終わりの日のキリストの語られる言葉「神の現れによる新時代の到来」抜粋(舞台版朗読)

全能神は言われた。「神の足跡を探し求めている私たちは、神の心と、神の言葉、神の発する声を探り求める必要がある。神の新しい言葉があるところには神の声があり、神の足跡があるところには神の業があるからである。神による表現があるところには神の現れがあり、神の現れがあるところには真理と、道と、いのちがある。…もし神の現れをその目で見たいと思うなら、神の足跡をたどりたいと願うなら、自分自身の観念というものを超越しなければならない。神にこれをせよあれをせよと命じることは許されない。ましてや神を自分の枠の中に閉じ込めたり、自分の観念の中に押し込めたりすべきでない。そうではなく、どのように神の足跡をたどるべきか、どのように神の現れを受け止めるべきか、どのように神の新しい働きに従うべきかと問うべきなのである。これが人のすべきことである。人は真理ではなく、真理を持っているわけでもない。人の本分は、探し求め、受け入れ、従うことである。」
『言葉は肉において現れる』より

もっと見る:終わりの日のキリストの語られる言葉「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」抜粋(舞台版朗読)

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です