キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(2) なぜ災いは偽善的なパリサイ人に降りかかったのか?

聖書には、主イエスは7つの災いをもってパリサイ人を非難したことが記録されています。今日、宗教界の牧師や長老たちが歩んできた道はパリサイ人が歩んできた道であり、彼らと同じように神の嫌悪と拒絶に苦しんでいます。では、なぜ主イエスはパリサイ人を非難し、呪ったのでしょうか?それは主に、彼らが宗教的な儀式を行い、規則を守ることだけに気を配り、聖書を説明するも神の言葉を実践せず、神の戒めに全く従うどころか放棄するという、神を侮る偽善的な本質を持っていたからです。彼らが行ったことはすべて、神の心と条件に完全に反するものでした。これがパリサイ人の偽善的な本質であり、神が彼らを嫌悪し、呪った理由です。

もっと見る:キリスト教映画「滅びゆく都」聖書の預言の成就

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です