キリスト教映画「逆境の甘美」抜粋シーンその五「なぜ中国共産党は『2014年山東招遠カルト殺人事件』をでっち上げたのか」

「2014年山東招遠カルト殺人事件」の公判の後、見識ある人々はすべてこの事件は全能神教会を故意に犯人に仕立て、同教会の名声を傷つけるために中国共産党によって完全にでっち上げられた事件と理解した。それは捏造された事件で正義の悪用だった。中国共産党がこれを行うに至った悪意のある動機は一体何か。

東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る:キリスト教映画 主イエス・キリストはわが岩!わが力!「逆境の甘美」 主が私と共におられる

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です