聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(5)全能神を受け入れることのみが子羊の足跡に遅れずついて行くことです

聖書に関する映画「神様の名前は変わった?!」抜粋シーン(5)全能神を受け入れることのみが子羊の足跡に遅れずついて行くことです
宗教界の牧師や長老たちは、主イエスはすべての人々の罪のために十字架に釘付けにされ、人間は罪から贖われたのだ、と頻繁に信者に説いて教えます。彼らは、もし人が主イエスから離れて全能の神を信じるなら、それは主イエスに対する裏切りであり、背教に値すると教えています。果たして本当にそうでしょうか?当時、主イエスが来られてその働きをなされた時も、神殿を去って主イエスに従った者たちは、神であるヤーウェを裏切る行為だ、とパリサイ人から同じように非難されたではありませんか。従って、神の新たな働きを受け入れることは、背教であり、神を裏切ることになるのでしょうか?それとも、それは子羊の足跡に遅れずついて行き、救いを得ることなのでしょうか? このビデオでは、これらの問題についてご一緒に探求します。

おすすめ動画
キリスト教映画「神様の名前は変わった?!」聖書にある神の新しい名の奥義を解き明かす 完全な映画のHD
「栄恥」から、その一「神様の名前の奥義を解き明かす」

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください