キリスト教映画「逆境の甘美」抜粋シーンその三「生と死の2つの道の議論」

中国共産党は宗教的信仰を躍起になって弾圧し、攻撃する。同党は遠慮なくキリスト教徒を投獄し、残酷に迫害する。同党は共産党に従うことのみを人々に許す。同党は人々が人生の正しい道を歩みつつ神を信じ、神に従うことを許さない。中国共産党の終焉にある結果は何だろうか。中国共産党の激しい抑圧、逮捕と迫害の下で、キリスト教徒は確固として神に従い、福音を広め、神への証を立て続けている。この理由は何か。この映画では、キリスト教徒と中国共産党当局者の間の素晴らしい議論がこれら2つの異なる道を明らかにし、それは私たちの人生の2つの異なる結末につながるだろう。

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る:キリスト教映画 主イエス・キリストはわが岩!わが力!「逆境の甘美」 主が私と共におられる

1件のコメント

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です