クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(4)主を十字架に釘付けにしたパリサイ人が再び現われました

クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(4)主を十字架に釘付けにしたパリサイ人が再び現われました
今から二千年前主イエスが働きをなされていた時に、パリサイ人は聖句を堅持するという名目で主イエスの働きを非難しました。主イエスを大工の息子にすぎないと断定し、信者が主に従うのをあらん限りの力で妨害しました。最後には主イエスを磔にしたのです。終わりの日になって主イエスは戻られ、働き、語られています。宗教界の牧師や長老はこれと同じように聖書を利用して神様の働きを非難し、同じように神様をただの人間であると非難しています。真の道を受け入れようとする信者を、全力で妨害します。信じがたいことに歴史は繰り返すのです。

おすすめ動画
キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(1)束縛を退け、真の道を学びなさい 日本語吹き替え 
キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(4)宗教的パリサイ人の縛りから逃れ神の下に帰りなさい 日本語吹き替え

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください