クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(6)神がサタンを利用して働きをなさる方法とは

クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(6)神がサタンを利用して働きをなさる方法とは
神はこう仰っています。「わたしの計画において、サタンは一歩ごとにかかとに噛み付いてきたのであり、わたしの知恵の引き立て役として、いつでもわたしの本来の計画を邪魔をする方法を探っている。しかし、わたしがサタンの欺きに満ちた策略に屈するものだろうか。天と地のすべてはわたしに仕えている。サタンの欺きに満ちた策略も同様ではないのか。これはまことにわたしの知恵の交わるところ、これはまことにわたしの業の驚くべき点であり、これはまことにわたしの全経営(救いの)計画が実行される原理なのだ。」(『言葉は肉において現れる』より)終わりの日の神の働きとして、中国共産党や宗教界の反キリスト勢力を利用し、人々を完全にさせる方法とは何でしょうか。サタンの陰謀を基に神の知恵が実行されていると言われるのは何故なのでしょう。真理を嫌悪し、神に激しく反抗し続けてきた中国共産党や宗教界の反キリスト勢力は最終的にどうなるのでしょうか。この短編動画をご覧ください。

おすすめ動画
クリスチャン映画「天国への危険な道 神の救い|予告編|日本語
クリスチャン映画「天国への危険な道」 神の救い|完全な映画|日本語吹き替え

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください