キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(3) 神に反するパリサイ人の本質とは?

2,000年もの間、信者はみなパリサイ人が主イエスに敵対したという事実を知っていましたが、教団の誰も、その根本的な原因と本質は正確に分かっていません。その答えは、終わりの日に全能神が再臨されることによってのみ明らかになります。全能神はこう言われます。「パリサイ人たちは強情で、傲慢であり、真理に従わなかった。彼らの神への信仰の原則は、あなたの説教がいかに深遠で、あなたの権威がいかに崇高であっても、あなたがメシアと呼ばれなければ、あなたはキリストではない。このような見解は不条理で馬鹿げていないだろうか?」(『言葉は肉において現れる』より)

もっと見る:キリスト教映画「滅びゆく都」聖書の預言の成就

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください