キリスト教讃美歌「誰も神の到来に気づいていない」神の終わりの日の出現と働き

キリスト教讃美歌「誰も神の到来に気づいていない」神の終わりの日の出現と働き

誰も神の到来に気づかず
誰も歓迎しない
まして神の為そうとする
全てのことを知らない そう、誰も知らない
人の生活は変わらず 同じ心で日常を過ごす
神は平凡な人のように
最もささいな信徒、ありふれた信者として
私たちの間に住む
彼には自分の追求と目標がある
そして人にはない神性がある
誰もその神性の存在に気が付かず
また、誰も神と人の本質の 違いに気が付いていない

私達は神と共に生きる 拘束も恐れもなく
それは私たちが彼を
ささいな信者に過ぎないと 見なしているから
彼は私たちの動きの 一つ一つを見守り
私たちの思いと考えの
全てが彼の前であらわになる 彼の前であらわになる
誰も神の存在に興味を持たず
彼の役割を想像もせず
まして何者なのかと疑いもせず
私たちは神と関係ないかのように 自分の追求を続ける
『言葉は肉において現れる』より

東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
キリスト教讃美歌「神の言葉は人が歩むべき道である」

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください