クリスチャンの経験を歌った讃美「いのちの証し」クリスチャンは死ぬまで神への愛が変わらない【男性ソロ】

クリスチャンの経験を歌った讃美「いのちの証し」クリスチャンは死ぬまで神への愛が変わらない【男性ソロ】
いつか私は
中国共産党に拘束され、迫害されるかもしれない
でも私の心は知っている
それが義の為だということを
たとえこの人生が瞬きほどの短いものでも
胸を張って言おう
終わりの日のキリストを受け入れたと
御国の福音が広まる光景を目の当たりにすることがなくても
心の底からの願いを捧げる
たとえ御国が実現される日を見ることがなくても
今日、私はサタンを辱めることができる
それで私の心は喜びと平安に満たされる
神の言葉は世界中に広がり、人の間に光が現れた
キリストの国が興り、逆境の中で建て上げられる
暗闇は過ぎ去ろうとしている
義の夜明けだ
時間と現実は神への証しを携える
もし私が殉教するならば
神への証しは出来なくなる
多くの信者によって
御国の福音が燃える炎のように宣べ広げられる
この険しい道をどこまで進めるのか分からないけれど
私は神を愛するこの心を捧げる
終わりの日の神の働きの証しとなり
地上で神の御心を行う
真理を広げるために我が身を捧げる光栄
困難を恐れず、炉の中で精練される純金のように
サタンの支配下から、勝利の兵士グループが生まれる
神の言葉は世界中に広がり、人の間に光が現れた
キリストの国が興り、逆境の中に建て上げられる
暗闇は過ぎ去ろうとしている
義の夜明けだ
時間と現実は神への証しを携える
神の言葉は世界中に広がり
人の間に光が現れた
キリストの国が興り、逆境の中に建て上げられる
暗闇は過ぎ去ろうとしている
義の夜明けだ
時間と現実は神への証しを携える
神の言葉は世界中に広がり
人の間に光が現れた
キリストの国が興り、逆境の中に建て上げられる
暗闇は過ぎ去ろうとしている
義の夜明けだ
時間と現実は神への証しを携える
時間と現実は神への証しを携える
『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
ゴスペル音楽「神の愛は私たちを互いに近づける 」【男性ソロ】

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください