キリスト教讃美歌「神は人類が生き続けるのを願っている」神の愛は確かなものだ

キリスト教讃美歌「神は人類が生き続けるのを願っている」神の愛は確かなものだ


神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから
でも神の心の中の
人への思いやり、心配、憐れみは変わらない
人間を滅ぼした時さえ
極みまで人が汚れ 不従順になっても神は
その性質と本質のゆえに 原則に従い
人間を滅ぼさざるを得なかった
神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに
人類を贖うため様々な方法使うことさえ願った
彼らが生き続けられるように
彼らが生き続けられるように

それにもかかわらず 人は神に逆らい続けた
神の救いを受け入れるのを
神の善意を受けるのを拒んだのだ
どんなに神が彼らに呼びかけ
思い出させ、備え、助け 彼らに耐えても
人は理解も感謝もせず心に留めることもなかった
神は苦しみの中でもなお 忘れず人に最大の忍耐を与えた
人が立ち返るのを待ちながら
神は限界に達した後 ただ為すべきことをした
言い換えれば神が人を滅す事を決め
その業の開始が公けになるまである期間と過程があった
人を立ち返らせるために
それは神が人に与えた最後の最後のチャンスだった
『言葉は肉において現れる』より

東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
讃美歌「人類が安息に至る唯一の道」終わりの日における主の裁き

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください