『真心から神に従う人は必ず神に得られる』

聖霊の働きは毎日変わり、段階ごとに高くなり、明日の啓示は今日よりもっと高く、一歩一歩と前へ進む、神はこのような働きを通して人を完全にするのである。もし人がついて行けなければ、いつでも淘汰される恐れがある。もし人が従順な心を持たなければ、最後までつき従うことができない。古い時代はすでに過ぎ去り、今は新しい時代になった。新しい時代には新しい仕事をするのであり、特に人を完全にしようとする終わりの時代に、神はもっと新しい仕事をより早くしようとする。だから、もし人が心から従うことができなければ、神の足跡について行くことができない。神は規定を守らず、またどの段階の仕事をも永遠に変わらない仕事としないで、終始一貫してもっと新しく、もっと高い仕事をする。彼の仕事は段階ごとに実際的になり、すればするほど人の実際の要求にかなう。人はこのような働きを経験してこそ、最後に性質の変化を得ることができる。命に対する人の認識がますます高くなっているから、神のする仕事もますます高くなる。そうなってこそ、人は完全にされ、神の使用に適することができる。神がこのような仕事をするのは、一方では人の観念に反撃し、人の観念を正すためであり、他方では人をより高くて実際的な境地、神を信じる最高の域に導き入れて、最後に彼のみこころを成就するためである。本性が不従順で、故意に逆らう人たちは、必ずこの段階の速くて激しい働きによって淘汰される。心から従い、進んで「自分を低くする」人だけが最後まで歩むことができる。このような働きの中で、あなたたちはみな従うことを学び、観念を捨てることを学ばなければならず、一歩踏み出すごとに用心深くて慎重でなければならない。もしいいかげんでおおざっぱであれば、きっと聖霊に見捨てられる人になり、神の働きを妨げる人になる。この段階の仕事を経験する前に、人の古い規定や定めは数え切れないほど多かった。それゆえ、あらゆる人はのぼせ上がり、有頂天になった。それらのものはみな人が新しい仕事を受け入れる際の障害であり、人が神を知る際の敵である。もし人に従順な心がなく、真理を渇仰する心がなければ、危険である。もしあなたが簡単な働きや言葉だけに従い、もっと深いものを受け入れられなければ、あなたは保守的な人であり、聖霊の働きの歩調について行けない。時代ごとに神の働きは異なっていて、もしあなたがこの段階の働きによく従ったが、次の段階の働きにはよく従っていないか、或いは従うことができないなら、神に見捨てられる。神がこの段階に踏み出す時、あなたがついて行ったが、神が次の段階に踏み出す時も、あなたはついて行かなければならない。これこそ聖霊に従う人である。あなたは神を信じる以上、終始一貫して従わなければならない。うれしい時従い、機嫌が悪い時従わない。このような従順は神に良しとされない。もしわたしが新しい働きを交わったが、あなたがついて来られず、以前のその教えに固執するなら、あなたの命は成長できるだろうか。神が働くのは、話すことによってあなたに供給するのだから、あなたがそれに従い、しかも受け入れれば、聖霊は必ずあなたの身に働く。わたしの言う言葉によって聖霊は働くのだから、あなたたちがわたしの言ったとおりに行えば、聖霊はすぐあなたの身に働く。わたしは新しい光を解き放してあなたたちに見せることによって、あなたたちをみな現時の光の中に導き入れる。あなたが現時の光の中に入ったら、聖霊はすぐあなたの身に働く。ある人は不服を唱えて、「わたしは絶対にあなたの言葉によって実行しない」と言う。では、私はこう言う、あなたは今すぐ道を失い、干からび、命を失ってしまう。だから、性質の変化を経験し、現時の光について行くことはいちばん肝心なのである。聖霊は神に使われる一部の人の身に働くだけではなく、さらに教会の中で働くのであり、だれでも聖霊の働きを得る機会がある。この段階は聖霊があなたの身に働いたので、あなたが経験した、次の段階ほかの人の身に働くと、あなたはさっそくついて行きなさい。現時の光について行けば行くほど、命はますます大きくなることができる。どんな人の身に行われた仕事であれ、それが聖霊の働きである限り、あなたはついて行き、経験する中で実際に彼の経験を体験したら、あなたはまたもっと高いものを得ることができる。このように実行すれば進歩がさらに速くなる。これは人を完全にする道であり、命の成長の一つの道である。完全にされる道を歩むのは、あなたが聖霊の働きに従うことによるのである。あなたは神がどのような人を通してあなたを完全にするかを知らず、また、どのような人、事、物を通してあなたに得させ、あなたに悟らせるかも知らない。もしあなたがこの正しい軌道に乗ることができれば、あなたは大いに神に完全にされる望みがある。もしあなたがこの道を歩むことができなければ、あなたの前途が暗く、暗たんとして光がないのである。あなたがこの正しい軌道に乗ったら、すべてのことで啓示を受けることができる。ほかの人が聖霊から受けた啓示は何であれ、あなたが彼の認識によって経験すれば、それはあなたの命になることができ、あなたもその経験によってほかの人に供給することができる。ほかの人の言葉を繰り返すことによって人に供給する者は経験のない人である。ほかの人の照らしと啓きのもとで実行の道を探すことを学び、それから自分が実際に身をもって経験したことと認識を語る。そうすれば、さらに自分の命のためになる。あなたはこのように経験すべきである。神から出たすべてに従い、すべてのことで神の心意を求め、すべてのことで学課を学んで、自分の命を成長させる。このように実行すればいちばん進歩が速い。

あなたの実際の経験によって聖霊はあなたに啓き、またあなたの信仰によってあなたを完全にする。あなたは本当に完全にされたいか。もしあなたが本当に神に完全にされたいなら、あなたは肉体を捨てる勇気があり、神の言葉を実行することができ、消極的になることも弱くなることもなく、神から出たすべてに従うことができ、面と向かってすることと陰ですることをみな神の前に出すことができる。あなたが誠実な人になることを追い求め、すべてのことで真理を実行すれば、完全にされる人になることができる。面と向かってすることと陰ですることが裏腹である不実な人たちはみな完全にされようと思わない人であり、みな滅びの子、滅亡の子であり、サタンに属するものであって、神に属するものではない。神が選ぶのはこのような人ではない!もしあなたのあらゆる行いが神の前に出せず、神の霊の監視を受けられなければ、あなた自身に問題があることを説明する。あなたは神の裁き、刑罰を受け、性質の変化を重んじなければならない。こうしてこそ、完全にされる道を歩むことができる。もしあなたが本当に神に完全にされたいと思い、本当に神のみこころを行いたいと思うなら、あなたは神のすべての働きに従い、どんな恨み言も言わず、勝手に神の仕事を裁かず、神の仕事について勝手に結論を下さないようにしなければならない。これが神に完全にされるのに少なくとも備えるべき条件である。神に完全にされることを追い求める人が備えるべき条件は、何事も神を愛する心をもって行うことである。神を愛する心をもって行うとは、どういうことか。つまり、あなたのあらゆる行いは神の前に出せるということである。あなたの存心が正しいので、あなたのしたことが正しくても間違っても、取り出して神に見せ、兄弟姉妹に見せる勇気があり、神に誓う勇気がある。一つ一つの存心、一つ一つの思いや考えを神の前に出して神の監察を受けることができる。もしあなたがこのように実行し、進入すれば、命の成長は速くなる。

あなたは神を信じる以上、神のあらゆる言葉を信じ、彼のあらゆる働きを信じなければならない。つまりあなたは神を信じる以上、神に従わなければならない。もしこの点ができなければ、信じても信じなくても区別がない。あなたが長年神を信じたが、これまで神に従ったことがなく、神のすべての言葉を受け入れたことがなく、むしろ神をあなたに従わせ、あなたの観念どおりに行わせるなら、あなたはいちばん不従順な人であり、不信派である。このような人がどうして人の観念に合わない神のそれらの働きと言葉に従うことができるだろうか。いちばん不従順な人は、わざと神に服従せず神に逆らう人であり、これは神の敵であり、反キリストである。神の新しい働きに対していつも敵対的な態度を取り、今まで従う気が少しもなく、今まで自ら進んで従い、自分を低くしたことがなく、人の前でいちばん高慢であり、誰にも従うことができず、神の前で自分は「道」を語るのがいちばん得意であり、ほかの人に工作するのが一番うまいであると思っている。自分の以前の宝物をずっと捨てず、むしろ家宝として拝んで、ほかの人に語り、これによって自分を崇拝するばか者たちを教える。このような人は教会の中に確かに一部分ある。こう言ってもいいが、この人たちは「威武に屈しない英雄の名門の家柄」の者であり、代々神の家に寄居している。彼らは「道」(理)を語るのを自分の最高の職責としており、一年また一年と、一代また一代と、彼らはみな自分の神聖不可侵な職責を履行しており、敢えて彼らに反抗する人はおらず、また、敢えて公然と彼らを非難する人は一人もおらず、彼らは神の家の中の「天帝の親父」になり、一つ一つの時代に権勢を頼んで横暴に振舞っている。この一群の悪魔は手を組んでわたしの仕事を破壊しようと企むのに、わたしはどうしてこのような生きた鬼がわたしの前に存在することを許すだろうか。半分の従順しか持っていない人たちでさえ最後まで歩むことができないのに、まして従順な心を少しも持っていない極悪なボスたちはなおさらのことではないか。神の働きは人が容易に得られるのではない。人が全身の力を出しても一部分だけを得て、それによって、最後に完全にされることができる。まして神の仕事を破壊しようと企む天使長の後裔はなおさらのことではないか。それらはなおさら神に得られる望みがないのではないか。わたしが征服の仕事をするのは、ただ征服するために征服するのではなく、義と不義を明らかにするために征服し、人を懲罰する証拠を握るために征服し、悪人を罪に定めるために征服し、さらに心から従う人を完全にするために征服するのである。最後になって、あらゆる人を各々その種類に従わせる。完全にされた人の思いや考えは従順で満ちている。これは最後に成し遂げる仕事である。不従順の行いで満ちている人たちはみな懲罰され、焼き払いの火の中に落とされて、永遠に呪われる対象になる。その時、歴代の「高大で威武に屈しない英雄の名門の家柄」の人たちはいちばん卑しく、いちばん冷遇される「惰弱無能のいくじなしの名門の家柄」の人になってしまう。こうしてこそ、神のあらゆる義を明らかにし、人が犯してはいけない神の性質を明らかにすることができ、こうしてこそ、わたしの心中の恨みを晴らすことができる。あなたたちはこのようにするのがとても合理的だと思わないのか。

聖霊の働きを経験する人がみな命を得られるのではなく、この流れの中の人がみな命を得られるのでもない。命はあらゆる人が共有する産物ではなく、性質の変化はあらゆる人が容易に得られるのではない。神の働きに従うには実際と生かし出しがなければならない。うわべで従えば神に良しとされることができるのではなく、神の言葉の表面の意味に「従う」だけで性質の変化を追い求めなくても、神の心にかなうことができるのでもない。神に従うことと、神の働きに従うことはもともと同じことなのであり、神に従うだけで神の働きに従わない人は従順な人だと言えず、心から従わないでうわべで媚びへつらう人はなおさら従順な人だと言えない。心から従う人はみな、働きの中で、ある程度の収穫を得ることができ、しかも神の性質を認識し、神の働きを認識することができる。これこそ心から神に従う人である。このような人はみな新しい働きの中で新しい認識と新しい変化を得ることができる。このような人こそ良しとされる人であり、完全にされる人であり、性質の変化がある人である。神に良しとされる人は自ら進んで神に従う人であり、自ら進んで神の言葉と働きに従う人でもある。このような人こそ正しい人であり、真心をもって神を得ようとする人であり、真心をもって神を求める人である。しかし、口先では神を信じると言うが、実際には神を侮りののしる人は自分を偽る人であり、毒蛇の毒液を含む人であり、いちばん陰険な人であり、これら悪党の一味はいずれその醜悪な仮面がはがれるはずである。今この仕事をしているのではないか。悪人はつまるところ悪人で、決して懲罰の日を逃れられない。善い人はつまるところ善い人で、仕事が終わる時みな明らかにされるであろう。悪人の中で義人とされる者は一人もおらず、義人の中で悪人とされる者も一人もいない。わたしが人を不当に扱うだろうか。

命が成長する過程の中で、いつも新しい進入があり、新しい悟り、もっと高い悟りがあり、段階ごとに深くならなければならない。これは人々が進入すべきことである。交わったり、道を聞いたり、神の言葉を読んだり、或いはあることを処理することによって、あなたは新しい悟りを得、新しい啓きを受けることができ、古い規定の中に生きず、古いものを守らないで、いつも新しい光の中に生き、神の言葉を離れない。これこそ正しい軌道に乗ることである。うわべで代価を払うだけではまだだめである。神の言葉は日に日に高くなり、毎日新しいものがあるので、人も毎日新しい進入がなければならない。神の言葉が成就するのは神の言う言葉の程度によるのだから、あなたがついて行けなければ取り残されてしまう。祈りを深め、神の言葉をもっと多く食べ飲みし、もっと深い啓示を受け、消極的なものを減らすべきであり、また物事を見る能力を向上させることで、物事を見極めることができ、霊の中のことについて少し分かることで、外のことを見極めることができ、問題の本質をつかむことができるようにしなければならない。これらを具備しなければ、あなたは教会を導くことができるだろうか。字句教理を語るだけで、実際がなく、実行の道がなければ、一定の期間しか維持できない。初信者に語るならどうにかできるが、一定の期間経つと初信者に実際の経験ができたら、あなたは供給することができなくなる。これでは神の使用に適することができるだろうか。あなたに新しい啓きがなければ働くことができない。新しい啓きがない人はみなどのように経験するか分からない人であり、このような人はどうしても新しい認識を得られず、どうしても新しい経験を得られない。命を供給することで、どうしても自分の機能をすることができず、神の使用に適することができないような人は、ろくでなしであり、ごくつぶしである。実は、このような人は仕事の中で全然機能をすることができず、みな役に立たないろくでなしであり、自分の機能をすることができないばかりか、かえっていろいろ教会に余計な面倒をかける。わたしはこれらの老先生たちにさっそく教会から退くように頼む、そうすれば、あなたたちが再びほかの人に見られないですむ。新しい仕事に対して認識がない上に、いろいろな観念を持っており、教会の中で何の機能もできないのに、至る所でそそのかし、消極的な話を伝え、さらには教会の中で勝手気ままに悪事を働き、やたらに暴れたり騒いだりして、弁別のない人たちを、頭が混乱し、何が何だか分からなくなるほどかき乱す。このような生きた鬼、このような邪悪な霊は早めに教会から退いたほうがいい。そうすれば、教会があなたのゆえに損害を受けないですむ。今日このような働きが怖くないが、明日の義なる懲罰もあなたは怖くないのか。教会の中には、いいかげんなごまかしをして飯を食う人が数多くあり、正常に行われる神の仕事を破壊しようと企む野良の狼がたくさんある。これらのものはみな悪魔の頭が遣わした悪魔であり、みな無知の小羊たちを丸呑みにしようと企む凶暴な狼である。いわゆるこの人たちが取り除かれなければ、教会の中の寄生虫になり、みないけにえを貪り食いする害虫になってしまう。これらの下劣かつ無知で、下品かついやしい蛆虫はいずれは懲罰を受ける!

「東方閃電」全能神教会は主イエスの再来ーー世の終わりのキリスト「全能神」の中国での働きによって生まれました。誰か人が設立したのではありません。キリストは真理であり、道であり、命なのです。神様の言葉を読んだら、神様が既に現れていると分かるはずです。

ホームページ: http://www.holyspiritspeaks.org
Youtubeチャンネル: http://www.youtube.com/godfootstepsjp
フェイスブック: http://www.facebook.com/godfootstepsjp
ツイッター: http://twitter.com/followgodsteps
ブロッグ: https://jp.blog.hidden-advent.org
メールアドレス: info@kingdomsalvation.org
電話番号: 81-90-6033-9775

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です