クリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(4)権力者に従うことは神に従うことと同じではない

クリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(4)権力者に従うことは神に従うことと同じではない
クリスチャンに神を見捨てさせるために、中国共産党は三自教会の牧師に彼女を洗脳させようとします。その結果、このクリスチャンと牧師の間でパウロの言葉「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。したがって、権威に逆らう者は、神の定めにそむく者である。そむく者は、自分の身にさばきを招くことになる。」(ローマ人への手紙13:1-2)について素晴らしい論争が起こります。この言葉についての異なった解釈はどのようなものがあるのでしょうか?三自教会の牧師は共産党側の人間で三自教会の道を歩みます。隠された動機は何でしょうか。クリスチャンはいかにしてこの牧師の「上位の力に従うこと」論に反論するのでしょうか。

おすすめ動画
クリスチャンの証し「対話」 予告編 日本語吹き替え
クリスチャンの証し「対話」 完全な映画|日本語吹き替え

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください