キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(6)神が受肉によって働きを行う必要性

キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(6)神が受肉によって働きを行う必要性
神が受肉した方が、堕落した人類の救いに有益であると言われるのはなぜか?神が受肉されることの必要性と重大な意義は何において見られるのか?全能神は仰せられる、「人間の肉はサタンによって堕落し、最も深く盲い、まことに深く損なわれた。神自らが受肉して働く最も根本的な理由は、救済の対象が肉の体をもつ人間であり、サタンもまた人間の肉を用いて神の働きを妨げているためである。サタンとの戦いは、実は人間を征服する働きであり、同時に、人間はまた、神による救済の対象でもある。このように、受肉した神の働きは不可欠なのだ。サタンは人間の肉を堕落させ、人間はサタンの体現者となり、神に打ち負かされるべき存在となった。このように、サタンと戦って人類を救う働きは地上で行われ、神はサタンと戦うために人間にならなければいけない。この働きは極めて実際的なものだ。」(『言葉は肉において現れる』より)

おすすめ動画
主イエスは既に人の間に戻られた「敬虔の奥義」予告編
キリスト教映画「敬虔の奥義」主イエスが戻って来られた 日本語吹き替え 完全な映画のHD 2018

東方閃電全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください