中国における宗教迫害の実録 その2「夜明け前の暗闇」 プロモーション

中国における宗教迫害の実録 その2「夜明け前の暗闇」 プロモーション
中国共産党は1949年に中国本土において政権を握って以来、宗教信仰を止むことなく迫害し続けてきました。彼らは狂気のようになって、クリスチャンたちを逮捕、殺害し、中国で活動していた宣教師たちを国外へ追放、虐待しました。また数え切れないほどの聖書を没収、廃棄処分し、教会の建物を封鎖したり破壊したりして、全ての家の教会(家庭集会)を根絶しようとしてきました。

このドキュメンタリーは、神への信仰の故に中国共産党政府によって逮捕され、拷問を受け、そのひどい虐待によって死亡した、中国人クリスチャン楊惠芝さんの実体験を描写します。楊惠芝さんの死後、中国共産党政府は、彼女の死は心臓発作に因るものであると偽証しました。彼女の家族は彼女のために法による正しい裁きを求めましたが、中国共産党の脅しによって、最終的には沈黙を余儀無くされました(最終的には沈黙することを強いられました)。

おすすめ動画
中国における宗教迫害の実録 その1「犯罪者は誰だ?」 日本語吹き替え 完全な映画のHD2018
中国における宗教迫害の実録 その2「夜明け前の暗闇」 日本語吹き替え 完全な映画のHD2018
中国における宗教迫害の実録 その3「隠ぺい」 完全版

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください