『中国における宗教迫害の実録』 中国におけるクリスチャン迫害の陰惨な歴史 予告編

中国共産党が1949年に中国大陸で政権を握って以来、中共による宗教迫害は止むことがありません。中国共産党は狂ったようにクリスチャンを逮捕や殺害を行い、中国内で活動する宣教師たちを虐待し、追放しました。また無数の聖書を没収、焼却し、教会を封鎖、あるいは打ち壊しました。そして、全ての家の教会を消し去ろうと虚しく試みた。また近年、中国共産党政府は「キリスト教の中国化」を目的とした数々の政策を広範囲にわたって実行しています。数千もの教会の十字架が破壊され、多くの教会が強制撤去されました。又、家の教会の非常に多くのクリスチャンが逮捕され迫害されました。中国のキリスト教会は残虐かつ流血の迫害を受けて苦しんでいます。このドキュメンタリーは中国共産党政権下で苦しむ中国のクリスチャンたちの実際の迫害体験を忠実かつ客観的に再現しています。この映画にとらえられているのは、迫害されている様々な宗派・教派のクリスチャンたちであり、真理を探し求め、神の御声を聞いて、全能神に立ち帰った人々です。彼らは人生の正しい道を歩んでいましたが、中国共産党当局によって怒り狂ったように逮捕されました。ある者は投獄され、またある者は残酷な拷問を受けました。夫や妻、子供と離ればなれになって逃亡生活を送っている者もいます。又、当局からひどい扱いを受けて、不具になったり命を奪われた者もいます。克明に撮影されたこのドキュメンタリーは当時、実際に起こったことを再現するよう試み、中国のクリスチャンの信仰の自由と人権への目に余るような侵害について、深遠な反映を提供しています。このドキュメンタリーは、中国のクリスチャンとその家族の本当の生活を垣間見せてくれる窓です。また同時に、最近はほとんど見ることがない、信仰により迫害を受けてきた中国のクリスチャンたちの体験と感情を反映するものです。

お勧め:全能神教会サイト

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です