キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(4) 聖書を解釈することは神のために証しをすることと同じか?

全宗教界のほとんどの人が、聖書を最もよく説明できる人は神を知っている人であり、聖書の謎を解き明かし、預言を説明することができれば、その人は神の心を確認し、神を讃え、証しすることのできる人だと信じています。そのせいで、多くの人がこの様な人に対して盲目的な信仰を持ち、崇拝してしまいますが、牧師や長老たちの聖書の解釈は本当に神を讃え、神のために証しているでしょうか?全能神はこう言われます。「荘厳な教会で聖書を読む者たちは毎日聖書を暗唱するが、一人として神の働きの目的を理解しない。誰も神を知ることはできない。また、誰も神の心に叶う者はいない。彼らは価値のない、卑劣な者であり、それぞれ神を教えるために高い地位に就いている。」(『言葉は肉において現れる』より)

もっと見る:キリスト教映画「滅びゆく都」聖書の預言の成就

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です