キリスト教会ショートスケッチ2018「警察の新年訪問」

キリスト教会ショートスケッチ2018「警察の新年訪問」
もうすぐ70歳になる鄭心明老人は、敬虔なクリスチャンである。主を信仰していることを罪に問われて拘束され、8年の懲役を言い渡されて刑務所へ入れられた過去を持つ。出所後も、要注意人物として中国共産党警察に監視され、終わりの日の全能神の働きを受け入れてからは特に、毎日のように訪れる警察の執拗な嫌がらせに、怯えながら過ごす日々である。当然のごとく、家で安心して神様の御言葉を読むことさえもできない。大晦日の日、家族と一緒に神様の言葉を楽しもうとする彼らに、何が起きるのだろうか…

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
キリスト教会ショートスケッチ2018「歴史からの警告」

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください