十七番目の言葉

十七番目の言葉

わたしの声は雷のように轟き、全世界の隅々まで照らす。そして、雷鳴と稲光の中、人間たちは打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光を見て恐れに我を失い、どうしていいか、わからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、このわずかな光の刺激により、すぐに幻覚から醒める。しかし、わたしの光が地上に降る日が訪れたことを知る者はいない。大多数の人間は、突然の光の到来に呆然とする。中には、光の動きと光がやっている方向を奇妙で変わった目つきで見ている。あるいは、備えをして光に向かい、光がどこから来るのか、その源をもっと知ろうとする者もいる。いずれにしろ、今日の光がどれほど貴重なものか、誰か気づいた者はいるだろうか。誰か、目が覚めて、光が奇妙なことに気づいた者がいるだろうか。大多数の人間は、ただ混乱している。彼らは光のせいで目を痛め、泥の中に投げ倒されたのだ。この不透明な光の中で、世界は混沌に包まれ、耐え難い惨めなありさまとなり、よく調べると、この上ない憂鬱に閉ざされているのだ。このことから、光が最も強い時には、この世界では人間がわたしの前で立っていられなくなるということがわかる。人間はみな光の中にいる。また、人間はみな光の救いの中にいるが、同時に光によって傷を負ってもいる──光の激烈な衝撃の中で倒れ伏さない者がいるだろうか。光に焼かれることを免れる者が、誰かいるだろうか。わたしはこの手で霊の種を蒔きながら、地上のいたるところを歩いた。地上の人間がみな、そのために、わたしによって動かされるようにと。天の最も高いところから、わたしは全地を見下ろし、地上の生き物たちの異様なありさまを眺めた。海の表面は地震の衝撃を受けているように見える。海鳥が魚を見つけて飲み込もうとして、飛び交っている。一方で、これは海底には全く知られていない。海面の状態は海底を目覚めさせることはできない。なぜなら、海底は第三の天同様に穏やかだからだ。ここに生きるものたちは、大きいものも小さいものも調和のうちに共存し、けっして「くちびるの言葉で争う」ことがない。無数の奇怪で風変わりな物事の中で、人間はわたしを喜ばせることが最も難しい。それはなぜかといえば、わたしが人間に与えた地位があまりに高く、そのため、野望が異様に大きく、人間の目にはいつでも、ある程度の反抗心がのぞいているからだ。わたしの人間への懲らしめ、わたしの人間への裁きには、細心の注意、いたわりの思いがあったが、そうしたことについて、人類は少しも思い至らない。わたしはどの人間にも過酷な行いをしなかった。ただ、人々が不服従であったときには、それぞれにふさわしい罰を与えた。人々が弱いときには、適当な助けを与えた。しかし、人々がわたしから遠ざかり、さらにサタンの欺きに満ちた策略を用いてわたしに逆らったときには、直ちに滅ぼし尽くし、わたしの前でそうした行為を誇示することがないようにする。もはやこの世界で我が物顔に振る舞い、他人を脅かすことができないように。

この世界にわたしの権威を振るい、わたしの働きを完全に実行する。わたしの働きの内のことはすべてこの世界に反映される。人類はけっして、地上で、わたしの天国での動きを把握できなかったし、また、わたしの霊の働きの軌跡を完全に理解することができなかった。人類の大多数は霊の実際の状態を理解することができず、霊の表面のごく小さな部分をわかっているに過ぎない。わたしが人類に求めていることは、天にいるわたしという曖昧な存在によるものでも、地上にいるわたしという計り知れない存在によるものでもない。わたしはこの世界に存在する人間の背丈を測り、それにしたがって、要求しているのだ。わたしは誰をも困難な状況に置いたことはないし、わたしの楽しみのために「血を絞り出せ」と要求したこともない。わたしの要求は、そうした条件に限られるものだろうか。地上の無数の生き物の中で、いったいどれが、わたしの口から発せられた命令に従わないだろう。これらの生き物たちの中で、わたしの前にあって、わたしの言葉とわたしの燃える炎とで完全に焼き尽くされないものがあるだろうか。これらの生き物の中で、どれがわたしの前で誇らしげに自己を誇示するというのか。いったい、どの生き物がわたしの前に頭を垂れないというのか。わたしは被造物に沈黙を強いるだけの神だろうか。わたしは、無数の被造物のうち、わたしの目的に適うものだけを選ぶ。無数の人間の中からわたしの心を重んじるものだけを選ぶ。わたしは、すべての星々の中で最高のものを選び、そうして、わたしの国に微かな輝きを加える。わたしは地上を歩み、いたるところに芳香を放ち、あらゆるところにわたしの形を残す。すべての場所がわたしの声に反響する。いたるところの人々が以前の美しい眺めを懐かしく思い出す。全人類が過去を記憶しているからだ。…

全人類はわたしの顔を見ることを願っているが、わたし自身が地上に降り立つと、みな、わたしの訪れを嫌い、光の近づくのを追い払う。まるで、わたしが天国で人間の敵であるかのように。人間は用心深く探るような目でわたしにあいさつし、常に警戒心をもち、わたしが何か企みをもっているのではないかと、深く恐れている。人間はわたしを見慣れない友として見ているので、無差別に殺戮しようとしているかのようにわたしを見るのだ。人間の目には、わたしは恐ろしい敵対者なのだ。患難の中でわたしの暖かさを体験しても、人間はわたしの愛のことを知らず、いまだにわたしを退け、逆らおうとする。わたしに敵対しようとしている状態を利用するどころか、わたしは人間を温かく抱擁し、口を甘味で満たし、その腹を必要な食物で満たすのだ。しかし、わたしの激しい憤りが山々や河川を揺さぶるとき、わたしはもはや、人間の臆病さのために別の形の援助を与えることをしない。今この瞬間、わたしは怒りに燃え、あらゆる生き物に悔い改める機会を与えない。人間に対する期待をすべて捨て、彼らにふさわしい罰を下そう。その時には、雷鳴がとどろき、稲妻がはためく。海原の波が怒りに荒れ狂うように、一万の山々が崩れ落ちるように。その反抗心のため、人類は雷鳴と稲妻とに打倒され、他の被造物は雷と稲妻とで一掃され、全世界が突然混沌の淵に落ち、いのちの始まりの息を取り戻せない。無数の人間たちは雷鳴から逃れることができない。稲光がはためく中、群れをなした人間たちが次々に速い流れに落ち込み、山々から流れ下る激流にさらわれていく。突然、人類の「終着点」に「人間」たちがみな集まる。死体が広い海面を漂う。人間はみな、わたしの怒りにより、はるか遠くに押しやられる。人間がわたしの霊の本質に逆らうことを行い、その反抗がわたしを不快にしたからだ。しかし、水のない場所では、他の人間たちは、まだ笑いと歌の中で、わたしが彼らに与えた約束を楽しんでいる。

全人類が静かになったとき、わたしはその目の前に微かな光を発する。すると、人々は頭がはっきりとし、目が明るくなり、沈黙しているのをやめる。そうして霊的感覚が直ちに心の中に起こる。その時、すべての人間はよみがえる。わたしの発する言葉によって生きていく新たな機会を得て、口には出さない恨みを捨て去り、すべての人間はわたしの前に進む。それは、人間はみな、地上に生きていたいと願っているためである。しかし、その中の誰がわたしのために生きようと考えただろう。誰が、わたしを喜ばせるために内にある素晴らしいものを明らかにしただろう。誰が、わたしの魅惑的な香りを感じ取っだろう。人間はみな、粗雑なものである。外側はすばらしく見えるが、本質的には心からわたしを愛してはいない。なぜなら、人間の心の奥底には、わたしのごく一部さえないからだ。人間はあまりに不完全だ。わたしと比べると、天と地ほどの違いがある。しかし、それでも、わたしは人間の弱くもろい点を突こうとは思わないし、欠陥をばかしにして笑うこともしない。わたしの手は数千年もの間、地上で働きをしてきて「a」、その間ずっと、全人類をこの目で見守ってきた。しかし、一度たりとも、おもちゃのように扱って生命を奪いはしなかった。わたしは人間の注いだ心血を見、人間の支払った代償を理解している。人間がわたしの前に立つとき、その無防備さを利用して懲らしめようとは思わない、また、望ましくないものを与えもしない。むしろ、わたしはひたすら人間に施し、与えてきた。そうして、人間が享受するものはことごとくわたしの恵みであり、わたしの手から出た賜物であったのだ。わたしがこの地上にあったので、人間はけっして飢えに苦しむことがなかった。わたしは、人間がわたしの手から、その享受するものを受け、わたしの祝福の中で生きられるようにしてきた。すべての人類はわたしの刑罰の下にあるのではないか。山々は深いところに豊かなものを蓄え、そして、膨大な水の中には豊穣が秘められているが、今、わたしのことばの内に生きている人々には、享受できる多くの食物があるではないか。わたしはこの世界におり、人類は地上でわたしの恵みを享受しているのだ。わたしがこの世界を離れるとき、それは、それはまたわたしの働きが完了した時でもあるのだが、その時には、人類はもはや、その弱さゆえに与えられてきた援助を、何も得なくなる。

1992年3月16日

脚注:

原文では 「働きをしてきて」が省略されている。

發表評論

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です