キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(4)神様を信じる人たちは 本当に家族のことなどどうでもいいのでしょう

キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(4)神様を信じる人たちは 本当に家族のことなどどうでもいいのでしょう
主イエスは、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコによる福音書16:15)と仰いました。福音を伝え、神様に証することは、クリスチャンによって遂行される神聖で義なる行いです。しかし中国共産党はクリスチャンを残忍に逮捕・迫害し、その結果、多くの信者の家庭は壊され、中には家族のもとに戻れず、逮捕されて、拷問により刑務所の中でその生涯を終える人たちもいます。それでも党は真理を覆し、そのようなことが起こるのは、神への信仰のせいだと主張するのです。クリスチャンの家庭を破壊する張本人は一体誰なのでしょうか?

おすすめ動画
キリスト教映画「赤の家庭教育」神は私の救い 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え

東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください