『真の「人」とはどういうことか』

人を経営することはもともとわたしの仕事であり、人がみなわたしに征服されることは、さらにわたしが創世から定めておいたことである。人は、わたしが世の終わりに人を徹底的に征服しようとすることを知らず、わたしがサタンを打ち負かした証拠は人類の中の不従順な者を征服することであることも知らない。だが、わたしの敵がわたしと戦う時、わたしはすでにそれに教えた。わたしがサタンに捕えられた、とっくにサタンの子女、その家の番をする忠実なしもべになった者を征服しようとすると。征服するとは、もともと相手を打ち負かして、相手に恥をかかせるという意味であり、イスラエル人の言葉によれば、もともと徹底的に打ち負かし、滅ぼして、相手がもうわたしに反抗できないようにするという意味である。しかし、今日この人たちの間では、征服するという意味である。あなたたちが分かるべきことは、わたしの本来の意図は、人類を堕落させた悪しき者を徹底的に滅ぼし、打ちのめして、それがもうわたしを裏切ることができず、なおさらわたしの仕事を妨げ、かき乱す力がないようにすることである。だから、人にとっては、それは征服となった。その含意が何であろうと、要するにわたしの仕事は人類を打ち負かすことである。なぜなら、人類がわたしの経営の付属物であることは確かであるが、もっと正確に言えば、人類はわたしの敵であり、人類はわたしに逆らい、わたしに背く悪者であり、人類はわたしに呪われたその悪しき者の子孫であり、人類はわたしを裏切った天使長の後代であり、人類は、とっくにわたしに見捨てられ、わたしと真っ向から対立する悪魔の遺産だからである。なぜなら、全人類の上空が混濁して暗いのであり、全然澄んでおらず、世の中は真っ暗であって、世の中に生きていると、「手を出しても指が見えず」、顔を上げても日の光が見えず、足もとの道はぬかって凸凹で、長く曲がりくねており、死体が至る所にあり、暗い隅は死人の屍でいっぱいであり、ひんやりした隅には鬼の群れが寄居しており、人類の間はどこでも鬼の群れが出没しており、汚れに満ちているさまざまな獣の後代は殺し合い、惨たらしく戦い合っており、殺し合う時の声は人を恐れ戦かせるからである。このような時代、このような世界、このような「地上の楽園」では、人はどうして人生の楽しみを見つけることができるだろうか、またどうして人生の落ち着き先を見つけることができるだろうか。とっくにサタンに踏みにじられた人類はもともとサタンの姿を演じる者であり、さらにサタンの化身であり、サタンのために「高らかな証し」をする証拠である。このような「人類」、このような人間のくず、このような堕落した「人類の家族」の中の子孫が、どうして神のために証しをすることができるだろうか。わたしの栄光はどこから得られるのか。わたしはどうして証しを得ることができるだろうか。なぜなら、わたしに敵対している、人類を堕落させた敵は、わたしがとうの昔に造った、わたしの栄光、わたしの生かし出しに満ちている人類を汚し、わたしの栄光を奪い、それが人の内につくり込んだのは、サタンの醜悪な姿に満ちている毒素と、善悪の知識の木の実の汁だけだからである。最初、わたしは「人類」、すなわち人類の祖先――アダムを造った。彼は形も姿もあり、生気、活力に溢れており、さらにわたしの栄光が彼に伴っていた。それはもともとわたしが人を造った栄光の日であった。それから、アダムの身からエバ(彼女も、もともとは人の祖先である)が「生まれ出た」。こうして、わたしの造った人はみなわたしの息で満たされ、わたしの栄光に満ちあふれていた。アダムはもともとわたしの手から「生まれた」のであり、もともとわたしの姿の代表である。だから、「アダム」の原意は、わたしの活気で満たされ、わたしの栄光に満ちあふれ、形も姿もあり、霊も息もあるわたしの被造物であり、わたしの造った、唯一わたしを代表でき、わたしの姿を持ち、わたしの息を受けることができる霊のある被造物である。エバは、あの時わたしが造ろうと定めた二番目の、息のある人である。だから、「エバ」の原意は、わたしの栄光を受け継ぎ、わたしの生気で満たされ、しかもわたしの栄光がある被造物である。「エバ」はもともとアダムから来たのだから、彼女もわたしの姿があったのである。なぜなら、彼女はもともとわたしにかたどって造られた二番目の「人」だからである。「エバ」の原意は、霊があり、骨も肉もある生きている人である。彼女は人類の中での、わたしの二番目の証し、二番目の姿である。これは人類の祖先であり、人類の貴重なきよいものであり、彼らはもともと霊のある生きている人であった。しかし、その悪しき者は人類の祖先の子孫を踏みにじり、捕え、さらには、世の中が暗やみに覆われるようにした。それで、これらの「子孫後裔」はもうわたしの存在を信じなくなった。さらに憎らしいことに、悪しき者は「人」を堕落させ、踏みにじると同時に、わたしの栄光、わたしの証し、わたしが人に与えた生気、わたしが人に吹き込んだ息、吹き込んだ命、人の間でのわたしのすべての栄光、わたしが人類に注いだあらゆる心血を無情にも奪って行った。人類は光を失い、わたしの与えたすべてを失い、わたしの与えた栄光を捨てたのに、どうしてわたしが被造物の主であることを認めることができるだろうか、どうして天にもわたしが存在することを信じることができるだろうか、また、どうして地上にもわたしの栄光の表現があることに気づくことができるだろうか。これらの「孫、孫娘」たちはどうしてその祖先が畏れる神を、自分を造った主と思うだろうか。かわいそうな「孫、孫娘」たちはあろうことか、わたしがアダム、エバに与えた栄光と姿、証し、およびわたしが人類に与えた、生存していくための命をすべて気前よく悪しき者に「贈呈し」、しかも悪しき者の存在を全然気にせず、このすべてのわたしの栄光を全部それにあげた。これはまさに「人間のくず」という呼び名の由来ではないか。このような人類、このような悪鬼、このような生ける屍、このようなサタン、このようなわたしの敵はどうしてわたしの栄光を持つことができるだろうか。わたしはわたしの栄光を取り戻し、人の間でのわたしの証しと、わたしが以前人類に与えた、もともとわたしに属するすべてを取り戻そうとする――人を徹底的に征服しようとする。しかし、あなたは知らなければならないが、わたしが造った人は、もともとわたしの姿とわたしの栄光があるきよい人であり、もともとサタンに属さず、またサタンに踏みにじられておらず、全くわたしの表現であり、もともとサタンの毒素が少しもなかったのである。だから、わたしが人々に知らせることは、わたしが求めるのはただ、わたしの手に造られた、わたしに愛され、もともとほかのものに属さないきよい人である。しかもわたしは彼らをわたしの享受、わたしの栄光とする。しかし、わたしが求めるのは、サタンに堕落させられ、しかも今日サタンに属していて、最初わたしが造ったのではない人類ではない。わたしは人の間でのわたしの栄光を取り戻そうとする。だから、わたしは人類の中の「生存者」を徹底的に征服して、彼らを、わたしがサタンを打ち負かした栄光の証拠としようとする。わたしはただわたしの証しを、わたしの結晶とし、わたしの享受するものとする。これはわたしの心意である。

人類は今日まで発展してきて、すでに数万年の歴史がある。しかし、わたしが造った最初の人類はすでに堕落してしまい、人類はもうわたしが求める人類ではない。だから、わたしの目には、人はもう人類と呼ばれないのであり、サタンに捕えられた人類のかすであり、サタンが宿り、着る、朽ちた生ける屍でもある。人は全然わたしの存在を信じず、わたしの到来も歓迎しない。「人類」はただいやいやながらわたしの要求に対応し、一時わたしの要求に応じるだけであって、誠心誠意わたしと甘苦を同じくし、患難を共にするのではない。人はわたしのことを不思議に思うから、わたしに対して作り笑いをし、権勢におもねる態度を取る。なぜなら、人はわたしの仕事が分からず、なおさらわたしの今の心意が分からないからである。わたしは本当のことをあなたたちに言おう。その日には、わたしを礼拝するいかなる人の受ける苦しみもあなたたちのより耐えやすい。今、わたしに対する人の信仰はヨブの信仰を超えず、ユダヤのパリサイ人の信仰さえもあなたたちの信仰を超えた。だから、もし火の日が臨んだら、あなたたちの日は、それらのパリサイ人がイエスに咎められたよりも耐えがたく、モーセに抵抗した二百五十人のかしらの受けた苦しみよりも耐えがたく、ソドムが滅ぼされる時に受けた火の焼き払いよりも耐えがたい。アブサロムがゆりが咲いてヤーウェの栄光がその上にあるのを見たのは、彼の信仰のゆえであった。モーセが岩を打つと、ヤーウェの与えた水が湧き出たのは、彼の信仰のゆえであった。ダビデが琴と竪琴を奏でて、わたしヤーウェを賛美し、しかも心の中が喜びで満ちていたのは、彼の信仰のゆえであった。ヨブが満山の牛や羊を失い、巨万の財産を失い、全身に重い皮膚病ができたのは、彼の信仰のゆえであった。彼がわたしヤーウェの声を聞き、わたしヤーウェの栄光を見ることができたのも、彼の信仰のゆえであった。ペテロがイエス・キリストに従うことができたのは、彼の信仰のゆえであり、彼がわたしのために十字架につけられ、栄光の証しをすることができたのも、彼の信仰のゆえであった。ヨハネが人の子の栄光の姿を見ることができたのは、彼の信仰のゆえであり、彼が世の終わりについての幻を見ることができたのはさらに彼の信仰のゆえであった。それらのいわゆる「異邦の民」がわたしの啓示を受け、わたしが再び肉体の中に戻って人の間で働いているのを知ったのも、彼らの信仰のゆえであった。人がわたしの厳しい言葉に打たれたが、慰められ、救われたのも、みな信仰のゆえではないか。わたしを信じているが苦難に遭う人たちも、この世に見捨てられるのではないか。わたしの言葉の外で生きて、試練の苦しみを逃れる人たちはみな、世の中をさまよっているのではないか。彼らは秋が過ぎた後の落ち葉のようにあちこちをさまよっており、足の裏を休める場所がなく、なおさらわたしの慰めの言葉がない。彼らにはわたしの刑罰、精錬が伴っていないけれども、この人たちはまさに天国の外の、あちらこちらを放浪し、街頭をさまようこじきではないか。この世は本当にあなたの休み場であるのか。あなたは本当にわたしの刑罰を避けることによって、この世からかすかな、喜びと安堵の笑みを得ることができるか。あなたは本当にあなたの一時的な享楽によって、あなたのその内心の隠しきれない空虚を覆い隠すことができるか。あなたは、あなたのいかなる身内の者をも騙すことができるが、いつまでもわたしを騙すことはできない。あなたの信仰が小さすぎるから、今だにあなたは生きている楽しみを見つけられない。わたしはあなたに勧めるが、肉体のためにろくろくとして一生を送り、人が耐えがたいすべての苦しみを耐え忍ぶよりも、むしろ真心をもってわたしのために半生を費やしたほうがいい。自分を宝愛してわたしの刑罰を避ける必要があるだろうか。わたしの一時の刑罰を避けるために永遠に辱められ、永遠に罰される必要があるだろうか。わたしは人に対して無理な要求を出さない。もし人が本当にわたしのすべての按配に従おうとするなら、わたしが人を悪く待遇することはない。しかし、わたしは、人がみなヨブがわたしヤーウェを信じていたように、わたしを信じることを要求する。もしあなたたちの信仰がトマスの信仰を超えたら、あなたたちの信仰はわたしに良しとされ、あなたたちの忠心もわたしに喜ばれ、あなたたちの日にもきっとわたしの栄光が伴う。しかし、この世を信じ、悪魔を信じるあの人たちは、ソドムの町のすべての民のように、心が頑なであり、目には風の中の砂粒を含んでおり、口には悪魔が与えた供え物をくわえており、騙された心はすでにこの世を横領した悪しき者に占有され、人のすべての思いがほとんど古代の悪魔に捕えられた。こうして、人類の信仰も風のまにまに漂っていき、わたしのした仕事も人はかまうことができず、ただいいかげんに扱うか、或いはちょっと分析するだけである。なぜなら、人はすでにサタンの毒素に占拠されたからである。

わたしが人類を征服する原因はこうである。人はわたしに造られたのであり、しかもわたしが造ったすべての豊富なものを享受するのだが、わたしを見捨て、しかも、心の中にわたしの地位がなく、わたしのことを、人の生存の足手まといと見なし、さらには、人は明らかにわたしを見たのに、わたしを見捨て、しかもあの手この手でわたしを「打ち負か」そうとするからである。人は、わたしがまじめに人類を取り扱ったり、人類に厳しく要求したりすることを許さず、また、わたしが人の不義を裁き、罰することを許さない。人はこれが新鮮に感じられず、かえって嫌がるのである。だから、わたしの仕事はやはりわたしを食べ、わたしを飲み、わたしを享受しているが、わたしを知らない人類を打ち負かして、人がみなかぶとをなくし、よろいを脱ぎ捨てるようにすることである。それからわたしはわたしの使いを連れて、わたしの栄光を帯びてわたしの住まいに戻る。なぜなら、人のしたことはすでにわたしの心をひどく傷つけ、すでにわたしの仕事を打ち壊したからである。わたしはその悪しき者が奪い取った栄光を取り戻す。それから、わたしは喜んで離れ去り、人類が引き続き自分の「生活」を送り、引き続き「心安らかに暮らし、楽しく働き」、引き続き「自分の田畑を耕す」ようにし、そして、わたしはもう人の生活に干渉しない。しかし、今わたしはその悪しき者の手からわたしの栄光を完全に取り戻し、わたしが創世の時人の身に作った栄光を全部取り戻そうとする。今後もう地上の人類に与えない。なぜなら、人はわたしの栄光を守るどころか、わたしの栄光をサタンの姿に変えたからである。人はわたしの到来を大事にせず、またわたしの栄光の日を大切にせず、甘んじてわたしの刑罰を受けようとせず、なおさら、わたしの栄光をわたしに返そうとせず、その悪しき者の毒素も捨てろうとせず、やはりこのようにわたしを騙しており、やはり相好をくずして笑っている。人は、わたしの栄光が人類を離れる時、人類はどんなに暗黒であるかを知らず、なおさらわたしの日が全人類に臨む時、人類の日はノアの日よりも過ごしにくいことを知らない。なぜなら、人はわたしの栄光がイスラエルを離れた時、イスラエルはどんなに暗黒であったか知らないからであり、夜が明けた時、真っ暗な夜がどんなに過ごしがたかったかを忘れたからである。太陽がもう一度隠れ、暗やみが人に臨んだ時、人はまた暗やみの中で泣き叫んだり歯噛みをしたりするだろう。あなたたちは、わたしの栄光がイスラエルを離れた時、イスラエル人の苦難の日はどんなに過ごしがたかったかを忘れたのか。今は、あなたたちがわたしの栄光を見る日であり、あなたたちがわたしと共に栄光の日を過ごす時でもある。わたしの栄光が汚れた地を離れる時、人は暗やみの中で泣き叫ぶだろう。今は、わたしが働いている栄光の日であり、わたしが人類のために苦難をなくす日でもある。なぜなら、わたしは人と共に苦難に苦しめられる日を過ごさず、わたしはただ人類を徹底的に征服し、人類を堕落させた悪しき者を徹底的に打ち負かすだけだからである。

「東方閃電」全能神教会は主イエスの再来ーー世の終わりのキリスト「全能神」の中国での働きによって生まれました。誰か人が設立したのではありません。キリストは真理であり、道であり、命なのです。神様の言葉を読んだら、神様が既に現れていると分かるはずです。

ホームページ: http://www.holyspiritspeaks.org
Youtubeチャンネル: http://www.youtube.com/godfootstepsjp
フェイスブック: http://www.facebook.com/godfootstepsjp
ツイッター: http://twitter.com/followgodsteps
ブロッグ: https://jp.blog.hidden-advent.org
メールアドレス: info@kingdomsalvation.org
電話番号: 81-90-6033-9775

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です