『第二十三篇の言葉』

わたしの口から声が出る時、わたしの目から火の炎が発せられる時、わたしは全地を見張っており、全宇宙を眺めている。あらゆる人はわたしに祈っており、わたしを仰ぎ見ていて、これ以上怒らないようにとわたしに懇願し、自分がもうわたしに逆らわないと誓う。しかし、もう過去のことではなく、現在のことである。だれがわたしの志を変えることができるのか。人の心の中の祈り求めであるか。人の口の言葉であるか。だれがわたしによらずに今まで生きることができるのか。だれがわたしの口の言葉の中で生きていないのか。だれがわたしの目に見張られないのか。わたしは全地でわたしの新しい仕事を展開している、だれが逃れたのか。山は、その高大さのゆえに回避することができるのか。水は、その多さのゆえに逆らうことができるのか。わたしは計画の中で、いかなる物をも軽々しく寛大に扱ったことがない。だから、いかなる人も、いかなる物もわたしの手に左右されるのを逃れたことがない。今日、すべての人の間で、わたしの聖なる名を褒め称えており、またすべての人の間で、わたしに抗議を提出し、すべての人の間で、地でのわたしについての伝説を伝えている。わたしは、人がわたしを裁くことを許さず、人がわたしの体を分割することを許さず、また、人がわたしを罵ることを許さない。人は今までわたしに対して真の認識を持っていないから、常にわたしに逆らい、わたしを欺くのであり、わたしの霊を宝愛せず、わたしの言葉を大切にしない。人のすることなすことのゆえに、人のわたしに対する態度のゆえに、わたしは人に適切な「報酬」を与える。だから、人はみな「報酬」を見ながら事を行うのであり、だれ一人、自分を犠牲にするような仕事をした者はおらず、人は私心のない奉献をしようとせず、むしろ代価なしの「報酬」を得ることを喜ぶ。ペテロはわたしの前で捧げたが、それは明日の「報酬」のためではなく、今日の「認識」のためである。人はわたしと本当の交わりを持ったことがなく、わたしの前で一再ならずわたしをいいかげんにあしらい、自分が「いいかげんにあしらう」ことを通して、たやすくわたしの賞賛を勝ち得ようとする。わたしは人の心の奥底を探るので、人の心の奥底から「豊富な鉱物資源」をたくさん掘り出した。人自身さえもそれに気づいていないが、わたしは新しい発見を得た。だから、人はみな「物的証拠」を見た後、これ以上「見せかけの謙遜」をせず、両手を広げて自分の汚れを認める。人の中の、もっと多くの新しいものは、わたしが「採掘し」なければならない。それは、あらゆる人が享受に満ちているためである。わたしは、人が「持ちこたえられない」がゆえに、わたしの仕事をやめることはなく、ずっとわたしのもとの計画に従って人を手入れしている。人は果樹のようであって、手入れされなければ、容易に実を結ぶことができず、最終的に枯れ枝と落ち葉しか見られず、地に落ちる果実はない。

わたしは毎日王国の「奥の部屋」を飾りつけている。突然わたしの「仕事部屋」に飛び込んで、わたしの仕事を邪魔する人はいなかった。あらゆる人は極力協力しており、わたしに「解雇」され、「失職」して生活の道を失い、そしてサタンに占拠された「荒涼たる砂漠」の中に落ち込むことをひどく恐れている。人の「恐れ」のゆえに、わたしは毎日人を慰め、毎日人の愛を鼓舞し、また毎日の生活の中で人を教育する。人はみな生まれたばかりの赤ちゃんのようであって、乳の供給がなければ、地を離れてこの世と永遠の別れをする。人が呼び求めている時、わたしは人の間に来た。すると、人は直ちに光のある世界に生きるようになり、もう「部屋」に閉じこもり天に向かって祈ったりしない。人はわたしを見ると、有無を言わせず自分の心の中の「やるせなさ」を訴え、食物が自分の口に下ることを求めるために、わたしに向けて口を開ける。しかしその後、人は「平然として恐れず」、もうわたしに何かを求めず、むしろ心地よく眠りに入り、或いはわたしの存在を否定して自分の事をする。わたしが人に「見捨てられる」ということから、人が「情感」を持たず、わたしに対しても「公正」を行うことが分かる。だから、わたしは人の見苦しい様子を見てひそかに離れ、もはや、人が真心をもって呼び求めるがゆえに軽々しく下って来ることはない。知らず知らずのうちに、人の悩みは日増しに多くなる。そのため、人は忙しい時、突然わたしの存在に気づいた。すると、人は有無を言わせずにわたしの服の裾をとらえて、わたしを自分の家に「招待する」。わたしの享受に供する料理が盛りだくさんであるけれども、人はやはりわたしを「身内」としないのであり、わたしの「助け」を少し得ようと、わたしを客として扱う。だからこの時、人はわたしに「サイン」してもらおうと、「少しも遠慮せず」自分の悲惨さをわたしの前に引き渡し、まるで人が商売をするのに一口の貸付金を必要としているようである。そこで、人は極力わたしに向かって「攻める」。人のすべての挙動から、わたしは「少し人の意図が分かる」。人の目には、わたしは人の言葉つきや顔色から人の心を探ることができず、人の心とはらわたを究めることができないようである。だから人は、すべての事に対する経験をことごとくわたしに「ぶちまけ」、その後わたしに要求を出す。わたしは人のすることなすことを恨むのであり、人の間に、わたしに愛される仕事をする者は一人もいなかった。人はわざとわたしに敵対し、わざとわたしの怒りを「引き起こす」ようであり、人はみなわたしの目の前で大威張りで歩き、わたしの目の前で自分の意志のままに振舞う。人の間に、わたしのために生きる者は一人もいない。だから、全人類の人生は何の価値、意義もないのであり、こうして全人類は虚しさの中に生きるようになった。それでも人はやはり目覚めず、わたしに背き続け、自分が虚しく生きていくに任せる。

あらゆる試練の中で、人はわたしの心にかなったことがない。人には仁義がないので、人はわたしの名を証しするためでなく、ずっとわたしのご飯を食べながら「外道を走る」のであり、人の心が完全にわたしに向いたのではない。だから、人はサタンに踏みにじられて、全身が傷だらけになり、汚れに満ちている。しかし、人はやはり自分の醜悪な姿を知らず、ずっと陰でサタンを「祭っている」。だから、わたしは怒った後、人を底なしの淵の穴に投げ込んで、人が永遠に生まれ変わらないようにする。それでも、人は泣き叫んでいる時、やはり自分の志を変えず、ずっと無理にわたしに反抗しており、これによってわざとわたしを怒らせようとする。人の表現のゆえに、わたしは人を罪として扱い、わたしの懐の中の暖かさを施さない。天使は終始一貫してわたしに仕え、わたしに従順であるが、人はまったく逆であり、まるで人がわたしから出たのではなく、サタンから来たようである。あらゆる天使は自分の位置で忠義を尽くしており、サタンの勢力に影響されず、ただ自分の本分を尽くしているのであり、すべての子、民は天使の注ぎ、養いの下で健やかに成長し、だれも弱くなったことがない。これはわたしの業であり、わたしの奇しさである。ひとしきりひとしきりの、建国式典の礼砲の音の中で、天使たちはリズムのある伴奏にあわせて、わたしの観閲台の前に歩いてきてわたしの観閲を受ける。それは彼らが心の中に「混じり気」がなく、「偶像」がなく、しかもわたしの観閲を避けないからである。

狂風がほえる時、天は瞬く間に落ちてくる。そのため、あらゆる人は窒息し、もはや自分の意志によってわたしを呼び求めることができなくなり、知らず知らずのうちにあらゆる人は倒れてしまう。木が風の中であちこちに揺れ、時々木の枝の折れる音が聞こえる。すべての枯れ葉が風に吹き流されて、地上は直ちに寂しくなる。人は各々自分の肩を抱いて、秋過ぎの災害がいつか彼らを襲うのを待っている。山の鳥はみな飛び回っていて、まるでだれかにその哀愁を泣きながら訴えるようである。山の洞穴の中で、獅子は吠えていて、その声は人をぞっとさせる。まるで不吉な予感を与えるようで、人類の結末を予告しているのだと感じる。人はみなわたしに随意に処分されようと思わず、みな天の「支配者」に黙祷している。しかし、狂風は小川の水の流れる音のゆえに阻まれることがあろうか、人の祈り求める声のゆえに突然止まることがあろうか、雷鳴は人が怖がるがゆえに心の中の怒りを抑えることがあろうか。風の中で人の体は揺れ動き、雨の中で人はあちこちへ身を隠し、わたしの怒りの中で人は恐れおののき、わたしの手が自分の身に臨むことをひどく恐れている。わたしは銃弾を発射する銃口のように、いつでも人の胸へ向けられているようである。また、人はわたしの敵のようである。しかし、人はまたわたしの友達でもある。人はこれまで、彼に対するわたしの本当の心意に気づいておらず、わたしの本当の目的を理解していない。だから、人は知らず知らずのうちにわたしを犯し、また知らず知らずのうちにわたしに逆らうが、知らないうちにわたしの愛を見たのでもある。わたしが怒る時、人は容易にわたしに会うことができない。わたしは黒雲が垂れこめる怒りの中で身を隠し、雷鳴の時、全宇宙の上に立って人に憐れみを施す。人が全然わたしを知らないから、わたしは人がその意味を理解しないがゆえに人を罰することはない。人の目には、わたしは時々怒り、また時々笑顔を見せる。しかし、人がわたしを見たとしても、やはり本当にわたしの性質のすべてを見たことがなく、やはりラッパの快い音が聞こえない。人はあまりにも無感覚だからである。人の記憶の中にわたしの姿があるようであり、人の思惟の中にわたしの面影があるようである。しかし今まで発展してきた人類のうちに、本当にわたしを見た人は一人もいない。なぜなら、人の大脳はあまりにも貧乏だからである。人はわたしを分析したことがあるが、人類の科学が「発達」していないので、今になっても、やはり何の「科学研究の成果」もない。だから「わたしの姿」という研究科目はずっと空白であり、それを埋める人はおらず、「世界記録を破る」人はいない。なぜなら、人類が今日足場を固めることができるのは、もう不幸中の幸いだからである。

一九九二年三月二十三日

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です