『あなたは全人類がどのように
今日まで発展してきたのかを知るべきである』

六千年の仕事全体は時代の違いによって次第に変わるのであり、仕事の移りの変化は全世界の状況に基づくのである。全人類の発展の趨勢によって、経営の仕事が次第に変わるのであって、世界を造り始めた時から計画しておいたのではない。世界を造る前、或いは世界を造ったばかりの時、ヤーウェは、第一段階で律法時代の仕事をし、第二段階で恵みの時代の仕事をし、第三段階で征服の仕事をし、しかもまずモアブの子孫の一部分の人の身に働き、これによって全世界を征服する、と計画していなかった。世界を造った後、彼はそう言ったことがなく、モアブの後にもそう言ったことがなく、ロトが生まれる前になおさらそう言っていない。仕事はみな様子を見ながらするのである。六千年の経営の仕事全体はこのように発展してきたのであり、世界が造られる前に「人類の発展の略表」という計画はもう立てられたのではない。神が仕事をするのは直接彼の所是を発表するのであり、ありったけの知恵を絞って計画するのではない。もちろん、多くの預言者もたくさんの預言を語ったが、これは神がずっと精密に計画しながら仕事をしているのだとは言えない。預言を語っても、実際の仕事に基づいて語ったのである。彼が仕事をするのはみないちばん現実的な仕事をするのであり、彼は時代の発展によって働くのであり、物事の変化によって彼のいちばん現実的な仕事をするのでもある。彼が働くのは病状に応じて投薬するのと同じで、働きながら様子を見、様子を見ながら働くのである。どの段階の仕事も彼の十分な知恵を発表することができ、彼の十分な力を発表することができ、彼のその時代の仕事によって、彼の十分な知恵を明らかにし、彼の十分な権威を明らかにして、その時代に彼に取り戻された人たちがみな彼のすべての性質を見ることができるようにする。彼はぞれぞれの時代に、しようとする仕事によって人の必要なものを供給し、彼のすべき仕事をするのであり、人がサタンに堕落させられた程度によって人の必要なものを供給するのである。たとえば、最初ヤーウェがアダムとエバを造ったのは、彼らが地上で神を表現することができ、被造物の間で、神の証しを持つことができるためである。しかし、エバは蛇に誘惑されて罪を犯し、アダムもそのようであった。彼らはみな園の中の善悪の知識の木の実を食べた。こうして、ヤーウェは彼らの身にほかの仕事を始め、彼らが裸だと見て、彼らのために皮の衣を作って、彼らの体を覆った。そして、彼はアダムに言った。「お前は女の声に従い、取って食べるなと命じた木から食べた。お前のゆえに、土は呪われるものとなった……土に返るときまで。お前がそこから取られた土に。塵にすぎないお前は塵に返る。」女に向かって言った。「お前のはらみの苦しみを大きなものにする。お前は、苦しんで子を産む。お前は男を求め、彼はお前を支配する。」それから彼らをエデンの園から追い出して、園の外で今日の地上の人類のような生活をさせた。最初、彼が人類を造った時、人類を造ってから、人類が蛇に誘惑されるようにし、それから人と蛇を呪うという計画を立てなかった。彼はこのように計画しておらず、ただ物事の発展によって、彼は自分の造った万物の中で新しい仕事をするようになっただけである。ヤーウェが地上でアダム、エバの間でこの仕事をした後、人類はまた数千年発展し、その結果、「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。……しかし、ノアは主の好意を得た。」その時、ヤーウェはまた新しい仕事をするようになった。なぜなら、彼の造った人類は蛇に誘惑された後、罪があまりにも大きかったからである。このような状況に基づいて、ヤーウェは人の中からノア一家を選んで残し、そして洪水で世界を滅ぼす仕事をした。今まで、人類はずっとこのように発展していて、ますます深く堕落し、人類が頂点まで発展した時は、人類が終わる時でもある。最初から世が終わるまで、彼のする仕事の内幕はずっとこのようである。例えば、人がおのおのその種類に従うということは、人がそれぞれどの種類に帰するかが最初から定められたのではない。人類が発展した後、次第に類別ができたのである。最後に、まだ完全に救われていない者は、みなその「祖先」に帰するのである。人類の間でのどの仕事も、世界を造った時から前もって用意しておいたのではない。物事の発展につれて、神が人類の間で、一歩一歩のもっと現実的かつ実際的な仕事をするようになったのである。たとえば、ヤーウェ神が蛇を造ったのは女を誘惑させるためではなく、これは彼が特に計画しておいたのではなく、彼がわざわざ定めておいたのでもない。これはみな予想外のことだと言ってもいい。だから、このことのゆえに、ヤーウェはアダムとエバをエデンの園から追い出し、しかも、もう人類を造らないと誓った。しかし、神の知恵はこれによって人に見つけられたのである。わたしが以前言ったように、「わたしの知恵はサタンの詭計の上に築かれている。」人類がどのように堕落しても、蛇がどのように誘惑しても、ヤーウェにはやはり彼の知恵がある。だから、彼は創世から今までずっと新しい仕事をしていて、繰り返しの仕事をしたことはない。サタンは絶えず詭計を施し、人類は絶えずサタンに堕落させされ、ヤーウェ神も絶えず彼の知恵の仕事をしていて、彼は失敗したことがなく、創世からいままで、彼は彼の仕事をやめたことがない。人類がサタンに堕落させられた後、彼は絶えず人の間で仕事をしており、これによって人類を堕落させた敵を打ち負かし、この戦いは最初から世が終わるまで続くのである。彼がこんなに多くの仕事をしたため、サタンに堕落させられた人類は彼の極めて大きな救いを受けただけではなく、彼の知恵、全能と彼の権威をも見た。最後には、彼はまた人類に彼の義なる性質――悪を行う者を罰し、善を行う者を賞する――を見せる。彼はサタンと今日まで戦ってきたが、失敗したことがない。なぜなら、彼は知恵の神であり、しかも彼の知恵はサタンの詭計の上に築かれているのだからである。だから、彼は天の万物を、彼の権威の下に従わせるだけではなく、また、地上の万物を彼の足台の下に生息させ、さらに全人類を侵擾する悪しき者を、彼の刑罰の中に倒らせる。このすべての働きの効果はみな、彼の知恵によって収めるのである。人類ができる前に、彼は彼の知恵を明らかにしたことがない。なぜなら、天上、地上、宇宙じゅう彼の敵がなかったし、万物の中にも暗やみの勢力の襲いがなかったからである。天使長が彼を裏切った後、彼は地上で人類を造り、人類のゆえに、彼は正式にサタン、すなわち天使長と数千年にわたる戦いを展開した。その戦いは段階ごとに激しくなり、どの段階にも彼の全能、知恵が現されている。その時こそ、天上、地上の万物が神の知恵、神の全能を見たことになり、さらに神の実際を見たことになる。今日、彼はやはりこのように実際に彼の仕事をしており、しかも仕事をしながら彼の知恵と全能を明らかにしているのであり、これによって、あなたたちにこの一歩一歩の仕事の内幕を見せ、神の「全能」を、一体どのように解釈するかを見せ、さらに、神の「実際」を、一体どのように解釈するかを見せる。

あの時、ユダがイエスを売ったが、人はそれが創世の前から定められたことではないかと思っている。実は、それは聖霊が当時、実際の状況に基づいて按配したのである。ちょうどその時ユダという者がいつもお金を盗んで使ったので、彼にこの役割を演じさせ、このように仕えさせたのである。それは現地で原材料を入手するということである。最初はイエスもそれを知らなかった。後になって、ユダが明らかにされてから初めて彼は知ったのである。もしほかの人がこの役割を演じることができれば、その人はユダの代わりにこの役割を演じただろう。定めておいたのはつまり当時聖霊がしたことである。聖霊が働くのはみな様子を見ながら働くのであり、随時彼の仕事を計画し、随時行うのである。なぜいつも聖霊の仕事は現実的で、常に新しく古くならず、いちばん新鮮であると言うのか。仕事は世界を造る時から計画しておいたのではなく、全然そのようにするのではない!どの段階の働きも当時あるべき効果を収めたが、しかし、どの段階の働きもほかの段階の働きを妨げない。多くの時、あなたが心の中で計画したのは、全然聖霊の最も新しい働きについて行けない。彼の働きは人が推理したように簡単ではなく、人が想像したように複雑でもなく、彼は人の現在の必要に応じて、どんな時どんな場所でも人に供給するのである。彼は人の本質をいちばん知っているので、彼のする仕事もいちばん人の現在の必要を満たせる。だから、人から見れば、彼のする仕事は数千年前から計画しておいたように見える。今、あなたたちの間で働くのは、あなたたちの状態に応じて、どんな時どんな場所でも働き、言葉を言うのであり、人の状態に応じて適当な言葉を言い、それらはちょうど人の内の必要なのである。第一段階の刑罰の時代の仕事を例としてあげよう。刑罰の時代の後、人々はどんな表現があったのか、人々にはどんな不従順なものがあったのか、どんな積極的な状態が現れたのか、またどんな消極的な状態が現れたのか、きわめて消極的になった時に現れた最悪の状態はどうだったか、これらに基づいて仕事をし、これらを利用してよりよい働きの効果を収めたのである。つまり、人の現在の状態に基づいて人に供給する仕事をするのであり、彼のするどの段階の仕事も人の実際の状態に基づいてすることができる。被造物はみな彼の手にあるから、人の状態を彼が把握しないことがあろうか。人がどんな状態にあるのか、次の段階は何をすべきかを、彼はみな把握していて、どんな時どんな場所でもこれらによって仕事をするのであり、千古から定めておいたのではない。これはみな人の観念である!当時、彼は働く一方、効果を見ながら仕事を絶えず深め、絶えず発展させたのであり、働きの効果に応じて次の段階の仕事をし、多くのことによって仕事が次の段階の仕事へ次第に移行するようにし、そうすることで新しい仕事を次第に人に向かって明らかにしたのである。このような仕事はみな人の必要を供給することができた。なぜなら、神は人のことをとてもよく知っているからである。彼は天でこのように働いたのであり、同様に、受肉した時もやはりこのように働くのであり、彼は実状によって按配して、仕事を人の間でするのである。あらゆる仕事は世界を造る前に按配しておいたのではなく、前もって精密に計画しておいたのでもない。世界を造って二千年後には、ヤーウェは人類がそこまで堕落したのを見て、預言者イザヤの口を通して、律法時代が終わった後、恵みの時代の、人類を贖う仕事をすると預言した。もちろんこれはヤーウェの計画であったが、このような計画も当時彼が見た状況に基づいて立てたのであり、アダムを造ったばかりの時からこのような考えがあったのではない。イザヤは預言しただけである。しかし、ヤーウェは律法時代に前もってこの仕事を準備したのではなく、恵みの時代が始まったばかりの時、この仕事に着手したのである。すなわち御使いが夢でヨセフに現れて、神が言が肉体となることを啓示した後、彼は言が肉体となる仕事をし始めたのである。これは人が想像したように、神が世界を造った後、言が肉体となって働くことを計画したのではなく、これはただ人類の発展の程度によって決めたのであり、サタンとの戦いの状況によって決めたのである。

神が肉体の中に来たのは、神の霊が人の身に降ったのであり、神の霊が一つの肉体を着たのである。彼が地上に来て働くのは、いくつかの限りのある段階をもたらすのではなく、それは全然限度がない。聖霊が肉体となって働く時、やはり働きの効果によって決めるのであり、これらによって彼が肉体の中で働く時間を決めるのである。どの段階の働きも聖霊が直接明らかにするのであり、聖霊が働くのも働きながら様子を見るのであって、人が想像できないほど超然としているのではない。ヤーウェが天地万物を造った仕事を例としてあげよう。彼は計画しながら働いたのである。彼は光と闇とを分けた。こうして朝があり、夕があり、これはちょうど一日であった。第二の日には天を造り、これもちょうど一日であった。それから地と海とその中のすべての物を造り、また一日経った。第六の日になって、人を造り、人に地上の万物を支配させた。第七の日に天地万物は完成され、彼は安息した。神は第七の日を祝福して、聖別した。この聖日は彼が万物を造った後定めたのであって、万物を造る前に定めておいたのではない。この仕事も彼は様子を見ながらしたのであり、万物を造る前に、六日間造り、第七の日に安息すると定めたのではない。事実はそのようではなく、彼はそのように言っておらず、そのように計画してもいなかった。彼は第六の日にあらゆる万物を造り終えて、第七の日に安息すると言っておらず、当時、彼がよいと思ったとおりに造ったのである。彼がこのすべてを造り終えた時はもう第六の日であった。もし当時、彼が万物を造り終えた時は第五の日であったなら、彼は第六の日を聖別したはずである。だが、当時それは第六の日であったので、第七の日が聖日となり、それは今日までずっと伝わっているのである。だから、今もこのように働き、あなたたちの状態を見ながら言葉を言い、これによってあなたたちの必要なものを供給する。つまり霊は人の状態を見ながら言葉を言い、働くのであり、霊はすべてを監視していて、どんな時どんな場所でも働くのである。わたしのしたこと、わたしの言ったこと、わたしがあなたたちに加えたもの、あなたたちに与えたものは、いずれもあなたたちの必要なものである。だから、すべての仕事は現実とかけ離れているのではなく、実際的なのである。なぜなら、あなたたちが知っているとおり、「神の霊はすべてを監視している」からである。もしあらかじめ定めておいたなら、それは規定を守りすぎるのではないか。あなたが思っているように、神が六千年を案出した後、人に不従順、反抗、曲がり、欺き、肉的なもの、堕落したサタン的な性質、目の欲、また自分の好みがあることを定めたのではない。人にこれらのものがあるのは、神が定めておいたのではなく、サタンが堕落させた結果である。ある人は言うだろう。「サタンも神様の手にあるのではないか。神様はサタンがこのように人を堕落させることを定めたのであり、それから神様は人の身に働く。」サタンが人類を堕落させることを、神が定めることがあろうか。彼は人類に正常な人類の生活があることを切望しているのに、彼がどうして人類の生活をかき乱すことがあろうか。そうなら、彼がサタンを打ち負かして人類を救うことは無駄になるのではないか。人類に不従順があることがどうして定められたことだろうか。それはもともとサタンがかき乱した結果であって、どうして神に定められたことだと言えるだろうか。あなたたちはサタンが神の手に掌握されていると思っているが、それはわたしの言ったのとは大いに違う。あなたたちの言った「神は全能であり、サタンも神の手にある」という言葉の通りなら、サタンは裏切るはずがない。あなたは神が全能であると言ったのではないか。あなたたちの認識はあまりにも抽象的であり、現実に合わないのであり、論理にも合わなければ、理にもかなわない!神が全能であることは確かであるが、最初神が天使長に一部分の権威を与えたので、彼は裏切った。もちろんこれもエバが蛇に誘惑されたのと同じように予想外のことである。しかし、サタンがいくら裏切っても、神の全能を持っていない。あなたたちが言ったように、サタンは万能であるが、それがどのようにしても神の権威の下に負ける。これが「神は全能であり、サタンも神の手にある」の原意である。だから、サタンと戦うには一歩一歩しなければならず、しかもサタンの詭計によって彼の働きを定めるのであり、すなわち時代の違いによって人を救い、彼の全能と知恵を明らかにするのである。同様に、終わりの仕事も恵みの時代にあらかじめ定めておいたのではなく、このように一つ一つ定めたのではない:第一、人の外側の性質を変える。第二、人に刑罰、試練を受けさせる。第三、人に死を経験させる。第四、人に神を愛する時代を経験させ、被造物の志を表させる。第五、人に神の心意を見せ、神を完全に認識させ、それから人を完全にする。彼はこのように恵みの時代に計画しておいたのではなく、この時代に計画し始めたのである。サタンが働いており、神も働いており、サタンは堕落した性質を現し、神は直接言葉を言い、声を発して、いくらかの本質的なものをさらけ出す。これは現在の仕事であり、世界を造った後、ずっとこういう原則に基づいて働いているのである。

あの時、アダムを造り、エバを造り、また一匹の蛇を造った。万物の中で、蛇はいちばん毒のあるものであり、それは毒素を持っていた。サタンはそれの毒素を通してそれを利用した。それがエバを誘惑して罪を犯させたのであり、エバが罪を犯した後、アダムも罪を犯し、こうして彼ら二人は善悪を見分けることができるようになった。当時、もしヤーウェが、蛇がエバを誘惑し、エバがアダムを誘惑することを知ったなら、彼がどうして彼らを同じ園の中に置くことがあろうか。もし彼がこれらを予測できるなら、どうして蛇を造り、しかもそれをエデンの園の中に置いたのだろうか。どうしてエデンの園の中に善悪の知識の木の実があったのだろうか。わざと彼らに食べさせるためであったのか。アダムとエバは、ヤーウェが来るのを見ると、怖くて神に会おうとしなかった。それで、ヤーウェは彼らが善悪の知識の木の実を食べ、毒蛇に騙されたことを知った。最後に蛇を呪い、アダムとエバをも呪った。彼ら二人が木から実を取って食べた時、ヤーウェはそれを知らなかった。人類は堕落させられて邪悪、淫乱になり、その結果、その心の中は悪、不義なもの、汚れで満ちていたので、ヤーウェは人類を造ったことを悔いた。その後、ヤーウェは洪水によって世界を滅ぼす仕事をし、ノアと彼の息子たちはみな生き残った。一部のことは人が想像したように高級で、超然としているのではない。ある人はこう尋ねる。「神様は天使長が彼を裏切ることを知っていたのに、なぜそれを造ったのか。」事の経緯はこうである。地ができる前、天で天使長は最大の天使であり、天にいるあらゆる天使を支配していた。これは神が彼に与えた権威であり、神以外に、彼は天使の中で最大だった。人類が造られた後、天使長はまた地上でもっと大きな、神を裏切ることをした。それが裏切ったというのは、それが人類を支配しようとし、神の権威を超えようとしたからである。それがエバを誘惑して罪を犯させたのである。なぜなら、それは地上で別に王国を立てて、人に神を裏切って自分に聞き従わせようとしたからである。それは多くのものが自分に聞き従い、天使も自分に聞き従い、地上の人も自分に聞き従い、地上の鳥や獣、樹木、森、山河万物を支配している人、すなわちアダムとエバも自分に聞き従うのを見た。その時から、それは神の権威を超え、神を裏切ろうと思った。後になって多くの天使を率いて神を裏切り、それらはさまざまな種類の悪霊になった。人類が今日まで発展してきたのは、天使長が堕落させた結果ではないか。それが神を裏切り、また人類を堕落させたから、人類は今日のようになったのである。この一歩一歩の仕事は、人が想像したように抽象的で簡単ではなく、サタンが裏切ったのは原因がある。こんなに簡単なことも人は納得できない。なぜ神は天地万物を造り、またサタンを造ったのか。神はこんなにサタンを憎み、しかもサタンが彼の敵であるのに、彼はどうしてサタンを造ったのか。彼がサタンを造ったのは敵を造ったのではないか。神は敵を造ったのではなくて、天使を造ったのである。後になってそれが裏切った。それは地位があまりにも高かったので、神を裏切ろうとした。それは偶然なことで、必然的趨勢でもあると言ってもいい。これは人が年を取ったらそのうち死ぬのと同じで、ことがそこまで発展した結果だ。一部の愚かな者はこう言う。「サタンはあなたの敵であるのに、あなたはどうしてそれを造ったのか。あなたは天使長があなたを裏切ることを知らなかったのか。あなたはとこしえからとこしえまで見ることができるのではないか。それの本性をあなたは知らないのか。それが必ずあなたを裏切ることをよく知っているのに、あなたはどうしてそれを天使長にならせたのか。それはあなたを裏切っただけではなく、また多くの天使を率いて人の世に下ってきて人類を堕落させ、そのため、今になってもあなたの六千年の経営計画は完成することができない。」この言葉は正しいのか。あなたがこのように思っているのは余計に頭を働かすのではないか。またある人はこう言う。「もしサタンが今日まで人を堕落させているのでなければ、神様もこのように人を救わない。そうすれば、神様の全能、知恵を見ることができなくなる。それでは、神様の知恵がどうして明らかにされることができるだろうか。神様はサタンのために人類を造った後、神様の全能を明らかにするのである。そうでなければ、人がどうして神様の知恵を見つけることができるだろうか。もし彼に逆らう人がなく、彼に背く人もないとしたら、彼の業を明らかにする必要がなくなる。被造物がみな彼を礼拝し、彼に聞き従えば、彼はどんな仕事もしない。」この言い方はなおさら事実の真相ではなく、神には汚れがないから、彼は汚れを造り出すこともない。彼が今、彼の業を明らかにするのは、ただ彼の敵を打ち負かして、彼の造った人類を救い、彼を憎む、彼を裏切った、彼に逆らう、最初彼の権威の下にあり、彼に属していた悪魔、サタンを打ち負かすためであり、これらの悪魔を打ち負かすことによって、万物に彼の全能を明らかにするためである。今、地上の万物、全人類はみなサタンの支配下にあり、その悪しき者の支配下にある。神は万物に彼の業を明らかにして人に彼を認識させ、これによってサタンを打ち負かし、彼の敵をみな徹底的に打ちのめそうとする。このすべての仕事は彼の業を明らかにすることによってなし遂げられる。あらゆる被造物がサタンの支配下にあるから、彼は被造物に彼の全能を明らかにし、これによってサタンを打ち負かそうとする。もしサタンがなければ、彼は彼の業を明らかにする必要がなくなる。サタンがかき乱さなかったら、彼は人類を造ってから、人のエデンの園での生活を導いたはずである。なぜサタンが裏切る前に、彼は天使或いは天使長に彼のあらゆる業を明らかにしたことがないのか。もし初めから天使、天使長がみな彼を知り、しかも彼に従順であったなら、彼はそれらの意義のない仕事をしない。サタンができ、悪魔ができて、人がみな神に逆らい、人の内側も不従順な性質で満ちているから、神は彼の業を明らかにしようとする。彼がサタンと戦おうとするから、彼は自分の権威と自分のあらゆる業によってサタンを打ち負かさなければならない。こうして、人は神が人の間でした救いの仕事から神の知恵と全能を見ることができた。今日神がする仕事は意義があるのであり、決して人が言ったとおりではない。「あなたのする仕事は矛盾しているのではないか。いろいろしたが自分で自分をかき乱すのではないか。あなたはサタンを造って、それがあなたを裏切り、あなたに逆うようにし、あなたは人を造り、またサタンの手に渡して、アダム、エバが誘惑されるようにした。あなたはわざとこのようにしたのに、どうして人類を憎むのか、どうしてサタンを憎むのか。それはあなたが自分でしたのではないか。あなたは何を憎むのか!」多くの愚かな者はこう言っている。「神を愛したいが、心の中では神を恨む。本当に矛盾している!」あなたが真相を知らず、あなたの超然としている考えが多すぎるのに、神が間違ったことをしたと言う。本当にでたらめだ!あなたがごたごたを起こすのであって、神が間違ったことをしたのではない!ある人はずっと恨み言を言っている。「あなたがサタンを造り、また人をサタンに渡したのに、人にサタンの性質があった後、あなたは赦さず、かえってかなりの程度まで人を憎む。始めのうちはかなりの程度まで人を愛していた。その後、サタンを人の世に落とし、今はまた人類を憎む。人を憎むのはあなたで、人を愛するのもあなたである。これはいったいどういうことか。これは矛盾しているのではないか。」あなたたちがどのように思っていても、天の状況はこのようであり、天使長はこのように裏切ったのであり、人類はこのように堕落させられたのであり、またこのように今日まで歩んできたのである。あなたたちが何を言おうと、事のいきさつはこのようである。しかし、あなたたちが分かるべきことは、今日この仕事をするのはあなたたちを救うためであり、サタンを打ち負かすためでもある。

天使はみなとてももろくて、何の能力もないので、権威を与えられると、すぐ傲慢になった。特にそれはほかの天使より高い天使長であり、天使たちの中の王であり、百万の天使を率いていたのである。ヤーウェの手の下で、それの権威はほかの天使の権威より大きかったので、それはあれこれをしようとし、また天使を率いて人の世に下って世界をつかさどろうとした。神は神が宇宙をつかさどっているのだと言ったが、それは自分がつかさどっているのだと言い、それから神を裏切り始めた。神は天で、もう一つの世界を造ったが、それがつかさどろうとし、しかも人の世に下ろうとした。神がどうしてそれがこのようにすることを許すことがあろうか。だから、それを空中に落とした。それが人類を堕落させた後、神は人類を救うためにそれと戦い始めた。つまり、神は六千年の時間を使ってそれを打ち負かすのである。あなたたちの想像の中の神の全能は、今する仕事と矛盾していて、全然通用せず、あまりにもでたらめである!実は天使長が裏切った後、それを敵と呼んだのである。それが裏切って、この世に下って人を踏みにじったから、人はここまで発展したのである。その後、神はサタンと契約を結んで、「わたしはあなたを打ち負かして、わたしに造られた人を全部救い出す」と言った。始めのうち、サタンは不服を唱えて、「あなたがわたしをどうこうできるものならやってみろ! あなたは本当にわたしを空中に落とすことができるか。あなたは本当にわたしを打ち負かすことができるか」と言った。神はそれを空中に落とした後、もうそれを相手にしなかった。その後、神は人類を救い始め、彼自身の仕事をした。サタンが依然としてかき乱すにもかかわらず。サタンがこれもあれもできるのは、以前神がそれに与えた権力のゆえであり、それはこれらのものを持って空中に落ち、ずっと今まで持っているのである。神はそれを空中に落とした時、それの権威を奪わなかったから、それは引き続き人類を堕落させたのである。しかし、神は造ったばかりだが、サタンに堕落させられた人類を救い始めた。天にいた時、神は彼の業を明らかにしたことがない。しかし、世界を造る前に、彼は天で造った世界で人に彼の業を見せたことがあり、これによって天の上のその人たちを導いたのであり、彼らに知恵、聡明を与え、その人たちがその世界の中で生活するのを導いていた。もちろん、これはあなたたちのだれもが聞いたことのないことである。その後、神がまた人類を造り、天使長もそれから人類を堕落させ始め、こうして地上の全人類は混乱状態に陥った。その時初めて、彼はサタンと戦い、こうして人は彼の業を見ることができた。最初、彼の業は人に対して隠されていた。サタンが空中に落とされた後、それはそれのことをしていたのであり、神は自分の仕事をしつづけて、世の終わりまでずっとそれと戦ってきたのである。今はそれを滅ぼすべき時である。最初、神はそれに権威を与え、後になってそれを空中に落としたが、それは不服を唱えた。それ以後、サタンは地上で人類を堕落させているが、神は地上で人類を経営している。神は人を経営することによってサタンを打ち負かし、サタンは人を堕落させることによって人の運命を終わらせ、神の仕事をかき乱す。だが、神のする仕事は人類を救うことである。神自身のするどの段階の仕事も人類を救うためではないか。どの段階の仕事も人をきよめ、人に義を行わせ、人に愛らしい姿を生かし出させるためではないか。しかし、サタンはこのようにするのではなく、それは人類を堕落させているのであり、ずっと全宇宙の下で人を堕落させる仕事をしている。もちろん、神も彼自身の仕事をしていて、彼はサタンを相手にしない。サタンがいくら権威を持っていても、それの権威は神から与えられたのである。しかし、神はすべての権威をそれに与えなかったから、それがどのようにしても神を超えることができず、ずっと神の手に掌握されている。天で神はなんら業を明らかにしておらず、ただサタンに権威を少し与えて、それにこれらの天使を支配させただけである。だから、それがどのようにしても、神の権威を超えることができない。なぜなら、最初神がそれに与えた権威は限りがあるからである。神が仕事をしていると同時に、それはかき乱しており、世の終わりになってそれがかき乱し終わったら、神の仕事も終わり、神が完全にしようとする人も完全にされる。神は積極的な面から人を導くのであり、彼の命は生きた水であり、無限である。サタンは充分な程度まで人を堕落させたが、最後に、命の生きた水は人を完全にして、サタンも手を出して働くことができなくなる。こうして、神はこれらの人を完全に得ることができる。サタンは今でも不服を唱えており、ずっと神と優劣を争っているが、神はそれを相手にしない。彼は言った。「わたしはきっとサタンのすべての暗やみの勢力に打ち勝ち、すべての暗やみの支配に打ち勝つ。」これは神が今肉体の中でしようとする仕事であり、言が肉体となった意義でもある。つまり、神が来たのは最後の段階の、サタンを打ち負かす仕事をやり遂げて、サタンに属するすべてのものを滅ぼすためである。神がサタンに打ち勝つことは、必然的趨勢である!実はサタンはすでに失敗した。福音が大赤竜の国で広められ、すなわち言が肉体となった神が働き始めて、仕事の局面を打開した後、サタンは徹底的に負けた。なぜなら、言が肉体となったのはサタンを打ち負かすためだからである。サタンは神がもう一度言が肉体となり、しかもすでに働き始め、いかなる勢力も阻むことができないのを見ると、あっけにとられて、もはや敢えて何もしない。最初、それは自分の知恵もとても多いと思って、神の仕事の中でかき乱し、妨げていたが、神がもう一度言が肉体となり、しかも神が働く時それの不従順を利用して人をさらけ出し、人を裁き、これによって人を征服してそれを打ち負かすとは思いもよらなかった。神はそれよりもっと知恵があり、神のする仕事もそれの仕事にはるかにまさっている。だから、わたしは以前こう言った。「わたしのする仕事はサタンの詭計の上に築かれており、最後にわたしの全能を明らかにし、サタンの無能を明らかにする。」神が前で働き、それは後ろでまねをし、最後には滅ぼされても、どういうことなのか知らない!それは投げ落とされて全身が粉々になった時、何が起こったか突然分かる。その時、それはすでに火の池に投げ込まれて焼かれてしまう。そうすれば、それは完全に心服するのではないか。なぜなら、それはもう施すすべがないからである!

この一歩一歩の実際の仕事のゆえに、神の心が常に人のために憂え悲しみ、そのため、サタンと六千年戦っていた。だから、神はこう言った。「今後、わたしはもう人類を造らず、もう天使に権威を与えない。」それ以後、天使は地上に来て働く時、ただ神に協力して少しばかりの仕事をしただけであり、神は決して天使に権威を与えなかった。イスラエル人が見た天使たちはどのように働いたのか。夢で人に現れて、ヤーウェの言葉を伝えたのである。イエスが十字架につけられて三日後に復活する時、天使が大きな石を傍らに移したのであり、神の霊は自らこの仕事をしない。天使はこのような仕事だけをするのであり、彼らは脇役であり、権威を持っていない。なぜなら、神はもう彼らに権威を与えないからである。地上で神に使われる人は、一定の期間仕事をした後、神の立場に立って、こう言っている。「わたしは全宇宙を超えたい!わたしは第三の天に立ちたい!わたしたちは王になって権力を握りたい!」何日か働いた後傲慢になって、地上で王になって権力を握ろうとし、別に王国を立てようとし、また万有を足の下にし、第三の天に立とうとする。あなたはただ使われる人なのに、どうして第三の天に上ることができるだろうか。神は地上に来て働く時、大声を立てず、叫びもせず、黙々と自身の仕事をやり遂げてから離れ去る。彼は人のように叫んだことがなく、実際に働くのであり、また、教会堂に行って、「あなたたちはみなわたしに滅ぼされた!わたしはあなたたちを呪い、あなたたちを罰する!」と叫んだこともなく、彼はただ自分自身の仕事をするだけであり、仕事をやり遂げてから離れ去る。しかし、宗教の中のそれらの牧師たちはほかの人のために病気を治し、悪霊を追い出し、しかも高い講壇の上に立って人を教え、長広舌を揮い、実際を重んじない。その人たちは正真正銘の傲慢なやつらである!天使長の後裔である!

六千年の仕事を今までしてきて、神の業もたくさん現した。その最も主要な目的は、サタンを打ち負かして、全人類を救うためである。神はこの機会を利用して、天の万物、地上の万物、海の中の万物、及び地上のありとあらゆる被造物が神の全能、神のあらゆる業を見ることができるようにし、サタンを打ち負かすという機会を利用して、彼のあらゆる業を人に現して、人がみな彼を褒め称え、彼のサタンを打ち負かす知恵を賛美することができるようにする。地上の万物、天の万物、海の中の万物はみな彼に栄光を帰し、彼の全能を賛美し、彼のあらゆる業を賛美し、彼の聖なる名を大声で呼ぶ。これはサタンを打ち負かした証拠であり、サタンを征服した証拠でもあり、さらに人類を救った証拠である。あらゆる被造物は神に栄光を帰し、彼が敵を打ち負かして凱旋したことを賛美し、勝利を得た偉大な王であることを賛美する。彼の目的はサタンを打ち負かすためだけにあるわけではない。だから、彼の仕事は六千年続いた。サタンを打ち負かすことによって人類を救い、サタンを打ち負かすことによって彼のあらゆる業を明らかにし、彼のあらゆる栄光を明らかにする。彼が栄光を受け、天使たちもみな彼のあらゆる栄光を見、天の御使いたち、地上の人類、地上のあらゆる被造物が造物主の栄光を見る。これは彼のする仕事である。天の被造物、地上の被造物はみな彼の栄光を見、彼がサタンを徹底的に打ち負かして凱旋するため、人類がみな彼を褒めたたえる、これは両全の仕事である。最後にあらゆる人類が彼に征服される。最後に彼に背き、逆らう者たちをみな滅ぼし、つまりサタンに属するものを全部滅ぼす。あなたは今日神のこんなに多くの業を見たのに、やはり神に背き、逆らい、不従順であり、内側にはやはり多くのものを持っており、やりたい放題のことをし、自分の情欲、好みに従う、これらはみな不従順、逆らいである。人は肉体のために、情欲のために、また自分の好みのために、この世のために、サタンのために神を信じている。これはみな汚れに属し、みな逆らい、不従順である。

今、人の神を信じる目的はさまざまである。ある者は災難を避けるために、ある者は祝福を受けるために、ある者は奥義をちょっと聞くために、ある者は金を得るために信じている。これはみな逆らい、冒涜である!人が逆らい、背くというのは、これらのものを指して言っているのではないか。今、多くの人は不平をこぼし、或いは恨み言を言い、或いは裁きの言葉を言う。これらはみな悪しき者の仕業であり、人の不従順、逆らいであり、このような者はサタンにとりつかれ、サタンに占有された者である。神に得られる人は完全に彼に従う人であり、サタンに堕落させられたけれども、今の働きを通して救われ、征服され、しかも患難の苦しみを受けて、最後に完全に得られ、もはやサタンの支配下に生きず、不義から離れ、進んで聖を生かし出そうとする。このような人はいちばんきよい人であり、つまり聖なる者である。もしあなたが今していることが神の要求と少しも合わないなら、あなたは淘汰される者であり、これは疑う余地のないことである。すべては今日のあなたの行ないによって定めるのである。あなたを定めて選んだけれども、やはりあなたが今日行った事によってあなたの結末を定める。もし今あなたがついて行けなければ、あなたは淘汰されてしまう。今あなたがついて行けなければ、今後はついて行くことができるだろうか。今こんなに大きなしるしと奇跡があなたに現れたのに、あなたが信じないなら、仕事が終わって、もうこのような仕事をしない時になったら、あなたは信じることができるのか。その時、あなたはなおさらついて行くことができない!今後は、言が肉体となった神のする仕事に対するあなたの態度、認識とあなたの経験によってあなたを、罪ある者或いは正しい者とし、完全にされる対象或いは淘汰される対象とする。今あなたが見定めるべきことは、聖霊はこのように働くのであり、あなたの今日の行いによってあなたの結末を定めることである。今日の言葉はだれが言うのか。仕事はまただれがするのか。今日あなたを淘汰するのはだれが決めるのか。あなたを完全にするのはまただれが決めるのか。みなわたし自身がするのではないか。言葉はわたし自身が言うのであり、仕事もわたし自身がするのであり、人を呪い、人を罰し、人を裁くのはみなわたし自身がする仕事であり、最後にあなたを淘汰するのもわたし自身の仕事であり、これらはみなわたし自身の事である!あなたを完全にするのはわたし自身の事であり、あなたに幸いを得させるのもわたし自身の事であり、これらはみなわたし自身がする仕事である。ヤーウェがあなたの結末を定めておいたのではなく、今日の神があなたの結末を定めるのであり、今日定めるのであって、世界を造る前に定めておいたのではない。一部の愚かな者は言うだろう。「もしかすると、あなたの目が悪くて、わたしを見損なったかもしれない。最後に霊がどのように明らかにするか見よう!」イエスが当時ユダを選んで彼の弟子としたのは、人から見れば、イエスが彼を見損なっただろう!彼はどうして彼を裏切る弟子を選んだのか。最初ユダはイエスを裏切るつもりはなかった。それはただ後のことである。当時、イエスはユダもそんなに悪くないと思って、彼を自分につき従わせ、それからお金を彼に渡して管理させた。イエスは彼がお金を盗んで使う人であることを知っていたなら、お金を彼に渡して管理させなかっただろう。最初、イエスは彼が曲がり欺く人、兄弟姉妹を騙す人であることを知らなかったと言ってもいい。彼が一定の期間イエスにつき従った後、ほかの人は、彼が兄弟姉妹を欺き、神を欺くのを見、また彼がいつも財布の中のお金を盗んで使うのに気づいて、それをイエスに教えたので、イエスは知ったのである。イエスが十字架につけられる仕事をするには、人に裏切られる必要があり、ユダという人がちょうどその役割を演じるのに適していたから、イエスはこう言った。「わたしたちの間に、きっとわたしを裏切る者がある。人の子は彼が裏切ることによって十字架につけられ、三日後に復活する。」当時、イエスがユダを選んだのは、彼に自分を裏切らせるためではなく、彼を一人の忠実な弟子にさせるためであった。あろうことか、ユダは金のために主を裏切る人間のくずであって、この状況の下で、神は彼を選んでこの仕事を完成した。もしイエスの十二人の弟子がみな忠実で、ユダのような人がいなかったとすれば、最後にイエスを裏切ったのは弟子以外の人である。当時ちょうど不義な利をむさぼるユダという人がいたので、彼を通してこの仕事を成就した。これはとても簡単である!それは最初イエスが働く時定めておいたのではなく、事がそこまで発展した時決めたのである。それはイエスが決めたのであり、すなわち神の霊が自分で決めたのである。当時ユダを選んだのはイエスがしたことであり、その後、ユダにイエスを裏切らせたのは、聖霊が当時の状況に基づいてしたことであり、それは聖霊が当時した仕事である。イエスがユダを選んだ時、ユダが自分を裏切る人であることを知らず、ただ彼がイスカリオテのユダであることを知っていただけである。あなたたちの結末もあなたたちの今日の従順の程度によって定めるのであり、あなたたちの命の成長の程度によって定めるのであり、人が観念の中で思っているように「世の初めから定めておいた」のではない。これらをあなたは見極めるべきである。このすべての仕事はあなたの想像によってしたのではない。

「東方閃電」全能神教会は主イエスの再来ーー世の終わりのキリスト「全能神」の中国での働きによって生まれました。誰か人が設立したのではありません。キリストは真理であり、道であり、命なのです。神様の言葉を読んだら、神様が既に現れていると分かるはずです。

ホームページ: http://www.holyspiritspeaks.org
Youtubeチャンネル: http://www.youtube.com/godfootstepsjp
フェイスブック: http://www.facebook.com/godfootstepsjp
ツイッター: http://twitter.com/followgodsteps
ブロッグ: https://jp.blog.hidden-advent.org
メールアドレス: info@kingdomsalvation.org
電話番号: 81-90-6033-9775

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です