キリスト教会讃美歌「征服の業に秘められた意味」神の救い

キリスト教会讃美歌「征服の業に秘められた意味」神の救い


人類征服の内なる意味は 創造主に立ち返ること
サタンに背を向け完全に神の方を向くこと
これが完全なる救い 征服とはサタンとの最後の戦
神の勝利の計画の最終段階
これなしでは誰も救われず
サタンに対する勝利は得られず
誰もよい終着点に着けない
人はサタンのもとで苦しむ
この戦いが終わるまで 人を救う業も終わらない
全ての業は人を救うためだから

最終的な征服は 救いをあたえ行き先示す
裁きで人の堕落を明らかにし
悔い改めさせ、奮い立たせ
正しい道を求めさせる
無関心な心を目覚めさせる
不従順な者は裁かれ 内なる反逆は露わになる
人が悔い改めず 正しい道を逸れ
内なる堕落を捨てないなら
サタンに飲み込まれ 助けと救いは受けられない
救いそして行き先を示す
それが征服の目的
行き先が良くとも悪くとも
神の征服の中で明らかになる
『言葉は肉において現れる』より

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

もっと見る
讃美歌「受肉した神は静かに救いの業を為す」キリストの愛は確かなものだ

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください