ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(2)中国共産党と宗教界が非難する道は正しい道ではないか 日本語吹き替え

ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(2)中国共産党と宗教界が非難する道は正しい道ではないか 日本語吹き替え
多くの人々は、神の言葉と働きに基づくことなく正しい道を模索し、調べます。彼らは宗教界の動向に従い、中国共産党政府と宗教界が非難するのは正しい道ではないと信じていますが、果たして本当にこれが私たちの選ぶべき道でしょうか? 聖書には、「全世界は悪しき者の配下にある」(ヨハネの第一の手紙5章19節)「この時代は邪悪な時代である」(ルカによる福音書11章29節)とあります。従って、無神論政治体制と宗教界は確実に正しい道を拒絶し、非難するということが分かります。恵みの時代に主イエスがその働きを行われた時、ユダヤ教の人々とローマ政府は徹底的に反対し、彼を有罪とし、最後は主イエスを十字架に磔にしましたが、これらは事実ではありませんか?終わりの日において全能神がその働きを行いに来られる時、中国政府と宗教界の激しい反抗と非難に受けられますが、これは何を示しているでしょうか?これについてよく考えてみましょう。

おすすめ動画
キリスト教映画 「神への信仰」神への信仰の奥義を明かす 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え
キリスト教映画 「神への信仰」神への信仰の奥義を明かす 予告編 日本語吹き替え2018

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください