『働くことと進入すること(二)』

あなたたちの働きと進入はみなかなり劣っている。人は働きを重要視せず、進入のことはなおさらいいかげんに扱い、これらを人の進入すべき学課とみなさない。だから、霊的な経験の中で、人の認識はほとんど絵空事である。働くという面の経験については、あなたたちにそんなに高い要求を出していない。だが、神に完全にされる人々としてみな神のために働くという学課を学ぶべきである。それはあなたたちが一日も早く神の心にかなう人になるためである。歴代にわたって、働く人のことを、「働き人」、「使徒」と呼んでいる。それは、神に使われるごく一部の人のことを言っているのである。しかし今日言っている「働き」は、単に「働き人」、「使徒」に対して言うのではなく、神に完全にされるすべての人に対して言うのである。多くの人はこれに対してあまり興味を持っていないかもしれないが、しかし進入するためには、やはりこの面の真理を話してみたほうがいい。

働くというと、人はみな、働くとは神のために道を走り、至る所で伝道し、神のために費やすことだと思うだろう。このような認識は正しいのであるが、あまりにも一面的である。人に対する神の要求は、単に神のために道を走ることだけでなく、霊の中でもっと多く仕え、供給することである。多くの兄弟姉妹たちは長年経験したが、神のために働くことは全然考えていなかった。人の観念の中の働きは、神の要求するのと全く相容れないから、人は働くということに対して全然興味を持っていない。それだからこそ、人の進入もかなり一面的である。あなたたちはみな、神のために働くことからあなたたちの進入を始めるべきである。それは、あなたたちがあらゆる面からよりよく経験することができるためである。これはあなたたちが進入すべきことである。働くとは、神のために道を走ることではなく、人の生かし出し、人の命が神に享受されることができるかどうかである。働くとは、神に対する人の忠心、認識によって神について証しをし、人に奉仕することである。これは人の責任であり、人が認識すべきことである。こう言ってもいいが、あなたたちの進入はあなたたちの働きである。あなたたちは神のために働く過程の中で、進入することを追い求めるのである。神を経験する上で、どのように神の言葉を食べ飲みするか分かることだけではなく、もっと重要なのは、神について証しすることができなければならず、神に奉仕することができ、また、人に仕え、供給することができなければならない。これは働きであり、あなたたちの進入でもあり、これはすべての人が達成すべきことである。多くの人は、神のために道を走り、至る所で道を語ることだけを重んじ、個人的に経験することを忘れてしまい、霊的生活上の進入をなおざりにしてしまう。そのため、神に奉仕する人は神に逆らう人になった。長年来、神に奉仕し、人に仕える人たちは、働くことと道を語ることが進入することだと思っていて、個人の霊的な経験が重要な進入だとは思っておらず、むしろ聖霊の働きによる啓きを資本としてほかの人を教える。道を語る時、彼らは非常に負担があって、聖霊の働きを得、これによって聖霊の声を解き放す。この時、働く人は非常に得意になる。まるで聖霊の働きが自分自身の霊的な経験になったようであり、自分の話した言葉がみな個人の所是だと感じるのである。しかし、自分の経験が自分が言い出したものほどはっきりしていないようであり、しかも言葉を言う前に、人は全然自分が何を言いたいか知らない。聖霊が働く時になったら、人の言葉は滔々として尽きず、次々と途切れることがない。あなたはこのように道を一回語った後、自分の実際の身丈は、自分が思っていたように小さいのではないと感じる。何回かの聖霊のこのような働きを経験した後、人は自分がもう身丈があると決め込み、しかも聖霊の働きが自分の進入、自分の所是だと誤って考えている。人がいつもこのように経験すれば、自分の進入をなおざりにしてしまい、知らず知らずのうちに怠けて、全然個人の進入を重んじないようになる。だから、あなたがほかの人に仕える時、自分の身丈と聖霊の働きをはっきり区別しなければならない。そうすれば、さらにあなたの進入を促すことができ、さらにあなたの経験のためになる。人が聖霊の仕事を個人の経験とすることは人の堕落の根源である。だから、あなたたちがどんな本分を尽くしても、自分の進入を肝心な学課とするべきである。

働くのは神の心を満足させるためであり、神の心にかなう人を神の前に導くためであり、人を神にもたらすためであり、聖霊の仕事、神の導きをみな人に紹介して、これによって神の働きの効果を完全にするためでもある。だから、あなたたちは働きの本質を見極めなければならない。神に使われる一人一人は神のために働く資格があり、つまり聖霊に使われる機会がある。しかし、この点はあなたたちが分からなければならない。人は神の仕事をすることによって、神に使われる機会を得たのであるが、人の言ったこと、人の認識したことが完全に人の身丈を代表するのではない。あなたたちは働く中で、もっと自分の欠けたところを認識し、もっと多くの聖霊の啓きを得なければならない。それは、あなたたちが働く中で、よりよく進入することができるためである。もし人が神による導きを自分の進入だと見なし、しかもそれを自分の本来のものだと見なすなら、人の身丈は発展性がない。聖霊は人の状態が正常である時、人に対して啓くである。この時、人は往々にして自分の得た啓きは自分の実際の身丈だと誤って考える。というのは、聖霊の働きはとても正常であり、聖霊は人の本来の条件によって働くのだからである。人が働き、言葉を言い、或いは霊的修練をし、祈る時、突然ある真理についてはっきり理解することがある。実は、人の悟りはただ聖霊の啓きによるものであり(もちろんこの啓きは人の協力とも関係がある)、人自身の真実な身丈ではない。人は一定の期間経験した後、たくさんの実際の困難にぶつかり、この状況の下で、人の本当の身丈が明らかにされる。この時こそ、人は自分の身丈がそんなに大きくないと気づき、人の私心、利己的な考え、貪りなどのものがみな出てくる。このように何回か繰り返して経験した後、霊の中で冷静な思いを持っている多くの人々ははじめて、自分が以前得たものが個人の実際ではなく、聖霊の一時的な照らしによるものであり、人がただ照らされただけだと知るようになる。聖霊は往々にして、ものごとの経緯に結び付けることなく、明瞭に人に啓いて真理を分からせるのである。つまり、聖霊は人の困難に結び付けて啓示するのではなく、直接真理を啓示するのである。人が進入する過程の中で困難にぶつかる時、聖霊の啓きに結びつけると、それは人の実際の経験になる。例えば、ある未婚の姉妹が交流する時、こう言った。「わたしたちは栄華と富貴など追い求めず、夫婦間の愛情による福を貪らず、ただ単一で純潔な心を神様にささげることを追い求めます。」彼女は続けて言った。「人は結婚すると、足手纏いが多くなり、神を愛する心も誠実でなくなり、いつも心の中で家族、夫のことを心配し、人の心の内側はずっと複雑になります……」彼女が言葉を言う時は、口で言うことが心の中で思っていることであるようであり、また、その言葉が懇ろで力強くて、自分のこの時の言葉がみな真心のこもった言葉であるようである。その上、彼女は自分のすべてを神にささげたいくらいの気持ちがあり、彼女と似ている兄弟姉妹たちがこのような志を持つことをも希望している。あなたのこの時の志、感動が完全に聖霊の働きによるものだと言ってもいい。神の働き方が変わる時、あなたは年齢が何歳か増え、自分と同じくらいの年齢のクラスメート、友達がみな夫を持ったのを見たか、或いはだれそれが結婚した後、夫に都市に連れられて、そこに居住し、しかも仕事を持ったと聞き、あなたは彼女を見た時、羨望の念が生じる。彼女の姿が垢ぬけていて、あなたと話す時の彼女が都会人らしいところがたくさんあり、以前の土臭さが少しもないのを見た時、あなたは感慨にふけてこう思うだろう。自分が今まで神のために費やしているが家も事業も持っておらず、しかもたくさんの対処を受けた。今はもう中年になり、青春もとっくにこっそりと逃げた。まるで夢のようだ。今日まで歩んできたが、身を寄せるべきところはどこにあるかを知らない。その時、あなたは気が転倒するように思いが千々に乱れてしまう。あなたは独りぼっちで頼るところがなく、夜に安らかに寝入ることができず、一晩中眠つけない。知らず知らずのうちに、あなたは自分の当時の志を、神に永遠の愛を誓ったことを思い出す。なぜ今日ここまで落ちぶれただろう。あなたは思わず悄然と涙を流し、極めてつらくなり、神の前に出て祈る。神とこの上なく親密で、一刻も離れずに楽しく過ごした日々を思い出し、その時の光景がひとこまひとこま目に浮かんでき、その日の誓いがまた耳に響く。「神はわたしの唯一の知己ではないか。」この時、あなたはもう声も出ないほど泣き、「神様よ!愛する神様よ!わたしはもう心をあなたに与えました。わたしは喜んで生涯をあなたにささげます。わたしは一生あなたを愛します。その愛はいつまでも変わりません……」と言う。あなたは極度の苦痛の中でもがいてから初めて、切実に神の愛らしさを感じ、「わたしはもうすべてを神に与えた」とはっきり知った。このようなショックを一回受けた後、あなたはこのことでずっと老練になり、当時聖霊のした仕事が人の所有を代表するのではないことを見た。以後の経験の中で、この面の進入において、あなたはもう束縛されなくなり、まるであなたの傷跡が大いにあなたの進入のためになるようである。あなたはまたこんな情景に出くわすと、すぐあの日の泣きを思い出し、別れた夫婦がよりを戻したように、あなたは神と仲直りし、心の中でいつも神との関係がまた決裂することを心配し、神との「感情」(正常な関係)が傷つけられることを心配する。これはあなたの働きと進入である。だから、聖霊の働きを受け入れると同時に、あなたたちの進入をもっと重んじて、いったい何が聖霊の働きであり、何があなたたちの進入であるかを見ることができるようにし、聖霊の働きをあなたの進入の中にもたらすべきである。それは、あなたたちが聖霊に完全にされるのをもっと多く受け入れ、それによって聖霊の働きの本質があなたたちの身につくられるためである。あなたたちは聖霊の働きを経験する過程の中で、聖霊を認識し、自分をも認識した。しかも、度々の極度の苦痛の中で神と正常な関係を持つようになり、神との関係が日一日とよくなり、無数回の手入れ、精錬の中で神に対する本当の愛情を持つようになった。だから、あなたたちはこのことが分からなければならない。苦痛、打たれること、患難は怖くない。怖いのは、あなたたちが聖霊の働きを持っているだけで進入がないと、神の仕事が終わる時に、ただ無駄骨を折って何の収穫もなく、神の働きを経験したが聖霊を認識しておらず、自分の進入を持っていないことである。聖霊が人に対して啓くのは、人の熱心を維持するためではなく、人の進入のために道を開くためであり、また、人が聖霊を認識して、神を畏れる心、神を愛慕する心が生じるようにするためである。