『「神」について、あなたはどのように認識するのか』

人はもうずいぶん長い間神を信じてきたが、多数の人は「神」という言葉が分からず、ただわけも分からずにつき従っている。人が一体なぜ神を信じるのか、または神とは何であるか、これらについて人は何一つ知らない。もし人が神を信じ、神につき従うだけで、神とは何であるかを知らず、しかも神を認識しないなら、これは途轍もない冗談ではないか。人は今日まで歩んできて、すでに天の奥義をたくさん見、また、奥深い、人が受け入れたことのない「知識」をたくさん聞いたけれども、いちばん浅い、人が考えたことのない多くの真理を認識していない。ある人は言うだろう。「わたしたちが長年神を信じたのに、神とは何であるか知らないことがあろうか。これは人を貶すのではないか。」実は、今日人がみなわたしにつき従っているけれども、今日のすべての仕事に対して何の認識もない。いちばん浅くて簡単な問題でも人は認識できないのに、「神」というような最も複雑な問題はなおさらそうではないか。あなたが関心を持たない問題、見いだせない問題は、あなたがいちばん分かるべき問題であることを、あなたは知るべきである。なぜなら、あなたは大勢に同調するだけで、自分が装備すべきものに注意せず、気を配らないからである。あなたは本当に、自分がなぜ神を信じるのかを知っているのか。あなたは本当に、「神」とは何であるかを知っているのか。あなたは本当に、「人」とは何であるかを知っているのか。「神を信仰する人」として、これらのことが分からなければ、神を信じる人としての尊厳を失うのではないか。なぜなら、今日わたしがしているのは、人に人の本質を分からせ、わたしのすべての業を分からせ、「神」の本来の姿に対して認識を持たせるという仕事だからである。それは経営計画の終わりであり、わたしの最後の段階の仕事である。だから、あなたたちがわたしからすべての人生の奥義を受け入れることができるように、わたしはそれを前もってあなたたちに教えるのである。これは終わりの時代の仕事だから、わたしはあなたたちが受け入れたことのない命の真理を全部あなたたちに教えなければならない。あなたたちが受け入れられず、耐えられないにもかかわらず。なぜなら、あなたたちの欠けているものは多すぎ、あなたたちが具備したものは極めて少ないからである。わたしは仕事を終わらせようとするから、わたしのすべき仕事を全部終え、あなたたちに対するわたしの委託を全部あなたたちに教える。それは、暗やみが臨む時、あなたたちがもう一度間違った道に紛れ込んで、悪しき者の詭計にかかることがないためである。あなたたちはたくさんの道が分からず、たくさんの事に対して認識がない。あなたたちはあまりにも無知すぎる。わたしはあなたたちの身丈をよく知っており、あなたたちの欠けたところをよく知っている。だから、あなたたちが理解できない言葉がたくさんあるにもかかわらず、わたしはやはり、あなたたちが受け入れたことのない、すべての真理をあなたたちに教えたい。なぜなら、わたしは常に、あなたたちの今の身丈では、あなたたちがわたしのために証しにしっかり立つことができるだろうか、と心配しているからである。わたしがあなたたちを見下げるわけではない。あなたたちはみなわたしに正式に調教されていない牛や馬の類であり、あなたたちの身には一体どれだけの栄光があるか全然見られない。わたしが多くの精力を費やしてあなたたちの身に働いたけれども、あなたたちの身には積極的な要素がほとんど見えず、消極的な要素が指を折って数えることができるようであり、それはただサタンを辱める証しになれるだけで、そのほかはほとんどサタンの毒素である。わたしの目には、あなたたちが救えないように見える。だから、今となって、あなたたちのさまざまな表情、態度を見て、わたしは初めてあなたたちの本当の身丈が分かった。だから、わたしは常にあなたたちのために心配している:人が独立して生活するなら、本当に今日よりよいか、或いは今日とほぼ同じであるか。あなたたちは自分の身丈が小さいため焦らないか。あなたたちは本当に、イスラエルの民のようにどんな時でもわたしに忠誠を尽くすことができるか。あなたたちが表しているのは、父母を離れた子供のような腕白さではなく、主人の鞭打ちを離れた牛や馬の爆発する獣性である。あなたたちは自分の本性を知らなければならない。それはあなたたちすべての人の弱点、あなたたちに共通する欠点でもある。だから、今日あなたたちに対するわたしの唯一の委託は、わたしの証しのためにしっかりと立ちなさい、ということである。持病が再発してはならず、最も肝要なのはわたしの証しである。これはわたしの働きの中心である。あなたたちは、マリアが夢の中でヤーウェの啓示を受け入れたのと同じように、わたしの言葉を受け入れるべきであり、しかも信じ、従うべきである。これこそ「貞潔」である。なぜなら、あなたたちはわたしの言葉をいちばん多く聞いた人であり、いちばんわたしに祝福された人だからである。わたしはあらゆる貴重な財産をあなたたちに与え、すべてのものをあなたたちに与えた。だが、あなたたちの身分は、イスラエルの民の身分と大きな隔たりがあり、両者の間には全く雲泥の差がある。しかし、あなたたちは彼らと比べたら、得たのがとても多い。彼らはわたしの出現を待ちわびているが、あなたたちはわたしと共によい時を過ごしており、わたしの豊富を共に享受している。彼らと比べたら、あなたたちは何の資格があってわたしと言い争い、わたしの財産を奪うのか。あなたたちが得たのは少ないのか。わたしがあなたたちに与えたのはとても多いが、あなたたちがわたしに返したのは、胸を締め付けられるような憂え悲しみ、心配、そして抑えられない憤懣感である。あなたたちは本当に憎らしいであるが、またかわいそうでもある。だから、わたしはあらゆる恨みを忍んで、あなたたちに一回また一回と反抗を示すしかない。何千年も働いたが、わたしは人類に抗議したことがない。なぜなら、人類が今日まで発展してきたが、わたしはあなたたちの間の「詐術」だけがいちばん有名であることに気づき、それは古代の有名な「祖先」があなたたちに残しておいた貴重な遺産のようだからである。わたしは本当にこれらの非人類の豚や犬の類を憎んでいる。あなたたちはあまりにも良心がない!あなたたちの人格はあまりにも下劣である!あなたたちの心はあまりにも頑なである!このような言葉、このような働きがイスラエル人の間にもたらされたなら、とっくに栄光を受けたはずである。しかし、あなたたちの間ではそのような効果に達成できず、得るのはただ無情な埋没と人の冷ややかな目つき、人の断りだけである。あなたたちの感覚はあまりにも鈍く、あなたたちはあまりにも価値がない!

あなたたちはわたしの仕事のためにすべてをささげるべきであり、わたしのためになる仕事をすべきである。わたしは、あなたたちが分からないことを全部あなたたちに教えたい。それは、あなたたちが自分にはないすべてのものをわたしから得るためである。あなたたちの欠けているものは数え切れないほどある。それでも、わたしはあなたたちの身にわたしのすべき仕事をし続けて、わたしの最後の憐れみをあなたたちに与えたい。それは、あなたたちがわたしから益を得、あなたたちにはない、世間の人が見たことのない栄光を受けるためである。わたしは長年働いたが、わたしを知っている人はいない。わたしはほかの人に教えたことのない秘密をあなたたちに教えたい。

人の間では、わたしはもともと人が見ることも触れることもできない霊である。わたしの地上での三つの段階の仕事(世界を造ること、贖うこと、滅ぼすこと)のゆえに、わたしは異なる時期に人の間で人に現れて(今まで公にしたことがない)、人の間でのわたしの仕事をする。わたしが初めて人の間に来たのは贖いの時代であった。もちろん、ユダヤ族の間に来たのである。だから、初めて「神」が地上に来たのを見たのはユダヤの民であった。その段階の仕事をわたしが自らしたのは、言がなった肉体を罪祭として贖いの仕事をしようとしたからである。だから、いちばん初めにわたしを見たのは、恵みの時代のユダヤ人であった。これはわたしが初めて肉体の中でした仕事である。王国の時代に、わたしは人を征服し、完全にする仕事をしようとする。だから、わたしはやはり肉体の中で牧養の仕事をするのである。これはわたしが二回目に肉体の中でする仕事である。最後の二つの段階の仕事の中で、人が接触するのはもはや見ることも触れることもできない霊ではなく、霊が肉体の中で実際化された人である。だから、人から見れば、わたしはまた人となり、神という感じは全然しない。しかも人が見た神は男性であるだけでなく、女性でもある。これはいちばん人を驚かせることであり、人がいちばん理解できないことでもある。長年の古い信じ方も、わたしの一回また一回の並外れた働きに打ち破られた。それで、人はみな驚いて呆然とした!「神」とは、聖霊、その霊、七倍強めた霊、すべてを含む霊であるだけではなく、また人であり、普通の人であり、極めて平凡な人である。男性であるだけではなく、女性でもある。同じなのは、二人とも人から生まれたことであり、違うのは、一人は聖霊によって身ごもられたのであり、もう一人は人から生まれたが、直接霊から来たのだということである。同じなのは、受肉した神がみな父なる神の仕事を担当することであり、違うのは、一人は贖いの仕事をするのであり、もう一人は征服の仕事をするのである、ということである。同様に父なる神を代表するが、一人は慈しみ、憐れみに満ちた贖い主であり、もう一人は激しい怒りと裁きに満ちた義なる神である。一人は贖いの仕事を開拓した大元帥であり、もう一人は征服の仕事を成就する義なる神である。一人は初めであり、もう一人は終わりである。一人は罪のない肉体であり、もう一人は贖いを完成し、仕事を継続する、もともと罪に属さない肉体である。彼らの霊は同じであるけれども、異なった肉体の中に宿り、また異なった場所で生まれたのであり、しかも何千年も隔たっている。しかし、彼らのする仕事は互いに矛盾しなくて、互いに補完し合うのであり、同時に同列に論じることができる。同様に人であるが、男の子でもあれば乙女でもある。長年来、人は神が霊であり、人であり、男であることを見ただけではなく、また人の観念に合わない、たくさんのことをも見た。そのため、人はどうしてもわたしを究められず、わたしに対していつも半信半疑であり、わたしが確かに存在するようでもあり、存在しない夢のようでもあると感じる。だから、人は今日まで歩んできたが、やはり神とは何であるかを知らない。あなたは本当に、簡単な一言でわたしのことを概括することができるのか。あなたは本当に「イエスは神であり、神はイエスである」と断言できるのか。あなたは本当に「神は霊であり、霊は神である」と断言できるのか。あなたは「神は肉体を着た人である」と断言できるのか。あなたは本当に「イエスの姿は神の偉大な姿である」と断言できるのか。あなたはあなたの文才で、神の性質と姿を十分に言い表すことができるか。あなたは本当に「神はただ神にかたどって男性を造っただけであり、神にかたどって女性を造らなかった」と断言できるのか。もしあなたがこのように言えば、女はみなわたしに選ばれた対象ではなく、なおさら人類の一種類ではない。今、あなたは本当に神とは何であるかを知ったのか。神は人であるか。神は霊であるか。神は本当に男であるか。イエスだけがわたしのしようとする仕事を完成することができるのか。もしあなたがその中の一つの言い方でわたしの本質を概括するなら、あなたは無知すぎる、忠実な信徒である。もしわたしが受肉の仕事を一回だけしたなら、あなたたちはわたしを定義するだろう。あなたは本当に一目でわたしを見抜くことができるか。あなたは本当に、あなたが生きている間接触したものによってわたしのことを十分に概括することができるか。もしわたしが肉体の中でした二回の仕事が同じであるなら、あなたたちはわたしのことをどう思うのか。永遠にわたしを十字架につけるだろう。神はあなたが言ったように簡単であるのか。

あなたたちの信仰には真心がこもっているけれども、あなたたちのうち、だれもわたしのことについて十分に言い表すことができず、見た事実を全部証しすることができない。あなたたちが考えてみよう。今、あなたたちの多くは正業につかないで、肉体を追い求め、肉体を満足させ、肉体をむさぼり、真理をあまり具備していないのに、どうしてあなたたちが見たすべてのことを証しすることができるだろうか。あなたたちは本当にわたしの証人になる自信があるのか。その日になって、もしあなたが今日見たすべてのことを証しすることができなければ、あなたは一人の被造物としての機能を失ってしまい、あなたという人は生きている意義が少しもなく、人としての資格を失い、さらには人ではないとさえ言える!わたしはあなたたちの身に無数の仕事をした。しかし、あなたが今、何の学課も学ばず、無駄骨を折って何の収穫もないため、わたしが仕事を広める時になって、あなたが呆然として言葉が出なくなり、何の機能も果たすことができないなら、あなたは歴史の罪人ではないか。その時になって、あなたはこの上なく後悔するだろう、しょんぼりするだろう。わたしが今こんなに多くの仕事をするのは、暇で退屈だからではなく、わたしの以後の仕事のために基礎を築くのであり、「せっぱつまると現状を変えようとする」のではない。あなたは、わたしが町のいたずらっ子のように仕事をしているのではなく、わたしの父を代表して仕事をしているのである、ということが分からなければならない。あなたたちが知るべきことは、わたしのするすべては、わたし自身がしているのではなく、わたしの父を代表しているのであり、あなたたちの機能はただつき従い、服従し、変化を追い求め、証しすることだけである。あなたたちが分かるべきことは、あなたたちがなぜわたしを信じるか、ということである。これはあなたたち一人一人が分かるべきいちばん重要な問題である。わたしの父の栄光のために、わたしの父は創世からわたしのためにあなたたちを定めた。彼があなたたちを定めたのは、わたしの仕事のためであり、彼の栄光のためでもある。あなたたちはわたしの父のゆえにわたしを信じ、わたしの父の定めのゆえにわたしにつき従ったのであり、あなたたち自身が選択したのではない。あなたたちがさらに分かるべきことは、あなたたちはわたしの父がわたしに与えられた、わたしのために証しをする者である。彼はあなたたちをわたしに与えたから、あなたたちはわたしがあなたたちに与えた道を守るべきであり、わたしがあなたたちに教えた道と言葉を守るべきである。なぜなら、あなたたちの本分はわたしの道を守ることであり、あなたたちがわたしを信じる原意はもともとこれだからである。だから、わたしはあなたたちに教えるが、あなたたちはただ、わたしの父がわたしに与えられた、わたしの道を守る者である。でも、あなたたちはただわたしを信じているだけであり、わたしに属しているのではない。なぜなら、あなたたちはもともとイスラエルの家の者ではなく、古い蛇の類のものだからである。わたしがあなたたちに要求するのは、ただわたしのために証しをすることだけである。しかし、今日あなたたちはわたしの道を守らなければならない。これはみな以後の証しのためである。もしあなたたちがただわたしの道を聞く「人」になるなら、何の価値もなくなり、わたしの父があなたたちをわたしに与えられた意義も失ってしまう。わたしがあなたたちに教えたいことはやはりこれである:「あなたたちはわたしの道を守るべきである」。

「東方閃電」全能神教会は主イエスの再来ーー世の終わりのキリスト「全能神」の中国での働きによって生まれました。誰か人が設立したのではありません。キリストは真理であり、道であり、命なのです。神様の言葉を読んだら、神様が既に現れていると分かるはずです。

ホームページ: http://www.holyspiritspeaks.org
Youtubeチャンネル: http://www.youtube.com/godfootstepsjp
フェイスブック: http://www.facebook.com/godfootstepsjp
ツイッター: http://twitter.com/followgodsteps
ブロッグ: https://jp.blog.hidden-advent.org
メールアドレス: info@kingdomsalvation.org
電話番号: 81-90-6033-9775

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です