キリスト教音楽「神の業が広大な宇宙全体を満たす」主の大いなる力を賛美する

キリスト教音楽「神の業が広大な宇宙全体を満たす」主の大いなる力を賛美する


神は高いところから万物を
見下ろし支配する
それと同時に 神はこの地に救いをもたらしてきた
神は隠れた場所から常に
人間のあらゆる行動と言動を 見ている
神は自分の手のひらのように 人間を知っている
その隠れた場所に神は住み 天空は神が横になるベッド
サタンの力は神に届かない
神は威厳と義と裁きに 満ちているのだから

神は万物を自分の足台とし
まなざしを全宇宙に向けている
そして神は
人の間を歩き苦楽を 味わってきた
人間世界であらゆるものを味わったが
人間は真に神を認識することも できずまた
神が地を巡り歩いても まるで気付かなかった
なぜなら神は沈黙し 超自然的な業を行わなかったから
それゆえ真に神を見た者は居なかった
しかし今はかつてとはちがう
神は業を行うがそれは すべての時代を通して
誰も見た事の無い業である
神は言葉を述べるがそれは すべての時代を通して
誰も聞いた事の無い言葉である
なぜならは人類すべてが
肉となった神を知ることを求めているから
『言葉は肉において現れる』より

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください