キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(4)受肉の神だけが終わりの日の裁きの働きを行える

キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(4)受肉の神だけが終わりの日の裁きの働きを行える
東方閃電は、神が自ら裁きの働きを行うため終わりの日に受肉されたと証しした。しかし、律法の時代における神の働きはモーセを用いてなされた。では、終わりに日の神の裁きの働きも同様に人を用いて行うことはできないのか?なぜ神が受肉して自ら行う必要があるのか?全能神は仰せられる、「裁きの働きは神自身の働きなので、当然、神自身が行う。神の代わりに人が行うことはできない。裁きは真理を通した人への征服なので、人の間でこの働きを行うため、神はやはり受肉した姿で現れることは疑う余地がない。」(『言葉は肉において現れる』より)

おすすめ動画
主イエスは既に人の間に戻られた「敬虔の奥義」予告編
キリスト教映画「敬虔の奥義」主イエスが戻って来られた 日本語吹き替え 完全な映画のHD 2018

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください