福音漫才「終わりの日のパリサイ人たち」日本語吹き替え

福音漫才「終わりの日のパリサイ人たち」日本語吹き替え
キリスト教徒ジャンイーは、主が再臨されたという証しを聞きましたが、真の道を探求すると、牧師と長老が、「主が来られたと主張する者は誰だろうと異端と偽の教えを広めている。話を聞くな。言葉を読むな。接触するな」と言って、何度も彼を止めて押さえつけようとしました。これにジャンイーは戸惑いました。なぜなら主イエスが「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした。」(マタイによる福音書25:6)「わたしの羊はわたしの声に聞き従う。」(ヨハネによる福音書10 : 27)とはっきり仰ったからです。主の御言葉では、人々が賢いおとめでなくてはならない、主を受け入れられるように積極的に主の御声を求めて聞かなくてはならない、とありますが、牧師と長老はあの手この手で、信者が神の御声を聞くのを防ぎ、束縛しようとします。なぜ彼らは信者が真の道を探るのを恐れているのでしょうか。…牧師と長老との議論を通して、ジャンイーは「終わりの日のパリサイ人は誰か」、「信者が主を受け入れるのを妨げる本当のつまずきの石は誰か」をついに知りました。

おすすめ動画
キリスト教会漫才2019「街中に電子の目あり」 いかにして中国共産党は人権を侵害しているのか
キリスト教会漫才2019「牧師様いわく…」日本語吹き替え

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください