ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(5)労を惜しまずに働くことは 主に対する信仰の現れか 日本語吹き替え

ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(5)労を惜しまずに働くことは 主に対する信仰の現れか 日本語吹き替え
信者の大半は、主の御名を守り、しばしば祈り、聖書を読んで集会に参加し、物を捨て、主のために労を惜しまず働きさえすれば、それが主に対する真の信仰であり、主が再臨される時には天国へと引き上げてもらえるのだと信じていますが、このような見解は正しいのでしょうか?主イエスは、「その日には、多くの者が、わたしにむかって、『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。」(マタイによる福音書7章22-23節)と仰いました。全能神は、 「わたしは、あなたの大いなる努力がどれほど賞讃に値するか、あなたの資格がどれほど素晴らしいか、どれほど忠実にわたしに従っているか、あなたの姿勢がどれほど改善されたかは問わない。あなたがわたしの要求した物事を行わない限り、あなたは決してわたしの賞讃を得ることができないであろう。」と仰っています。

おすすめ動画
キリスト教映画 「神への信仰」神への信仰の奥義を明かす 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え
キリスト教映画 「神への信仰」神への信仰の奥義を明かす 予告編 日本語吹き替え2018

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください