キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(5) 宗教的バビロンは神の怒りによって堕ちると定められている

教団は全能神を侮り、非難し、数え切れないほどの邪悪な行為を犯し、神に敵対するサタンの陣営となってしまいました。大いなるバビロンの偽宗教は神の怒りによって堕ちると定められています!黙示録には「ああ、わざわいだ、大いなる都、不落の都、バビロンは、わざわいだ。お前に対するさばきは、一瞬にしてきた」、と預言されています。(ヨハネの黙示録18章10節)全能神はこう言われます。「私たちは、いかなる国家も勢力も神が果たそうと願うものの前に立ちはだかることはできないと信じている。神の働きを妨害し、神の言葉に抵抗し、神の計画をかき乱し、阻害する者たちは最終的には神に罰される。神の働きに逆らう者は地獄に送られる。神の働きに反抗する国家は滅ぼされる。神の働きに反対するために立ち上がる民族は地上から一掃され、消滅する。」(『言葉は肉において現れる』より)

もっと見る:キリスト教映画「滅びゆく都」聖書の預言の成就

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください