キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(4)聖書を解釈することは神のために証しをすることと同じか 日本語吹き替え

キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(4)聖書を解釈することは神のために証しをすることと同じか 日本語吹き替え

宗教界のほとんどの人が、聖書を最もよく説明できる人は神を知っている人であり、聖書の謎を解き明かし、預言を説明することができれば、その人は神の心を確認し、神を讃え、証しすることのできる人だと信じています。そのせいで、多くの人がこの様な人に対して盲目的な信仰を持ち、崇拝してしまいますが、牧師や長老たちの聖書の解釈は本当に神を讃え、神のために証しているでしょうか?全能神はこう言われます。「荘厳な教会で聖書を読む者たちは毎日聖書を暗唱するが、一人として神の働きの目的を理解しない。誰も神を知ることはできない。また、誰も神の心に叶う者はいない。彼らは価値のない、卑劣な者であり、それぞれ神を教えるために高い地位に就いている。」(『言葉は肉において現れる』より)

おすすめ動画
キリスト教映画「滅びゆく都」聖書の預言の成就 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え
キリスト教映画「敬虔の奥義」主イエスが戻って来られた 日本語吹き替え 完全な映画のHD 2018

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。