『働くことと進入すること(三)』

人に対する神の委託がたくさんあり、神が人の進入についてもたくさん語ったが、人の素質がかなり劣っているので、神の多くの言葉はほとんど効果を収めなかった。人の素質が劣っている原因はさまざまである。人は思想、道徳が堕落し、教養がない。封建的な迷信がひどく人の心を占めている。堕落し、腐りきった生活様式によって、人の心の奥底にたくさんの弊害が生じた。文化知識が浅薄であり、ほとんど九十八パーセントの人は文化知識において欠けている。しかも、高等の文化教育を受けた人はほとんどいないから、人は全然何が霊であり、何が神であるかを知らず、ただ封建的な迷信が人にぼんやりした神の姿を与えただけである。何千年もの「民族気概」が人の心の奥底に残した害毒、封建思想は、人を何の自由もないほどに束縛している。ゆえに、人は志がなく、根気がなく、向上を求めず、消極的で後ずさりし、奴隷根性が非常に強い……これらの客観的要因のため、人の思想風貌、個人の理想、道徳、性質は消すことのできない汚れた醜い様子を持つようになった。人はみなテロリズムの暗黒世界の中で生活しているようであり、そこから抜け出ようとする人はおらず、理想の世界に行こうとする人もおらず、人はただ自己の分に安んじて暮らしている:子を産み育て、労力を出し、汗を流し、働いて、安逸で円満な家庭を持ち、夫婦が相愛し、子女が親孝行であり、晩年を楽しく過ごし、無事に自分の一生を過ごすことを夢見る……何十年も、何千年も、何万年も、また今も人はやはりこのように、いたずらに年月を送っており、だれ一人として最も美しい人生を創造せず、ただ暗黒の天地の間で互いに殺し合い、名声と利益を奪い合い、互いに腹を探り合って暗闘する。だれが神のみこころを求めたことがあるのか。だれが神の働きを取り合ったことがあるのか。人のこれらの、暗やみの権勢に占有された部分は、もうすべて天性のようになったから、神が仕事を展開するのは相当難しいのであり、神の今日の委託を人はなおさら取り合う気がない。どうであろうと、人がわたしの言ったこれらの言葉を気にすることはないと、わたしは信じている。なぜなら、わたしが言ったのは何千年もの歴史だからである。「歴史」というのは事実であり、しかも、だれの目にもはっきりしている「スキャンダル」である。わたしが事実を曲げて言葉を言う必要があるのか。でもわたしは、理智のある人なら、この言葉を読むと目覚めさせられ、奮起してつとめ励むことを信じている。神も人がみな安心して生活し、楽しく働くことを希望している。しかし、人が神を愛することができ、全人類が安息の中に入ることは神の心意であり、全地が神の栄光に満ちることは、なおさら神のきわめて大きな願望である。残念なことに、人はみな頑迷のまま非を悟らず、サタンに今日まで堕落させられてきて、もう人の姿がなくなった。だから、人の教養を高め、人の精神状態を変えるためには、人の思想、道徳、人の受けた教育も重要な一環であり、文化知識の訓練は副次的な一環である。

実は、人に対する神の要求はそんなに高くない。しかし、人の素質が神の要求する基準に程遠いので、多数の人は頭をあげて神の要求を「仰ぎ見ている」だけで、それを達成する力がない。人の先天な条件と人の後天的な装備では、全然神の要求を達成することができない。だが、これらだけを認識するのは万全の策ではなく、まるで遠方の水は現在の渇きをいやすことができない如くである。人が自分は塵にも及ばないことを認識したとしても、神の心を満足させる志を持たず、なおさら、神の要求を達成する「先進的な道」を持たないなら、このような認識は何の価値があるのか。ざるで水を汲むようでむだに終わるのではないか。わたしの言っている肝心なものは進入であり、これは主要な議題である。

人が進入する中で生活はいつも味気なく、祈ったり、神の言葉を食べ飲みしたり、集会をしたりするなど、このいくつかの項目の単調な霊的生活だけがある。だから、人はいつも神を信じる上でそんなに大きな享受がないと感じている。これらの霊的な活動はみな、人の本来の堕落したサタン的性質の基礎の上で行われるのである。人は時には聖霊の啓きを得ることができるが、人の本来の思想、性質、生活様式、習慣はやはり人の内側に根を下ろしている。だから、人の天性がやはり変わらない。人のやるそれらの迷信的な活動は神が最も憎んでいる。今でも多くの人はやはりそれらを手放すことができず、それらの迷信的な活動が神の定めによるものだと思っており、今日になってもまだ、それらを完全には脱ぎ捨てていない。若者の準備する婚宴や嫁入り道具とか、祝儀、酒宴といった祝い事に関する言い方とか、古くから言い伝えられている言葉とか、死んだ人、葬式のために行う何の意義もないすべての迷信的な活動などは、神がなおさら憎み嫌っている。礼拝日(ユダヤ人が守っている安息日)でも神は憎み嫌っており、人の間の人情上の交際、世間的な付き合いは神がなおさら嫌う。周知の「春節」「クリスマス」も神が定めたのではないのに、「祝日」の間に飾り付ける遊ぶもの(対聯、正月餅、爆竹、提灯、クリスマスプレゼント、クリスマス会、聖餐)は、なおさら人の心の中の偶像ではないか。「安息日」でパンを裂くこと、葡萄酒、「亜麻布」はなおさら偶像である。中国で広く伝わる各種の伝統的な祝日「二月二日の節句」「端午の節句」「中秋節」「臘八」「新暦の正月」宗教界の「復活祭」「洗礼記念日」「イエスの誕生日」など、これらの何の道理もない祝日はみな、古くから多くの人に制定され、伝えられてきたものであり、神の造った人類には全く合わない。それは人の豊富な想像、人の「巧みな構想」のゆえに、今まで伝えられてきたのであり、何のぼろもないようであるが、実はみなサタンが人を弄ぶ手段である。サタンの群居するところ、古臭くて遅れたところであればあるほど、封建的な古臭い慣わしがひどく、人はこれらのものにしっかりと縛られていて、全然活動する余地がない。宗教界の多くの祝日は独創性があるようであり、神の仕事への橋渡しをすることができるようであるが、実のところ、それはみなサタンが人を縛って神を認識できないようにする見えない縄であり、サタンの詭計である。実は、神の一段階の仕事が終わった後、彼はとっくにその時代の道具、その時代の「風格」をすっかり壊し、何の痕跡も残さないが、それらの「敬虔な信徒」はやはり形も姿もあるそれらの物質的なものを礼拝しており、神のすべてをすっかり忘れて、研究しない。彼らは神に対する愛に満ちているようであるが、実のところ、とっくに神を家から追い出して、「サタン」を机の上に祭った。人は「イエスの肖像画」「十字架」「マリヤ」及び「イエスの洗礼」「イエスの晩餐」を「天主」として礼拝し、しかも口を開けば「父なる神」と叫ぶ。これはみな冗談ではないか。今日、人の間で伝えられてきた、このような多くの言い方やしきたりは、神に憎み嫌われているのであり、甚だしく神の前の道を阻み、さらに人の進入にきわめて大きな損害をもたらした。サタンが人をどの程度まで堕落させたかはともかくとして、人の内側の「常受(ウイットネス・リー)の定律」「ローレンスの経験」「倪柝聲(ワッチマン・ニー)の概論」「パウロの働き」はもう人の内側にぎっしり詰まっていて、神は全然手を出して人の身に働くことができない。なぜなら、人の内側の「個人の主義」「定律」「法則」「規則」「制度」などのものは多すぎ、これらのものに、人の封建的、迷信的色彩を加えて、とっくに人をとりこにし、人を食い尽くしたからである。人の考え方は、人の心を動かす一本の神話物語のカラー映画のようであり、雲をつかむようなものであり、人の気持ちをひきつける想像なので、人はみな目を見開き、口も利けない。率直に言えば、今日神が来て働くのは、おもに人のこれらの迷信的色彩を対処し、なくし、人の精神状態を変えて一新するためである。神の仕事は、人がいくつかの世代前の祖先から伝わるものを相続して今日までやってきたのではなく、神自身が自ら始め、自ら終えるのであり、ある霊的な偉人の伝えるものを相続するか、或いは神のある時代での代表的な意義のある事を相続する必要がない。これらは人が心配する必要がない。今日神は、特独の風格がある言葉、働きを持ったのに、人に「心配をかける」必要があるのか。もし人が今日の流れの中で、「先祖」から伝わるものを相続して今日の道を歩むなら、最後まで歩くことができない。神はこの世の年月日を嫌うのと同じように、人のこういうやり方に対して非常に反感を持つのである。

人の性質を変えるためには、まず人の心の奥底にある、ひどく毒されたこれらのものを変えて、これによって人に思想、道徳を改めさせることから始めた方がいい。人はまず、それらの宗教的儀式、宗教活動、年月、祭りがみな神に憎み嫌われるものであることをはっきり見て取り、これらの封建思想の束縛から抜け出て、人の濃厚な迷信的色彩をすっかりなくさなければならない。これはみな人の進入に含まれているものである。あなたたちはみな、神がなぜ人を世俗から連れ出すか、またなぜ人を規定の中から連れ出すか分からなければならない。これはあなたたちが進入するための大門である。これらはあなたたちの霊的な経験とは何の関係もないけれども、最もあなたたちの進入を阻み、最も人が神を知ることを阻む。これらのものは一つの「網」になって、人をみなその中に独占してしまう。多くの人は聖書をたくさん読んで、多くの聖書の章節を暗唱することができる。今日進入する過程の中で、人は知らず知らず聖書によって神の働きを判断し、まるで神のこの段階の働きの根拠、発生地は聖書かのようである。神の仕事が聖書と合う時、人は神の仕事を極力擁護し、また神を新しい目で見る。神の仕事が聖書と一致しない時、人は頭に汗がいっぱいかくほど焦り、そして神の仕事の根拠を探し、もし神のしたことが聖書の中で全然触れていないなら、人は神に取り合わなくなる。多数の人が神の今日の働きに対して小心翼々と受け入れ、選択的に従い、漫然と認識し、以前のものを半分は残し、半分は捨てると言ってもいい。これは進入と言えるのか。人はいつもほかの人の本を抱いていて、それを宝物とし、しかも王国の大門を開ける「金の鍵」とするが、神の今日の要求には全く無関心である。もっと多くの「頭のいい専門家」は、左の手に神の言葉を持っており、右の手にほかの人の「名著」を捧げ持っていて、まるで「名著」の中から神の今日の言葉の根拠を見つけ、神の言った言葉が正しいことを十分に証明しようとするようであり、しかも、彼らは「名著」に結びつけてほかの人に解き明かしていて、まるで「働いて」いるようである。正直に言えば、人の間の多くの「科学研究者」は、今日の最新の科学研究の成果、しかも歴史上かつてない科学研究の成果(神の働き、言葉、生命進入に至る道を指す)を全然眼中に置かなかった。だから、人はみな「自分の力で生活し」、自分の巧みな弁舌で至る所で「伝道し」、「神の美名」をひけらかすが、自分の進入はぶらぶらして、今にも崩壊しそうであり、神の要求との隔たりが創世から現在までの隔たりのように大きい。神の仕事は口で言うほど容易ではない。人はもう自分を、半分は昨日に残し、半分は今日にもたらし、半分はサタンに渡し、半分は神に与えるという志を立てたようであり、人はこのようにしてこそ心が安らかで、少し慰めを得るようである。人の心の内側は陰険すぎて、明日を失うことも心配すれば、昨日を失うことも心配し、サタンを怒らせることをひどく心配し、また、神であるような神でないような今日の神を犯すことを心配する。人の思想、道徳、修養があまりにも劣っているから、人の弁別力も非常に劣っているのであり、人は今日の仕事がはたして神のした仕事であるかどうかを全然知らない。もしかすると、人の封建的、迷信的思想がひどすぎて、人がとっくに迷信と真理、神と偶像を同じ種類に入れたからかもしれない。人はみなこれらのものを弁別する気がなく、まるで脳味噌をしぼりつくしても、やはりこれらのものをはっきり見分けることができないようである。だから、人はみな立ち止まって、もう前の道を歩まない。このすべては、人が正確な思想教育に欠けているせいで起こったのであり、それは人の進入に極めて大きな困難をもたらした。そのため、人は真の神のしたことに対して、どうしても興味を持たないが、いつも人(例えば人の心の中の偉人)のしたことに対して「手を緩めず」、まるでそれが人の内側に烙印を押したようである。これらはみな人が進入すべき最も新しい課題ではないか。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です