聖書映画「戸をたたく」どのように主イエスによって天国へ携挙されるのか 予告編

聖書映画「戸をたたく」どのように主イエスによって天国へ携挙されるのか 予告編
二千年前、主イエスはこう預言されました。「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」(マタイによる福音書 25:6)「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。」(ヨハネの黙示録 3:20)それから二千年の間、主を信じる者達は主が扉をたたく日を注意深く待ち望んでいました。では、主が戻られたとき、どのようにして人々の扉をたたくのでしょうか。終わりの日に主イエスが戻られたと証しをする人もいます。つまり全能神の受肉のことを。そして、そのお方が終わりの日の裁きの御働きを行っていると証しをしています。この知らせを受けて宗教界に激震が走りました。 この映画の主人公である楊愛光は数十年来、主を信じています。常に熱心に活動や説教に取り組み、主の再来を歓迎する日を待っています。ある日二人の人物が彼女の扉をたたき、楊愛光とその夫に主イエスがお戻りになったことを告げて全能神の御言葉を分かち合います。楊愛光達は全能神の御言葉に心を揺さぶられますが、牧師や長老たちの誤った教えや嘘や拘束に隷属させられていたため全能神教会の証人たちを追い出します。その後、証人達は度々彼らの扉をたたき、楊愛光に全能神の御言葉を読み、終わりの日の神の御働きを伝えにきます。牧師達は幾度となく楊愛光を混乱に陥れ妨害したため、彼女は迷い続けます。しかし、全能神の御言葉を聴くうちに楊愛光は次第に真理を理解し、牧師や長老たちが広めた噂や誤った教えについて本質を見抜くことができるようになります。彼女はようやく、終わりの日に主がどのようにして人の扉をたたくか、私たちがどのようにして主を迎えるべきかを悟ります。楊愛光の心の霧が晴れた時、ようやく神の声が聞こえ全能神こそが主イエスの再来であることを知るのです!

おすすめ動画
聖書映画「変えられる瞬間」神の声を聞いて天国に引き上げられる 日本語
キリスト教会映画「敬虔の奥義:続編」主イエスが戻って来られた 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください