罪定めされたものである。しかしこれらすべてが当然のことのように自然に起こったため、わたしたちの希望が正しいかどうかを疑う者はおらず、わたしたちが堅く守っているこれらすべてが正しいかどうかを疑う者はさらにいない。神のみこころが何であるかを誰が知ることができようか。人がいったいどんな道を歩んでいるかについて、わたしたちは尋ね求めず、検討せず、まったく関心を持たない。なぜならわたしたちはただ、自分が引き上げられることができるか、祝福を得られるか、天国に自分の場所があるか、自分が命の川の水、命の木の実にあずかることができるかだけに関心を持てばいいからである。主を信じ、主につき従うのはこれらのためではないか。わたしたちの罪はすでに赦され、わたしたちはもう悔い改め、わたしたちは苦杯の酒を飲み、十字架も背負った。わたしたちの代価が主に受け入れられないなどと、だれが言えるだろうか。わたしたちが十分な油を用意していないなどと、だれが言えるだろうか。わたしたちはあの愚かなおとめになりたくないし、その捨てられた者たちの一人になりたくもない。しかも、偽キリストに惑わされないように守ってくださいと常に主に祈っている。なぜなら、聖書には、「そのとき、『見よ、ここにメシアがいる』『いや、ここだ』と言う者がいても、信じてはならない。偽メシアや偽預言者が現れて、大きなしるしや不思議な業を行い、できれば、選ばれた人たちをも惑わそうとするからである。」(マタイ24:23-24)と記されているからである。これらの聖書の章節をみな心に銘記していて、わたしたちはすらすらと暗唱することができる。わたしたちはそれを至宝とし、命とし、また救われるかどうか、引き上げられるかどうかの証拠としているのだ……

数千年来、生きていた人々は望みと夢を持って去って行ったが、彼らが天国に行ったかどうか、はっきりと知っている人はいない。死んだ人がまた来たが、かつて起こった出来事を忘れ、依然として先人の教え、先人の道に従っている。来る日も来る年も、それが繰り返されているが、だれ一人としてわたしたちの主イエス、わたしたちの神が、わたしたちの行うすべてのことを本当に受け入れるかどうかを知らない。わたしたちはただ一つの結果を期待し、これから起こるすべてのことを推測するだけである。しかし、神はずっと沈黙していて、わたしたちに現れたことがなく、わたしたちに語ったこともない。こうして、わたしたちは、はばかるところなく、聖書としるしによって、神のみこころと神の性質を判断するようになった。わたしたちは神の沈黙に慣れ、自分の思考様式によって自分の行為が正しいかどうかを判断することに慣れ、わたしたちに対する神の要求のかわりに、わたしたちの知識・観念・道徳倫理観によって行うことに慣れ、神の恵みを享受することに慣れ、神が常にわたしたちを助けてくれることに慣れ、何事も手を伸ばして神に求め、威張って神をこき使うことに慣れ、規定を守り、聖霊がどのように導くかを無視することにも慣れ、さらに自分を自分の主とする日々に慣れてしまった。わたしたちはこのような、今まで会ったことのない神を信じている。彼の性質がどうであるか、彼の所有所是は何であるか、彼はどんな姿をしているか、彼が来た時わたしたちは彼が神だと知ることができるかなど、これらはみな重要ではない。重要なのは、わたしたちの心の中に彼がいること、わたしたちがみな彼を待っていることである。わたしたちにとっては、彼がどのような神であるかを想像できるだけで十分である。わたしたちは自分たちの信仰が気に入っており、自分たちの霊性を宝愛する。わたしたちは万事を塵芥と見なし、万物を足の下に踏んでいる。わたしたちは栄光の主の信徒であって、千山万水に隔てられても、困難と危険があっても、主につき従うわたしたちの足どりが遮られることはない。「……神と小羊の玉座から流れ出て、水晶のように輝く命の水の川……川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には命の木があって、年に十二回実を結び、毎月実をみのらせる。そして、その木の葉は諸国の民の病を治す。もはや、呪われるものは何一つない。神と小羊の玉座が都にあって、神の僕たちは神を礼拝し、御顔を仰ぎ見る。彼らの額には、神の名が記されている。もはや、夜はなく、ともし火の光も太陽の光も要らない。神である主が僕たちを照らし、彼らは世々限りなく統治するからである」(ヨハネの黙示録22:1-5)。この歌を歌うたびに、わたしたちの心の中は無限の喜びと満足感で満ちあふれ、目には涙が流れてくる。主の選びに感謝し、主の恵みに感謝する。それゆえわたしたちはこの世ではその何倍もの報いを受け、後の世では永遠の命を受けることができた。仮に今わたしたちを死なせても、わたしたちは何の恨み言もない。主よ、早く来てください!わたしたちがあなたを切に待ち望み、あなたのためにすべてを捨てた姿をご覧になって、もう一分一秒も来臨を引き延ばさないでください。

神は沈黙していて、わたしたちに現れたことがない。しかし、彼の仕事は今まで止まったことがない。彼は全世界を監察しており、万物を支配しており、人の一言一行、一挙一動をつぶさに見ている。彼は計画的に、順序立てて彼の経営を進めている。音もなく、世の中を驚かしたこともないが、彼の歩みは一歩一歩人類に近づいてきて、 電光石火の勢いで宇宙の中で裁きの座を開き、彼の玉座もわたしたちの間に降ってきた。それはなんと威厳に満ちた場面だろう。それはなんと荘厳で厳粛な光景だろう。その霊は鳩のように、またほえたける獅子のようにわたしたちの間に来た。彼は知恵であり、正義、威厳である。権威をもって、満ちあふれる憐れみ、慈しみをもってひそかにわたしたちの間に来た。彼の到来に気づいた者はおらず、彼の到来を迎える者もおらず、これから彼が行うすべてのことを知っている者はなおさらいない。人々の生活はいつもと同じで、普段と同じ心で、普段と同じ日々を過ごしている。神も最も小さい追随者の一人、普通の信徒の一人として、普通の人と同じように、わたしたちの間で生活している。彼には自分の追求、自分の目標があり、さらに普通の人が持たない神性を持っている。彼の神性に気づいた人はおらず、彼の本質と人の本質との違いに気づいた人もいない。わたしたちは、何の束縛も受けずに、少しも恐れずに彼と一緒に生活している。わたしたちの目には、彼はただ一人のごく小さな信徒にすぎないからである。わたしたちの一挙手一投足はすべて彼の目に見られており、わたしたちの思い、わたしたちの考えはみな彼の前にあますところなく現れている。彼の存在に興味を持つ人はおらず、彼の果たす機能に想像を働かす人もおらず、彼の身分に何か疑いを抱く人はなおさらいない。わたしたちはただ自分の追求を続けているだけである、彼とは何の関係もないように……。

偶然の機会に、聖霊は彼を「通して」一篇の言葉を発した。大変突然だとは思ったが、わたしたちはやはりこれは神の声だと認め、喜んでそれを神によるものとして受け入れた。なぜなら、言葉を発するこの人がだれであれ、聖霊から出るものなら、わたしたちは受け入れるべきであり、拒んではならないからである。次回はもしかするとわたしを通して、或はあなたを通して、或は彼を通して声を発するかもしれないが、いずれにせよそれは神の恵みである。しかしだれを通して声を発してもわたしたちはその人を崇拝してはならない。なぜなら、この人は絶対に神であるはずがなく、しかもわたしたちは絶対にこのような普通の人を、わたしたちの神に選ぶはずがないからである。わたしたちの神はなんと偉大で尊いのだろう、一人のごく小さな人がどうして神に取って代わることができようか。おまけにわたしたちはみな、神が来てわたしたちを引き上げ、天国に連れていくことを待ち望んでいる。このような一人のごく小さな人が、これほど重要で困難な任務を果たすことができるだろうか。主が再来するときは、きっと白い雲に乗って来、すべての人が彼を仰ぎ見る。それはなんという栄光だろう!彼が一団の普通の人の間にこっそりと隠れていることはあり得ない。

しかし、人の間に隠れているこのごく普通の人がわたしたちを救う新しい仕事をしているのだ。彼はわたしたちに何かを表明せず、来意も告げず、ただ彼の計画と手順にしたがって自分がしようとする仕事をしているだけだ。彼はますます頻繁に声を発し、言葉を言うようになった。慰め、励まし、忠告、警告から咎め、懲らしめまで、やさしくて情け深い口調から激烈で威厳のある言葉づかいまで、どれでも人々にいっそう憐れみを受けさせ、また恐れおののかせる。彼の言葉はわたしたちの心の奥底に秘められている秘密にすべて命中し、わたしたちの心、わたしたちの霊を突き刺して、わたしたちに身の置き場がないようにし、また甚だしく恥入るようにする。わたしたちは、この人の心の中にいるその神が本当にわたしたちを愛しているのか、いったい何をしようとするのか、疑い始めた。これらの苦しみを受けてからこそ引き上げられるのか……と、わたしたちは心の中で思案していた、後の落ち着き先のために、また将来の運命のために。わたしたちの中に、神がすでに肉体を着てわたしたちの間で働いていると思っている人は相変わらずいない。彼がもう長い間、わたしたちと共にいて、わたしたちに面と向かって、たくさんの言葉を言ったが、わたしたちは相変わらずこのような普通の人をわたしたちの未来の神として喜んで受け入れたくなく、ひいては自分の将来や運命をこのごく小さな人に喜んで支配させたくない。わたしたちは彼によって、尽きることのない生ける水の供給を享受しており、彼を通じて神と人が互いに向かい合う生活をしているが、ただ天の主イエスの恵みに感謝するだけで、神性を持っているこの普通の人の気持ちなど気にかけたことがない。彼は依然として肉体の中にへりくだり、隠れて仕事をしており、心の声を発している。まるで人類が彼を拒んでいることを感じていないかのように。まるで人の幼さや無知を永遠に赦し、彼に対する人の無礼な態度を永遠に大目に見るかのように。

知らず知らずのうちに、わたしたちはこのごく小さな人によって、神の一つ一つの働きの段取りの中に導き入れられ、無数の試練を受け、無数の打ちたたきを経験し、死の試練も経験した。わたしたちは神の義なる、威厳に満ちた性質を知り、また神の慈しみ、憐れみを享受し、神の大能と知恵を味わい、神の愛すべきこと、人を救おうとする神の差し迫ったみこころを見た。この普通の人の言葉から、わたしたちは神の性質、神の本質を知り、神のみこころを理解し、また人の本性の本質を認識し、救われ、完全にされる道を見つけた。彼の言葉はわたしたちを死なせ、また復活させた。彼の言葉はわたしたちに慰めを得させ、またいっそうわたしたちにやましさと負い目を感じさせた。彼の言葉はわたしたちに喜びと平安を得させ、またわたしたちをとても苦しませた。時には、わたしたちは彼の手の中にいる小羊のように、彼の意のままに屠られる。時には、わたしたちは彼の目の瞳のように、彼の憐れみと愛を享受する。時には、わたしたちは彼の敵のように、彼の目の前で彼の怒りによって焼かれて灰燼に帰す。わたしたちは彼に救われる人類であり、彼の目にわたしたちは蛆虫であり、彼が昼も夜も見つけ出そうとしている見失った羊でもある。彼はわたしたちを憐れみ、わたしたちを憎み、わたしたちを高め、わたしたちを慰め、励まし、わたしたちを導き、啓き、またわたしたちを処罰し、懲らしめ、さらにはわたしたちを呪うことさえする。彼は日夜わたしたちのことを心配しており、日夜わたしたちを顧み、守っていて、わたしたちのそばを離れず、わたしたちのためにすべての心血を注ぎ、すべての代価を払った。わたしたちはこのごく小さな普通の肉体が言った言葉の中から、神のすべてを享受し、それに神がわたしたちに与えた落ち着き先を見た。それでも、わたしたちの虚栄心が依然としてわたしたちの心の中で災いを起していて、わたしたちは相変わらず喜んでこのような人をわたしたちの神として受け入れることができない。彼はわたしたちにたくさんのマナ、たくさんの享受できるものをもたらしてくれたが、しかし、これらのものは、わたしたちの心の中の「主の地位」に取って代わることができない。わたしたちは、この人の特別な身分、特別な地位をしぶしぶながら尊重している。彼が口を開いてわたしたちに彼が神であることを認めさせない限り、わたしたちの方からは、彼が来たらんとするが、すでにわたしたちの間で長い間働いていた神であることを認めることは絶対にない。

神は続けて声を発しており、さまざまな方式によって、異なった立場に立ってわたしたちのすべきことを教え諭すと同時に、彼の心の声を表している。彼の言葉は生命力があり、わたしたちに歩むべき道を与え、また何が真理であるかを悟らせた。わたしたちは彼の言葉に引きつけられ始め、彼の口調、話し方に注意を払い始め、また無意識的にこの目立たない人の心の声に関心を持ち始めた。彼はわたしたちのために苦心惨憺し、わたしたちのゆえに寝ても覚めても気持ちが落ち着かず、わたしたちのために泣き、ため息をつき、わたしたちのゆえに病の中でうめいている。わたしたちの落ち着き先のために、わたしたちが救われるために、彼は屈辱を耐え忍んでおり、わたしたちの無感覚、わたしたちの不従順が彼の心に涙と血を流させた。このような所是、所有は、普通の人にはないものであり、いかなる堕落した者も持っていない、達することができないものでもある。彼は普通の人にはない寛容と忍耐を持っており、彼の愛はいかなる被造物も持たないのである。彼以外に、わたしたちの思うこと、考えることを知ることができる人はおらず、わたしたちの本性、本質に掌を指すように明らかな人はおらず、人類の不従順や人類の堕落を裁くことができる人はおらず、天の神を代表してこのようにわたしたちと話し、わたしたちに対して働くことができる人はいないのだ。彼以外に、神の権威、知恵、尊厳を持っている人はいない。神の性質と神の所有、所是は彼の身であますところなく発されている。彼以外に、わたしたちに道を指し示し、光をもたらすことができる人はいない。彼以外に、創世から今まで神が公にしていない奥義を明らかにすることができる人はいない。彼以外に、わたしたちをサタンの束縛や堕落した性質から救い出すことができる人はいない。彼は神を代表するのであり、彼は神の心の声、神の委託、全人類に対する神の裁きの言葉を発している。彼は、新しい時代、新しい紀元を切り開き、新天新地と新しい仕事をもたらし、わたしたちに希望を与え、漠然とした中で日を過ごすような、わたしたちの生活を終わらせ、わたしたちに救われる道を完全に見せた。彼はわたしたちの全存在を征服し、わたしたちの心を得た。その瞬間から、わたしたちの心は感覚があるようになり、わたしたちの霊もよみがえったようだ:この普通の人、このごく小さな人、わたしたちの間で生活している、わたしたちに長い間拒まれていたこの人は、まさにわたしたちが思いこがれ、日夜待ち望んでいた主イエスではないのか。彼だ!まさに彼だ!彼こそがわたしたちの神である!彼こそが真理であり、道であり、命である!彼はわたしたちをよみがえらせ、わたしたちに光を見、心が再びさまよわないようにした。わたしたちは神の家に戻り、神の玉座の前に戻った。わたしたちは神と面と向かっていて、神の御顔を見、これから先の道を見た。その時、わたしたちの心は完全に彼に征服され、もう彼の身分を疑わず、もう彼の働き、言葉に反発せず、全存在が彼の前にひれ伏した。ただ、生きている間神の足跡に従うこと、彼に完全にされ、彼の恵みに報い、わたしたちに対する彼の愛に報い、彼の支配と按配に従い、彼の仕事に協力し、力を尽くして彼の委託を遂行することを願うだけである。

神に征服される過程は、まるで武術の試合のようである。

神の言葉はどれでもわたしたちの急所を突いて、わたしたちを悲しませ、恐れさせる。彼はわたしたちの観念を暴露し、わたしたちの想像を暴露し、わたしたちの堕落した性質を暴露した。一言一行、一挙一動から、一つ一つの考えや思いまで、わたしたちの本性の本質は彼の言葉によって明らかにされた。そのため、わたしたちは恐れおののき、穴があったら入りたいほど恥ずかしいのである。わたしたちのあらゆる行為、わたしたちの動機、目的、ひいてはわたしたち自身もこれまで気づいていない堕落した性質を、彼は逐一わたしたちに知らしめて、完膚なきまでにさらけ出されたと感じ、しかも口先だけではなく、心から承服した。彼はわたしたちの彼に対する反抗を裁き、わたしたちの彼に対する冒涜、罪定めを罰して、彼の目から見ればわたしたちには何の取り柄もなく、自分がまさに生きたサタンだと感じさせる。わたしたちの希望は潰えて、もう彼に対してどんな過分な要求や企てもしなくなり、わたしたちの夢さえ一夜にして烏有に帰したのだ。これは、わたしたちのだれにとっても思いもかけず、受け入れがたい事実である。突然、わたしたちは心のバランスを失い、どのように前に進み続ければいいか分からなくなり、どのようにわたしたちの「信仰」を持ち続けていけばいいか分からなくなった。わたしたちの信仰はまた原点に戻ったようであり、また今まで主イエスと「出会い、知り合った」ことがないようである。目の前のすべては、わたしたちを惑わせ、迷わせた。わたしたちはがっかりし、失望し、心の奥底には抑えきれない怒りと屈辱があった。わたしたちはうっぷんを晴らそうと試み、別の活路を求めようと試み、さらに、わたしたちの救い主イエスを待ちつづけ、彼に胸中を打ち明けようと試みた。時には、うわべでは卑屈でも傲慢でもないように見えるが、心の中にはかつてない喪失感があった。時には、うわべでは非常に落ち着いているように見えるが、心の中は荒れ狂う波のように激しく動揺し、もがき苦しんでいた。彼の裁きと刑罰はわたしたちのすべての夢、すべての希望を奪い去った。そのため、わたしたちはもう過分な望みを抱かず、また、彼がわたしたちの救い主であり、わたしたちを救うことができると信じたくなくなった。彼の裁き、刑罰によって、わたしたちと彼の間には深い溝が生まれ、それを越えようとする人さえもいなくなった。彼の裁き、刑罰によって、わたしたちは生まれて初めて、このように大きな挫折に遭い、このように大きな屈辱を受けた。彼の裁き、刑罰によって、わたしたちは神の犯してはならないこと、神の尊さをしみじみと感じた。それに比べて、わたしたちはなんと卑しく、汚れていることか。彼の裁き、刑罰によって、わたしたちは初めて自分の傲慢、思い上がりに気づき、また、人は永遠に神と対等にふるまい、神と同列に論じることができないことが分かった。彼の裁き、刑罰によって、わたしたちは、これ以上このような堕落した性質の中に生きず、一刻も早くこのような本性の本質から抜け出して、もう彼に憎まれず、彼に嫌われないことを渇望するようになった。彼の裁き、刑罰によって、わたしたちは心から喜んで彼の言葉に従い、彼の言葉を聞き、もう彼の支配、按配に背かないようになった。彼の裁き、刑罰によって、わたしたちは生き続けたいという願望が再び生じ、喜んで彼をわたしたちの救い主として受け入れるようになった……わたしたちは征服の仕事の中から出てき、地獄から出てき、死の陰の谷から出てきた……全能の神はわたしたちこの一団の人を得た!彼はサタンに打ち勝ち、すべての敵を打ち負かした!

わたしたちはこのような一団の、堕落したサタン的性質を持っているごく平凡な人であり、神がもろもろの時代の前に定めておいた人であり、神が芥の中から引き上げた乏しい人である。わたしたちはかつて神を拒み、神を罪定めしたが、もう神に征服された。わたしたちは神から命を得、永遠の命の道を得た。天地の果てにあっても、迫害や患難を受けても、わたしたちは全能の神の救いから離れることはできない。彼はわたしたちの造物主であり、わたしたちの唯一の贖いだからである!

神の愛は、泉の水のように絶え間なく流れており、あなたにも、わたしにも、彼にも、真心をもって真理を求め、神の出現を待ち望むすべての人に与えられる。

神の仕事は、太陽と月が交替するように止んだことがなく、あなたに対して、わたしに対して、また彼に対して、神の足跡に従っていき、神の裁きと刑罰を受け入れるすべての人に対してなされている。

2010年3月23日発表

「東方閃電」全能神教会は主イエスの再来ーー世の終わりのキリスト「全能神」の中国での働きによって生まれました。誰か人が設立したのではありません。キリストは真理であり、道であり、命なのです。神様の言葉を読んだら、神様が既に現れていると分かるはずです。

ホームページ:http://www.holyspiritspeaks.org

Youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/godfootstepsjp

フェイスブック:http://www.facebook.com/godfootstepsjp

ツイッター:http://twitter.com/followgodsteps

ブロッグ:http://jp.blog.hidden-advent.org

メールアドレス:info@kingdomsalvation.org

電話番号: 81-90-6033-9775