キリスト教映画「終電に乗る」主を迎えるある牧師の実体験 完全な映画のHD

陳鵬は家庭教会の牧師として、長年にわたり信徒たちを支え、教会の仕事に責任を持っていました。しかし、ここ数年来、教会にはいまだかつてない廃れが現れ、ますます多くの信徒が消極的で弱くなって、集会に出なくなり、彼も霊が枯れていて、説教する言葉がありませんでした……教会を復興させるために、彼はいろいろ工夫してきましたが、なんの役にも立ちませんでした……最後、偶然の機会に、彼は全能神の世の終わりの福音を聞くことができました。激しい弁論を通して、彼はとうとう教会が廃れる原因が分かりました。それは即ち、神様は既に言が肉体となって新しい仕事をされ、全能神は主イエスの再来であり、小羊の足跡について行ってこそ、命の生きた水の注ぎと供給が得られるのです!

東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です