「神は人をかけがえのない存在として見守る」私心なき、いとも尊き主の愛

「神は人をかけがえのない存在として見守る」私心なき、いとも尊き主の愛

は人々を創った 全ての人を創った
人が神に従っても
逆に人が堕落したとしても
神は人々を見守る 全ての人を見守る
かけがえのない存在として
かけがえのない我が子のように
人々は神にとって おもちゃではない
神は創造主であり 人は神の被造物である
そう言うと神と人との階級が異なるように聞こえるが
神が人々のために行う 全てのことは
お互いの関係を 遥かに超えたものである
神はいつでも 人々を愛し 思いやり
どんな時でも 心を配っているのだ
神は人々に与える 絶えることなく与える
余計なことと思うことなく
賞賛さえも必要とはしない
神は人々を救い その必要を満たして
全てのものを与えることを
大きな貢献だとは思わない
神はただ 神自身のやり方で
神の本質と 性質と神の存在そのもので
静かな沈黙の内に 人々の必要を満たしてくれる
人が神から 多くのものを 授かっても
神は決して 報酬を求めたりしない
それは神の本質によって 定められ
神のその性質に 確かに叶っているのだ
『言葉は肉において現れる』より

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です