『受肉の奥義(一)』

恵みの時代に、ヨハネはイエスのために道を整える仕事をしたが、彼は神自身の仕事をすることができず、ただ人の尽くすべき本分を尽くしただけである。ヨハネは主の前駆者であったけれども、彼は神を代表することができず、彼はただ一人の、聖霊に使われた者であった。イエスが洗礼を受けた後、「聖霊が鳩のように彼の上に降って来た」、それから彼は働き始め、つまりキリストの職分を尽くし始めた。こうして彼は神の身分を持った。なぜなら、彼は神から来た者だからである。その前に彼がどのように信じたとしても、弱くなったこともあり、強くなったこともあるが、それはみな彼が職分を尽くす前の、正常な人性における生活であった。彼が洗礼を受けた後(すなわち油を注がれた後)、ただちに力が彼に伴い、神の栄光が彼に伴っていた。それから彼は職分を尽くし始めた。彼はしるしと奇跡を行うことができ、力あるわざを行うこともでき、力と権威を持っていた。それは彼が直接神自身を代表して働いていたのであり、霊に代わって働き、霊の声を発したのだからである。だから、彼が神自身であるのは、疑う余地のないことである。ヨハネは聖霊に使われた者に属していたので、彼は神を代表する資格がないし、その上彼は神を代表することもできなかった。もし彼が神を代表しようとするなら聖霊は許さない。なぜなら、彼は神自身がしようとした仕事ができないからである。もしかすると彼の身には、たくさんの人の意志によるものがあり、或いはいくらかの謬りがあったかもしれない。どうであろうと、彼は直接神を代表することができない。彼の間違い、彼の謬りはただ彼自身を代表していた。しかし、彼の働きは聖霊を代表していたのである。だからといって、あなたは彼のすべてが神を代表したのだと言ってはならない。それでは、彼の誤りも神を代表したのか。人を代表する時誤りがあるなら、それは正常である。もし神を代表する時やはり過ちがあるなら、それは神を辱めるのではないか、それは聖霊を冒涜するのではないか。聖霊は軽率に人に神の地位に立たせない。たとえある人が他人に神として引き上げられてもだめである。もし彼が神でなければ、結局立っていられない。聖霊は人が勝手に神を代表することを許さない!たとえば、ヨハネも聖霊が証しした者であり、イエスのために道を整える人として聖霊が明らかに示した者であるが、聖霊が彼の身にした仕事は相当度合いがあって、ただ彼にイエスのために道を整える人にならせただけであり、ただ彼にイエスのために道を整えさせただけである。つまり、聖霊は彼のした、道を整える仕事だけを支えたのであり、ただ彼に道を整える仕事だけをさせたのであって、ほかの仕事は彼にさせなかったのである。ヨハネはエリヤを代表し、道を整える預言者を代表していたのであり、これらは聖霊がみな支えたのである。彼がした、道を整える仕事のためでさえあれば、聖霊は支えたのである。しかし、もし彼が自分は神自身であると言い、自分は贖いの仕事をやり遂げるために来たのだと言うなら、聖霊は彼を懲らしめただろう。ヨハネのした仕事はとても大きかったし、その上聖霊に支えられていたのであるけれども、彼がした仕事はやはり範囲があるのであった。聖霊が彼の仕事を支えていたのは確かであるが、当時彼には道を整えるための力だけが与えられたので、ほかの仕事は少しもできなかった。なぜなら、彼はただ道を整えるヨハネであって、イエスではなかったからである。だから、聖霊の証しは重要な一環であるが、聖霊が人にどんな仕事をさせるかはさらに重要なことである。ヨハネも当時高らかに証しされたし、彼のした仕事もとても大きかったのではないか。しかし彼がした仕事はイエスを超えることができなかった。なぜなら、彼はただ一人の、聖霊に使われた人であって、直接神を代表することができなかったからである。だから、彼がした仕事はただ一段階の限りのある仕事であった。彼がこの段階の、道を整える仕事をし終えた後、彼の証しを守る人はいなくなり、彼に伴う新しい仕事もなくなり、こうして彼も神自身の働きと共に去った。

ある者たちは悪霊につかれて、しきりに「わたしは神だ!」と叫ぶが、結局立っていられなかった。なぜなら、彼が代表したのは間違っており、代表したのはサタンだからである。聖霊は決してこのことに取り合わない。あなたの語ったものがいくら高くても、あなたがいくら声高らかに叫んでも、あなたは被造物であり、サタンに属するものである。わたしは今まで「わたしは神だ。わたしは神の愛する子だ!」と叫んだことがない。しかし、わたしがしているのは神の仕事である。叫ぶ必要があるのか。祭り上げられる必要がない。神自身が自分の仕事をするので、人が彼に地位を与える必要もなければ尊称を与える必要もない。彼の仕事は彼の身分と地位を代表するのである。イエスは洗礼を受ける前にも神自身ではないのか、神の言がなった肉体ではないのか。彼は証しされた後、神の独り子になったとでもいうのか。彼が仕事をする前からとっくに「イエス」という人がいたのではないか。あなたが新しい道を開くことができず、あなたが霊を代表することができず、あなたが霊の仕事を発表することができず、霊の言葉を発表することができず、あなたが神自身の仕事をすることができず、霊のすることをあなたがすることができず、神の知恵、奇しさ、測りがたさ、神の人を罰するあらゆる性質をあなたが発表することができない。だから、あなたがいくら神だと称しても無駄であり、名ばかりあって実が伴わないのである。神自身が来ているがだれも彼を知らない。それでも彼は続いて仕事をしており、しかも霊を代表して働いている。あなたが彼を人と呼んでもよく、彼を神と呼んでもよく、彼を主と呼んでも、キリストと呼んでもよく、或いは彼女を姉妹と呼んでもいいが、彼がする仕事は霊の仕事であり、神自身の仕事を代表するのである。彼は人の彼に対する呼び方を気にしない。人の彼に対する呼び方が彼の働きを決定づけることができるだろうか。あなたが彼を何と呼ぼうと、神から見れば、彼は神の霊の受肉であり、霊を代表する者であり、霊に良しとされる者である。あなたが新しい時代の道を開くことができず、あなたが古い時代を終わらせることができず、新しい時代を開くこともできず、新しい仕事をすることもできない。だから、あなたは神と呼べない!

たとえ聖霊に使われる人であっても神自身を代表することができない。この人が神を代表することができないだけでなく、この人のした仕事が直接神を代表することができないのである。つまり、人の経験は直接神の経営の中に入れることができず、「人の経験」は「神の経営」を代表することができず、神自身がする仕事はみな彼自身の経営計画でしようとする仕事であり、大きな経営にかかわることである。人のする仕事(すなわち聖霊に使われる人)はみな、個人の経験を供給することであり、前人が道を開いた後また別に経験の道を見つけ出して、聖霊の導きの下でほかの兄弟姉妹を導くことである。この人たちが供給するのはみな個人の経験、または霊的な人の霊的著作である。彼らが聖霊に使われるのではあるけれども、彼らのする仕事は六千年の計画の中の大きな経営にかかわる仕事ではなく、彼らはただそれぞれ異なった段階で聖霊に興されて聖霊の流れの中の人を導くのである。彼らの果たせる機能が終わるまで、或いは彼らの寿命が尽きるまで。彼らのする仕事はただ神自身のために適当な道を用意するか、或いは神自身の地上での経営の中の一項目を続けるだけである。この人たちは経営の中のもっと大きな仕事をすることができないし、もっと新しい道を開くこともできないし、しかも彼らのうち、神の旧い時代の仕事を全部終わらせることができる人は一人もいない。だから、彼らのする仕事はただ一人の被造物を代表して自分の機能を果たしているだけであり、彼らは神自身を代表して職分を果たすことができない。なぜなら、彼らのする仕事は神自身のする仕事とは同じでないからである。時代を展開する仕事は人が神の代わりにすることができる仕事ではない。この仕事は神自身のほかにだれもできない。人のする仕事はみな被造物の本分を尽くしているのであり、みな聖霊の霊感の下で、または啓きの下で働いているのである。この人たちが導くのはみな、日常生活の中で人がどのように実行すればいいかの道であり、日常生活の中で人がどうすれば神の心にかなうことができるかということである。人のする仕事は神の経営にかかわらず、霊の仕事を代表しない。例えば、常受(ウイットネス・リー)、倪柝聲(ワッチマン・ニー)彼らのした仕事はみな道を案内することであり、新しい道であれ、古い道であれ、聖書を超えないという原則の基礎の上に立ってした仕事であり、地方教会を回復させるのであれ、地方教会を建てるのであれ、要するに教会建造をしていたのであり、彼らがしたのはみな、恵みの時代にイエスとほかの使徒がまだし終えていなかった仕事、或いはまだ深化させていなかった仕事を続けることであった。彼らのした仕事はみな、イエスが働いた時後人に要求したことを回復していたのである。例えば頭を覆い、洗礼を受け、パンを裂き、或いはぶどう酒を飲むなどである。彼らの仕事はみな聖書を守っており、聖書の中で道を探していたのであり、全然新たな進展がなかったと言ってもいい。だから、彼らのした仕事の中から人は、彼らが聖書の中でまた新しい道を見つけ、聖書の中でまたよりよく、もっと現実的な実行を捜し出したのを見ることができるだけである。しかし、人は彼らの働きの中から神の現在の心意を見出すことができず、なおさら世の終わりに神がしようとしている、もっと新しい仕事を見出すことができない。なぜなら、彼らが歩んでいたのはやはり旧い道であり、新しくされておらず、進展もなく、やはり「イエスが十字架につけられる」という事実を堅く守っており、やはり「人に悔い改めさせ、罪を告白させる」という実行を堅く守っており、やはり「最後まで耐え忍ぶ者は救われる」という言い方を堅く守っており、やはり「男は女の頭であり、女は夫に従うべきだ」という言い方を堅く守っており、さらに「姉妹は教えてはならず、ただ従う人になりなさい」という伝統的な観念を堅く守っていたのだからである。彼らのような導き方が堅く守られていけば、聖霊は永遠に新しい仕事をすることができず、永遠に人を規定の中から解放することができず、また永遠に人を自由でよい境地の中に導き入れることもできない。だから、この段階の、時代を変える仕事は必ず神が自ら行い、自ら話さなければならない。さもないと、どの人も神の代わりにすることができない。今は、この流れ以外の聖霊の仕事はみな中止され、かつて聖霊に使われた人たちもみな途方に暮れてしまった。だから、聖霊に使われる人のする仕事と、神自らがする仕事は異なるため、彼らの身分と代表する対象も異なるのである。これはみな聖霊がしようとしている仕事が異なるからである。こうして、同じく働く人たちの異なった身分と地位が決定づけられたのである。聖霊に使われる人もいくらかの新しい仕事をするかもしれず、いくらかの旧い時代の仕事を廃止するかもしれないが、彼らのするのはやはり神の新しい時代の性質と新しい時代の心意を発表することができず、彼らはただ旧い時代の仕事を廃止するために仕事をするのであって、新しい仕事をして直接神自身の性質を代表するためではない。だから、彼らがどんなに多くの古いやり方を廃止しても、どんなに多くの新しいやり方をもたらしても、やはり人を代表し、被造物を代表する。しかし、神自身が働く時、旧い時代のやり方を廃止すると公に宣言せず、また時代を展開するとも直接宣言しない。彼は直接仕事をするのであり、彼は直接彼がしようとする仕事をし、すなわち直接彼がもたらした仕事を発表し、直接彼がもともとしようとしていた仕事をし、彼の所是、彼の性質を発表するのである。人からみれば、彼の性質は前の時代と異なり、彼の働きも前の時代と異なるが、彼自身からみれば、ただ仕事を続け、仕事を深化させているだけである。神自身が働くのは彼の言葉を発表し、直接新しい仕事をもたらすのであるが、人が働くのは推敲したり、研究したりすることによって、或いはほかの人の基礎の上に立って認識を深め、系統的に実行するのである。言い換えれば、人のする仕事の本質は「決まった段取りを踏み」、「新しい靴を履いて古い道を歩く」ことである。つまり、たとえ聖霊に使われる人が歩んだ道であっても神自身が自ら開いた道の上に築かれているのである。だから、人はつまるところ人で、神はつまるところ神である。

アブラハムがイサクを生んだのと同じように、ヨハネは約束を通して生まれたのである。彼はイエスのために道を整えたのであり、しかもたくさんの仕事をした。でも、彼は神ではなく、預言者であった。なぜなら、彼はただイエスのために道を整えただけだからである。彼のした仕事も非常に大きく、彼が先に立ってイエスのために道を整えた後、イエスは正式に働き始めたのであるが、彼はただイエスのために仕えただけであり、彼のした仕事はイエスの仕事のために服務しただけであった。彼が道を整えた後、イエスは働き始めて、もっと新しく、もっと細かく、もっと具体的な仕事をした。ヨハネは手始めの仕事をしただけであり、もっと多くの新しい仕事はみなイエスがしたのである。ヨハネも新しい仕事をしたが、彼は新しい時代を開く者ではなかった。ヨハネは約束を通して生まれたのであり、彼の名も御使いがつけたのである。当時ある人は彼の父の名を取ってザカリヤと名づけようとしたが、彼の母は、「この子はその名で呼ばれるべきではありません。彼をヨハネと名づけなければなりません」と言った。これはみな聖霊に指示されたのである。では、ヨハネはなぜ神と呼ばれなかったのか。イエスの名も聖霊に指示されたのであり、イエスは聖霊から生まれたのであり、聖霊が約束したのであり、彼は神であり、キリストであり、人の子であった。ヨハネのした仕事も非常に大きかったのに、なぜ神と呼ばれなかったのか。イエスのした仕事とヨハネのした仕事は一体どんな区別があるのか。ただヨハネがイエスのために道を整えたのだからであるのか、それとも神に定められたのだからであるのか。ヨハネも「悔い改めよ、天国が近づいた」と言ったのであり、天国の福音を宣べ伝えたのだが、彼の仕事は深化しておらず、ただ始まりに過ぎなかった。イエスは新しい時代を開き、また古い時代を終わらせたが、それと同時に、彼は旧約律法を完成した。彼はヨハネよりさらに大きな仕事をしたし、しかも彼は全人類を贖うために来たのであり、彼はその段階の仕事をした。ヨハネはただ道を整えておいただけである。彼がした仕事もとても大きく、言った言葉もとても多く、彼につき従った弟子も少なくなかったけれども、彼の仕事はただ人に一つの新しい始まりをもたらしただけであり、人は彼から命、道またはもっと深い真理を得ておらず、神の心意も分からなかった。ヨハネは大預言者(エリヤ)であり、彼はイエスの仕事のために場所を開拓し、人選を用意したのであり、彼は恵みの時代の、道を切り開く先鋒であった。正常な人の殻から判断すれば、これらは全然見分けることができない。しかも、ヨハネのした仕事もかなり大きく、ヨハネは聖霊の約束による者であり、彼のした仕事は聖霊に支えられた。だから、彼らのした仕事によって各々の身分を見分けるしかない。なぜなら、人の殻によっては人の本質を識別することができず、しかも人は一体何が聖霊の証しであるか見定めることができないからである。ヨハネのした仕事とイエスのした仕事が異なり、彼らの仕事の性質が異なる。人はこれらから彼が神であるかどうかを判断すべきである。イエスがした仕事は始め、続け、終え、成就することであり、彼がしたのはこのいくつかの段階の仕事であったが、ヨハネがしたのはただ始めることだけであった。イエスは始めのうち、福音を宣べ伝え、悔い改めの道を宣べ伝え、その後、人に洗礼を授け、人のために病気を治し、悪霊を追い出し、最後に人類を罪の中から贖い出して、彼の全時代の仕事を完成した。彼も至る所で人に伝道し、天国の福音を宣べ伝えていた。この点はヨハネと同じであるが、違うところは彼が新しい時代を開き、人に恵みの時代をもたらしたということである。恵みの時代に人が実行すべきもの、人が歩むべき道はみな彼の口から語り出されたのであり、最後に彼は贖いの仕事を完成した。ところが、ヨハネはこの仕事ができなかった。だからイエスは神自身の仕事をしたのであり、彼こそ神自身であり、直接神を代表したのである。人の観念のとおりなら、約束を通して生まれた者、霊から生まれた者、聖霊に支えられている者、新しい道を開く者はみな神である!人のこの言い方の通りだと、ヨハネも神であり、モーセ、アブラハム、ダビデ……はみな神である。これはとてつもない冗談ではないのか。

職分を果たす前には、イエスもただ一人の正常な人であり、聖霊がどのようにしても彼は従っていた。当時彼は自分の身分を知っていても知らなくても、神から出たものならすべて従ったのであり、彼が職分を果たす前に、聖霊は彼の身分を明らかにしたことがなかった。彼がそれらの規定、それらの律法を廃止したのは職分を尽くし始めてからした仕事であり、彼の言葉が権威に満ちており、力を帯びていたのは彼が正式に職分を尽くし始めた後のことであり、彼は職分を尽くし始めてから、時代を開く仕事に着手したのである。それ以前に、聖霊は彼の身に二十九年隠れていた。この二十九年の間、彼はただ一人の人間を代表していたのであり、神の身分、神の働きを持っていなかった。彼が働いて職分を尽くし始めた時から、人の彼に対する認識がどれほどであったかにかかわらず、彼は彼の内の計画どおりに仕事をしたのであり、彼のした仕事は直接神自身を代表していたのである。あの時、イエスは身の回りの人に尋ねて言った。「あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」彼らは言った。「あなたはいちばん偉大な預言者です。あなたはわたしたちの良き医者です。」またある人は言った。「あなたはわたしたちの大祭司です……」どう言う者もいて、またある人は、彼がヨハネであり、エリヤだと言った。そしてイエスはシモン・ペテロに尋ねた。「あなたはわたしを何者だと言うのか。」彼は言った。「あなたはメシア、生ける神の子です。」その時から群衆は彼が神であることを知った。彼の身分が公にされた時、ペテロが先に知ったのであり、それはペテロの口から語り出されたのである。それからイエスは言った。「あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。」彼が洗礼を受けた後、ほかの人が彼の身分を知っていても知らなくても、彼のした仕事は神を代表していたのである。彼は彼の仕事をするために来たのであって、彼の身分を明らかにするために来たのではなかった。人が公に彼の身分を知ったのは、ペテロがそれを語り出した後のことである。彼が神自身であることを、あなたが知っていても知らなくても、彼の時が来たら彼は彼の仕事をし始めるのである。あなたが知っていても知らなくても、彼は相変わらず働くのであり、たとえあなたが認めなくても、彼は彼の仕事をするのであり、するべき時になると彼はするのである。彼が来たのは、働いて職分を尽くすためであり、人に彼の肉体を認識させるためではなく、人に彼の働きを受け入れさせるためである。今日のこの段階の仕事が神自身の働きであることをあなたが認識していないのは、あなたが異象に欠けていることを証明している。しかし、あなたはこの段階の仕事を否定してはならない。あなたが認識していないからといって、聖霊が働いていないか、或いは間違った仕事をしたということではない。ある人たちは聖書の中のイエスのその段階の仕事を今日の仕事と対照し、対照できないと、この段階の仕事を否定しようとする。これはあまりにも盲目なのではないか。聖書に記されているのは限りがあるものであって、神の全部の働きを代表することができない。四福音書は全部合わせても百章足らずであり、いちじくの木を呪ったこと、ペテロが三度主を否んだこと、イエスが十字架につけられて復活した後に弟子たちに現われたこと、断食について、祈りについて、離縁について、イエスの誕生、イエスの系図、イエスが弟子を任命したこと……など、これらのわずかなものだけが記されているのに、人はこれらを宝物とし、また今日の仕事と対照し、しかもイエスが生まれてからした仕事はたったこれぐらいしかないと思っている。まるで神はこれらの仕事しかできず、またほかの仕事ができないようである。これは誤った考えではないか。

イエスが地上にいた時間は三十三年半であり、つまり彼は地上で三十三年半生きていたのである。彼が職分を尽くした時間は三年半だけであり、ほかの時間は正常な人性の生活をしていたのである。最初は、彼は会堂で礼拝し、また会堂で祭司の聖書に対する解説を聞き、ほかの人の教えを聞き、それによってたくさんの聖書の知識を理解した。彼は生まれるとすぐ理解したのではなく、彼も見ることと聞くことを通して理解したのである。聖書には、彼が十二才の時、会堂でそれらの牧師たちに質問したことがはっきり記されている。昔の預言者の預言はどういうことであるか、モーセの律法はどういうことであるか、旧約聖書はどういうことであるか、人が神殿で神に仕え、祭司の長服を着るのはどういうことであるか……と彼はたくさんの質問をした。それは彼が知らなかったし、また分からなかったからである。彼は聖霊から身ごもられたのであるけれども、彼が生まれた時は、完全に一人の正常な人であり、たとえ特殊な性格があったとしても、彼はやはり一人の正常な人であり、彼の知恵も彼の背丈が伸びるにつれて、彼の年齢が増えるにつれて次第に増し加わっていったのであり、彼は正常な人性の生活をする過程を経た。人の想像の中では、イエスは子供時代を経ず、青年時代を経ず、中年時代も経ずして、生まれるとすぐ三十才の生活をし、仕事を終えてからすぐ十字架につけられたのであり、彼は正常な人としての生活がなく、ご飯を食べず、人とも接触しなくて、人が容易には彼に会うことができなかったかもしれず、彼は変な人であり、人が彼を見たら怖がったかもしれないと思っている。なぜなら、彼は神だからである。人は、神が肉体の中に来たらきっと人性の生活がなく、彼は歯を磨かず、顔を洗わなくてもきれいであると思っている。なぜなら、彼は聖人だからである。これはまったく人の観念ではないか。聖書にはイエスの人性の生活が記されておらず、彼の働きだけが記されている。しかしこれは、彼には正常な人性がなかったことを証明するわけではなく、彼が三十才前に正常な人性の生活がなかったことを証明するわけでもない。彼が正式に働いたのは二十九才であった。しかし、あなたは彼の二十九才の前の人性の生活を全部否定してはならない。その期間の生活が省かれて聖書に記されなかったに過ぎない。その期間の生活は正常な人性の生活であり、神性の働く段階ではなかったので、記しておく必要がなかった。なぜなら、イエスが洗礼を受ける前、聖霊は直接働かず、彼が職分を尽くすべき時になるまで、一人の正常な人の生活をするよう彼を支えていただけだからである。彼は受肉した神であるけれども、正常な人性が成熟する過程を経た。聖書の中ではこの成熟する過程が削られた。これらは人の命の成長にとってあまり役に立たないのだから、削られたわけである。彼が洗礼を受ける前はただ彼が隠れていた段階であって、しるしと奇跡を行わなかった。イエスが洗礼を受けた後行なったすべての仕事こそ人類に対する贖いであり、それは豊かで恵みと真理に満ち、慈しみと憐れみに満ちていた。この仕事の始まりはまさに恵みの時代の始まりである。だから記されて、ずっと今まで伝わっている。それは恵みの時代の人たちが恵みの時代の道を歩み、十字架の道を歩むことができるように、道を開き、すべてをなし遂げた。それは人によって書かれたものであるけれども、みな事実であり、ただ一部のことの記録にささいな間違いがあるだけである。だからといって、それが事実ではないとは言えない。「事」は完全に事実であるが、ただ人の記録に間違いがあるにすぎない。ある人はこう言うだろう。「イエスは正常で普通な人性を持っていたのに、なぜ彼はしるしと奇跡を行なうことができたのか。」イエスが四十日間誘惑を受けたのは、しるしと奇跡であり、正常な人にはできないことである。彼が四十日間誘惑を受けたのは、聖霊の働きに属していた。なのに、彼の身には超然としたものが少しもなかったと言えるのか。彼がしるしと奇跡を行なうことができたからといって、彼が一人の非凡な人であって、一人の正常な人ではないことが証明されたわけではない。ただ聖霊が彼のような一人の正常な人の身に働いたのだから、彼は力ある業を行ない、もっと大きな仕事をすることができたのである。イエスが職分を尽くす前、すなわち聖書によれば、霊がイエスの上に下る前は、彼は正常な人であり、少しも超然としていなかった。聖霊が彼の上に下った後、つまり彼が職分を尽くし始めた時、彼の身から超然たることがしばしば見られるようになった。こうして、人は神の言がなった肉体は正常な人性を持っていないと考えており、しかも人は、受肉した神が人性を持っていないと誤って考えている。もちろん、神が地上に来た時、彼の仕事、人が見たものは全部超然たるものであり、あなたの目で見たもの、耳で聞いたものは全部超然たるものである。なぜなら、彼がしたこと、言ったことは人が理解できず、人が達成できないものだからである。天のものが地上にもたらされたのに超然としないことがあろうか。天国の奥義が地上にもたらされた時、人には理解できず、究められず、非常に奇しく、知恵に満ちている。これはみな超然たるものに属するのではないか。しかし、いくら超然としていても正常な人性の中で行われたのであることを、あなたは知らなければならない。神の言がなった肉体はみな人性を持っているのである。さもないと、言が肉体となったのではない。イエスはその時力ある業をたくさん行った。当時イスラエル人が見たのはみな超然としたことであり、彼らは天使、御使いを見、ヤーウェが発した声も聞いた。これはみな超然としたことではないか。もちろん、今、一部の邪霊は働く時、いくらかの超然としたものによって人を惑わす。それは邪霊が神のまねをしてすることであり、邪霊は聖霊が今しない仕事をいくらか行なって人を惑わすだけである。多くの邪霊は真似て力ある業を行ない、病気を治すが、それはみな邪霊のすることである。なぜなら、聖霊は今もうそのようにしないからである。後で聖霊のすることを真似るものが邪霊である。当時イスラエルで行われた仕事はみな超然とした仕事であった。ただ今は聖霊がもうそのようにしないだけである。誰かがまたそのようにすれば、それはサタンのしわざ、サタンのかき乱しに属するのであり、その者も邪霊に属するのである。しかし、あなたは超然とした者はみな邪霊だと言ってはならない。これは神が働く時代によって決まるのである。あなたが見たように、今日受肉した神のする仕事は何でも超然としているのではないのか。彼の言う言葉はあなたが理解することができず、また言うこともできず、彼のする仕事は人にはできず、彼が理解していることは人には理解できず、彼が知っているのがどこから来たか人は知らない。ある人は言う。「わたしはあなたと同じように正常なのに、なぜあなたの知っていることをわたしが知らないのですか。わたしはあなたより年上であり、あなたより経験が多いのに、なぜわたしの知らないことをあなたが知っているのですか。」これらはみな人には到達できないことである。またある人は言う。「イスラエルで行われた仕事はだれも知らないのに、あなたはどうやって知ったのですか。聖書解釈学者も解くことができないのに、あなたはどうやって知ったのですか。」これはみな超然としていることではないのか。彼には珍しい経験などないけれども、彼は何でも知っており、何事についても用意なしに話すことができる。これは超然たることに属するのではないか。彼のすることは、肉体の能力を超えるのであり、肉体の思惟によっては誰も到達できず、人の頭の理智によっては全然考えつくことができない。彼は聖書を読んだこともないのに、神がイスラエルでした仕事をよく分かっている。彼は地上に立って話すのであるが、彼が語り出すのは第三の天の奥義である。人がこれらの言葉を読むと、これは第三の天の言葉ではないか、これはみな正常な人ができることの域を超えているのではないかという感じがする。あの時、イエスが四十日間断食したが、それは超然たることに属するのではないか。もしあなたが四十日間断食するのはみな超然たる者に属するのであり、みな邪霊に属するのだと言うなら、あなたはイエスを罪に定めてしまうのではないか。イエスは職分を果たす前、正常な人と同じように、学校に通っていた。彼が学校へ行かなかったら、どうして字を読めるだろうか。神が受肉する時、霊は肉体の中に隠れている。だが、一人の正常な人として成長の過程を経なければならず、大脳の思惟が成熟し、しかも物事を識別することができる時こそ、正常な人だと言える。人性が成熟してはじめて、彼は職分を尽くすことができる。正常な人性が成熟していないか、或いは理智が不健全であるなら、職分を尽くすことができるだろうか。彼が六、七才から職分を尽くし始めることがあろうか!神はなぜ受肉したばかりの時、公に現われなかったのだろう。彼の肉体の人性がまだ成熟しておらず、肉体の大脳の思惟、肉体の正常な人性を完全に具備してはいなかったからである。だから、正常な人性を具備し、正常な人としての常識を持ち、彼の肉体における仕事を十分引き受けることができる時こそ、彼は働き始めるのである。もし仕事を引き受けることができなければ、続いて成長しなければならない。もしイエスが七、八才の時働き始めたなら、人はみな彼を神童と見なすのではないか。人はみなこれはいたずらっ子ではないかと思うだろう。それなら、だれが彼に信服するだろうか。七、八才のいたずらっ子が説教壇に立ったら、演台よりも低いのに、道を語ることができるだろうか。正常な人性が成熟する前は、仕事を引き受けることができない。多くの仕事は成熟していない人性では全然達成できない。神の霊が肉体の中で働くのも原則がある。彼は正常な人性を具備してこそ父のために仕事を引き受け、父の委託を引き受けることができるのであり、その時こそ彼は働き始めるのである。イエスは子供時代にたくさんの古代のことについて全然分からなかった。それらの牧師たちに聞くことによって、彼は初めて分かったのである。もし彼がものが言えるようになった後すぐ働き始めたなら、間違いが起こらないことがあろうか。神がどうして間違った事をすることがあろうか。だから、彼は働くことができる時こそ働き始めるのであり、彼が完全に仕事を引き受けることができるようになるまでは、彼は働かない。イエスが二十九才の時にはもう相当成熟したのであり、彼の人性は、彼がしようとする仕事を十分引き受けることができた。その時こそ、三十年隠れていた聖霊は現れ始め、神の霊は正式に彼の身に働き始めた。あの時、ヨハネは七年をかけて彼のために道を開いた。ヨハネは仕事を終えてから牢に入れられた。こうして重荷は完全に彼の上にのしかかった。もし彼が二十一、二才でこの仕事をしたのなら、その時に彼の人性があまりにも乏しすぎ、青年時代に入ったばかりで、たくさんの事がまだ分からないので、舵取りをすることができない。その時、ヨハネが一定の期間の仕事をした後、イエスは仕事をし始めたのである。イエスが働いた時はもう中年であって、その時彼の正常な人性は彼のすべき仕事を十分引き受けることができるようになった。今、受肉した神も正常な人性を持っている。あなたたちの人性ほど成熟していないけれども、このような人性は仕事を引き受けるのに十分である。現在の仕事の情況はイエスの時の仕事の情況と完全に同じであるのではない。イエスは当時なぜ十二人の弟子を選んだのだろう。それはみな彼の仕事を支えるためであり、彼の仕事に協力させるためであった。一方では彼の当時の仕事のために基礎を打ち立て、他方では彼の後の仕事のために基礎を打ち立てたのである。当時の仕事に基づいて、イエスが十二人の弟子を選んだ。それはイエスの意思であり、神自身の意思でもあった。彼は十二人の弟子を選ぶ必要があると思い、それから彼らを連れて至る所で伝道した。だが、今日あなたたちの間では全然そのようにする必要がない!神が受肉して肉体の中で働くのはたくさんの原則がある。多くのことについて人は全然分からなくて、常に観念で評価し、或いは神に過分な要求をするが、今になっても大勢の人は自分の認識がまったくの観念であることを全然知らない。神がどの時代に、どこで受肉するかとは関係なく、彼が肉体の中で働く原則は変わることがない。彼は受肉したが肉体を超越して働くことはなく、また、受肉したが肉体の正常な人性の中で働かないこともない。そうでないと、神が受肉した意義はすべて烏有に帰し、「言葉」が肉体となった意義はなおさら少しもない。しかも神が受肉したことは天にいる父(すなわち霊)が知っているほか、肉体自身さえも知らず、天の御使いも知らない。そういうわけで、肉体における神の働きはさらに正常になり、なおいっそう、確かに「言」が肉体となり、「言葉」が肉体となったことを明らかにすることができ、肉体は「正常で、普通な」人を代表するのである。ある人は、「なぜ時代を開くことは必ず神自身が自らしなければならないのですか、被造物が代わりにすることができないのですか」と聞くだろう。あなたたちはみな知っているが、神が受肉したのは新しい時代を開くためであり、もちろん新しい時代を開いたと同時に古い時代を終わらせたのでもある。神は初めであり終わりでもあり、彼自身が仕事を展開したのだから、彼自身が古い時代を終わらせなければならない。これがサタンを打ち負かし、世に打ち勝った証拠である。神が自ら人の間で働くたびに、新しい戦いが始まるのである。新しい仕事の始まりがなければ、もちろん古い仕事の終わりもなく、古い仕事が終わっていないのはサタンと戦う仕事が終わっていないことを証明する。神自身が来て、また新しい仕事を人の間で行ってこそ、人は完全にサタンの支配から解放されることができ、新しい生活、新しい始まりを持つことができる。さもないと、人は永遠に古い時代の中で生き、永遠にサタンの古い支配下で生きる。神が時代を導くたびに、人は一部分の解放を得る。人は神の仕事の発展につれて新しい時代に向かって邁進するのであり、神が勝利を得れば、彼に従っている人もみな勝利を得たことになる。もし造られた人類に時代を終わらせるなら、人から見てもサタンから見ても、これはただ神に逆らっているか、或いは神を裏切っているだけであり、神に従っているのではない。そうなら、人のする仕事はサタンの口実になってしまう。人が神自ら開いた時代の中で服従し、つき従ってこそ、サタンが完全に心服するのである。なぜなら、これは被造物の本分だからである。だから、わたしはこう言う。あなたたちはつき従い、服従しさえすればよく、ほかの仕事はあなたたちがする必要がない。これは各々本分を守り、各々機能をするということである。神が神自身の仕事をするのであり、人に代わってもらう必要がなく、彼も被造物の仕事に参与しない。人は人自身の本分を尽くし、神の仕事に参与しない。これこそ従順であり、これはサタンを打ち負かした証拠である。神自身が時代を開き終えた後、彼はもう自らこの世に臨んで働かない。その時こそ、人は正式に新しい時代の中に入って自分の本分を尽くし、被造物の使命を果たし始める。これらはみな働く原則であり、だれも悖ってはいけない。こうしてこそ情理に合うのである。神自身の仕事は神自身でするのである。彼は仕事を展開する者であり、仕事を終わらせる者でもある。彼は仕事を計画する者であり、仕事を経営する者でもあり、さらに仕事を成就する者である。それは聖書に、「わたしは初めであり終わりでもあり、わたしは種をまく者であり、畑の刈り入れをする者でもある」と書いてあるとおりである。彼の経営にかかわるこの一切の仕事は彼自身でするのである。彼は六千年の経営計画の管理者であり、彼の代わりに仕事をすることができる人は一人もおらず、彼自身の仕事を終わらせることができる人は一人もいない。なぜなら、彼がすべてを支配しているからである。彼は世界を造ったからには、全世界を導いて彼の光の中に生きさせ、また全時代を終わらせて、彼のあらゆる計画を成就する!

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です