キリスト教会漫才2019「街中に電子の目あり」 いかにして中国共産党は人権を侵害しているのか

キリスト教会漫才2019「街中に電子の目あり」いかにして中国共産党は人権を侵害しているのか
中共は治安維持の名の下に「電子の目」を至る所に設置しているが、その真の目的は、ハイテク手段による反体制派の攻撃と信仰者の迫害。そんな厳重な監視体制の下、キリスト教徒たちは深刻な試練に直面する。本作「街中に電子の目あり」では、中共が電子の目でキリスト教徒たちを監視している実態、その宗教迫害の暗い秘密が、コンビのユーモラスで生き生きとした演出を通して明らかにされる。

おすすめ動画
キリスト教会漫才2019「監視」
キリスト教会寸劇2019「牛舎での集会」

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。