キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(5)キリストが真理、道、いのちであることを知る方法

キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(5)キリストが真理、道、いのちであることを知る方法
神の二度の受肉はいずれも、「キリストが真理、道、いのちである」と証している。なぜキリストが真理、道、いのちである言われるのか?主イエスについて行った使徒たちや偉大な霊的な人々も多くの事柄を語ったし、それらの事柄も人にとって大いに有益だったが、なぜ真理、道、いのちではないのか?これら二つの側面の違いを私たちはどう理解すべきか?

おすすめ動画
主イエスは既に人の間に戻られた「敬虔の奥義」予告編
キリスト教映画「敬虔の奥義」主イエスが戻って来られた 日本語吹き替え 完全な映画のHD 2018

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。